「精神疾患」とは?

関連ニュース

男が刃物で切り付け、7人負傷=ロシア - 08月19日(土)23:05 

 【モスクワ時事】ロシア連邦捜査委員会によると、西シベリアの都市スルグトで19日、刃物を持った男が通りで通行人を切り付け、7人が負傷した。男は精神疾患を抱えていたとの情報があり、治安当局はテロの可能性は低いとみている。 男は1994年生まれで、駆け付けた警官によって射殺された。 一方、過激派組織「イスラム国」(IS)系メディアのアマク通信はこの事件について、ISによる犯行だと主張した。 【時事通信社】
カテゴリー:

恋人や妻をライバル視してキツくあたってしまう。その原因と解決法 - 08月14日(月)20:00 

する方もされる方も辛いライバル視 自分ではそうしようと思っていなくても、自然と他人をライバル視して対抗心を持ってしまう人がいます。対抗心は自分のスキルアップや努力の原動力となりますから、一概に否定できるものではないのですが、常に対抗心に燃えるのは大変疲れるものです。 いつでも他人のパフォーマンスの動向に気を配らなくてはならず、自分の落ち度を埋める事に神経を使うからです。その相手が恋人や妻と言った身近な人なら、なおのこと刺激を受けることが多く、心の疲労も並大抵のものではなくなります。 身近な人へのライバル視をやめ、自分の心を大切にするにはどうしたらよいのでしょうか。 ライバル視の原因は自己愛にあり 「自己愛性パーソナリティ障害」という言葉をご存知でしょうか。自分の能力や才能を過信し、相手は全て自分よりも劣ったものとみなしてこき下ろし、権威的で尊大な振る舞いをすることで人間関係に支障をきたしてしまう精神疾患です。 「相手は自分より劣っている」という潜在的な前提があるために、優秀な人物の存在を許せません。そのため必要以上のライバル視の末、パワハラまがいの暴言を浴びせてしまうことがあるのです。 ここまで病的ではなくとも、「自分は優秀な人間だ」という前提がある人は少なくないでしょう。高学歴の人、仕事で成果を残した人などに多く、女性よりも男性にそうした思考を持つ人が多くみられると言われています...more
カテゴリー:

長時間労働とストレスに負けない 「燃え尽きない働き方」と予防策 - DHBR - 08月12日(土)04:50 

日本全体が人手不足で、企業は希望通りに人員を補充できない状態が続いている。しわ寄せは今いる従業員におよび、精神疾患障害が増えている。最新号の『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』9月号では、長時間労働や仕事のストレスに負けない「燃え尽きない働き方」を特集した。
カテゴリー:

「拒食症なみにガリガリ」とベッカム夫人を宣伝に使った宅配ピザ店、裁判沙汰に - 08月11日(金)08:44 

 ヴィクトリア・ベッカムが、宅配ピザ店に訴訟を起こす構えだという。  ヴィクトリアが法的手続きを進めているとされている宅配ピザ店は、英イングランド北東部ニューカッスル・アポン・タイン近郊にある「シドゥ・ゴールデン・フィッシュ・アンド・チップス」。  同店は、配達車に極薄のピザの宣伝として「拒食症なみにガリガリのファッションアイコン」と書かれた、たすきをかけたヴィクトリアの風刺画を使用している。  その車には「新しいヴィクトリア・ベッカムの極薄クラストわずか2mm!!」と宣伝され、似顔絵には「薄くない」と書かれた矢印、ピザの写真には「薄いとはこのこと」という矢印が付けられたものになっており、ヴィクトリアの広報担当はこのスローガンに対し「配慮に欠ける」としてこのようにコメントしている。 「これはこのような障害を矮小化する至って不適切な表現です。またヴィクトリアのイメージに対して、配慮に欠けた中傷であります。残念ではありますが法律で裁かれることになります」  スタイル維持のためにダイエットに熱心といわれるヴィクトリア。確かに、以前から痩せすぎを指摘する声はある。また、自身のファッションブランドで痩せすぎモデルを起用しないと公言しているものの、実際にはファッションショーで起用したモデルたちが痩せすぎていると批判にさらされたこともあった。 ◆宅配ピザ店「摂食障害を軽く扱うような意...more
カテゴリー:

うつ、パニック障害…心の病気は鉄分不足も一因か - 08月10日(木)16:00 

「うつやパニックの症状を訴えて私のクリニックに退院した女性の血液検査の結果をみると、ほとんどの患者さんは血液中の鉄分量が不足している状態だということがわかりました。そこで、うつやパニック障害の症状を訴えてきた患者さんに、投薬治療とともに、鉄分を補う栄養療法を行いました。すると4カ月目あたりから鉄不足が解消され、少しずつ元気を取り戻して、薬を手放すことができるように。その後、日常生活を快活に送ることができているという報告が相次いでいるのです」 そう語るのは、「ふじかわ心療内科クリニック」院長の藤川徳美先生。この鉄分を補う栄養療法により、'12年4月から、約2,000人の患者の症状を改善させたという。その臨床結果をまとめた著書『うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった』(光文社新書)が、7月に発売され、話題になっている。 藤川先生によれば、うつやパニック障害などの精神疾患と鉄不足とは、実は密接に関係しているのだという。心を安定させるときは「セロトニン」、やる気を促すときは「ノルアドレナリン」、快楽や多幸感を得るときには「ドーパミン」などの神経伝達物質が脳内に分泌される。鉄は、これらの神経伝達物質を作る際に必要な酵素を助ける働きをしている。そのために、鉄が不足すると、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンが必要なときに作られなくなってしまい、うつやパニック障害の症状を引き起こしやすく...more
カテゴリー:

何年も前に別れた彼氏の結婚したらしい。それでその嫁から手紙を貰ったんだけど - 08月19日(土)22:35  news

誰かに伝えたいほどドラマのような出来事が起きましたのでお暇があればご覧下さい。 先日、私の職場に見知らぬ女性が来ました。 『○○○○さんですか?』と突然フルネームで聞かれ、『はい』と答えると『以前あなたが交際していた□□□□の妻です。いきなりすみません。どうしてもあなたに伝えておきたいことがあって、初めて会う人から手紙をもらうなんて気持ち悪いと思うんですけど、読んで下さい。今後関わることはないと思うので。』と封筒に入った手紙を渡されました。 一瞬の出来事だったので私自身、彼女の顔も思い出せないほど。...
»続きを読む
カテゴリー:

「こころの病気」予防へ 単純に考え生きましょう - 08月12日(土)14:52 

脳のしわが複雑に入り組み過ぎていると統合失調症の発症リスクが高くなる可能性があると、富山大学病院の鈴木道雄教授(精神神経科学)らのグループが、7月11日付の米医学誌電子版に発表しました。東京大学、東北大学などとの共同研究による報告です。 私は30年以上の臨床経験から、精神疾患に悩む患者さんは非常に考え方が複雑で、単純に考えられなくなっていると、日ごろ感じています。患者さんの話を聞いていると、...
カテゴリー:

精神疾患持つ人の余命20年以上短い 平均寿命は63歳 東大病院研究チーム - 08月11日(金)09:39  news

調査では疾患による早期死亡により失われた年数である、損失生存年数(YLL)という指標を用いた。 研究チームは、1992年の「巣立ち会」設立当時から2015年末までの24年間に死亡した利用者を 後方視的に調査。利用者254人のうち、45人が対象期間中に死亡しており、 全員が統合失調症や双極性障害のほか、うつ病といった慢性精神疾患を有していた。 死亡した利用者の死亡時年齢は平均63歳で、平均YLLは22.2年だった。身体疾患による死亡が、全体の7割超だった。 https://www.cbnews.jp/news/entry/20170810181641 ...
»続きを読む
カテゴリー:

卵3個で心の病気予防に…鉄不足を解消する食事方法 - 08月10日(木)16:00 

最近、妙に気分が落ち込む、イライラする……そんな人は、もしかしたら鉄分が足りていないのかも−−。 「うつやパニックの症状を訴えて私のクリニックに退院した女性の血液検査の結果をみると、ほとんどの患者さんは血液中の鉄分量が不足している状態だということがわかりました。そこで、うつやパニック障害の症状を訴えてきた患者さんに、投薬治療とともに、鉄分を補う栄養療法を行いました。すると4カ月目あたりから鉄不足が解消され、少しずつ元気を取り戻して、薬を手放すことができるように。その後、日常生活を快活に送ることができているという報告が相次いでいるのです」 そう語るのは、「ふじかわ心療内科クリニック」院長の藤川徳美先生。この鉄分を補う栄養療法により、'12年4月から、約2,000人の患者の症状を改善させたという。その臨床結果をまとめた著書『うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった』(光文社新書)が、7月に発売され、話題になっている。 藤川先生によれば、うつやパニック障害などの精神疾患と鉄不足とは、実は密接に関係しているのだという。心を安定させるときは「セロトニン」、やる気を促すときは「ノルアドレナリン」、快楽や多幸感を得るときには「ドーパミン」などの神経伝達物質が脳内に分泌される。鉄は、これらの神経伝達物質を作る際に必要な酵素を助ける働きをしてい...more
カテゴリー:

品川労基署 産科医自殺で労災認定 - 08月10日(木)08:18 

東京都内の総合病院に勤めていた30代半ばだった産婦人科の研修医の男性が自殺したのは、長時間労働で精神疾患を発症したのが原因として、品川労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが9日、分かった。遺族代理人の川人博弁護士が記者会見して明らかにした。時間外労働は最長で月約208時間に上っていた。認定は7月31日付。 政府が3月にまとめた働き方改革の実行計画では、「最長で月100時間未満」などと...
カテゴリー:

もっと見る

「精神疾患」の画像

もっと見る

「精神疾患」の動画

Wikipedia

  • 転送 精神障害...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる