「精神疾患」とは?

関連ニュース

【医療】どんな性格も精神病…薬を売るために「新病名」を量産する巨大製薬会社と医師 - 06月27日(火)21:51 

精神科医療の現場でバイブルとされている専門書があります。 『精神疾患の診断・統計マニュアル』という本です。 最新の第5版は900頁を超える大部ですが、ひとつ前の第4版は世界中で100万部以上も売れたのだそうです。 買ったのは、精神科医だけでなく、生命保険や損害保険を扱う会社、あるいは裁判で犯罪者を担当する弁護士などでした。 さらに、この本を陰で支えたのが、巨大な多国籍製薬企業(ビッグ・ファーマ)です。 本連載の何回か分を割いて、「薬漬け医療」とビッグ・ファーマとの関係を探っていくことにします。 この...
»続きを読む
カテゴリー:

メンヘラ爆増 「精神障害者福祉手帳」、この20年で交付者7倍に なんか世間に閉塞感あるよね - 06月27日(火)08:49 

中川さんは「回転ドア型で患者は治らず、増える一方だ」と各種データから精神科医療の実態を報告した。 97年は 9万 7千人だった「精神障害者福祉手帳」交付者は12年には69万 6千人と 7倍に増えた。 公立学校教諭の休職者は、84年から2011年までは精神疾患以外の理由は年 3千人程度でほぼ一定なのに、 精神疾患は 1千人から 5千人に増えた。しかもそのうち 1千人が退職、新たに 1千人が休職している。 https://www.j-cast.com/healthcare/2017/06/26301554.html?p=all ...
»続きを読む
カテゴリー:

【祝・正式登録】韓国人だけがかかる病気「火病」 米国精神医学会に公式に登録される - 06月24日(土)08:11 

世界には韓国人にのみかかる特別な病気が存在するという。 韓国のオンラインコミュニティに「韓国人だけかかる病気」というタイトルの記事が掲載され、 またそれを韓国のニュースサイトが取り上げた。 その病気の名前は「火病(ファビョン)」といい、悔しい気持ちを抑えられずに生理機能の障害などで 頭痛や胸が苦しくなる精神疾患症状。 これは韓国のみに存在する文化固有の障害であり、米国精神医学会で発表した精神疾患の診断と 統計マニュアル書籍であるDSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)で...
»続きを読む
カテゴリー:

メンタルを追い込まない秘訣は? エッセイ『自分を好きになろう』岡映里&瀧波ユカリインタビュー - 06月22日(木)17:00 

東日本大震災で被害にあった福島県浜通りで生きる人を克明に取材したノンフィクション『境界の町で』(リトル・モア)が各方面に衝撃を与えた岡映里さん。実は、取材の影で双極性障害を患っていたといいます。 そんな岡さんが恋愛や仕事、生活の何もかもが上手くいかない自分を変えるためにどうしたのか、1年半の記録をまとめたエッセイ『自分を好きになろう』(KADOKAWA/角川マガジンズ)より刊行。表紙・マンガを『臨死!!江古田ちゃん』『あさはかな夢みし』の瀧波ユカリさんが担当しています。 今回、そんな岡さんと瀧波さんにインタビュー。メンタルが落ちた時はどんなことに困るのかといったことから、立ち直り方、タイトルにある「自分を好きになる」にはどうすればいいのか、お話をお伺いしました。 「ブログタイトルは自分に向けて付けました」(岡) ーー岡さんは、ブログの内容からの書籍化とお聞きしているのですが、まずその感想からお聞かせ頂けますか? 岡映里さん(以下、岡):2016年の11月にお話を頂いて。その時には60エントリーくらいで、真面目に更新してから2ヶ月くらいだったので、びっくりしました。意外と読まれているんだな、と思いました。『筋トレをしろ。うつが治るから。』っていうタイトルにして2~3週間くらいだったんですけれど。 ーータイトルのメッセージが強い印象を与えて絶妙だと思いました。 岡:ちょうどその頃、Te...more
カテゴリー:

キャリー・フィッシャー、検視で体内にヘロインやコカインの薬物検出 - 06月20日(火)12:30 

 現地時間2016年12月23日にイギリスからアメリカに向かっていた航空機の機内で心臓発作を起こし、4日後の27日に搬送先の病院で死去した女優キャリー・フィッシャー。ロサンゼルス郡検視局による検視結果が発表され、ヘロインやコカインなどの薬物が検知されたことが明らかになった。しかし薬物の使用が死に直接的な関係があるかは定かでないとのことだ。【関連】「キャリー・フィッシャー」フォトギャラリー Peopleが入手した検視結果によると、コカインやヘロインのほか、メタドン、エタノール、アヘン剤などが検出されたとのこと。抗うつ剤と抗ヒスタミン剤を服用した痕跡もあったという。しかし検出された複数の薬物が死因に結びつくと決定づけることはできなかったとのことで、死因は睡眠時無呼吸とその他の未確定の要因によるものと結論づけられた。 キャリーの娘で女優のビリー・ロードはPeopleへの声明の中で、「母は生涯を通じてずっと薬物依存と精神疾患と闘っていました。そして最終的にそのために亡くなりました。彼女は仕事をするうえで、これらの病気にまとわりつく社会的な不名誉について、意図的にオープンにしてきました」とキャリーへの理解を示している。 同じような病気で苦しむ人々やその家族が、社会的に恥ずかしい思いにさせられていることをキャリーは常に語ってきたというビリー。「私には分かります。母は自分の死によって、病気を抱え...more
カテゴリー:

【カウンセラー推薦】がんばりすぎるママに効果てきめんなストレス軽減法 - 06月27日(火)09:58 

日々、妻としての顔、母としての顔を両立させ、気づかぬうちに頑張りすぎている女性が多いといいます。でも、がんばりすぎはやっぱり危険! そんな自分に疲れてしまったときは、時には涙を流して泣くといいそうです。泣くことで得られる効果とは? 夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さんにお話しを伺いました。 ●頑張りすぎは、夫婦、家族円満に危険信号⁉ 「私は、カウンセラーという仕事柄、いろいろな女性を見てきました。その人たちは、母親として、妻としてその二つの顔を使い分け、一生懸命に頑張っている人たちばかり。しかし、そんな自分を無理やり“充実している自分”と思い込み、苦しい自分がいても、そんな自分に蓋をして涙も流さず踏ん張っている女性も少なくないのです」(高草木さん 以下同) しかし、頑張りすぎは要注意だという。その先にある陥りやすい悲劇とは? 「泣きたくても“泣いてたまるが”と、強気で踏ん張ることも時には必要なのかもしれません。しかし、自分が頑張りすぎているときは、人に優しくできなかったりします。自分が頑張っている分、弱音を吐いている人や、甘えていると感じる人を許せず、キツく当たってしまうことがあるからです」 例えば、わが子に対して感情的に怒ったり、夫に対して一方的に責めるような言い方をしてしまうなど、一番身近な人に強く向けられる悲劇を生むことも…。 「母親がストレスを抱え、いつもピリピリ...more
カテゴリー:

アルコール依存症:准教授が実名で闘病体験 - 06月24日(土)12:27 

 重度のアルコール依存症だった近畿大文芸学部准教授の前田益尚さん(53)が、実名で闘病体験を語り続けている。アルコール依存症は治療で回復する精神疾患だが、「意志が弱く、だらしない」といった誤解が根強く、偏見を恐れて周囲に隠す患者が多い。入院とリハビリを経て教壇に復帰した前田さんは「社会的な理解の広がりが大切だ」と訴える。
カテゴリー:

【原発問題】研究炉使う学生の身元調査要請 大学に規制委、核テロや盗難対策 - 06月23日(金)07:10 

研究炉使う学生の身元調査要請 大学に規制委、核テロや盗難対策 2017/6/23 02:02 https://this.kiji.is/250667092121960455?c=39546741839462401  原子力規制委員会が、大学などの研究用原子炉を使う学生や研究者などを対象に、精神疾患の有無や犯罪歴といった身元調査の実施を大学側に要請していることが22日、分かった。核物質を保管する防護区域に頻繁に立ち入る「常時立ち入り者」が対象となる。  核物質の盗難やテロ行為を防ぐためだが、大学関係者は「心理的なハードルとなり、原子力の研究を志す学生が減りかねない」と困...
»続きを読む
カテゴリー:

【映画】キャリー・フィッシャーの死に新事実 体内にヘロインやコカイン、合成麻薬MDMAも - 06月20日(火)17:23 

キャリー・フィッシャーの体内にはドラッグも… [拡大写真] 映画『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫を演じ多くの映画ファンに愛された女優キャリー・フィッシャーが昨年、機内にて心肺停止状態になり着陸後に病院に搬送された。目撃者の多くが「もう助かりそうにない」と思うほど重篤に見えたといい、その数日後には病院で静かに息を引き取った。享年60歳。彼女の死因について、先日は当局が「睡眠時無呼吸と他の要因が絡んだ末の死であった」と公表したばかりだが、続いて「コカインなどが体内に残っていた」とする残念な結果...
»続きを読む
カテゴリー:

【裁判】2年前から理由なく怒鳴られ続け、風呂にも入れず。傷害致死罪に問われた46歳男に同情論、執行猶予判決★3 - 06月16日(金)15:37 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000523-san-soci          隣の住宅に住む高齢女性を殴って死亡させたとして、傷害致死罪に問われた 栃木県足利市緑町、電気工事業の男性被告(46)の裁判員裁判の判決公判が 6月1日、宇都宮地裁で開かれ、佐藤基(もとい)裁判長は懲役3年、執行猶予4年 (求刑懲役5年)を言い渡した。アパート暮らしの被告は約2年前から、隣の一軒家に 住む被害女性に理由もなく怒鳴られるようになり、黙って耐えていたが今年1月、 平手で一発たたいて転倒させ、死亡させたのだ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「精神疾患」の画像

もっと見る

「精神疾患」の動画

Wikipedia

  • 転送 精神障害...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる