「糖尿病」とは?

関連ニュース

爪水虫を自分で治すのは可能なのか、医師に聞く - 08月21日(月)10:21 

●爪水虫の主な治療パターンは2つ 足の爪が白かったり、黄色く濁っていたりはしないだろうか。足の爪が濁っている原因の一つとして考えられるのが「爪水虫(つめみずむし)」だ。爪水虫とはどういった症状で、治療にはどんな方法があるのだろうか。皮膚疾患に詳しいメンズヘルスクリニック東京の竹中洋史医師に話をうかがった。 ○カビの一種が爪に侵入している状態 爪水虫(爪白癬)とはカビの一種である白癬菌(はくせんきん)が足の皮膚から爪の中に侵入することで、爪が濁って見えたり、爪自体が分厚くなってきたりする。また、爪の下の方がボロボロになるのも特徴だという。 「爪水虫は足白癬(いわゆる水虫)を患っている人が発症するもので、足の皮膚の白癬が爪に移動して引き起こされます。爪白癬は足白癬のようにかゆくなったり、ジュクジュクしたりすることはありません。見た目以外に自覚症状はないのですが、白癬はスリッパやバスマットなどを共用することで他人へ感染してしまいます。そのため、他人への感染を防ぐために治療が必要となります。家庭内に限らず、フィットネスクラブや銭湯などでも感染のリスクがありますから、注意が必要です」 竹中医師は、爪水虫の治療には主に2つのパターンがあると話す。治療に使われるのは基本的に飲み薬だが、最近では新たに爪白癬に効果のある塗り薬の治療法も出てきているという。 「飲み薬にはイトリゾールとラミシ...more
カテゴリー:

がんや糖尿病よりも精神障害になる可能性の方が高いと判明、「精神障害になりにくい人」は何が違うのか? - 08月20日(日)09:00 

うつ病や急性ストレス障害といった精神障害について「自分とはあまり関係のないもの」と考えている人も多く、実際に自分が精神障害となった時に恥を感じてなかなか人に言えないということも起こり得ます。しかし、近年に行われた大規模な調査では、人が人生のある時点において精神障害になる確率は80%以上であり、がんや糖尿病よりも身近な病気であるということが示されています。一方で、中年の年齢まで一度も精神障害にかかならなかった人も存在することから、「これらの人は何が違うのか?」ということも調査されています。続きを読む...
カテゴリー:

まさに薬 コーヒーが肝臓に良いことが判明 酒飲みには特に効く - 08月19日(土)09:36  news

ミドル以上のビジネスパーソンなら、健康診断のたびに「肝機能」の欄をおそるおそる眺めている人も多いでしょう。 気をつけようと思っても、なかなかコントロールしづらいのが食生活とアルコール。しかし、肝臓はいたわらないと、 肝硬変や肝臓がんリスクが心配です。 コーヒーは、そんなビジネスパーソンの不安解消に一役買ってくれます。コーヒーは肝機能障害はもちろん、 痛風、糖尿病というビジネスパーソンを悩ます生活習慣病にも効果が期待できることが明らかになっています。 生活習慣病とがんの予防を専門に研究してき...
»続きを読む
カテゴリー:

東大病院、肥満症の治療標的とされる「褐色脂肪組織」の新規制御因子を同定 - 08月18日(金)12:39 

東京大学は、東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科の門脇孝教授、山内敏正准教授、脇裕典特任准教授、平池勇雄特任研究員および東京大学先端科学技術研究センター ゲノムサイエンス分野の油谷浩幸教授、堤修一特任准教授らの研究グループが、褐色脂肪組織に特異的なDNA上のオープンクロマチン領域の解析から、褐色脂肪組織の新規の主要制御因子としてNFIAを同定したと発表した。
カテゴリー:

塩分、たばこ、カップ麺も…短命県に顕著な生活習慣 - 08月18日(金)11:00 

日本は現在、世界第2位の長寿国だという。厚生労働省が7月下旬に公表した'16年の日本人の平均寿命は、女性が87.14歳、男性は80.98歳と、過去最高となった。医療技術が進歩しているいっぽう、米を主食に、魚や大豆製品を食べるという和食が健康に貢献しているともいわれている。 しかし、もちろん日本人全員が長寿というわけでもなく、地域差も大きい。日本人の死因1位の“がん”も、かなりの地域差がある。がんの死亡率・罹患率には食生活が与える影響が大きいと話すのは、医学博士で白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二先生だ。 「'15年度の厚生労働省の調査によれば、47都道府県で死亡率が最も高いのが青森県、そして最も低いのは長野県でした。この2つの県の差は、がん死亡率の差によるものだと思われます」(白澤さん) たとえば肺がん死亡率は青森県が4位に対し、長野県は47位、胃がん死亡率は青森県1位に対し、長野県は43位という結果だった。 「現在では、がん治療の地域差はほとんどないため、発症率が高いほど死亡率も高い傾向にあります。がん発症の要因は、食生活、運動、ストレスの3つです。特に、その地域の特有の食生活によって野菜や塩分、脂肪などの摂取量の差が生じてきます。がんができるメカニズムは複雑なので、因果関係を特定することはできませんが、そういった要素が長年のうちに積み重なって、青...more
カテゴリー:

【健康】塩分、たばこ、カップ麺も…“短命県”に顕著な生活習慣 - 08月20日(日)14:03  newsplus

2017年8月18日 11時0分 女性自身 日本は現在、世界第2位の長寿国だという。厚生労働省が7月下旬に公表した'16年の日本人の平均寿命は、女性が87.14歳、男性は80.98歳と、過去最高となった。医療技術が進歩しているいっぽう、米を主食に、魚や大豆製品を食べるという和食が健康に貢献しているともいわれている。   しかし、もちろん日本人全員が長寿というわけでもなく、地域差も大きい。日本人の死因1位の“がん”も、かなりの地域差がある。がんの死亡率・罹患率には食生活が与える影響が大きいと話すのは、医学博士で白澤抗...
»続きを読む
カテゴリー:

【技術】指置くだけで血糖値測定、糖尿病患者の負担軽減…国内の糖尿病患者は720万人 - 08月19日(土)13:46  newsplus

2017年08月19日 12時06分  指を置くだけで血糖値をレーザーで測定できる技術を開発したと、量子科学技術研究開発機構関西光科学研究所(京都府木津川市)のチームが18日、発表した  採血せずに血糖値を測定できるため、実用化されれば糖尿病患者の負担が減りそうだ。来年度から本格的な臨床研究を開始し、5年後の製品化を目指す。  国内の糖尿病患者は720万人に上り、患者は日常的に自分で血糖値を測定する必要がある。現在の測定器は指先に針を刺して採血するため、痛みを伴うほか、感染症のリスクも指摘されている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

採血なしで血糖値測定=小型装置実用化へー量研機構 - 08月18日(金)21:53 

 量子科学技術研究開発機構(千葉市)は18日、糖尿病患者が採血しなくても、指先にレーザー光を当てるだけで血糖値を精度高く測定できる小型装置を約5年後に実用化するため、ベンチャー企業を設立したと発表した。 レーザーの波長は中赤外線で、指先に当てて反射光を分析すると、毛細血管を流れるブドウ糖の濃度を測定できる。しかし、これまでは高精度で測定できるほど明るいレーザーを小型装置で生み出すことができなかった。 量研機構・関西光科学研究所の山川考一グループリーダーらは、比較的小型で明るい中赤外レーザー装置を開発した。山川氏が社長を務めるベンチャー企業「ライトタッチテクノロジー」でより小さい血糖値測定装置を試作し、医療機器メーカーとの協力や臨床試験を経て厚生労働省の承認を目指すという。 【時事通信社】
カテゴリー:

知ってた!? 「歯のケア費用」を惜しむと全身の医療費も高くなるって本当? - 08月18日(金)11:50 

  歯の健康に欠かせないのが、歯医者さんでの定期検診です。 でも、「歯医者さんに行くのがこわい」「忙しくて時間がとれない」「お金がかかる」などの理由で、足が遠のいてしまっている人もいるのではないでしょうか。 適切な口腔ケアができてないと、むし歯のみならず、体全体の病気のリスクが高まり、結果、医療費が高くなってしまうこともあります。 実は“節約”にもなる歯の定期検診。 「全校児童の95%をむし歯ゼロに導いた学校歯科医」としてメディアで話題の江口康久万氏の著書 『6歳むし歯 12歳むし歯から子どもたちをまもれ 将来の夢のために』(扶桑社刊)を参考に、歯の健康と医療費の関係について詳しくお話しします!   ■「むし歯になってから歯医者さんに行く」では遅い! 突然ですが、みなさんはどんなときに歯医者さんに行きますか? 歯科医院では6か月ごとの定期検診をオススメされることが多いですが、中には定期検診を受けずに、歯が痛くなってから歯医者さんに行く人もいます。 定期検診では、歯みがきでは落としきれない歯石の除去や、むし歯の早期発見、治療を行うことができます。 しかし、検診を受けずに歯のトラブルが起きてから歯医者さんに行くと、たいていの場合、むし歯が進行している状態で見つかります。 しかも一度むし歯になってしまうと、健康な歯には二度と戻ることができません。 むし歯は治療費がかか...more
カテゴリー:

成人男性の糖尿病、肥満深刻 食生活の乱れ、運動不足 県民健康調査 メンタルヘルスも重要 - 08月18日(金)09:44 

2016年の県民健康・栄養調査で、糖尿病の疑いが強い成人男性が、2割を超える実態が明らかとなった。
カテゴリー:

もっと見る

「糖尿病」の画像

もっと見る

「糖尿病」の動画

Wikipedia

糖尿病(とうにょうびょう、、DM)は、血糖値ヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。

糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害糖尿病性網膜症糖尿病性腎症などに繋がる。

糖尿病患者の90%は2型であり、これは予防可能な病気である。2型糖尿病の予防や軽減には、健康的な食事、適度な運動、適切な体重管理、禁煙が有効である。

世界における有病率は9%であり3億4,700万人、世界のDA...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる