「紗倉まな」とは?

関連ニュース

芸能界で一番エロい体で佐々木心音が男どもをノックアウト! - 11月23日(木)19:00 

人気AV女優、紗倉まなの処女小説を映画化した『最低。』(11月25日公開)。アダルトビデオと関わりをもつ3人のヒロインを描く本作で、最も大胆な艶技を披露しているのが“芸能界で一番エロい体”の異名をもつ佐々木心音だ。 【写真を見る】絶妙な舌づかいで乳首を責め、男を悶えさせる官能的なベッドシーンを披露/[c]2017 KADOKAWA ■ Eカップの爆乳ボディでラブシーンにも挑戦 彼女が演じるのはAV女優の彩乃。専門学校に通うために親元を離れて上京し、最初は軽い気持ちでAVに出演。その後、連日の撮影に追われるほどの人気女優となるが、ある日、母親にAV女優をしていることがバレて、トラブルになってしまう。 劇中ではEカップの爆乳を惜しげもなく見せつけ、激しいラブシーンにも挑戦。まるで相手を威圧するような肉感的なボディに男性ならノックアウト必至。先日、行われた第30回東京国際映画祭のレッドカーペットや舞台挨拶などでは原作者の紗倉まなよりも妙なエロさをふりまいていたが、彼女の本職はAV女優ではない。 ■ 音楽、りんご並木大使など地道にステップアップ 高校時代に舞台女優としてキャリアをスタートさせ、舞台や映画などで活躍中の彼女。だが、最初に注目を浴びたのはもうひとつの顔であるシンガーソングライターとしてだった。2010年から、キーボードを担当する母親とのユニット、CO906.(こころ)として活動...more
カテゴリー:

紗倉まな「AV女優も普通の女の子なんです。偏見が無くなればいいとずっと思ってました。」 - 11月20日(月)16:47  news

「AV女優も普通の女の子。その日常を描けたら」東京国際映画祭にもノミネートされた紗倉まな原作の映画『最低。』 本業のAVだけでなく、テレビやラジオにも多数出演、小説まで手がけ多彩な才能を発揮している紗倉まな。 この程、小説『最低。』が映画化され、日本最大級の映画の祭典・東京国際映画祭のコンペティション部門で 1500作以上の応募の中から選ばれた15作品にノミネートされた。 同作はAV女優とその家族の日常をリアルに描いた作品で、自らAVの世界に進んだ主婦の美穂(34歳)、 親に反対されながらAV女優として生き...
»続きを読む
カテゴリー:

彼氏を稼ぎで判断するのはNG。いいオンナが持っている判断基準とは? - 11月20日(月)12:20 

先日、「年収1,000万の人じゃないと結婚したくない女性」という記事が話題になっていましたが、パートナーの条件に「年収」を入れる人って本当にお金のセンスがないなと思うのです。
おっと、「私には関係ない話ね。別に1000万の年収なんて相手に求めてないし」と思われたあなた、実はコレあなたにものすごく関係ある話です。金額の大小に限らず、恋人を「稼ぎ」で判断するとろくなことになりません。稼ぎももちろん大事なのですが、もっと大事なところを見ないと、その人の本質を見抜くことはできません。特に「お金の使い道」にはその人の性格や価値観がもろに出ますので、あなたが将来パートナーとの共同生活をイメージしているなら、「お金」に関する感覚にアンテナを立てることはとても大事なことなんです。いくら稼いでいるか?ではなく、いくら貯めているか?ここで問題です。月収100万円のAさんと月収30万円のBさんがいます。どちらがお金持ちでしょう?「そりゃ、Aさんだろう。」と思いますか?いいえ、それは不正解です。正確には「それだけではわからない」のです。基本的には収入が高くなればなるほど、使う金額も大きくなります。衣食住だけでも、高級マンションに暮らせば毎月20-30万は平気で飛んでいきますし、車やタバコを嗜む男性なら、毎月の出費がバカになりません。Aさんは、月収が100万円あっても、毎月95万円使っているのです。だとした...more
カテゴリー:

浮気や不倫とは違う、「ポリアモリー」という複数同時交際のセクシャリティー - 11月18日(土)11:05 

私たちは小さい時から「たった一人の愛し続けること」の素晴らしさを教わってきました。しかし、よくよく考えてみれば、自然界は複数の異性と交際し、子孫を産んでいる生き物の方が多いわけで、人間だけが特定の相手とだけ愛情を育くまなくてはいけない、というのもおかしな話です。「一度に何人もの人を好きになってしまう、それが一度や二度ではない」、もしそんな経験をしたことがあるなら、あなたは「ポリアモリー」なのかもしません。ポリアモリーとは?ギリシア語の「複数」(poly)とラテン語の「愛」(amor)をくっつけた造語です。一度に複数の人を好きになり、しかもその対象は異性に限らず、かつ交際相手が全て、こちらに複数の交際相手がいることに合意している、というライフスタイルを確立している人のことを指します。この、交際相手が全員複数交際の事実に合意をしている、という点で、浮気や不倫とは明確な違いがあります。またポリアモリーと対比して、「たった一人の人と親密な関係を築きたい」と考える人を、モノガミーと呼ぶこともあります。どちらが良いということはありません。ポリアモリーの人もモノガミーになりうる可能性があるし、モノガミーの人もポリアモリーになる可能性があるのです。ポリアモリーが抱える「人とは違う」という悩みポリアモリーの気質を持っている人は、幼少期から「一人の人を好きになる」という感覚に足して違和感を抱くことが多...more
カテゴリー:

さんまの青春時代を又吉脚本でドラマ化 本人役は北村匠海、ヒロインは飯豊まりえ - 11月18日(土)05:00 

 タレントの明石家さんまが司会を務める26日に日本テレビ系『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』(後7:00)で、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が脚本を手がけるさんまの17歳の頃の実話を描いたドラマ『ずっと笑ってた』を放送することがわかった。ただただ人を笑わせることに夢中だった杉本高文(さんま)役には、今年公開の映画『君の膵臓をたべたい』が話題となった俳優・北村匠海が抜てき。さんまが思いを寄せる同級生役には女優・飯豊まりえが起用された。 【写真】学ランにメガネ姿の東野幸治も出演  「高校の時、俺が今まで経験したことのない大爆笑の連発。あの“笑い”を忘れられない。高校時代の俺が、いまだに最高で、男としての頂点」とさんま自身が語る自身の黄金時代。彼にとっては、学校は学びの場ではなく、人を笑わせる最高の舞台だった…。凡人の想像を超える壮大ないたずらや、片思いの女の子との甘酸っぱい思い出の数々。さんまとの感動のエピソードが描かれる“絶対に笑わない鬼”として恐れられていた体育教師は神保悟志が演じ、東野幸治とアンジャッシュ・渡部建も“同級生役”として出演する。  まさかのさんま役、しかも“神がかっていた”高校時代のオファーに北村は「とにかくびっくりしました」と驚きを隠せない。お笑い界のレジェンドを演じることに「僕で大丈夫なのかな?」とプレッシャーもあったがそうだが「人を...more
カテゴリー:

紗倉まな原作、AV女優として生きることを選んだ19歳描く「最低。」マンガ版 - 11月22日(水)22:34 

紗倉まな原作による紺條夏生「最低。」の単行本が、本日11月22日に発売された。
カテゴリー:

大竹しのぶ、異例ベッドの上で記者会見「やってみたら楽しかった」 - 11月20日(月)13:45 

 女優の大竹しのぶが20日、東京・港区のスウェーデン大使館で行われたミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』の製作発表記者会見に出席。共演する風間杜夫、蓮佛美沙子、ウエンツ瑛士と共に作風になぞらえて“ベッドの上”という異例の形で会見に臨み「すごい異様なシチュエーション…」と笑っていた。  それでも「せっかくお洋服を着てきても上しか映らないけど、宣伝部の熱い思いに負けました。でもやってみたら楽しかった」と満足げに語ると、風間は「素晴らしい家具で、しのぶちゃんが横で寝ちゃいそうだった」と明かして、場を和ませた。  「不思議な気持ちになりました」と話した蓮佛は「(ウエンツと)初対面でいきなり同じベッドってない。緊張するかなと思ったけど、意外と楽しかった」と笑顔。「まだ口説かれてないです」と振ると、ウエンツは「もちろんチャンスがあればすぐにいきますよ」と冗談めかしていた。  同作は、イングマール・ベルイマン監督の『夏の夜は三度微笑む』に着想を得たミュージカル・ラブ・コメディー。20世紀初頭のスウェーデンを舞台に、求め合いながら滑稽(こっけい)にすれ違うさまざまな男女の愛の行方を描く。来年4月8日から30日まで、東京・日生劇場で上演される。  意外にもミュージカル初挑戦となる風間は「この私がミュージカルをやるなんて考えてなかった」と照れ笑い。一方で大竹は「でもお歌がすごいお上手」...more
カテゴリー:

宝塚「ブスの25箇条」から学ぶ、宝ジェンヌメンタルを手に入れる方法 - 11月19日(日)11:05 

女性としての憧れの的、宝ジェンヌ。これまで長い歴史の中で何百万人もの女性に慕われてきた、その美しいまでの生き様はどのように培われたのでしょうか。宝塚には『ブスの25箇条』というものが舞台裏に貼られているそうです。元宝塚歌劇団宙組トップスターの貴城けいさんが、著書『宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座』(講談社)で発表したことでも有名になりました。この『ブスの25箇条』を読むだけで、気が引き締まり、襟を正される思いがしますね。ただ、襟を正しただけではもったいない。どうせならこのありがたいお言葉の数々を自分の人生に取り入れて、宝ジェンヌのメンタルにちょっとでも近づこうではありませんか。この記事では、この25箇条を「礼儀・礼節系」、「疑心暗鬼系」、「元気がない系」、「勘違い系」、「ネガティブ系」の5つにカテゴライズし、カテゴリーごとにどうしたら宝ジェンヌのような美しい生き方ができるようになるのか、そのノウハウをご紹介します。礼儀・礼節系の改善点「こんにちは」「おはようございます」「ありがとうございます」「ごちそうさまでした」「おやすみなさい」などの、挨拶は普段当たり前に交わされる会話です。そのため、その重要度は軽視されがちですが、当たり前だからこそ忘れてはいけません。挨拶をしない、ということはつまり、その時にその場にいる人の存在を無視する、ということでもあります。存在を無視され...more
カテゴリー:

「彼から愛されることが全て」な恋は卒業!あなたの価値は、彼の愛では決まらない - 11月18日(土)11:05 

こんにちは、コラムニストの愛子です。「彼氏に見捨てられたくない」と不安に思うあまり、恋愛を楽しめていない女性は多いのではないでしょうか。数年前までは私もそうだった気がします。自覚がないけれどそういった恋愛パターンを繰り返している、という人もいるかもしれません。もしかするとあなたも、彼氏に嫌われないため、もっと愛してもらうために、いい彼女でいようと頑張り過ぎていませんか?今回は、どうしてそんなに不安になってしまうのか、その不安を手放して、恋愛を思い切り楽しむにはどうすればいいのかを、一緒に考えてみましょう。1.「彼の愛=自分の価値」という思い込みどうして彼を失うのが怖いのか、考えたことはありますか?好きな人に嫌われたくない、愛されたいと願うのは自然なことではあります。でもあまりにもその想いが強すぎる場合は、彼に愛されていれば自分には価値があり、愛されていなければ価値がないと思い込んでしまっているからかも。過去に失恋したときや、彼に冷たくされたときなどに、自分には価値がないと感じたことはありませんか?また彼にすごく愛されているときは、自分が特別いい女になったような気がするのではないではないでしょうか?彼に愛されているかどうかで、セルフイメージが大きく左右されるのは「彼の愛=自分の価値」だと固く信じてしまっている証です。2.アイデンティティのための恋愛?相手のことを思いやる気持ちより、自...more
カテゴリー:

紗倉まな×志茂田景樹:あの「入院生活」が人生を変えた!?ふたりの意外な共通点 - 11月17日(金)12:20 

「モノづくり大国」と言われる日本。その中でも「エロ」は世界でも有名。そんなアダルト業界で、自らを「えろ屋」と称しAV女優として活躍する一方、小説家としても活動する紗倉まなをホストに、文化やエンタメを支える様々な「クリエイター」をゲストにお届けする、『紗倉まな対談企画 モノづくり大国♡ニッポン』。第2回目は、作家でタレントの志茂田景樹さんをゲストにお届けします。◆小説家になるまでに、20回ほど転職を経験紗倉まな(以下、紗倉):唐辛子のレギンス、すごいステキですね!志茂田景樹(以下、志茂田):ありがとう。これは夏用だからもうそろそろ終わりなんだけどね。紗倉:あ、季節で違うんですね!志茂田さんのTwitterやLINEブログはいつも拝見しているので、今日はお話できて光栄です。志茂田さんは、小説家になるまでにいろんなお仕事をされたとお聞きしましたが、どんな職業を経験されたんですか?志茂田:弁護士や探偵、保険調査員、週刊誌記者、塾講師などいろんな仕事をしましたよ。紗倉:すごい経験値ですね。最初はどんなお仕事をされていたんですか?志茂田:最初は営業職だったから、わりと頭を下げないといけなくて。犬の保険を販売したり英語の辞書を販売したり・・・・・・。営業の仕事の中でも何度か転職していたんだけど、ある日「僕は頭を下げるの好きじゃない」ってことに気がついて(笑)。紗倉:(笑)。なんか違うなと?志茂田...more
カテゴリー:

もっと見る

「紗倉まな」の画像

もっと見る

「紗倉まな」の動画

Wikipedia

紗倉 まな(さくら まな、1993年3月23日 - )は、日本AV女優タレント歌手小説家である。

千葉県出身、マインズ(mine's)所属。 キャッチフレーズは「レモンティーよりも?(まなてぃ~!)ハーブティーよりも?(まなてぃ~!)はいっ!貴方のやる気スイッチは私が押します」である。乙女フラペチーノの自己紹介で使っている。

来歴

木更津工業高等専門学校土木科出身。

2011年11月、工場萌え美少女 紗倉まな 18歳でイメージビデオデビュー、グラビアでも活動していたが、2012年、高専在学中に紗倉まな AVDebutでAVデビューした。同年4月16日にまとめられたDMM.comランキングでは作品別と女優別ランキングで1位となった。同年6月18日には、石井哲、大山顕のタッグによるトークイベント「製鉄所萌えナイト」に瀬戸ちひろとゲストに招かれた。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる