「粉飾決算」とは?

関連ニュース

【経営】「日本の電機全滅」はなぜ起きたか 本当の要因 これは、避けては通れない道だった - 05月20日(土)22:44 

2017.05.20 大西 康之ジャーナリスト 東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?  根本的な原因を探った時、浮かび上がるのが二つの超巨大企業の存在だった…。 記者として長年電気業界を取材し続けてきた大西康之氏が、その要因を著書『東芝解体 電気メーカーが消える日』で明かした。 凋落の原因はなにか? 名門東芝が経営破綻の危機に瀕している。 粉飾決算(東芝自身は「不適切な会計」と呼んでいる)...
»続きを読む
カテゴリー:

東芝、決算発表できないまま言及した「400億円」規模のリストラ計画 | 東 芝 崩 壊 | 文春オンライン - 05月15日(月)23:25 

東芝、決算発表できないまま言及した「400億円」規模のリストラ計画 | 東 芝 崩 壊 | 文春オンライン東芝、決算発表できないまま言及した「400億円」規模のリストラ計画 ついに監査委員会委員長も匙を投げた 東芝にとって、唯一にして最大の優良事業である半導体事業の分社化を決めた 「血のバレンタイン・デー」 から3ヶ月。東芝はいまだ、まともな決算発表ができずにいる。 きょう(2017年5月15日)発表したのは、監査法人の意見がつかない「2016年度通期業績見通し」。これまで粉飾決算で散々、株式市場を裏...
カテゴリー:

「ナガセ社員の指示による売上の”積み上げ”が常態化していました」元東進衛星予備校経営者が告発――FC部門で常態化する粉飾決算 - 05月01日(月)16:39 

 今年3月、ナガセとフランチャイズ契約を結んで東進衛星予備校を手広く経営していた(株)モアアンドモア社が経営破綻し、民事再生法に基づく再建手続きに入った。ナガセがスポンサー企業として支援に乗り出し、今後は直営校として運営する方針だという。なぜ倒産したのか、なぜナガセが支援するのか、事情ははっきりとはみえてこないが、東進ビジネスの不透明さを印象づける事件である。この場を借りて読者各位に情報提供を呼びかける次第だが、そうしたなかで衝撃的な証言が飛び込んできた。FC経営者に対してナガセ側が「積み上げ」という名の「売上の水増し」を持ちかけ、さらにナガセ社員の手によってじっさいに「水増し」がなされていたというのだ。元経営者に聞いた。
カテゴリー:

【ハザードマップ】てるみくらぶ 粉飾決算で運転資金つなぎ留め - 05月18日(木)05:55 

 格安海外旅行のてるみくらぶが3月27日に負債151億円を抱えて破産した。急成長が顧客の信用を高め、さらに顧客を増やす循環のどこに穴があったのか。同社の決算書から検証してみた。
カテゴリー:

FACTA「東芝大裏面史」に書かれていること 安倍政権直撃!「東芝が死ぬに死ねない理由」 | 読書 | 東洋経済オンライン - 05月15日(月)08:00 

 2015年7月、内部告発による粉飾決算の発覚で歴代3社長が責任を取って辞任。それまでの上層部の権力争い…
カテゴリー:

【経済】「てるみくらぶ」破綻受け 政府、消費者保護の制度を検討へ 有識者会議設置 - 04月29日(土)11:28 

海外旅行の格安ツアーを手がける東京の旅行会社「てるみくらぶ」が経営破綻した問題を受け、観光庁は有識者の会議を設置し、消費者の保護のため保証制度の見直しや、新たな制度の設置などを検討していくことになりました。 先月、資金繰りに行き詰まり経営破綻した東京の旅行会社「てるみくらぶ」の問題では、被害者は最大9万人、代金の総額で99億円に上ると見られていますが、保証金は合わせて1億2000万円しかなく、ほとんど弁済が行われない見通しです。 このため観光庁は、今後の再発防止策を検討する有識者の会議を設置し...
»続きを読む
カテゴリー:

「粉飾決算」の画像

もっと見る

「粉飾決算」の動画

Wikipedia

粉飾決算(ふんしょくけっさん、Window dressing)とは、会計用語の一つで、会社が不正な会計処理を行い、内容虚偽の財務諸表を作成し、収支を偽装して行われる虚偽の決算報告を指す。

文字が似ていることや、直感的な感覚からか、手書きの文書などで、糸偏の「飾決算」と誤記されることが多いが、米偏の「飾決算」が正しい表記である。また、女性に例えて「化粧直し」「厚化粧」と言われることもある。

目的と典型的手法

典型的な粉飾決算においては、決算書のうち、損益計算書の経常損益などを意図的に操作して、企業の経営成績を隠蔽し実態より良く見せることが目的とされる。また、貸借対照表の資産を過大計上したり、負債を簿外計上するなどして、企業の財政状態を実態より良く見せることを目的にするものも多い。

手法としては二重帳簿が典型である。帳簿が単一である場合は、実態に沿わない会計も一応、故意でないことが推定される。ブロックチェーンは修正に多数決原理を採用する点で表面上故意は無いように見える。しかし、会計が実態からなし崩しに大きくずれていくという危険を承知でブロックチェーンを採用する点は未...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる