「細野晴臣」とは?

関連ニュース

【芸能】ご存知ですか? 3月30日は坂本冬美の誕生日です - 03月30日(木)07:50 

きょうは歌手の坂本冬美の誕生日である。1967年生まれなのでちょうど50歳。 また、デビュー曲「あばれ太鼓」を20歳になる直前にリリースしてからも、今月4日で30周年を迎えた。 坂本は和歌山県生まれ。 高校卒業後、NHK『勝ち抜き歌謡天国』に出場した際に作曲家・猪俣公章(こうしょう)に認められ、内弟子を経てのデビューだった。 契約したレコード会社・東芝EMI(現ユニバーサルミュージック EMIレコーズ・ジャパン)は演歌に進出して日が浅かったが、 熱心なプロモーションにより「あばれ太鼓」は半年で50万枚を売るヒットとな...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

70歳迎えたs-ken新作に細野晴臣、スカパラ、トータス松本、竹中直人ら参加 - 03月22日(水)20:45 

s-kenのニューアルバム「Tequila the Ripper」が本日3月22日にリリースされた。
in English
カテゴリー:

【音楽】シーナ&ロケッツの鮎川誠、人生初の始球式が決定&地元・久留米で生誕69年祭を開催 - 02月28日(火)23:20 

シーナ&ロケッツの鮎川誠 人生初の始球式が決定、地元・久留米で生誕69年祭の開催も発表 2017/02/28 16:51 シーナ&ロケッツ(SHEENA & THE ROKKETS)の鮎川誠が、福岡ヤフオク!ドームにて4月23日に開催される「どんたく博多デー2017」(ソフトバンクホークス対楽天戦)で始球式に登場することが発表されています。鮎川誠が始球式を行うのは人生初。 また今年で音楽生活50周年の節目となり、69歳(ロック年)を迎える鮎川誠。誕生日の5月2日には故郷の福岡・久留米で<生誕69年プレミアムライブ>を開催することが発表されてい...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【音楽】細野晴臣「はっぴいえんどが燃え尽きるまで」 - 02月14日(火)20:43 

【MUSIC TALK】  日本のロック、ポップスを切り開き、創り上げてきた。先頭を走り続けてきた。しかし、「伝説」という肩書はしっくりこない。あまりにも軽やかな存在。細野晴臣さんの「根っこ」はどこにあるのか。自身の音楽のルーツをたどる。 トランジスタラジオを耳に突っ込んで、布団の中で音楽を聴いた ――幼いころの音楽の思い出をお聞かせください。  叔父や母が音楽や映画が好きで、家にSP盤がたくさんありました。5歳ぐらいになると電気蓄音機で自分でかけるようになった。軍歌あり浪曲あり、歌謡曲に映画音楽、ディズ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

2020年の『GODZILLA vs. KONG』を楽しみにしながらディティールを反芻! - 03月25日(土)20:09 

() 【映画を聴く】『キングコング:髑髏島の巨神』後編 戦闘シーンの合間にちりばめられた心憎い音楽的演出 キングコングを扱った映画としては2005年のピーター・ジャクソン監督『キング・コング』以来となる『キングコング:髑髏島の巨神』。舞台は1973年のベトナム戦争が終わった直後という設定になっている。クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルやジェファーソン・エアプレインの楽曲を効果的に使いながら、本作は怪獣映画としてだけでなく、人間ドラマとしてもさりげなく、かついい感じに作り込まれている。 音楽の使われ方で特に印象に残るシーンは2つある。1つは『地獄の黙示録』に由来するハンク・マーロウという名の髑髏島の住人にして第二次大戦の生存者が、主人公らのチームのクルーがポータブル・レコードプレーヤーでかけるデヴィッド・ボウイの「Ziggy Stardust」を聴いて「どこの世界の音楽だ」と驚くシーン。ボウイが演じた架空のロック・スター、ジギー・スターダストは、この島の先住民族たちにとってのマーロウであり、マーロウにとっての主人公たちである。 もう1つは、終盤でマーロウらがヴェラ・リンの「We’ll Meet Again(また会いましょう)」を口ずさむシーン。第二次大戦時に流行したこのスタンダード曲を一躍有名にしたのは、スタンリー・キューブリック監督『博士の異常な愛情』のエンディング...more
in English
カテゴリー:

【音楽】野宮真貴、夏のバカンスに聴きたくなる渋谷系カバーアルバム 大滝詠一、竹内まりや、渡辺満里奈などの楽曲を歌う - 03月07日(火)18:22 

http://natalie.mu/music/news/223524 2017年3月7日 10:00 野宮真貴が5月3日にカバーアルバム「野宮真貴、ヴァカンス渋谷系を歌う。~Wonderful Summer~」をリリースする。 このアルバムは野宮が5月に行うライブツアー「野宮真貴、渋谷系を歌う-2017-。"Vacances"」と連動した作品で、“夏のバカンスに聴きたくなる”渋谷系の楽曲を彼女が「21世紀の新しいスタンダードナンバー」としてカバーしている。 アルバムには小西康陽がPUFFYの吉村由美に提供した「V・A・C・A・T・I・O・N」、小沢健二と小山田圭吾がフリッパー...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【音楽】松本隆、「日本語のロック」を追求も「友達が離れ孤独だった」 音楽界を変えた2度の挑戦 - 02月19日(日)20:17 

松本隆、日本の音楽界を変えた2度の挑戦 「友達が離れ孤独だった」 2017年02月19日 15:01 by 真紀和泉 “日本語ロック”という表現さえ見かけない昨今だが、レコードは洋楽の方が売れて「ロックは英語」が当然だった時代に「日本語で歌うロック」の地盤を作った1人が松本隆である。さらには歌謡曲の作詞にそれまでにない描写や手法を取り入れ“歌謡曲”と“J-POP”の距離を縮めた。そんな大きな影響を2つも及ぼしながら、陰では「自身との葛藤」や「激しい孤独感」を覚えたという。 松本隆と斉藤由貴が2月16日放送のNHK Eテレ『ミュージ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【音楽】ピチカート・ファイヴの「ピチカートマニア!」再発盤、発掘マスターテープから未発表テイク追加 22日リリース - 02月09日(木)18:09 

http://natalie.mu/music/news/220116 2017年2月9日 17:44 ピチカート・ファイヴが1987年に発表した初期作品「ピチカートマニア!」が、未発表音源を加えて2月22日に再リリースされる。 「ピチカートマニア!」は細野晴臣とテイチクの提携レーベル、ノン・スタンダードから発表された楽曲で構成された初期ベストアルバム。 再発盤は最新リマスタリングでよみがえった8曲に、発掘されたマスターテープより起こした「アクション・ペインティング」の未発表3テイクが追加される。 アルバムジャケットはオリジナル盤のデザインを復刻...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「細野晴臣」の画像

もっと見る

「細野晴臣」の動画

Wikipedia

細野 晴臣(ほその はるおみ、1947年7月9日 - )は、日本ミュージシャン京都精華大学ポピュラーカルチャー学部客員教授。2008年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

略歴

1947年(昭和22年)、東京都港区生まれ。特に裕福ではないが、厳しい環境でもなく自由な少年時代を過ごした。母方の祖父である中谷孝男ピアノ調律師、叔母が外資系の映画会社勤務という環境から、幼い頃からポピュラー音楽に親しんだ。中学時代にロックに興味を持ち、15歳あたりからギターを手に友人とバンドを組む。漫画家を志したこともあるが、立教高等学校(現・立教新座高等学校)、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる