「終止符」とは?

関連ニュース

阪本一樹×須賀健太 映画『サイモン&タダタカシ』3・24公開へ - 01月18日(木)14:49 

 俳優の阪本一樹が映画初出演&初主演を務める映画『サイモン&タダタカシ』の公開日が3月24日に決定。併せて、新たな場面写真とメイキング写真が公開された。 【メイキング写真】ビニール袋を被った阪本を前に爆笑する須賀  同作は、工業高校に通う2人の男子高校生・サイモンとタダタカシの青春ロードムービー。親友にかなわない恋心を抱えるサイモンと、その想いに全く気づかない鈍感なタカシが、男ばかりの学生生活に終止符を打つべく、高校最後の夏休みに“運命の女”を探して旅に出る。  監督の小田学氏は、2014年に映画監督の登竜門「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」で2014年「第36回PFF」のコンペティション部門で21作品に絞られたPFFアワード2014に入選、革新的でチャレンジングな作品に贈られるジェムストーン賞を受賞。受賞監督8人のなかから完全オリジナルの脚本で新作の企画を募り、1名のみが権利を獲得できる「PFFスカラシップ」に選出され、今回の長編デビュー作を製作した。  『第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でフォトジェニック賞を受賞した阪本が、サイモン役で映画初出演&初主演を務め、須賀健太がタカシ役で共演。公開されたメイキングカットでは、待ち時間も一緒に休憩する2人や、ビニール袋を被った阪本を前に爆笑する須賀など、普段から仲の良さそうな2人の姿を収めている。  なお、...more
カテゴリー:

【サッカー】<ロナウジーニョ>正式に引退発表…ファンを楽しませ続けたファンタジスタが37歳でキャリアに終止符 - 01月17日(水)07:51  mnewsplus

元ブラジル代表FWロナウジーニョは、正式に現役を引退することになった。代理人である実の兄が明かしている。 昨年12月に、2018年内での現役引退を表明していたロナウジーニョ。そして、実兄で代理人を務めるロベルト・アシス氏は『オ・グロボ』で、ブラジル代表やバルセロナなどで活躍した弟の正式な引退を発表した。 「弟はフットボールをやめる。これでおしまいだ。今は彼の引退にふさわしい場をどうするかについて考えている。たぶん、ロシアでのワールドカップの後、8月ぐらいになると思う。素晴らしく、盛大なものにしたいね。...
»続きを読む
カテゴリー:

妻夫木聡と柳葉敏郎の因縁対決に終止符!? 人気CMシリーズがついに最終回 - 01月17日(水)04:00 

妻夫木聡、柳葉敏郎が出演する、数字選択式宝くじ「ロト7」の新CM「話は変わる篇 最終話」が、1月18日(木)から全国で放映開始となる。 【写真を見る】最終回では妻夫木聡に柳葉敏郎が手を差し伸べ… 2013年4月にスタートした同シリーズもついに最終回。新井浩文、小泉孝太郎、石橋凌も登場して華を添えている。 舞台は、薄暗い空間にある大きく高い石階段。妻夫木が、この石階段を必死に這い上がり、それを見守る同僚の新井や社長・小泉が、企業における昇進をイメージした石階段に登ることを諦めそうになる妻夫木に檄を飛ばす。さらに父親である石橋も登場して応援。妻夫木は、走馬灯のように今までの出来事を回想しながら最後の力を振り絞る。 しかし、そんな声もむなしく限界を迎えた妻夫木は石階段から転がり落ちてしまう。その時、すっと手を差し伸べる柳葉が登場。柳葉が妻夫木に肩を貸し、二人で力を合わせて階段を上っていき、ロト7の10億円の夢を諦めない思いを描いている。 ■ 妻夫木「柳葉さんの表情のインパクトはすごい」 ――今回の撮影の感想は? 妻夫木:全然実感がなくて、毎回柳葉さんのリアクションに笑いをこらえるのに必死だったなということを思い出しました。今日は本当に夢のようだったなという気持ちで収録しました。 柳葉:(ロトのCMでは)セットを組んでの撮影というのが初めてで、新鮮な気持ちでやらせてもらいました。 石橋:私...more
カテゴリー:

【芸能】超特急、ボーカル・コーイチ脱退 リーダー リョウガ「心が張り裂けそう」 - 01月16日(火)15:52  mnewsplus

 7人組ダンス&ボーカルグループ超特急のボーカル・コーイチ(23)が、グループを脱退することが16日、わかった。公式サイトで発表された。 脱退時期は「関係各所と最終調整中」としている。  同サイトでは脱退の理由について「今後の活動について本人と話し合いを行い、熟慮を重ねた結果、グループ活動においての方向性の違いにより、 超特急のメンバーとしての活動に終止符を打つ判断に至った次第です」と説明。現時点で撮影が終了している活動に関しては7人での露出・掲載となるが、 ニューシングル(タイトル、発売日未定)...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】「超特急」コーイチ脱退発表 方向性の違いで 脱退時期は調整中 - 01月16日(火)15:27  mnewsplus

 男性7人組グループ「超特急」の1号車・コーイチ(23)がグループを脱退することが 正式に発表された。16日、所属事務所が公式サイトなどで発表した。  正式発表に先立って、同日昼にはファンクラブ会員向けに脱退を報告。脱退理由について 「今後の活動について本人と話し合いを行い、熟慮を重ねた結果、グループ活動においての方向性の 違いにより、超特急のメンバーとしての活動に終止符を打つ判断に至った次第です」と説明した。  脱退時期は現在最終調整しており、すでに終えている撮影などについては7人で登場す...
»続きを読む
カテゴリー:

阪本一樹&須賀健太が運命の女性を探す無謀な旅へ! W主演映画の公開日決定 - 01月18日(木)14:32 

日本映画界の新たな才能・小田学監督が描く男子高校生の淡い恋物語の映画「サイモン&タダタカシ」が、3月24日(土)に公開される。 【写真を見る】須賀健太、ビニール袋を被った阪本一樹に爆笑! メーキングカット/(C)2017PFFパートナーズ(ぴあ、ホリプロ、日活) 本作は、工業高校に通う2人の男子高校生・サイモン(阪本一樹)とタダタカシ(須賀健太)の青春ロードムービー。 親友にかなわない恋心を抱えるサイモンの思いに全く気付かない鈍感なタカシが、男ばかりの学生生活に終止符を打つべく、高校最後の夏休みに“運命の女性”を探して旅に出るという物語。 それぞれ違う思いを抱えながら進む進路は、流れ星が降った夜に思いもよらない結末へと向かっていく。 メガホンを取った小田監督は、新人監督の登竜門「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」の2014年のコンペティション部門でPFFアワード2014に入選。 さらに、革新的でチャレンジングな作品に贈られるジェムストーン賞を受賞し、受賞監督8人から完全オリジナルの脚本で新作の企画を募り、1人のみが権利を獲得できる「PFFスカラシップ」に選出された。 そして製作されたのが、小田監督の長編デビュー作である今作だ。 控えめな自分と正反対の親友に翻弄(ほんろう)されながらも、己の道を突き進むタカシの無謀な旅についていくサイモン。 独特の存在感を持ち、持ち前の透明感で複...more
カテゴリー:

ロナウジーニョが正式に引退発表…ファンを楽しませ続けたファンタジスタが37歳でキャリアに終止符 - 01月17日(水)07:39 

元ブラジル代表MFは華やかなキャリアに幕を下ろした。
カテゴリー:

超特急 1号車・コーイチが脱退! - 01月16日(火)16:31 

7人組ダンス&ボーカルグループ・超特急の一号車・コーイチがグループを脱退することがオフィシャルサイトで発表された。 超特急シングル「My Buddy」  オフィシャルサイトでは、「グループ活動においての方向性の違いにより、超特急のメンバーとしての活動に終止符を打つ」判断をしたとしている。脱退時...
カテゴリー:

超特急、ボーカル・コーイチ脱退 リーダー リョウガ「心が張り裂けそう」【コメント全文】 - 01月16日(火)15:34 

 7人組ダンス&ボーカルグループ超特急のボーカル・コーイチ(23)が、グループを脱退することが16日、わかった。公式サイトで発表された。脱退時期は「関係各所と最終調整中」としている。 【写真】脱退を発表した最年長のコーイチ  同サイトでは脱退の理由について「今後の活動について本人と話し合いを行い、熟慮を重ねた結果、グループ活動においての方向性の違いにより、超特急のメンバーとしての活動に終止符を打つ判断に至った次第です」と説明。現時点で撮影が終了している活動に関しては7人での露出・掲載となるが、ニューシングル(タイトル、発売日未定)と春のアリーナツアーは6人体制となる。  リーダーのリョウガは「八号車(ファン)のことを想うと本当に胸が痛くて、申し訳ない気持ちで心が張り裂けそうになります。脱退するメンバーが出るのは望んでいないことだと思います」とファンを思いやりながらも「コーイチのためにも、六人のためにも、止むを得ずこの選択をしたという状況だというのをどうか理解していただけたらと思います」と理解を求めた。  超特急は、ボーカル2人、ダンサー5人の7人組。初期メンバーで最年長“1号車”のコーイチは「お父さん担当」だった。ツインボーカルの1人のコーイチが脱退することで、現状のボーカルはタカシ(21)だけとなる。  スターダストプロモーションのグループは今年に入り、私立恵比寿中学の...more
カテゴリー:

超特急コーイチが脱退を発表 新曲&春ツアーは6人体制 - 01月16日(火)15:15 

 7人組ダンス&ボーカルグループ超特急のボーカル・コーイチ(23)が、グループを脱退することが16日、わかった。公式サイトで発表された。脱退時期は「関係各所と最終調整中」としている。  同サイトでは脱退の理由について「2011年より超特急のバックボーカルとして活動を行ってきましたが、今後の活動について本人と話し合いを行い、熟慮を重ねた結果、グループ活動においての方向性の違いにより、超特急のメンバーとしての活動に終止符を打つ判断に至った次第です」と説明した。  現時点で撮影が終了している活動に関しては7人での露出・掲載となるが、ニューシングル(タイトル、発売日未定)と春のアリーナツアーは6人体制となる。  2011年12月に結成され、12年6月にデビューした超特急は、ボーカル2人、ダンサー5人の7人組。初期メンバーで最年長“1号車”のコーイチは「お父さん担当」だった。ツインボーカルの1人のコーイチが脱退することで、現状のボーカルはタカシ(21)だけとなる。年末年始に開催された自身初のアリーナツアーは4都市5公演が“秒速”で完売するなど勢いを加速させているなかでの脱退発表となった。  スターダストプロモーションのグループは今年に入り、私立恵比寿中学の廣田あいかが“転校”(脱退)、ももいろクローバーZの有安杏果が今月21日で卒業と脱退が相次ぎ、ファンは「脱退多すぎ」「ショックすぎ...more
カテゴリー:

もっと見る

「終止符」の画像

もっと見る

「終止符」の動画

Wikipedia

終止符(しゅうしふ)は、横書き文書での終わりに打たれる点である。約物のひとつであり、次のようにベースライン上に置かれる。

アメリカ英語ではピリオド (period)と呼ばれ、イギリス英語ではフルストップ (full stop) と呼ばれるプログレッシブ和英中辞典 第3版 小学館 「しゅうしふ【終止符】」の頁。

文末を示す

日本語の縦書き文書では文の終わりにもっぱら句点(“。”、マル)が用いられるのに対し、横書き文書では句点と終止符の両方が用いられる。普通はいずれか一方に統一され、混用されることはない。なお、横書きの公用文書には、旧文部省の「公用文作成の要領」および旧自治省の「左横書き文書の作成要領」いずれでも句点の使用が正しいとされているため、終止符は用いられない。

日本語ベースで欧文交じりの横書き文書では、句点、終...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる