「精神科病院」とは?

関連ニュース

【神奈川】ニュージーランド人男性 精神科病院措置入院中に身体拘束死亡 遺族「人権侵害」 - 07月20日(木)15:40 

日本で措置入院中に身体拘束を受けたことが原因で死亡したとして、ニュージーランド人男性の遺族が19日、東京都内で記者会見し「日本は患者の人権を著しく侵害している」と訴えた。 支援者らと「精神科医療の身体拘束を考える会」を作り、今後、同様の事例を調べたり署名を集めたりし、安易な身体拘束をしないよう制度改正を呼び掛けていく。 死亡したのは、国際交流事業で英語教員をしていたケリー・サベジさん(27)。2015年に来日した。 同会によると、精神疾患に伴う行動でけがをする恐れなどがあるとして4月末に神奈川...
»続きを読む
カテゴリー:

病院で身体拘束し死亡か 遺族が会見 - 07月19日(水)19:56 

病院で身体拘束し死亡か 遺族が会見:精神科病院での患者の身体拘束をめぐって、遺族が涙の訴え。...
カテゴリー:

精神科病院での身体的拘束10年で2倍、遺族が疑問 - 07月19日(水)16:48 

 精神科の病院で、患者の体をベルトなどで固定し行動を制限する「身体的拘束」が増加しています。身体的拘束中に息子が死亡した遺族らが19日、都内で会見し、見直しを求めました。
カテゴリー:

精神科病院の身体拘束禁止 ルール作り訴え 7/19 21:53更新 - 07月19日(水)21:53 

邊セ逾樒ァ代?逞?劼縺ァ縲∵ぅ閠??謇玖カウ繧偵?繝?ラ縺ェ縺ゥ縺ォ蝗コ螳壹☆繧玖コォ菴捺鋸譚溘′螳画?縺ォ陦後o繧後※縺?※縲∵ュサ縺ォ縺、縺ェ縺後k諱舌l繧ゅ≠繧九→縺励※縲∵ぅ閠??螳カ譌上i縺鯉シ托シ呎律縲?聞譎る俣縺ョ霄ォ菴捺鋸譚溘r遖∵ュ「縺吶k繧医≧蝗ス縺ォ繝ォ繝シ繝ォ菴懊j繧定ィエ縺医◆縲
カテゴリー:

身体拘束後死亡、遺族ら訴え=精神医療「状況改善を」 - 07月19日(水)18:44 

 神奈川県の精神科病院で身体拘束を受けた後に死亡したニュージーランド国籍の男性の遺族らが19日、厚生労働省で記者会見し、「不必要な拘束はやめるべきだ」と訴えた。今後、精神科医療での身体拘束の状況改善や実態調査を厚労省などに求めていくという。 死亡したのは鹿児島県で英語を教えていたケリー・サベジさん=当時(27)=。遺族によると、ケリーさんはそううつ病が悪化し、4月30日に神奈川県の病院に措置入院。5月10日に心肺停止状態で発見されるまで、ベッドに手首や足、腰を拘束され続けた。同17日に搬送先の別の病院で死亡した。 死因は肺梗塞が疑われ、拘束が原因だった可能性があるという。母親のマーサさん(60)は「処置は理解し難く、本当に悲しい最期だった。日本は拘束をやめるべきだ」と語った。 マーサさんらは19日、「精神科医療の身体拘束を考える会」を結成。2014年8月に4日間にわたって拘束を受けた後、亡くなった千葉元康さん=当時(45)=の母親らも参加した。 代表を務める長谷川利夫杏林大教授によると、14年に拘束を受けた人は1万682人に達し、10年で2倍以上になっているという。海外では数時間~数十時間が一般的だが、日本では96日間が平均と指摘し、「実施過程が闇の中で、人権侵害の有無や被害状況の調査が必要だ」と話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

ニュージーランド人青年の変死  明日、遺族が記者会見 (水島宏明) - 個人 - Yahoo!ニュース - 07月18日(火)19:22 

ニュージーランド人青年の変死  明日、遺族が記者会見 (水島宏明) - 個人 - Yahoo!ニュース27歳のニュージーランド人青年ケリー・サベジさんの死は、7月19日に東京発のニュースとして世界中に大きく報道されるはずだ。 ケリーさんは精神病を患っていたが、入院先となった神奈川県大和市の精神科病院でおよそ10日間にわたる身体拘束の後で、 心臓発作を起こして意識不明になり、別の病院に運ばれたがそこで死亡した。 日本の精神医療の現場における身体拘束は一般的に改善の必要性が叫ばれながらも欧米社会のそれ...
カテゴリー:

「精神科病院」の画像

もっと見る

「精神科病院」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 精神科...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる