「組織犯罪処罰法改正案」とは?

関連ニュース

上西議員に罵声 公設秘書「うるせえ、てめえら。騒いでて楽しいだろう」、乱闘 「共謀罪反対」集会 - 06月18日(日)22:00 

上西議員に罵声 公設秘書「うるせえ、てめえら。騒いでて楽しいだろう」、乱闘 「共謀罪反対」集会 6/18(日) 11:47配信 産経新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000506-san-pol  共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を扱う参院本会議の攻防が続いた14日夜、 国会の外で演説した上西小百合衆院議員(34)の公設秘書が、 国会前で「共謀罪反対」を旗印に集まったグループとトラブルになった一部始終が動画で公開され、話題になっている。  上西衆院議員の公...
»続きを読む
カテゴリー:

【映画雑誌】キネマ旬報社、「国会死んだ」ツイートでお詫び  「テロ等準備罪」成立直後の投稿 ★2 - 06月17日(土)08:24 

映画雑誌『キネマ旬報』の発行で知られる出版社・キネマ旬報社(東京・千代田区)が2017年6月16日、公式ツイッターアカウントの投稿で「ご混乱・誤解を招いてしまいました」としてウェブサイト上でお詫びした。 同社公式ツイッターアカウントは、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が成立した6月15日朝、「国会死んだ」「国家権力の暴力を見た」などと投稿したことにインターネット上で批判が集まっていた。 ■「会社の公式見解を必ず表すものではない」 キネマ旬報社公式ツイッターは6月15日朝、 「国会死んだ。...
»続きを読む
カテゴリー:

キネマ旬報社、「国会死んだ」ツイートでお詫び  「テロ等準備罪」成立直後の投稿 - 06月16日(金)20:24 

映画雑誌『キネマ旬報』の発行で知られる出版社・キネマ旬報社(東京・千代田区)が2017年6月16日、公式ツイッターアカウントの投稿で「ご混乱・誤解を招いてしまいました」としてウェブサイト上でお詫びした。 同社公式ツイッターアカウントが、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が成立した6月15日朝、「国会死んだ」「国家権力の暴力を見た」などと投稿したことにインターネット上で批判が集まっていた。
カテゴリー:

野党幹部「民進党はクソ。どうしたいの?」 - 06月15日(木)18:32 

<国会戦術>民進党を他の野党幹部が批判「どうしたいの?」 (毎日新聞)  組織犯罪処罰法改正案の採決を巡り、閣僚問責決議案などのカードを早々と切り、 与党に審議打ち切りの「大義名分」を与える形になった野党第1党・民進党の国会戦術に、 他の野党幹部からは「がっかりだ。どうしたいのか分からない」と批判の声も上がった。  民進党は13日、山本幸三地方創生担当相への問責決議案を単独で提出。 さらに「自民党に『共謀罪』法案を採決しそうな雰囲気がある」と、金田勝年法相の問責決議案提出も主導した。 野党に...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日新聞】「共謀罪」食い違う世論調査結果 「テロ」文言影響か - 06月15日(木)17:56 

http://www.asahi.com/articles/ASK4P3HFYK4PUZPS001.html  犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案について、報道各社が電話による世論調査で賛否を聞いた結果に、違いが出ている。法案の呼称など、質問文の違いが、回答に影響している可能性もある。  朝日新聞が15、16日に実施した世論調査では「組織的犯罪処罰法改正案」に対する賛否が賛成35%、反対33%と拮抗(きっこう)した。一方、読売新聞がほぼ同じ時期に「テロ準備罪法案」について聞くと、賛成が58%で、反対25...
»続きを読む
カテゴリー:

「共謀罪反対」集会で演説した上西小百合議員に罵声→秘書「うるせえ、てめえら」→乱闘 - 06月18日(日)13:14 

共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を扱う参院本会議の攻防が続いた14日夜、国会の外で演説した上西小百合衆院議員(34)の公設秘書が、 国会前で「共謀罪反対」を旗印に集まったグループとトラブルになった一部始終が動画で公開され、話題になっている。  上西衆院議員の公設秘書が、反対派を逆に「うるせえ、てめえら」などと罵倒、上西氏の演説そっちのけで乱闘を始める騒ぎとなったのだが、ネット上では「また内ゲバか」「笑った」などとコメントが寄せられた。  上西氏は公...
»続きを読む
カテゴリー:

【映画雑誌】キネマ旬報社、「国会死んだ」ツイートでお詫び  「テロ等準備罪」成立直後の投稿 - 06月16日(金)20:34 

映画雑誌『キネマ旬報』の発行で知られる出版社・キネマ旬報社(東京・千代田区)が2017年6月16日、公式ツイッターアカウントの投稿で「ご混乱・誤解を招いてしまいました」としてウェブサイト上でお詫びした。 同社公式ツイッターアカウントは、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が成立した6月15日朝、「国会死んだ」「国家権力の暴力を見た」などと投稿したことにインターネット上で批判が集まっていた。 ■「会社の公式見解を必ず表すものではない」 キネマ旬報社公式ツイッターは6月15日朝、 「国会死んだ。...
»続きを読む
カテゴリー:

NHKが「テロ『党』準備罪」 誤字幕めぐり「意図」の深読み合戦 - 06月15日(木)19:56 

NHKが「テロ『党』準備罪」 誤字幕めぐり「意図」の深読み合戦 2017/6/15 19:18 https://www.j-cast.com/2017/06/15300750.html NHKの意図を「深読み」する人続出 一文字違うだけで意味が大違い 自民党が行った「中間報告」作戦について紹介する場面で、画面下のテロップで、「テロ等準備罪」とあるべき箇所が、 「テロ党準備罪」 と誤植されていたのだ。「テロ党」という語感の面白さもあり、画面写真はたちまちネットで拡散された。 ユニークなのは、これに対する反応だ。まず与党支持層は、 “「ブラックユーモア...
»続きを読む
カテゴリー:

共謀罪に待ったをかける「国連トップ発言」。それを平気でねじ曲げる、政府の手口がヒドすぎる! - 06月15日(木)18:00 

6月15日、参院本会議で自民・公明・日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した「共謀罪」法案(組織犯罪処罰法改正案)。 なんとしても今国会での成立を図ろうと強行突破を続けてきた安倍政権だが、その過程で実はこんな“待った”がかかっていた。国連人権理事会の特別報告者が、「公開書簡」で共謀罪法案を問題視したのだ。 しかしその後、日本政府と外務省は、安倍首相と懇談した国連の事務総長の発言内容を“超訳”し、この問題をウヤムヤにしてしまった。 この一連の動きから見えてくるのは、政府と官僚、それにメディアまでもが三位一体となって、都合の悪いことにフタをしようとする姿だ。 * * * 国連の人権理事会から任命された特別報告者、ジョセフ・カナタチ氏が、安倍首相宛ての「公開書簡」を国連ホームページ上で公開したのは、まだ衆議院で共謀罪の審議が行なわれていた5月18日のことだった。 その中でカナタチ氏は、組織犯罪やテロリズムとはまったく関連性のないように見える犯罪に対しても新法が適用される可能性や、「組織的犯罪集団」「犯罪の計画」「準備行為」の定義の曖昧さを指摘。共謀罪法案は、「プライバシーに関する権利と表現の自由への過度の制限につながる可能性がある」...more
カテゴリー:

【共謀罪法案成立】他の野党「民進党の戦術ミス」の声も - 06月15日(木)16:15 

民進党を他の野党幹部が批判「どうしたいの?」  組織犯罪処罰法改正案の採決を巡り、閣僚問責決議案などのカードを早々と切り、与党に審議打ち切りの「大義名分」を与える形になった野党第1党・民進党の国会戦術に、 他の野党幹部からは「がっかりだ。どうしたいのか分からない」と批判の声も上がった。 民進党は13日、山本幸三地方創生担当相への問責決議案を単独で提出。 さらに「自民党に『共謀罪』法案を採決しそうな雰囲気がある」と、金田勝年法相の問責決議案提出も主導した。 野党にカードを早めに切らせようと駆け...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「組織犯罪処罰法改正案」の画像

もっと見る

「組織犯罪処罰法改正案」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる