「米朝首脳会談」とは?

関連ニュース

米副大統領、金正恩氏をけん制 - 05月22日(火)09:49 

 アメリカのペンス副大統領は、北朝鮮側が米朝首脳会談の開催を見直す可能性を示していることについて、「金正恩(キム・ジョンウン)党委員長がトランプ大統領をもてあそぶことができると考えているとしたら、大きな間違いだ」と、けん制しました。
カテゴリー:

トランプ米大統領、北朝鮮の出方次第で首脳会談中止も=副大統領 - 05月22日(火)09:33 

[ワシントン 21日 ロイター] - ペンス米副大統領は21日、北朝鮮の出方次第ではトランプ大統領が来月予定されている米朝首脳会談を取りやめる用意があるとの認識を示した。フォックスニュースがインタビューの内容の一部を公表した。 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は先週、米政府が北朝鮮の核プログラム放棄を一方的に主張し続けるなら、6月12日にシンガポールで行われる予定の首脳会談開催を再考
カテゴリー:

1ドル110円の「壁」突破 「三月またがり60日」の格言に乗った早稲田大 - 05月22日(火)07:00 

ドル円相場は1ドル110円の壁を突破した。2018年5月14日には一時、109.21円の安値をつける場面があったが、米国と欧州連合(EU)の貿易交渉をめぐって、米国が鉄鋼やアルミニウムの制裁関税の適用に言及したことでユーロが下落。ドル買いが優勢になるなか、ドル円相場も109円台後半まで上昇した。翌15日は好調な米経済指標を背景にドル買いが続き、1ドル110円台半ばまで上昇。さらに、17日に米フィラデルフィア連銀の5月の景況指数が予想を大きく上回ると110円台後半まで上昇した。おかげで、早稲田大の惟光が保有する買いポジションの評価損益はアップ。一方、明治大のRWと慶応大の石油王はタイミングを逸した。 チャンスなのに...... 元手減らしたことを後悔(早稲田) 5月15日(火) 今まではなかなか突破することのできず、重く厚い壁となっていた「110円」を、大きくブレイクアップした。5月2日、5月10日と、2度も跳ね返され固く拒まれていたが、確実にこの硬直状態を切り抜けた。 これによって、保有建玉の買いポジションの評価損益は大きく跳ね上がった。先日に長期的な目で見ると上昇トレンドであると判断し、買い増ししたことが有利に働いている。 ピラミッディング(利益が出ている相場で、さらに同じ方向にポジションを積み増すトレード手法)とレバレッジ(テコの作用)の高さを意識し、リスクを軽減するためにも2...more
カテゴリー:

改革開放 北は中国に続くか 米朝会談の地シンガポールで先例 - 05月22日(火)06:04 

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が6月12日にトランプ米大統領と会談する。開催地はシンガポールだ。シンガポールは安全保障で米国と協力協定を結んでいるほか、北朝鮮が大使館を置き、中国とも強固な関係を保っている。つまり、全ての関係国にとって米朝首脳会談の開催地として最適の場所ということだ。
カテゴリー:

中、ロ、欧州とも関係悪化。トランプの最悪外交の犠牲になる日本 - 05月22日(火)04:30 

アメリカと各国の関係悪化が止まりません。中国やロシアはおろか、米国のイラン核合意離脱で欧州とも足並みが揃わない事態に陥っています。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、トランプ大統領が各国との間で展開する「メチャクチャな外交」を分析しつつ、その理由を探っています。 トランプ、【最悪】外交 トランプさんの外交が、最悪レベルになっています。どういうことでしょうか? まず、アメリカとロシアの関係は、最悪です。トランプさんは、昔も今も「親ロシア」「親プーチン」。しかし、全民主党、共和党反ロシア派が強く、和解できないでいる。現在 クリミア併合 ロシアのウクライナ内戦介入 ロシアが、シリア・アサドを助けていること ロシアがアメリカ大統領選挙に介入したこと(ロシアは否定) ロシアが、元諜報員スクリパリと娘を殺そうとしたこと(ロシアは否定) などを理由に、制裁がますます強化されている。 貿易戦争で悪化する米中関係 もし、アメリカがロシアをつぶすつもりなら、どうすればいいのでしょうか? 定石は、「中国と組んでロシアをつぶす」となるでしょう。アメリカはニクソン時代、中国と和解し、ソ連に対抗しました。 しかし、トランプさんは、何をやったか? そう、「米中貿易戦争」を開始した。 現在米中関係は、アメリカ主導の貿易戦争で悪化しています。つまり、アメリ...more
カテゴリー:

トランプ米大統領、中国に北朝鮮との国境警備強化を要請 - 05月22日(火)09:34 

[ワシントン 21日 ロイター] - トランプ米大統領は21日、史上初となる米朝首脳会談の開催を来月に控え、北朝鮮との国境地帯の警備を強化するよう中国に要請した。 大統領はツイッターへの投稿で「北朝鮮と合意に至るまで、中国は北朝鮮との国境地帯の厳しい警備を続ける必要ある。このところ国境にはより多くの穴があり、脱北者が増えていると聞いている」とし、「(北朝鮮との合意に)署名した後であれば、こうした
カテゴリー:

トランプ米大統領、北朝鮮の出方次第で首脳会談中止も=副大統領 - 05月22日(火)07:40 

[ワシントン 21日 ロイター] - ペンス米副大統領は21日、北朝鮮の出方次第ではトランプ大統領が来月予定されている米朝首脳会談を取りやめる用意があるとの認識を示した。フォックスニュースがインタビューの内容の一部を公表した。
カテゴリー:

安全保障で非常に優れる シンガポールが選ばれた5つの理由 - 05月22日(火)06:05 

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による史上初の米朝首脳会談は6月12日、シンガポールで開かれることになった。北朝鮮の首都、平壌から南に約5000キロメートルの都市国家シンガポールが歴史的な会談の舞台に選ばれたのには5つの理由が考えられる。
カテゴリー:

脱北元公使が明かす「日朝平壌宣言」の舞台裏 北朝鮮は100億ドルのために拉致を認めた | 韓国・北朝鮮 | 東洋経済オンライン - 05月22日(火)06:00 

6月12日にシンガポールで史上初の米朝首脳会談が予定されている。北朝鮮は、米韓軍事演習などを理由に会…
カテゴリー:

米朝首脳会談見据え 中・露の動きは? 5/22 1:33更新 - 05月22日(火)01:33 

米朝首脳会談の開催を控え、北朝鮮が“揺さぶり”をかけている。こうした動きに中国の影響はあるのか。その一方で、“不気味な沈黙”を見せるロシア。日露首脳会談も控え、ロシアは影響力を誇示できるのか。大国の覇権争いの行方は!?
カテゴリー:

もっと見る

「米朝首脳会談」の画像

もっと見る

「米朝首脳会談」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる