「米空母」とは?

関連ニュース

トランプは正気を保てるか? 北朝鮮が目論む「平和協定」の駆け引き - 08月15日(火)04:30 

お互い激しく挑発し合う、金正恩朝鮮労働党委員長とトランプ大統領。ひとたび戦火を交えるような事態となれば、韓国はもちろん、我が国の被害も甚大なものとなってしまいます。この危機を平和裏に解決する方法はないのでしょうか。メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では著者でジャーナリストの高野孟さんが、米韓の専門家らの意見を引きながらその可能性を探るとともに、日本政府のPAC3配備などの行動を「世界から見れば素っ頓狂」と一刀両断しています。 北朝鮮と米国の「核ゲーム」はもう終わった?──真の問題から余りにかけはなれている日本の議論 今の世界で精神的不安定が心配される国家指導者が2人いて、あろうことか、選りに選ってその2人が「核」という危険物を挟んでお互いに罵詈雑言を飛ばし合う言葉の戦争に突入しているのを見るのは、おぞましいことではある。 こんな罵り合いから、事の弾みで誰も望んでいない悲惨な戦争に転がり込むといったことは、歴史上いくらでもあったことで、いま警戒しなければならないことの1つはそのような「偶発戦争」を予防することである。 米中間で作動しているような重層的な緊急連絡メカニズムは、米朝間では全く存在していないので、首脳同士の言葉の投げ合いが軍の現場レベルでの過剰な対応を呼び起こす可能性は大いにあって、それは例えばの話、「軍事的圧力」のデモンストレーションという以外にさしたる意味もなく...more
カテゴリー:

安全運用の徹底を=艦載機移駐開始で-岩国市長 - 08月09日(水)17:01 

 米空母艦載機の厚木基地(神奈川県大和市など)から岩国基地(山口県岩国市)への移駐が始まった9日、岩国市の福田良彦市長が同市役所で記者団の取材に応じ、「整備やパイロットの教育を含め、事故がないよう万全を期していただきたい」と述べ、改めて安全な運用を徹底するよう求めた。 騒音被害の悪化の懸念については「市民が不安を抱いている」と指摘。その上で「運用状況をしっかりと把握し、改善すべきところは促していきたい」と話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

米空母が来年ベトナム寄港へ、1975年以来初めて=国防総省 - 08月09日(水)15:31 

[ワシントン 8日 ロイター] - 米国防総省は8日、同国の空母が来年ベトナムに寄港すると発表した。両国関係の進展を示す兆候とみられている。マティス米国防長官とベトナムのリック国防相が米国防総省で同日会談し、その席上で空母寄港について合意したという。
カテゴリー:

米・ベトナムの国防相が会談、一段の防衛協力で合意 - 08月09日(水)14:17 

[ワシントン/ハノイ 8日 ロイター] - マティス米国防長官とベトナムのリック国防相は8日ワシントンで会談し、両国が防衛分野でさらなる協力を進めることで合意した。また、米空母を来年ベトナムに初寄港させることでも合意した。
カテゴリー:

岩国基地:米艦載機4機が到着 厚木から移転始まる - 08月09日(水)13:07 

 米軍再編に伴う厚木基地(神奈川県)から岩国基地(山口県岩国市)への米空母艦載機部隊の移転が9日、始まった。第1陣となる早期警戒機E2Dホークアイ4機が9日正午過ぎ、岩国基地の滑走路に次々と着陸した。
カテゴリー:

空母艦載機の岩国移駐開始 - 08月09日(水)17:32 

在日米軍再編に伴う米空母艦載機の厚木基地(神奈川県大和市など)から岩国基地(山口県岩国市)への移駐が9日、始まり、第1陣として5機の早期警戒機E2D(写真)が岩国基地に到着した。
カテゴリー:

米空母、戦後初のベトナム寄港へ―越米国防相が会談 - 08月09日(水)16:01 

 米国を公式訪問中のゴ・スアン・リック国防相は8日、米国防総省本庁舎(ペンタゴン)でジェームズ・マティス国防長官と会談した。<br />&l...
カテゴリー:

米空母、初ベトナム寄港へ=国防相会談 - 08月09日(水)15:23 

マティス米国防長官(左)は8日、国防総省でベトナムのゴ・スアン・リック国防相(右)と会談し、2018年に米空母が初めてベトナムに寄港することで合意した。両国の連携を強調し、中国をけん制する狙いがある。
カテゴリー:

厚木から岩国へ、米空母艦載機部隊の移駐始まる - 08月09日(水)13:09 

 在日米軍再編に伴う厚木基地(神奈川県)から岩国基地(山口県岩国市)への米空母艦載機部隊の移駐が9日、始まった。第1陣の早期警戒機E2Dが岩国基地に飛来した。来年5月までに段階的に計61機が移駐する。…
カテゴリー:

空母艦載機の岩国移駐開始=厚木から第1陣到着-米軍再編、極東最大級基地に - 08月09日(水)12:45 

 在日米軍再編に伴う米空母艦載機の厚木基地(神奈川県大和市など)から岩国基地(山口県岩国市)への移駐が9日、始まり、第1陣として早期警戒機E2Dが正午すぎ、岩国基地に到着した。 来年5月ごろにかけて戦闘機や電子戦機EA18Gなどを含め計61機が段階的に移駐。完了後の岩国基地の所属機は120機を超え、極東最大の嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)と並ぶ規模となる。 艦載機移駐は日米両政府が人口密集地域にある厚木基地の騒音などの負担を軽減するために、2006年に合意した。 横須賀基地(神奈川県横須賀市)を拠点とする原子力空母「ロナルド・レーガン」の艦載機が対象で、主力の戦闘攻撃機FA18スーパーホーネットは11月ごろと来年5月ごろの2回に分け計48機が移る。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「米空母」の画像

もっと見る

「米空母」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる