「純利益」とは?

関連ニュース

鳥羽洋行がストップ高、業績予想を大幅増額し最高益更新の見込みに - 10月24日(火)10:41 

■3月通期の純利益は従来予想を29%増額して11億円の見込みに 産業機器商社の鳥羽洋行(JQS)は24日、買い気配のままストップ高の2998円(500円高)に達し、10時現在まだ売買が成立していない。
カテゴリー:

半導体メモリバブルと無縁のTSMC - 2017年の成長率は半導体市場全体の半分以下に - 10月24日(火)09:00 

半導体ファウンドリ最大手であるTSMCは10月19日、2017年第3四半期(7~9月期)連結決算を発表した。それによると売上高は、前年同期比3%減の2521億NTドル、営業利益は同8%減の980億NTドル、純利益も同7%減の899億台湾ドルであった。TSMCの公式発表によると、同四半期の最先端プロセスである10nmからの売上高は全体の10%を占め、次いで16/20nmの売上高が24%、28nmが23%と続き、こうした先端プロセスだけで57%を占める状況となっている。
カテゴリー:

没落する日本の家電業界で、ツインバード工業がV字回復できたワケ - 10月24日(火)05:00 

以前掲載の「アイデア家電を次々と生み出す『ツインバード』は何が凄いのか?」でも詳しくお伝えしたツインバード工業の躍進。今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では、著者で店舗経営コンサルタントとして活躍中の佐藤昌司さんが、専門家の視点で「ツインバード人気の理由」を分析しています。 アイデア家電メーカー「ツインバード工業」の業績がV字回復したワケ 頭皮洗浄ブラシ「モミダッシュ」などアイデア家電を開発する新潟発の家電メーカー、ツインバード工業の業績が好調です。 2017年3~8月期の連結純利益が前期比2.8倍の9,100万円でした。OEM(相手先ブランドによる製造)製品が堅調に推移し、売上高が計画を上回ったことや、製造費や販管費を計画よりも抑えたほか、投資有価証券の売却が寄与しました。 売上高は66億円で前期比1.8%減となりましたが、下半期に首に掛けて聴くラジオ「着るラジオ」や単身者向けの冷蔵庫・洗濯機を新規投入することもあって、18年2月期通期の業績予想は据え置き、前期比4.4%増の140億円を計画しています。 ツインバードは大手電機メーカーが参入しないニッチ家電市場を開拓することで頭角を現しました。「あったらいいな」と思える製品を開発していくことをモットーとしている家電メーカーです。 例えば「モミダッシュ」がその代表格でしょう。電動で動くゴム製のブ...more
カテゴリー:

【悲報】 文藝春秋、ガチで倒産寸前… - 10月22日(日)10:32  news

好調だった文藝春秋の業績に陰りが見えている。9月22日、同社の松井清人社長から社員に招集がかかった。 社長からの呼び出しなどあまりないため、社内では「週刊新潮の中吊り盗み見問題について説明があるのか」 「引責辞任か」という噂が出回った。疑心暗鬼のまま本社会議室に集まった社員を前に松井社長からは、 売り上げが減少していることへの“苦言”が呈されたという。2016年1月からのいわゆる“文春砲”ラッシュなどが 功を奏し、同年3月期の決算では年間売り上げ257億円、純利益11億円と増収増益となった。しかし2017年3月期は...
»続きを読む
カテゴリー:

ユナイテッド&コレクティブの第2四半期は営業利益が1億15百万円、商品力の向上とブランド力を強化 - 10月19日(木)09:47 

■3ブランドを62店舗展開 ユナイテッド&コレクティブ(東マ)の2018年2月期第2四半期決算(非連結)は売上高が31億6百万円、営業利益が1億15百万円、経常利益が98百万円、四半期純利益が61百万円だった。
カテゴリー:

五洋建設が2000年以降の高値、業績見通しの増額など好感 - 10月24日(火)10:09 

■連結純利益は従来予想を34%引き上げ前年同期比45%増に 五洋建設(東1)は24日、上値を追って始まり、取引開始後に4%高の758円(30円高)まで上昇。
カテゴリー:

ソフトバンクが狙うT-Mobile、純利益50%増の好決算 - 10月24日(火)07:48 

米携帯キャリア3位のT-Mobile USが増収増益の好決算を発表した。ソフトバンク傘下のSprintとの経営統合のうわさが高まる中、ジョン・レジャーCEOは会見を開かず、YouTube動画で「うわさに惑わされず業績だけを見てほしい」と語った。
カテゴリー:

【編集長の視点】ブレインパッドは量子コンピューター関連人気再燃を連続最高純利益更新がフォローして3連騰 - 10月23日(月)08:36 

ブレインパッド(東1)は、前週末20日に3円高の1207円と3日続伸して引け、1200円台出没の中段固めに煮詰まり感を強めた。
カテゴリー:

ユニクロ、海外事業が成長軌道 一方でさえない「国内」 - 10月21日(土)15:00 

   カジュアル衣料品店ユニクロを展開するファーストリテイリングの業績が好調だ。同社が2017年10月12日に発表した8月期の連結決算(国際会計基準)によると、売上高に当たる売上収益は前期比4%増の1兆8619億円、営業利益は39%増の1764億円、純利益は2.5倍の1192億円と、いずれも過去最高だった。
カテゴリー:

株価好調で不調は空売りヘッジファンド - 10月17日(火)10:30 

 21年ぶりという高値を記録した日経平均と、2万ドル超えが続き、俄然として好調のダウ平均株価。そのように全体的に株価が好調で、ヘッジファンドも成績を上げている。  ヘッジファンド・リサーチ(HFR)によると、ヘッジファンドの1~9月の運用成績の平均は資産加重ベースでプラス4.3%となり、全体的に成績好調だ。  そのように全体的に好調な運用成績のなか、不調のヘッジファンドがある。著名ヘッジファンド・マネジャー、ジェームズ、チェイノス氏の「空売りヘッジファンド」だ。  チェイノスのファンドは空売りを手段とし、下がることでリターンを出す。値が下がりそうな銘柄や会社を見つけ出す術に長けていて、「金融界の探偵」の異名をとる。2001年にはアメリカのエネルギー会社大手のエンロン社の不正会計を見抜いたことで有名だ。 ※空売りとは何かについてはこちら。  かつては伊藤忠商事をターゲットにし、2016年7月には「伊藤忠が1531億円相当の減損損失の認識を意図的に回避し、2015年3月期の当期純利益を過大報告したと考えている」という42ページ(日本語版は44ページ)にわたる調査レポートを公表した。  それにより伊藤忠の株価は一時、年初来安値を更新した。  このように下がりそうな銘柄を見つけるのがチェイノス氏のキモだが、全体が好調の場面では下がるところも少ないので、空売り狙いは困難になる。  さ...more
カテゴリー:

もっと見る

「純利益」の画像

もっと見る

「純利益」の動画

Wikipedia

  • redirect利益...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる