「紗倉まな」とは?

関連ニュース

玉城ティナ、蒼波純、稲村亜美ら輩出 ネクストブレイク・ガールの梁山泊「ミス iD 2018」の詳細発表 - 03月24日(金)15:46 

3月24日より講談社主催のオーディション「ミス iD 2018」の特設サイトがオープンした。 紗倉まな 数あるモデルやグラビアや雑誌の冠オーディションとはまったく違う、「世界にひとりだけの女の子」を探し、その人にあった新しいスタイルで世に出そうというオーディションプロジェクト「ミス iD」。 現『ViV...
in English
カテゴリー:

小説でも大きな躍進を見せる紗倉まな、処女作が映画化決定 - 03月23日(木)18:55 

セクシー女優として活躍している紗倉まなは、最近は日本だけでなく海外でも人気を博しているが、彼女は男性向け映像作品だけでなくドラマやバラエティー番組にも積極的に出演し、小説執筆まで手掛ける。
in English
カテゴリー:

紗倉まなが芥川賞か直木賞を取りそうな件 - 03月19日(日)23:45 

紗倉まな「『えっ!? いいんですか』という感じ」 小説デビュー作「最低。」が今秋に映画化決定 第2弾小説「凹凸」の発売イベントを行った紗倉まな=東京・神田神保町(写真:サンケイスポーツ)  セクシー女優、紗倉まな(23)が18日、東京都内で第2弾小説「凹凸(おうとつ)」の発売イベントを行った。  今作は自身初の長編小説で、母子家庭で育った自身の経験談をもとにした母と娘の物語。多忙をぬってわずか2カ月で192ページを書き上げたといい、 「言葉に肉付きすることが難しかった。書いたものを削る作...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

セクシー女優の紗倉まな、第2弾小説『凹凸』執筆で苦労吐露「かなり難産でした」 - 03月19日(日)10:00 

セクシー女優、紗倉まな(23)が18日、第2弾小説「凹凸」の発売イベントを東京都内で。母子家庭で育った自身の経験をもとに執筆した母と娘の物語で、「書きすぎて文章…
in English
カテゴリー:

紗倉まな、断酒して執筆の第2弾小説「凹凸」発売「飲まない寂しさを主人公にぶつけた」 - 03月18日(土)17:10 

 セクシー女優の紗倉まなが3月18日、2冊目となる小説「凹凸(おうとつ)」(KADOKAWA刊)の出版記念サイン会を都内の書店で開いた。 ・【フォトギャラリー】紗倉まな、その他の写真はこちら  紗倉は昨年2月、アダルトビデオ業界で生きる女性たちを描いた「最低。」(同社刊)で小説家デビューし、購買層の約5割が10~20代の女性という支持を集めた。「64」などで知られる瀬々敬久監督による映画化(今秋公開予定)も決まり、「えっ、いいんですか?という感じでしたけれど、光栄なこと。私はアダルトの作品しか出したことがありませんが、映像という違う形で発表され、世の中の人に見てもらえるのは本当にうれしい」と感激の面持ちだ。  前作の出版後からテーマを決めていたという「凹凸」は、両親が離婚し母子家庭で育った自身の体験をベースに、父性と母性を対比させながら女性の性と愛を描く内容。昨年12月から正月休みなどを利用して集中的に執筆したそうで、「前作は短編だったので区切りをつけやすかったけれど、今回は長編でひとつの家族を掘り下げていく上で言葉に肉付けをするのがすごく難しかった。書きすぎて量が膨らみ、削る作業も大変でした。ギリギリまで手掛けていたので、達成感があります」と振り返った。  前作では、酒を飲みながら書くこともあったそうだが「去年の夏に、朝起きたら家がヤバいくらいに荒れていて、隣の人も冷たく...more
in English
カテゴリー:

「ミス iD 2018」4月1日からエントリー受付開始! 審査員には倉持由香、紗倉まな、菅野結以らが加入 - 03月24日(金)12:15 

講談社主催の女の子オーディション「ミス iD 2018」の詳細が24日、発表された。
in English
カテゴリー:

サイバージャパンダンサーズもセクシーに舞う、ゲーム×音楽で楽しむ「モンストナイト」に潜入! - 03月21日(火)20:00 

3月19日、音楽とゲームという、ありそうでなかった組み合わせで生まれた「モンストナイト」が東京・渋谷のライヴ&サウンド・スペース「SOUND MUSEUM VISION」にて行なわれた。 今、話題の「モンスト」を楽しみ、お酒を飲みながら最高の音楽が聞けるとあって、会場は大盛り上がり。500人以上のモンストファンが集まったが(20歳未満は入場不可。IDチェックあり)、男女比は8:2ほどで、上は40代からくらい20代まで幅広い年齢層。イベントスタート時間は15時と早めながら、会場は人でごった返し、熱気ムンムン。 気になるゲストは、お笑い芸人ながらDJもこなすROCKET MANことふかわりょう、そしてやついいちろう。さらに今、クラブイベントに引っ張りだこのCYBER JAPAN DANCERS(サイバージャパンダンサーズ)も登場した。 ROCKET MANは登壇の瞬間に会場のお客から「一発芸やれ~!」と煽(あお)られるなど、出だしから怪しい雲行きだったが、自身が司会を務める『五時に夢中』のテーマソング、ジャクソン5の『I Want You Back』を皮切りに会場は徐々にヒートアップ。 クラブイベントの定番『Sex On The Beach』の曲中では、ふかわが絶叫。お客もそれに共鳴するように両手を上げ、ジャン...more
in English
カテゴリー:

「不吉な予感が漂って…」紗倉まながハマる『ウォーキング・デッド』のゾンビより怖いのは? - 03月19日(日)17:00 

CM出演やコラム執筆などアダルト女優という枠を飛び越えて幅広い活躍を続ける紗倉まなが、『週刊プレイボーイ』本誌で連載中のコラム『白目むいちゃいました。』。 まなちゃんが、徒然(つれづれ)なるままに日々思うことをエッセイ風に綴(つづ)っていくコラムだが、今回は彼女が“鳥肌が立つほど怖いもの”について語ってくれた。 * * * 最近、アメリカのドラマ『ウォーキング・デッド』にハマってしまった。 もともと私は海外ドラマを一度も見たことがなかった。『24-TWENTY FOUR-』とか有名どころはわかるけど、それもタイトル止まり。海外ドラマの面白さについて熱弁する周りの人々にまったく共感できなかったのだ。 だから、『ウォーキング・デッド』にハマるだなんて、考えてもみなかった。ついに時代の波に乗ったような気がした。 キッカケは仲良しのメイクさんがオススメしてくれた、映画やドラマなどが定額で見放題になる「アマゾンプライム」への加入だった。ラインアップを見てみると、大好きな『クレヨンしんちゃん』の映画も全部そろっているし、思っていた以上に充実していた。っていうか、マジですごい。 その中に最近よく耳にする『ウォーキング・デッド』があ...more
in English
カテゴリー:

紗倉まな、断酒して執筆の第2弾小説「凹凸」発売「飲まない寂しさを主人公にぶつけた」 - 03月18日(土)17:10 

セクシー女優の紗倉まなが3月18日、2冊目となる小説「凹凸(おうとつ)」(KADOKAWA刊)の出版記念サイン会を都内の書店で開いた。紗倉は昨年2月、アダルトビデオ業界で生きる女性たちを描いた「...
in English
カテゴリー:

小島みなみ&紗倉まなユニットが改名、ニューシングルは柴田聡子が曲提供 - 03月17日(金)23:30 

小島みなみと紗倉まなの音楽ユニット、乙女フラペチーノが「おとといフライデー」に改名することを発表。改名後第1弾シングルとして今夏、シングル「もしやこいつはロマンチックのしっぽ」をTRASH-UP!! RECORDSよりリリースする。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「紗倉まな」の画像

もっと見る

「紗倉まな」の動画

Wikipedia

紗倉 まな(さくら まな、1993年3月23日 - )は、日本AV女優歌手小説家である。

千葉県出身、マインズ(mine's)所属。

来歴

木更津工業高等専門学校土木科出身。

2011年11月、工場萌え美少女 紗倉まな 18歳でイメージビデオデビュー、グラビアでも活動していたが、2012年、高専在学中に紗倉まな AVDebutでAVデビューした。同年4月16日にまとめられたDMM.comランキングでは作品別と女優別ランキングで1位となった。同年6月18日には、石井哲、大山顕のタッグによるトークイベント「製鉄所萌えナイト」に瀬戸ちひろとゲストに招かれた。

2013年3月1日発売のヤングアニマル嵐で表紙に抜擢されるAV女優が同誌の表紙を飾るのはRioに次いで2人目。。

SOD大賞2012では、最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞、優秀ノンパッケージ作品賞3位、最優秀レンタル作品賞、一万本達成賞3作品 の合計6冠を達成した。

2013年、FM大阪の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる