「米軍主導」とは?

関連ニュース

有志連合のシリア空爆、1か月の民間人犠牲者数472人 過去最多に - 06月23日(金)21:04 

【6月23日 AFP】在英のNGO「シリア人権監視団」は23日、シリア国内の2県で行われた米軍主導の有志連合による空爆で、ここ1か月の間に民間人472人が死亡し、前月の倍以上の数となったと明らかにした。≫続きを読む
カテゴリー:

【米ロ】ロシア、シリア西部飛ぶ米軍機は「標的」 衝突回避措置を停止 - 06月21日(水)00:35 

https://www.cnn.co.jp/m/world/35103029.html モスクワ(CNN) 米軍主導の有志連合がシリア政権軍機を撃墜したことに対し、アサド・シリア政権を支援するロシアが強い反発を示している。ロシア国防省は、シリア上空で米軍との衝突を回避するために設けていた通信回線を遮断したと宣言した。 ロシア国防省は、米軍によるシリア機撃墜を「シリアの主権をあざ笑う侵害行為」「軍事的侵略」と非難した。 そのうえで、ロシア軍機が戦闘任務に当たっているユーフラテス川から西側の上空では今後、有志連合の無人機を含むあらゆる航空...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシア、シリア西部飛ぶ米軍機は「標的」 衝突回避措置を停止 - 06月20日(火)20:01 

米軍主導の有志連合がシリア政権軍機を撃墜したことに対し、アサド・シリア政権を支援するロシアが強い反発を示している。ロシア国防省は、シリア上空で米軍との衝突を回避するために設けていた通信回線を遮断したと宣言した。 ロシア国防省は、米軍によるシリア機撃墜を「シリアの主権をあざ笑う侵害行為」「軍事的侵略」と非難した。 そのうえで、ロシア軍機が戦闘任務に当たっているユーフラテス川から西側の上空では今後...
カテゴリー:

米軍主導の有志連合 シリア軍機を撃墜 対IS作戦に影響も - 06月19日(月)08:50 

シリア北部で過激派組織IS=イスラミックステートと戦う、アメリカが主導する有志連合は、友軍の部隊がシリア軍の戦闘機から攻撃を受けたとして、この戦闘機を撃墜しました。これに対し、シリア側はアメリカを強く非難しており、ISに対する作戦に影響が出ることも懸念されます。
カテゴリー:

【イラク】「IS最後のとりで」に突入=奪還大詰め-イラク北部モスル - 06月18日(日)20:54 

http://www.afpbb.com/articles/-/3132472?act=all 【6月18日 時事通信社】イラク軍や治安部隊は18日、過激派組織「イスラム国」(IS)のイラク最大拠点となっていた北部モスルの西部にある旧市街に突入を始めた。旧市街はIS最高指導者バグダディ容疑者が2014年6月に「国家樹立」を宣言したモスク(イスラム礼拝所)がある象徴的な場所で、ISにとってモスルでの「最後のとりで」となっている。  イラク軍によると、18日未明に旧市街の西と南から進攻を開始。米軍主導の有志連合も空爆で支援した。ISは今も多数の市...
»続きを読む
カテゴリー:

【軍事】ロシア戦闘機、米軍偵察機に1.5メートルまで異常接近 バルト海上空 - 06月21日(水)13:12 

米FOXニュースは20日、複数の米政府当局者の話として、 ロシア軍のスホイ27戦闘機が19日にバルト海上空で米軍電子偵察機RC135に 約1.5メートルまで異常接近したと報じた。 ロシア機は両翼に空対空ミサイルを搭載した状態で、米軍機に向かってきたという。 米軍当局者はFOXの取材に「安全ではない。挑発的で不規則な飛行だった」と非難している。 ロシア国防省は19日にシリアのユーフラテス川以西の上空を飛ぶ米軍主導の有志国連合の 航空機や無人機を含む全ての飛行物体に対し、ロシア軍が航空機や対空装備で追尾などを...
»続きを読む
カテゴリー:

米軍機、政権派無人機を撃墜=シリア - 06月21日(水)00:31 

 【カイロ、ワシントン時事】過激派組織「イスラム国」(IS)掃討中の米軍主導の有志連合は、シリア南部タンフ近郊で20日、アサド政権派の無人機を撃墜したと発表した。シリアでは北部ラッカ近郊で18日、米軍機がシリア政府軍の戦闘機を撃墜したばかり。 有志連合によると、米軍の戦闘機F15Eがタンフの駐屯地付近で、武装した無人機を発見。「敵意を示し接近してきたため撃墜した」と主張している。 【時事通信社】
カテゴリー:

シリア上空:露「米軍機など標的」…「ラッカ撃墜」に反発 - 06月20日(火)12:40 

 【モスクワ杉尾直哉】ロシア国防省は19日、シリア国内のユーフラテス川以西を飛行する米軍主導の有志国連合の軍用機や無人機について、「(地対空ミサイルなど)防空システムの標的とし、ロシア軍機を同伴飛行させる」と発表した。また米露軍用機のシリア上空での偶発的衝突回避で合意していた連絡体制などの覚書も即時破棄すると宣言した。シリアにおける米露両軍の緊張がさらに高まった形だ。
カテゴリー:

米軍、シリア軍機撃墜=爆弾投下受け「自衛措置」 - 06月19日(月)07:59 

 【カイロ時事】シリア北部ラッカの近郊で18日、米軍機がシリア政府軍の戦闘機を撃墜した。政府軍機が過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦を担うクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍(SDF)」戦闘員の近くを爆撃したためで、IS打倒を目指す米軍主導の有志連合として協力部隊を守る「自衛措置だった」と強調した。 米中央軍によると、アサド政権派の部隊の攻撃でSDF戦闘員数人が負傷。有志連合は、アサド政権の後ろ盾であるロシアに連絡し、攻撃停止を求めた。その約2時間後、シリア政府軍機が複数の爆弾を投下したことから撃墜。有志連合側は「シリア政府やロシア、同政府を支援する部隊と戦うつもりはないが、有志連合とそのパートナーを脅威から守るのはためらわない」と警告した。 【時事通信社】
カテゴリー:

「IS最後のとりで」に突入=奪還大詰め-イラク北部モスル - 06月18日(日)18:43 

 【カイロ時事】イラク軍や治安部隊は18日、過激派組織「イスラム国」(IS)のイラク最大拠点となっていた北部モスルの西部にある旧市街に突入を始めた。旧市街はIS最高指導者バグダディ容疑者が2014年6月に「国家樹立」を宣言したモスク(イスラム礼拝所)がある象徴的な場所で、ISにとってモスルでの「最後のとりで」となっている。 イラク軍によると、18日未明に旧市街の西と南から進攻を開始。米軍主導の有志連合も空爆で支援した。ISは今も多数の市民を「人間の盾」にして抵抗を続けている。治安部隊は突入に備え、5日前からIS戦闘員らに投降を呼び掛けていた。 イラク第2の都市モスルの奪還作戦は昨年10月に始まった。今年1月に市東部を解放後、2月から西部奪還に着手。西部は市街地が密集するため作戦は難航しているが、現在ではISが支配する領域は市全体の1%の4平方キロにまで縮小している。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「米軍主導」の画像

もっと見る

「米軍主導」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる