「糖尿病」とは?

関連ニュース

温度差の激しい季節の変わり目、ペットの体調について気をつけたいことは? - 10月20日(金)08:00 

すっかり寒くなったと思いきや、天気が良い日は長袖では暑く、油断して薄着で外出すると夜はひんやりしていて……と、季節の変わり目は気温の変化が激しくて体調を崩しやすいもの。人間でも具合を悪くしがちな時期なのだから、ペットたちの体にだって負担があるのでは? また、気温差が激しい時期にペットの体調に関して特に気を付けてあげたいことは?そんな疑問について、獣医師であり、「公益社団法人 日本動物病院協会(JAHA)」の理事を務める吉田尚子先生に話を伺ってみた。 ■高齢のペット、病気にかかっているペットは特に注意 “季節の変わり目”はペットの体にとっても負荷を与えるものなのだろうか。 「気温、湿度など環境の変化に適応する力は病気に抵抗する力と同じく体力を必要とします。ですから季節の変わり目に体調を崩しやすい、ということは私たちと同じくペットにも当てはまると言えます。とくに慢性の病気を持っていたり、すでにお薬を飲んで治療をしているペットの場合には、十分気を付けてあげてください」(吉田さん) なるほど、やはり人間と同じく、ペットたちにとっても体調を崩しやすい時期であるようだ。注意してあげるべきポイントはどこなのだろう。 「気温差などのストレスに対応するよう、ペットも体力を消耗します。健康な若いペットでは順応性が高く、すぐに体力を回復しますが、高齢またはケガや病気の場合には、大きな負担になる...more
カテゴリー:

間違うと危険!「糖質制限ダイエット」の注意点と栄養士オススメ食材 - 10月19日(木)20:00 

ここ数年、メディアやネットなどで注目を浴びている“糖質制限ダイエット”。食事量を減らすのではなく、糖質を減らすように食事内容を見直すことで体重を減らせるということで、実践する人も多いダイエット法ですね。 ただ、間違った方法で行うと体調不良を招きかねないのも事実。ここでは、『美レンジャー』過去記事から、糖質制限ダイエットのやりがちNG行為や、オススメの低糖質食材などをご紹介します。   管理栄養士に聞く…糖質制限ダイエットのNG 過去記事「それ危険!“糖質制限ダイエット”のやりがちNGを管理栄養士が警告」では、糖質制限ダイエットでありがちな勘違いについて、管理栄養士の山本瑞恵さんにお話を伺っています。 「糖質=悪者」と決めつけるのは間違い “糖質制限ダイエット”という名前が広まるにつれ、糖質こそが太る元凶であり、“糖質=悪”のようなイメージがついてしまっていますが、糖質は炭水化物に含まれるもの(炭水化物=糖質+食物繊維)。炭水化物はたんぱく質と脂質と並んで、私たちが生きていくために必要な三大栄養素で、エネルギー源となり、生命を維持するためには不可欠な大切な栄養素です。 ただし、必要以上に摂取していると脂肪として蓄積してしまうため、“過剰に摂っていた分をカットしよう”というのが糖質制限ダイエットの基本とのことです。 糖質に過剰反応して拒否するのはNG たとえダイエット中であっ...more
カテゴリー:

紺野あさ美 育児中、「当たり前」の頑張りが認められると「やはり嬉しい」 - 10月18日(水)17:44 

元テレビ東京・アナウンサーの紺野あさ美が17日に自身のアメブロを更新、心に残った友人からの言葉についてつづっている。 紺野は、今年9月に第一子となる女児を出産し、現在新米ママとして育児に励んでいる。 この日、自宅に遊びに来ていた友人から、「子育ては24時間無休の仕事だって ウチのお母さんが言ってたよ」「誰も褒めはしないし、 どうせ家に居て楽だと思われがちだけど 夜の睡眠の間でもお世話があるし」などという言葉を聞いたという紺野。 それに対し、「みんな子供が可愛くて仕方がないから メンタル面は元気でも 身体は24時間不眠不休で動けるようにできていないので 当然クタクタになる訳で」「当然褒める人もいなくて 他の人も自分も "当たり前のこと" と思っている育児」としながらも、「でも、「よくやってるね!」「頑張ってるよ!」と、"当たり前のこと"を頑張っているのがわかってもらえるとやはり嬉しいと言うか」とコメントしており、新米ママとして育児に奮闘している紺野にとって、この言葉が非常に心に残ったようだ。 【関連記事】 ・「子育ては24時間無休だって」(紺野あさ美オフィシャルブログ) ・紺野あさ美、妊娠糖尿病の疑いで再検査「とても怖かった」 ・紺野あさ美、妊娠5ヶ月戌の日に安産祈願「なんだか落ち着いた」 ・紺野あさ美、テレビ東京「結婚同期会」女子アナ3人に祝われる ・妊娠中の紺野あさ美、テ...more
カテゴリー:

写真映え系から本格派まで!シャトレーゼ新作Xmasケーキ - 10月17日(火)19:05 

全国展開する山梨発の人気洋菓子店「シャトレーゼ」が、新作ケーキのお披露目会を開催した。さまざまなターゲットにマッチするようにと、同社ではバラエティ豊かにXmasケーキを展開。ナポレオンパイやフルーツケーキを盛り合わせた「Xmas フルーツトレイン」(4000円)や、かわいい雪だるまをモチーフにした「Xmas ハッピー雪だるま」(4500円)など、写真映えする商品なども合わせ、今年は50アイテムものケーキを発表した。 【写真を見る】シャトレーゼ渾身の一作「Xmas プレミアム苺デコレーション」(4800円) 今年のXmasケーキはどのように仕上がったのだろうか。同社広報担当者は「注目していただきたいのは、生クリームをフルモデルチェンジしたことです」とアピールする。今回のXmasケーキから、口溶けがよく、よりミルク感のある生クリームに変更したという。「シャトレーゼでは、これまで生クリームを多めに使ってきましたが、より多くの方に楽しんでいただきたいと考え、今回からこの新しい生クリームを使い、使用量はシンプルにしました」とのことだ。 また、味が濃厚な和栗を使用した「Xmas 熊本県産和栗のモンブラン タルトデコレーション」(3600円)と、糖質をカットした製品にも力を入れた。「和栗のモンブランに使用する栗は実は今年、不作だったのですが、ギリギリに収穫して提供が可能になりました。また、糖質カ...more
カテゴリー:

猫の「健康寿命」を損なう「飼い主の7つの習慣」 - 10月16日(月)16:06  news

アニコム損害保険のペットにかける年間支出調査(2016年)によると、飼い主が1年間で猫にかけた医療費の平均は約3万5千円。 調査対象の猫の平均年齢は5歳ということだから、老猫や多頭飼いとなると医療費はさらに膨らむだろう。それでも、 家族同然の愛猫の不調は放っておけないものだ。 しかし、猫の病気や体調不良のなかには、飼い主の行動に起因するものがあるという。その筆頭格ともいえるのが「喫煙」だ。 《愛猫家なら改めたい7つの習慣》 【1】喫煙している 【2】完全室内飼いだからと、ワクチンを打たない 【3】喜ぶ...
»続きを読む
カテゴリー:

グーグルもフェイスブックも導入、 立って働くほうが疲れず生産性も上がる理由 - 長生きしたければ座りすぎをやめなさい - 10月20日(金)04:50 

米国シリコンバレーや北欧では、「立ってデスクワーク」をするオフィス作りが進んでいるのをご存じだろうか。最新ニュースに敏感な人なら、立ってパソコン作業をする画像等を見て記憶に残っている人もいるだろう。連載第1回目で説明したように、座りすぎが糖尿病や脳梗塞、ガンなどの原因にもなっていること。加えて立って仕事することで、生産性が上がることも実証されている。
カテゴリー:

間違った「糖質制限」ほどザンネンなものはない。 - 10月19日(木)06:00 

ダイエットや健康維持として、広く世に浸透した感のある糖質制限。けれど、思ったより痩せない、体調を崩した、なんて声もよく聞きます。間違った知識で始めるのが良くないのは、言わずもがな。そこで、自身も糖質制限によるダイエットに成功し健康になったという管理栄養士の大柳珠美さんの著書『「糖質制限」その食べ方ではヤセません』(青春出版社)で、基礎知識や、正しい食事療法を学びましょう。なんでも、あの夏目漱石作品のなかにも「糖質制限」が登場したっていうじゃありませんか。「糖質」と「糖類」糖質制限と聞くと、とにかく「糖」とつくものを減らせばいいと思いがちですが、そんなことはありません。じつはここに落とし穴があるのです。そこにハマらないためには、まずは糖質の種類について知っておく必要があるので勉強しましょう。糖質とは炭水化物から食物繊維を除いたものです。そして糖質には、多糖類、糖アルコール、二糖類、単糖類などの種類があり、このうち二糖類と単糖類は「糖類」と呼ばれています。・単糖類……ブドウ糖、果糖など・二糖類……砂糖、乳糖、麦芽糖など以上が代表的なもの。つまり、砂糖などの甘味料が糖類ということなのです。糖類以外の糖質、すなわち多糖類や糖アルコールには、・多糖類(米や野菜に含まれる甘くない糖質)デキストリン、でんぷん、セルロースなど・糖アルコール(...more
カテゴリー:

カフェインがもたらす利尿作用のメカニズムを医師に聞いた! - 10月18日(水)08:00 

コーヒーやお茶には利尿作用があると聞く。その原因はカフェインであると分かるが、カフェインが体にどのように働きかけることで、利尿作用につながるかは、分からない人が多いのでは。そこで今回、兵庫医科大学小児科学の服部益治さんと、昭和学院短期大学の特任教授で医学博士である國香清さんの両名に、利尿作用のメカニズムから、利尿作用がもたらすメリット・デメリット、利尿作用の効果を減らす方法があるのかを伺った。 ■利尿作用のメカニズム まずはカフェインが体に与える影響を服部医師が解説してくれた。 「カフェインの身体への作用は3つあります。1つめは、脳に対する作用です。脳を興奮させ精神を亢進させることで眠気と疲労感を除去します。2つめは、血管に対する作用です。筋肉の血管を拡張させます。3つめは、腎臓に対する作用です。血管拡張で腎血流増加とともにナトリウムなどの再吸収を抑えます。この3番目の作用が、利尿作用に関係します。アルコールも同様です」(服部医師) 腎臓への働きについて國香教授は次のように解説する。 「カフェインは交感神経を刺激するので、腎臓の血管が拡張し、血液ろ過量が増加します。その増加量に伴って尿の生成量が増えるので、排尿の量や回数が増加します。緊張したときに、交感神経が働いてオシッコをしたくなるのと同じメカニズムです。また、アルコールも利尿作用が強いので、飲んだ水分量以上の水分が排...more
カテゴリー:

ブロッコリーは冷凍で長期保存が可能? 果物・野菜のウソとホント - 10月17日(火)12:07 

これまで「たくさんの種類の野菜や果物を採ることは身体に良い」とされてきましたが、最近はある理由から野菜も果物も食べない人が増えているそうです。 今回のメルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』では、「果物の糖分が糖尿病に悪影響を及ぼす」「野菜や果物は日持ちしない」といった根も葉もない噂について、現役医師の徳田先生が医学的見地から反論しています。 なぜ人々は野菜と果物を買わないのか? 野菜と果物をよく食べると健康に良い。毎日、たくさんの種類の野菜と果物を食べましょう。これらは昔からよく言われていることですね。生活習慣病の予防のガイドラインのなかで食事療法の項目をみても、必ず野菜と果物をよく食べましょうと書かれています。 しかし、実際にスーパーなどで買い物をしている人々の買い物カゴの中をチラッと覗いてみても、それほど野菜と果物が買われていない印象があります。野菜と果物のコーナーはたいていスーパーの入り口付近に設置されているのにもかかわらず、です。 ではなぜ人々は野菜と果物を買わないそして食べないのか? 今回はその理由とそれが医学的にただしいのかについて検証してみましょう。まず、果物には糖分が多く含まれているので糖尿病やその予備軍の人たちの体にはよくない、という意見をよく聞きます。本当にそうでしょうか? 果物の糖分は身体に良い 果物には確かに糖分が含まれています。でもその糖は自然糖で...more
カテゴリー:

東京西川の4層特殊立体構造マットレス使用により、睡眠の質改善と、糖尿病予防につながることを示唆 - 10月16日(月)13:00 

[西川産業株式会社]  東京西川(西川産業株式会社 本社:東京都中央区日本橋 代表取締役社長:西川八一行(やすゆき)では、抗加齢医学研究の第一人者である、同志社大学大学院生命医科学研究科/アンチエイジングリサーチセンター 米...
カテゴリー:

もっと見る

「糖尿病」の画像

もっと見る

「糖尿病」の動画

Wikipedia

糖尿病(とうにょうびょう、、DM)は、血糖値ヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。

糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害糖尿病性網膜症糖尿病性腎症などに繋がる。

糖尿病患者の90%は2型であり、これは予防可能な病気である。2型糖尿病の予防や軽減には、健康的な食事、適度な運動、適切な体重管理、禁煙が有効である。

世界における有病率は9%であり3億4,700万人、世界のDA...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる