「細谷佳正」とは?

関連ニュース

のんはやっぱり唯一無二の女優だった。初舞台「ラヴ・レターズ」一日だけの貴重な公演、観てきた - 12月16日(土)09:45 

朗読劇を侮るなかれ 朝ドラ『あまちゃん』(13年)のヒロイン役で大ブレイクし、アニメーション映画『この世界の片隅に』(16年)では、声優として、絵に瑞々しい命を吹き込み、大ヒットの立役者となった、のんが、初舞台に挑んだ。舞台といっても、朗読劇という特殊なジャンルである。2時間(途中休憩込)、椅子に座ったまま、ノンストップで戯曲(手紙)を読み続けるという、ふつうの舞台よりも緊張感を強いる、なかなか難しい演目といえるだろう。しかも、出演者はたったふたり。朗読劇『ラヴ・レターズ』は、パルコ劇場(現在改装中)で、1990年から26年間もの長期に渡り、上演され続けた名作で、のべ460組のカップルが読み続けてきた。出演者は、役所広司×大竹しのぶ、市村正親×熊谷真実、竹中直人×風吹ジュン、野田秀樹×毬谷友子、柄本時生×前田敦子など枚挙にいとまがない豪華な組み合わせばかりだ。今回は、のんと『この世界の片隅に』で夫婦役を演じた細谷佳正が共演。今秋オープンしたばかりの映画館で行われる趣向に『この世界の片隅に』カップルはよく似合う。ふたりが演じるのは、小学生から50代までの長い長い時間、手紙のやりとりをし続ける幼馴染。開場のときに配られたペラ一枚のリーフレットにのんが、“細谷さんとは「この世界の片隅に」で夫婦役でしたが、一緒に演じることが出来なかったので、今回直接面と向かってご一緒出来ることに興奮してい...more
カテゴリー:

岡田麿里氏、初監督映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』キャストなど発表 - 12月14日(木)19:38 

 アニメ映画『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『心が叫びたがってるんだ。』のほか、『暗黒女子』、『先生!、、、好きになってもいいですか?』といった実写映画の脚本も手掛ける、岡田麿里氏が監督・脚本を務めるアニメーション映画最新作、『さよならの朝に約束の花をかざろう』(2018年2月24日公開)のストーリーや声優キャストなどが発表された。 【画像】“さよ朝”予告編の場面カット  これまでは脚本という形で少年少女たちのもどかしい青春を細やかな心理描写で描いてきた岡田氏が、『true tears』『花咲くいろは』などで何度もタッグを組んできたP.A.WORKS制作でついに監督デビュー。本作、『さよならの朝に約束の花をかざろう』、通称“さよ朝”の主人公は、10代半ばで外見の成長が止まり数百年生き続ける“別れの一族”と呼ばれるイオルフ族の民マキアと、幼くして両親をなくした男の子エリアル。見た目の変わらぬマキアと歳月を重ねていくエリアル、二人の絆の物語だ。  草原の中を走る少女と幼き少年を描いたティザービジュアルから一転、「愛して、よかった。」というキャッチコピーとともに、姿変わらぬ主人公マキアと青年へと成長したエリアルの姿が描かれた本ポスターも解禁された。  見た目が変わらず数百年生き続けるという難役マキアを演じるのは、今年デビューを果たし、『クジラの子らは砂上に歌う』など...more
カテゴリー:

「あの花」の脚本家・岡田麿里が監督デビュー!成長が止まった少女の切なすぎる愛を描く感動巨編 - 12月14日(木)11:02 

社会現象を巻き起こしたテレビアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」をはじめ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」や『心が叫びたがってるんだ。』(15)など、独特の台詞回しと繊細な心理描写でアニメファンはもちろんのこと、それまでアニメに興味がなかった人さえも魅了してきた脚本家・岡田麿里。 【写真を見る】“あの花”を超える感動が待ち受ける?初出しの場面写真はこちらから/[c]PROJECT MAQUIA 2017年には『暗黒女子』『先生!、、、好きになってもいいですか?』の2作で実写映画を手がけた彼女が2018年、今度は初監督に挑戦するのだ。その作品は、彼女がこれまで「true tears」や「花咲くいろは」など、代表作と呼べる作品でタッグを組んできたP.A.WORKS制作の最新作『さよならの朝に約束の花をかざろう』だ。 人里離れた土地に静かに暮らすイオルフ族の少女・マキア。彼女たちイオルフ族は10代半ばで外見の成長が止まり、その後数100年の寿命を持ち“別れの一族”と呼ばれていた。ある時、イオルフの長寿の血を求めて攻め込んでくるメザーテ軍。マキアはその混乱の中、仲間も帰る場所さえも失ってしまうのである。そして彼女は、両親を亡くした赤ん坊・エリアルと出会う。 今年7月に発表された本作のティザービジュアルでは、夕陽に照らされた草原の中を走る少女と幼い少年の後ろ姿が描かれてい...more
カテゴリー:

遂に解禁!岡田麿里初監督作品「さよならの朝に約束の花をかざろう」最新情報が公開! - 12月14日(木)06:00 

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」や「暗黒女子」など、アニメにとどまらず実写映画の脚本も手がける岡田麿里さんが監督・脚本を務める映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」が2018年2月24日(土)に公開されます。 公開された特報映像より/(C)PROJECT MAQUIA 本作は、岡田麿里さんの初監督作品。今まで脚本で少年少女たちの青春を細やかな心理描写で描き上げてきた彼女が、P.A.WORKSとタッグを組んで送る大感動巨編です。 2017年7月6日(木)のタイトル発表以来、沈黙を守り続けてきた本作の情報がついに解禁。10代半ばで外見の成長が止まり数百年生き続ける“別れの一族”のマキアと、幼くして両親をなくした少年・エリアルの絆の物語が描かれます。 今回公開された本ポスターに描かれているのは、少女のまま姿が変わらないマキアと少年から青年へと成長したエリアルの姿。“愛して、よかった。”というキャッチコピーが否応にも本編への期待を高めます。 キャスト情報も解禁。マキアを演じるのは、「クジラの子らは砂上に歌う」でヒロインのリコス役を演じた石見舞菜香さん。その他、入野自由さん・茅野愛衣さん・梶裕貴さん・沢城みゆきさん・細谷佳正さん・佐藤利奈さん・日笠陽子さん・久野美咲さん・杉田智和さん・平田広明さんなど、実力と実績を備えた錚々たるメンバーが集結しています。 主題歌は、「クジラの子ら...more
カテゴリー:

デクもビックリ!?「僕のヒーローアカデミア」が原作者監修オリジナルストーリーで劇場映画化! - 12月11日(月)10:00 

2014年より週刊少年ジャンプに連載されている人気作「僕のヒーローアカデミア」。既刊16巻の単行本累計発行部数は1200万部を突破し、2018年4月からはテレビアニメ第3期の放送も決定している「ヒロアカ」が2018年夏に完全オリジナルストーリーで『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE』としてアニメ映画化される。 【写真を見る】原作者監修の下に描かれる完全オリジナルストーリーでデクが大活躍!/[c]堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE製作委員会 物語の舞台は総人口の約8割が何らかの超常能力「個性」を持って生まれる世界。事故や災害、そして「個性」を悪用する犯罪者から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中「無個性」で生まれてしまった主人公・緑谷出久(通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校に入学し、一人前のヒーローを目指して成長していく。まさに“友情・努力・勝利”の系譜を継ぐジャンプ王道作品だ。 文字通り個性豊かなキャラクターが夢に向かって進んでいく姿を描いた物語は、現代のオンリーワンの個性を尊重する風潮にもマッチし、瞬く間に話題沸騰。日本の漫画には珍しいアメコミ風の描写も相まって、日本国内はもちろん、テレビアニメは世界148か国にて配信、アメリカの2017年コミック売上4位にランクインするなど海外でも圧倒的な支持を集めている。 今回初とな...more
カテゴリー:

『あの花』『ここさけ』の岡田麿里初監督作『さよ朝』声優情報など一挙解禁 - 12月14日(木)21:06 

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』の脚本を担当し、今年は『暗黒女子』や『先生!、、、好きになってもいいですか?』とアニメにとどまらず実写映画の脚本も手掛けた岡田麿里。今までは脚本という形で少年少女たちのもどかしい青春を細やかな心理描写で描いてきた彼女がアニメ映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』、通称『さよ朝』で監督デビューをはたすことが今年7月6日に発表され話題を集めたが、新たにこの作品のポスタービジュアル、予告編、ストーリー、声優、主題歌情報が一挙解禁となった。 主人公は10代半ばで外見の成長が止まり数百年生き続ける、通称“別れの一族”と呼ばれるイオルフ族の民マキア。そして、幼くして両親をなくした男の子エリアル。見た目の変わらぬマキアと、歳月を重ねていくエリアル。本作は、色合いを変えていくそんな2人の絆の物語だ。 草原の中を走る少女と幼き少年を描いたティザービジュアルから一転、今回、解禁となったポスタービジュアルには、この2人の関係性を表すがごとく、姿変わらぬ主人公マキアと青年へと成長したエリアルの姿が描かれ、「愛して、よかった。」というキャッチコピーがつけられている。 見た目が変わらず数百年生き続けるというマキアの声を演じたのは、今年デビューをはたし『クジラの子らは砂上に歌う』など既に多数の作品からオファーを受ける大型新人...more
カテゴリー:

『D×2真・女神転生』声優に雨宮天、花江夏樹、高橋李依、細谷佳正ら追加 - 12月14日(木)19:16 

セガゲームスが展開するスマートフォン向けタイトル『D×2(ディーツー) 真・女神転生リベレーション(以下『D×2』)』の事前登録数が25万を突破し、記念として追加声優の情報や、ゲーム本編のオープニングムービーを公開した。
カテゴリー:

【映画】 さよならの朝に約束の花をかざろう:岡田麿里の初監督アニメの本予告が公開 石見舞菜香、入野自由が出演 - 12月14日(木)07:16  moeplus

2017年12月14日 アニメ 映画 劇場版アニメ「さよならの朝に約束の花をかざろう」のビジュアル(C)PROJECT MAQUIA  アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」などの脚本を手がけた岡田麿里さんが監督に初挑戦した劇場版アニメ 「さよならの朝に約束の花をかざろう」(2018年2月24日公開)の本予告が14日、公開された。10代半ばで外見の成長が止まり、数百年生き続け、 “別れの一族”と呼ばれるイオルフ族の民のマキアや幼くして両親を亡くした男の子・エリアルなどが登場する。  石見...
»続きを読む
カテゴリー:

「あの花」脚本・岡田麿里の初監督アニメに石見舞菜香、入野自由、杉田智和ら豪華声優陣! - 12月14日(木)06:00 

 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」の脚本で知られる岡田麿里が初監督を務めたアニメ映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」の続報が、このほど一挙に発表された。ストーリーラインや本予告&ポスター、主題歌、そして石見舞菜香、入野自由、杉田智和ら豪華声優陣が結集していることが明らかになった。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  2017年7月6日の第一報以来、沈黙を貫いてきた今作がついにベールを脱いだ。主人公は、10代半ばで外見の成長が止まり、数100年の寿命を持つことから“別れの一族”と呼ばれるイオルフ族の民・マキア。人里離れた土地で静かに暮らすイオルフの民だったが、長寿の血を求めるメザーテ軍が襲来すると、その日常は突如として終わりを告げる。  絶望と混乱のさなか、命からがら逃げ出したマキアだが、仲間も、帰る場所も失ってしまった。暗い森をさまよい、呼び寄せられるようにひとりぼっちの赤ん坊・エリアルを発見する。2人は行動をともにするようになるが、少女のままのマキアと、成長していくエリアルの間には時の流れの隔たりがあった……。“ひとりぼっち”と“ひとりぼっち”が出会った、かけがえのない時間をめぐる物語が紡がれる。  「クジラの子らは砂上に歌う」などで注目を集める大型新人・石見がマキア、「おそ松さん」の入野がエリアルに生命を吹き込む。...more
カテゴリー:

「デビルズライン」主演に松岡禎丞&石川由依 木村良平、沢城みゆきらも出演 - 12月10日(日)22:30 

 花田陵氏が「モーニング・ツー」(講談社刊)で連載中のダークファンタジー漫画をアニメ化する「デビルズライン」のキャスティングが発表された。  主人公・安斎結貴役には「ソードアート・オンライン」の松岡禎丞、ヒロイン・平つかさ 役には「進撃の巨人」の石川由依が抜てき。李ハンス役で「マクロスΔ」の木村良平、沢崎孝役で「灰と幻想のグリムガル」の細谷佳正、ジュリアナ・ロイド役で「ルパン三世」の沢城みゆき、菊原桐郎役で「Infini-T Force」の櫻井孝宏、牧村武史役で「〈物語〉シリーズ」の神谷浩史も出演する。11月22日発売の「モーニング・ツー」2018年1月号には、キャスト陣からのコメントが掲載されている。  同作は、鬼とヒトが共存する世界を舞台に、鬼と人間のハーフで、吸血鬼担当公安第5課F班に所属する刑事・結貴と、口の傷から流れた血を結貴に吸われた女子大学生・つかさを中心に、禁断の愛を描く物語。アニメ版キャスト発表と合わせて、結貴がつかさと思われる女性の首筋に牙を突き立てる姿を描いたキービジュアルが公開されている。  また、18年1月23日発売の原作コミックス第11巻限定版に付属するドラマCDのタイトルが「line.0.5『暗闇のゼロ』」に決定した。原作者の花田氏がストーリー原案を手がける本編第1話の前日譚で、このほど発表されたキャストがアニメ版に先駆けて出演する。 【作品情...more
カテゴリー:

もっと見る

「細谷佳正」の画像

もっと見る

「細谷佳正」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる