「粉飾決算」とは?

関連ニュース

【東芝】ヤメ東芝男性 「日本企業が抱える問題のほとんどに触れた」 - 07月17日(月)09:02 

圧倒的な技術力を背景にテレビ、冷蔵庫などのシェアを拡大し、日本の高度経済成長を支えた「総合電機メーカー」東芝が、東証2部に降格する。先の展望も見出せない中、上場廃止どころか、廃業の危機を迎えている。  粉飾決算や原発事業の巨額損失などトップの判断が凋落を招いたのは言うまでもない。だが、東芝が培った現場の力は、全く色あせてなどいない。“東芝社員”たちは、場所を変えて再び輝き出そうとしている。  東芝時代の“負け”から新たなビジネスを生み出した元社員がいる。中西文太氏(42)は、東芝が世界初のHDD&DVDビ...
»続きを読む
カテゴリー:

「行革の鬼」土光敏夫は食生活も徹底して合理的だった - 長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉 - 07月13日(木)05:02 

日本を代表する電機メーカーの一つ、東芝。2009年から6年間にわたって続けられたという粉飾決算が報じられ、買収した子会社が抱えた巨額の損失などもあって、ここ数年、経営危機がささやかれている。東芝は今から数十年前、1960年代にも一度、経営危機に陥っている。そのとき、改革を主導し、見事再建に導いた経営者が土光敏夫である。
カテゴリー:

「粉飾決算」の画像

もっと見る

「粉飾決算」の動画

Wikipedia

粉飾決算(ふんしょくけっさん、Window dressing)とは、会計用語の一つで、会社が不正な会計処理を行い、内容虚偽の財務諸表を作成し、収支を偽装して行われる虚偽の決算報告を指す。

文字が似ていることや、直感的な感覚からか、手書きの文書などで、糸偏の「飾決算」と誤記されることが多いが、米偏の「飾決算」が正しい表記である。また、女性に例えて「化粧直し」「厚化粧」と言われることもある。

目的と典型的手法

典型的な粉飾決算においては、決算書のうち、損益計算書の経常損益などを意図的に操作して、企業の経営成績を隠蔽し実態より良く見せることが目的とされる。また、貸借対照表の資産を過大計上したり、負債を簿外計上するなどして、企業の財政状態を実態より良く見せることを目的にするものも多い。

手法としては二重帳簿が典型である。帳簿が単一である場合は、実態に沿わない会計も一応、故意でないことが推定される。ブロックチェーンは修正に多数決原理を採用する点で表面上故意は無いように見える。しかし、会計が実態からなし崩しに大きくずれていくという危険を承知でブロックチェーンを採用する点は未...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる