「糖尿病」とは?

関連ニュース

遺伝子解析が「健康な人」を「病人」に変えるかもしれない - 06月28日(水)07:00 

唾液を採取して送付するだけでがん・脳梗塞・糖尿病など150の病気の発生リスクを調査することが可能になる遺伝子検査キットが登場するなど、自分の遺伝子情報を知るということが身近になっています。しかし、The MedSeqというプロジェクトで100人のゲノム解析を行ったところ、5人に1人は「遺伝性疾患を引き起こす原因となる遺伝子変異を持ちながら、病気の自覚症状が全くない」ということがわかりました。ゲノム解析をすることで、「健康」だと思っていた人が「病人」になってしまうという可能性が浮上しています。続きを読む...
カテゴリー:

【1型糖尿病】インスリン注射「トイレで打って」学校側が生徒の教室での注射を禁じる・・・理解進まぬ教育現場★9 - 06月27日(火)22:46 

インスリン注射「トイレで打って」 理解進まぬ教育現場 石塚翔子2017年6月25日19時43分  希少なタイプの糖尿病を患う愛知県の男子高校生は、体調管理のために必要な昼食前のインスリンの自己注射を教室で打つことが一時期かなわなかった。 中学や高校側が禁じたためだ。トイレで打つよう指示されたこともあり、問題視した医師が先月学会の集会で報告。患者団体は、本人の希望を尊重すべきだと指摘している。  愛知県の県立高校の男子生徒(16)は、名古屋市内の中学2年生だった2014年12月、病院で1型糖尿病と診断され...
»続きを読む
カテゴリー:

不妊治療は助成金がどれだけ出るの? 助成の内容や方法まとめ - 06月27日(火)18:00 

不妊治療を考える上で気になるのは、治療の方法や医療費。特に、不妊治療の治療費は高額といわれていることから、金銭面での負担から治療をためらっている人も多いのではないでしょうか。今回は、不妊治療の方法や治療費をはじめ、不妊治療を検討する際に知っておきたい助成金制度についてご紹介します。 不妊治療を始める前に 子どもを望んでいるのになかなか妊娠しない時に、もしかして不妊なのでは?と考える人も多いのではないでしょうか。まずは、不妊の定義や判断基準をはじめ、不妊治療を始める前に知っておきたいことについて説明します。 不妊の可能性は?判断基準は何? 不妊とは、そもそもどのような状態のことを言うのでしょうか。一般的には、どちらも健康な男女が避妊をしないで性行為をしているにも関わらず、一定期間妊娠しないことを言います。この「一定期間」については、日本産科婦人科学会では1年と定義されています。つまり、カップルが子供を望んでいながら1年経っても妊娠に至らない状態のことです。 不妊に悩むカップルについては、およそ10組に1組と言われています。しかし、最近では妊娠する年齢が上がっている傾向が見られるため、もっと高い割合のカップルが不妊に悩んでいる可能性も考えられるのです。 不妊の原因を知ること 不妊といえば、妊娠という役割を持つ女性の方に原因があると考えられがちですが、実際には女性だけでなく男性...more
カテゴリー:

粗食は本当に健康食? 男性ホルモンアップの方法は? 日本抗加齢医学会2017レポート(3) - 06月27日(火)16:00 

いくつになっても生涯現役で元気に美しく、人生を楽しむにはどうすればいいか―。2017年6月4日に東京国際フォーラムで日本抗加齢医学会総会の市民講座「家庭画報ビューティウェルネス講座」(共催:家庭画報、日本抗加齢協会)が開かれ、いま話題のゆるやかな糖質制限食と男性の更年期について医師らが講演した。「粗食=健康食」ではない 最初に北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟氏が、ゆるやかな糖質制限食「ロカボ」について紹介した。ロカボとは、1食にとる糖質を20~40グラムまでにし、これに10グラムまでのおやつを入れて、1日の糖質摂取量を130グラムまでに抑える食事法のこと。糖質は甘いお菓子だけでなく、白米やパン、麺類などの炭水化物やサツマイモ、カボチャ、トウモロコシなどの野菜にも含まれる。 元気で美しくいるために、なぜゆるやかな糖質制限が必要なのか。例えば、顔に刻まれるシワは見た目を老けさせる要因のひとつだが、シワの深さと糖には関わりがあるという。 「糖質をたくさん摂って血糖値が高い状態が続くと、肌のハリや弾力を保つコラーゲンのしなやかさが失われるとともに分断されてシワが深くなります」(山田氏) また、研究では糖質の摂取量が多く、食後の血糖値が急上昇する人ほど認知機能が低い傾向にあるという結果も出ている。ロカボ食で食後の高血糖を抑えることは、将来の健康のためにも大切なのだ。 「もともと...more
カテゴリー:

海風クリニック 医療機関トップインタビュー[PR] - 06月27日(火)12:00 

大腸がんの早期発見目指す 海風クリニック 羽地 周作 院長 ―病院の特徴を教えてください。  2017年6月に地元中城村南上原に開院しました。専門である消化器・内視鏡内科を中心に、内科、外科、大腸・肛門外科などの診療しています。糖尿病や高血圧など生活習慣病の治療にも力を入れています。特に大腸がんの死亡...
カテゴリー:

【医師監修】睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは? 原因と改善方法 - 06月28日(水)05:00 

睡眠時間をきちんと確保しているはずなのに、頭がすっきりせずに日中も眠くて仕方がないという人は睡眠時無呼吸症候群(SAS)かもしれません。睡眠時無呼吸症候群とは、どのような病気なのでしょうか。具体的な原因や治療方法、予防方法をご紹介します。また、睡眠時無呼吸症候群になりやすい人の特徴も知っておきましょう。 この記事の監修ドクター 金沢駅前ぐっすりクリニック院長 鈴木香奈先生 当院は北陸では初となす睡眠時無呼吸症候群の専門クリニックです。耳鼻咽喉科的にのどや顎の形態的評価、呼吸器内科的に呼吸機能評価、生活習慣病合併の評価はもちろん入院による睡眠ポリグラフィー検査(PSG)、鼻CPAP治療の導入から管理まで一貫した診療体制です。耳鼻咽喉科では単純いびき症に対する高周波治療も行っています。 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医 睡眠学会会員 http://www.gussuri.jp/ 睡眠時無呼吸症候群(SAS)って何? 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは 眠っているときに呼吸が止まったり、のどの空気の流れが弱くなる低呼吸になったりする状態をくり返す病気で、大きないびきが特徴です。日中に激しい眠気に襲われるなど、さまざまな症状があらわれます。 睡眠の本質は 睡眠は、日中に活動して疲れた脳と体を休息させるために欠かせません。しかし、...more
カテゴリー:

【愛知】「合意の上だったので問題ないと思った」 17歳少女にみだらな行為 医師の男を逮捕 少女のツイッターを捜査員が見つける - 06月27日(火)19:38 

17歳の少女にみだらな行為をした疑いで逮捕です。 愛知医科大学病院の糖尿病内科に勤務する医師の安藤敏仁容疑者(31)は、ことし3月、ツイッターで知り合った17歳の少女に対し、 18歳未満と知りながらみだらな行為をした県の条例違反の疑いが持たれています。 ツイッター上の少女の書き込みを捜査員が見つけて発覚。 安藤容疑者は、「合意の上だったので問題ないと思った」と容疑を否認しています。 配信 (27日18:38) CBCテレビ http://hicbc.com/news/detail.asp?id=00044010 ...
»続きを読む
カテゴリー:

週刊朝日MOOK「おいしい暮らしの相談室 糖尿病&高血圧」6月27日発売! - 06月27日(火)17:16 

[株式会社朝日新聞出版] [画像: https://prtimes.jp/i/4702/232/resize/d4702-232-790802-0.jpg ] 糖尿病や高血圧などの生活習慣病を治すには、これまでの暮らし方を変える必要がある。特に食生活の見直しは不可欠だが、長年続けてきた...
カテゴリー:

汗のニオイ予防法…自分でできる方法とは? 汗をかきやすい人とそうでない人の違いは? - 06月27日(火)12:00 

人は暑い時、運動した時など汗が出ます。これは普通のことなのですが、汗を見せないようにしなくてはいけない仕事や環境によって汗をかいていることが恥ずかしく、どうにかして早く汗を止めたいと思うことがあります。また、汗によってはニオイが気になってしまいます。この汗のニオイとは何なのでしょうか。そして、ニオイの予防方法にはどのような方法があるのでしょうか。汗のニオイについて紹介します。 目次 汗のニオイはなぜ起こるのか 汗のニオイの予防方法とは? 汗をかきやすい人とかきにくい人の違いってなに? まとめ 汗のニオイはなぜ起こるのか 汗はニオイも出て嫌なモノで、かきたくないと感じてしまいがちですが、カラダにとって大切な働きをしてくれています。汗というのは、カラダの体温調節をしてくれる働きをしています。 もともと汗は血液の中の血漿というモノです。血漿は、ミネラルとやアンモニアなどの代謝するモノが含まれています。カラダには汗腺がありその中にはエクリン腺、アポクリン腺という汗が出る穴があり、汗腺という穴からは、カラダに必要なミネラルを吸収して残りを汗として出しています。 そして、エクリン腺は全身にある穴で水分を出して、その水分がカラダの外に出て空気と触れ合うことで熱を蒸発させます。ここから出る汗は、ほとんどが水分なので無色です。また、脇など特定の場所にしかない...more
カテゴリー:

【1型糖尿病】インスリン注射「トイレで打って」学校側が生徒の教室での注射を禁じる・・・理解進まぬ教育現場★8 - 06月27日(火)02:05 

インスリン注射「トイレで打って」 理解進まぬ教育現場 石塚翔子2017年6月25日19時43分  希少なタイプの糖尿病を患う愛知県の男子高校生は、体調管理のために必要な昼食前のインスリンの自己注射を教室で打つことが一時期かなわなかった。 中学や高校側が禁じたためだ。トイレで打つよう指示されたこともあり、問題視した医師が先月学会の集会で報告。患者団体は、本人の希望を尊重すべきだと指摘している。  愛知県の県立高校の男子生徒(16)は、名古屋市内の中学2年生だった2014年12月、病院で1型糖尿病と診断され...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「糖尿病」の画像

もっと見る

「糖尿病」の動画

Wikipedia

糖尿病(とうにょうびょう、拉,独,英:diabetes mellitus)は、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす病名である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。

ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、これらをすべてまとめて、血糖値ヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合を糖尿病という。糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、眼、腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な障害(糖尿病性神経障害・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる