「精神疾患」とは?

関連ニュース

医学的、栄養学的見地からみてベジタリアンの食事はどうなのか? - 05月25日(木)12:00 

思想上、宗教上の理由で特定の食べ物しか口にしないという人がいる。例えばベジタリアン(菜食主義者)は肉類を口にしない。また、イスラム教ではハラールといって口にすることを許されている食べ物が厳格に決まっている。野菜中心の食生活は、健康によさそうだが、果たして栄養学的には大丈夫なのだろうか。「教えて!goo」にも「ベジタリアンの栄養」 と、菜食主義だが栄養が心配という質問が寄せられていた。ここはひとつ専門家に詳しく聞いてみようということで、栄養学、心理学を医療に取り入れ、健康と美に取り組む医療法人淳信会ホリスティキュア メディカルクリニックの登坂正子先生に、医学的、栄養学的見地からベジタリアンの食事について伺ってみた。 ■徹底した菜食主義はさまざまな問題を引き起こす 最初に、ベジタリアンの食事は栄養学的にどうなのか聞いた。 「菜食主義によって健康感がアップする人もいますが、合わずに逆に体調が悪くなる人もいます。一般的に菜食主義は、たんぱく質、オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)、鉄分、亜鉛、カルシウム、ビタミンB12などの栄養素が不足気味になります。しかし、きちんと計画されたベジタリアン、ビーガン食(絶対菜食)は、栄養学的に十分な栄養を補うことができ、心筋梗塞、高血圧、糖尿病、直腸がん、前立腺がんなど一部の病気の予防や改善に役立つということがいわれています。そうはいっても、長期に徹底し...more
カテゴリー:

【便利】わずか6問で、大人のADHDを発見できます/米国の研究グループが検出ツールを作成 ★2 - 05月24日(水)07:46 

大人の注意欠如・多動性障害(ADHD)を見つけ出すには、世界保健機関(WHO)が中心となって作成した症状チェックリスト「Adult ADHD Self Report Scale(ASRS)」が使われることが多い。しかし、ASRSは米国の『精神疾患の分類と診断の手引き第4版(DSM-Ⅳ)』の基準に沿って作成されているため、同手引きの最新版である第5版(DSM-5)の診断基準とは合っていない。そこで、米国のマサチューセッツ工科大学などの研究グループは、DSM-5の基準に合う簡便なスクリーニングツールとして、質問項目を6項目に絞った「DSM-5版ASRS」を作成。その...
»続きを読む
カテゴリー:

わずか6問で、大人のADHDを発見 米国の研究グループ - 05月23日(火)09:50 

大人の注意欠如・多動性障害(ADHD)を見つけ出すには、世界保健機関(WHO)が中心となって作成した症状チェックリスト 「Adult ADHD Self Report Scale(ASRS)」が使われることが多い。しかし、ASRSは米国の『精神疾患の分類と診断の手引き 第4版(DSM-Ⅳ)』の基準に沿って作成されているため、同手引きの最新版である第5版(DSM-5)の診断基準とは合っていない。 そこで、米国のマサチューセッツ工科大学などの研究グループは、DSM-5の基準に合う簡便なスクリーニングツールとして、 質問項目を6項目に絞った「DSM-5版ASRS」を...
»続きを読む
カテゴリー:

【栃木】うつ、引きこもり・・・悩む若者 農作業 自立へ一歩★3 - 05月21日(日)20:34 

精神的な問題を抱えながら自立や社会復帰を目指す人の「中間的就労」の場として、農業体験が成果を上げている。 栃木県若年者支援機構は2011年から、200人以上の若者を県内の農家や工場などに派遣し、7割を自立に導いた。 自然相手の農業はストレスが少なく、作業も多彩。働くことや人付き合いの訓練になり、体力が養われるなどの効果が見込めるという。 ■笑顔戻った 毎月受け入れ  宇都宮市 相良さん 宇都宮市で米やアスパラガスを栽培する相良利和さん(65)、律子さん(64)夫妻は同機構を通じて毎月1回、人付...
»続きを読む
カテゴリー:

【栃木】うつ、引きこもり・・・悩む若者 農作業 自立へ一歩★2 - 05月21日(日)06:44 

精神的な問題を抱えながら自立や社会復帰を目指す人の「中間的就労」の場として、農業体験が成果を上げている。 栃木県若年者支援機構は2011年から、200人以上の若者を県内の農家や工場などに派遣し、7割を自立に導いた。 自然相手の農業はストレスが少なく、作業も多彩。働くことや人付き合いの訓練になり、体力が養われるなどの効果が見込めるという。 ■笑顔戻った 毎月受け入れ  宇都宮市 相良さん 宇都宮市で米やアスパラガスを栽培する相良利和さん(65)、律子さん(64)夫妻は同機構を通じて毎月1回、人付...
»続きを読む
カテゴリー:

【栄養士監修】サラダダイエットで痩せる! おすすめレシピ&注意点 - 05月25日(木)06:45 

痩せたいとは思いつつ、できるだけラクなダイエット方法がいいと思う女性は多いですよね。そんな人におすすめなのが「サラダダイエット」。簡単で手軽ということで、働く女性にもピッタリです。そこで今回は、サラダダイエットの方法や効果、レシピ、注意点を管理栄養士・麻生れいみ先生に解説してもらいました。 ■サラダダイエットとは? ダイエットを成功させるには、炭水化物やタンパク質を摂るのと同時に、野菜をしっかりと摂ることが大切。厚生労働省が定める1日の野菜摂取目標量は、350g以上が掲げられています。これは、生活習慣病などを予防し、健康的な生活を維持できる量です。しかし、野菜は「健康にいい」ことは知っていても、意識しなければなかなか十分に食べることができません。なので、サラダを食意識の中心に置くことで、健康的にダイエットすることができます。 次に、サラダダイエットをするときのポイントを3つ紹介します。 ☆(1)ベジファースト 食事をするとき、まずはじめに野菜から摂取しましょう。野菜から食べることで、血糖値の上昇を緩やかにし、健康的なダイエットにつながります。血糖値が急激に上がってしまうと、インスリンが多く分泌され、余った糖分は脂肪に変えられて、太る原因になることも。血糖値を急激に上げないことが重要です。 ☆(2)26cmくらいのお皿にハーフ&ハーフ カフェ風のワンプレートに、半分...more
カテゴリー:

【便利】わずか6問で、大人のADHDを発見できます/米国の研究グループが検出ツールを作成 - 05月23日(火)13:39 

大人の注意欠如・多動性障害(ADHD)を見つけ出すには、世界保健機関(WHO)が中心となって作成した症状チェックリスト「Adult ADHD Self Report Scale(ASRS)」が使われることが多い。しかし、ASRSは米国の『精神疾患の分類と診断の手引き第4版(DSM-Ⅳ)』の基準に沿って作成されているため、同手引きの最新版である第5版(DSM-5)の診断基準とは合っていない。そこで、米国のマサチューセッツ工科大学などの研究グループは、DSM-5の基準に合う簡便なスクリーニングツールとして、質問項目を6項目に絞った「DSM-5版ASRS」を作成。その...
»続きを読む
カテゴリー:

プロの手を借りたい!カウンセリングで本当に悩みは解決するのか? - 05月22日(月)08:00 

ストレス社会を生き抜くわたしたちにとって、悩みや愚痴をこぼせる場所というのは必要不可欠。筆者は相談事の大半は「自分のなかで答えが決まっていて、あとは背中を押して欲しいもの」と考えているが、なかには自分がどうしたいのか分からなかったり、深刻過ぎて誰にも話せないなどの理由でプロの力を借りる人もいる。そんななか、「教えて!goo」でカウンセリングを受ける上で自分の在り方を問う「カウンセリングについての質問です」という投稿を発見した。 ■カウンセラーはあくまでサポート役。答えを見つけるのは自分自身 質問者は、「基本的にカウンセラーは相談者に対して指示をしないと聞きます。自分で決めていかなければいけないという思いもありますが、全責任を自分で持つという事も現状きついです。どこまでカウンセラーを頼り、どこまで自分で解決すれば良いのかわかりません」と打ち明けている。 一方で、悩みを相談される側のカウンセラーは、どのような気持ちで聞いているのだろうか。心理カウンセラーの青柳雅也さんにお話を伺った。 「カウンセラーにとって大事なことは、主観を排除することです。例えば不倫関係の相談にきた方に対して、不倫していることを否定をするようなことはしません。カウンセリングのプロセスとして、まずは傾聴。それもただ聞くのではなく、相手の世界を共有することが大切です。相手は共有してもらうと安心しますし、安心感が...more
カテゴリー:

栃木県「うつ、引きこもりは甘え。農作業させて自立してもらう」 - 05月21日(日)10:07 

精神的な問題を抱えながら自立や社会復帰を目指す人の「中間的就労」の場として、農業体験が成果を上げている。 栃木県若年者支援機構は2011年から、200人以上の若者を県内の農家や工場などに派遣し、7割を自立に導いた。 自然相手の農業はストレスが少なく、作業も多彩。働くことや人付き合いの訓練になり、体力が養われるなどの効果が見込めるという。 ■中間的就労に最適 自然が相手仕事も多彩 栃木県若年者支援機構には、働く意志はあるものの、習慣や体力がなく就職が難しい15~39歳の若者が相談に訪れる。 多...
»続きを読む
カテゴリー:

【栃木】うつ、引きこもり・・・悩む若者 農作業 自立へ一歩 - 05月20日(土)15:21 

精神的な問題を抱えながら自立や社会復帰を目指す人の「中間的就労」の場として、農業体験が成果を上げている。 栃木県若年者支援機構は2011年から、200人以上の若者を県内の農家や工場などに派遣し、7割を自立に導いた。 自然相手の農業はストレスが少なく、作業も多彩。働くことや人付き合いの訓練になり、体力が養われるなどの効果が見込めるという。 ■笑顔戻った 毎月受け入れ  宇都宮市 相良さん 宇都宮市で米やアスパラガスを栽培する相良利和さん(65)、律子さん(64)夫妻は同機構を通じて毎月1回、人付...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「精神疾患」の画像

もっと見る

「精神疾患」の動画

Wikipedia

  • 転送 精神障害...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる