「米地質調査所」とは?

関連ニュース

【謎の揺れ】北朝鮮でM3.5の揺れ、米中韓で見解異なる ★2 - 09月24日(日)03:42  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3144052?cx_module=latest_top 【9月23日 AFP】北朝鮮の核実験場近くで23日に検知された震源の浅いマグニチュード(M)3.5の揺れについて、米国と韓国はそれぞれ、「揺れの原因は断定できていない」、「人工の揺れの可能性はない」とするなど、先に中国が発表した「爆発による疑い」とは異なる見解を示している。  米地質調査所(USGS)によると、揺れはM3.5で、北朝鮮が今月3日に6回目にして過去最大の核実験を実施した実験場から約20キロの地点で発生した。北朝鮮は後にこの実験について、ミサイ...
»続きを読む
カテゴリー:

メキシコでまた強い地震 南部の最大被害地域近く - 09月23日(土)23:46 

 メキシコで23日午前7時53分(日本時間23日午後9時53分)ごろ、同国南部オアハカ州を震源とする地震があった。米地質調査所(USGS)によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・1で、震源…
カテゴリー:

予言するけど、多分カリアゲもう死んでるぞ 40代以上のオッサンならソ連崩壊の時と同じ匂いがするよね - 09月23日(土)21:57  news

核実験全面禁止条約機関(CTBTO)準備委員会のゼルボ事務局長もツイッターで、 人工の揺れではなく「何かの崩壊現象」との見方を示した。 米地質調査所(USGS)は震源の深さを5キロ・メートルと発表し、中国側の見解と食い違っている。 http://www.yomiuri.co.jp/world/20170923-OYT1T50106.html 重大な事が発生しているのに公式発表が一切ないのは、たいがいクーデター ゴルバチョフが拘束された時もそうだったよね   ...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】エロマンガ島で有名なバヌアツでM6.4 - 09月21日(木)17:46  newsplus

2017年09月21日09時12分  【シドニー時事】米地質調査所(USGS)によると、南太平洋の島国バヌアツで21日午前7時9分(日本時間同日午前5時9分)、マグニチュード(M)6.4の地震があった。震源地はエロマンガ島の中央付近で、震源の深さは約200キロ。太平洋津波警報センターによれば、津波警報は出ていない。環太平洋火山帯にあるバヌアツは地震が起きやすい。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017092100347&g=int ...
»続きを読む
カテゴリー:

バヌアツでM6.4 - 09月21日(木)09:12 

 【シドニー時事】米地質調査所(USGS)によると、南太平洋の島国バヌアツで21日午前7時9分(日本時間同日午前5時9分)、マグニチュード(M)6.4の地震があった。震源地はエロマンガ島の中央付近で、震源の深さは約200キロ。太平洋津波警報センターによれば、津波警報は出ていない。環太平洋火山帯にあるバヌアツは地震が起きやすい。 【時事通信社】
カテゴリー:

メキシコでまた大きな地震=南部でM6.1、今月3回目-首都、日本隊が捜索継続 - 09月24日(日)00:12 

 【メキシコ市時事】7日に南部、19日に中部を大地震が襲ったメキシコの南部で23日午前7時53分(日本時間同日午後9時53分)ごろ、マグニチュード(M)6.1の地震が発生した。米地質調査所(USGS)によると、震源地は南部オアハカ州で、7日の地震で多数の死者が出たフチタン市の近く。震源の深さは9キロ。詳しい被害状況は伝えられていない。 中部にある首都メキシコ市で活動する日本緊急援助隊によると、同市では揺れは弱く、わずかな時間だった。活動に影響はなく、全員の安全が確認されている。 19日に中部を襲ったM7.1の強い地震は23日、発生から5日目を迎えた。地元の報道によると、この地震の死者は少なくとも298人に上った。がれきに埋まった人の生存率が急激に下がる「発生後72時間」を大きく超え、生存者の発見と救出は厳しくなっている。 生存者がいないと判断された現場には重機が入ってがれきの除去を始めているが、望みを捨てていない行方不明者の家族は強く反発。各地でトラブルが発生している。 21日午後に首都の被災地に入った日本隊はまず市南部のベニトフアレス区のアパート倒壊現場へ派遣され、22日未明に安否不明だった19歳女性の遺体を収容した。隊員らは全員ヘルメットを取ってこうべを垂れて黙とう。救助の様子を中継した地元各テレビ局は「日本隊の死者への敬意に心が打たれた」などと伝えた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【謎の揺れ】北朝鮮でM3.5の揺れ、米中韓で見解異なる - 09月23日(土)22:09  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3144052?cx_module=latest_top 【9月23日 AFP】北朝鮮の核実験場近くで23日に検知された震源の浅いマグニチュード(M)3.5の揺れについて、米国と韓国はそれぞれ、「揺れの原因は断定できていない」、「人工の揺れの可能性はない」とするなど、先に中国が発表した「爆発による疑い」とは異なる見解を示している。  米地質調査所(USGS)によると、揺れはM3.5で、北朝鮮が今月3日に6回目にして過去最大の核実験を実施した実験場から約20キロの地点で発生した。北朝鮮は後にこの実験について、ミサイ...
»続きを読む
カテゴリー:

ダム決壊の恐れ、住民7万人に退避の緊急指示 プエルトリコ - 09月23日(土)15:54 

ハリケーン「マリア」の直撃で甚大な被害が出た米自治領プエルトリコの気象観測当局者は22日午後、同国北西部にあるグアハタカ川のダム決壊が差し迫った状態になり、沿岸部周辺に住む住民約7万人に対し即時の退避を呼び掛けた。 ツイッターで「生命が危険にさらされている!」と訴えた。州兵組織の報道担当者によると、避難のためバスが準備された。 米地質調査所(USGS)によると決壊の恐れがあるダムは電力供給当局...
カテゴリー:

南太平洋バヌアツ沖でM6・4 米地質調査所 - 09月21日(木)11:04 

【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、南太平洋の島国バヌアツ沖で21日午前7時9分(日本時間同5時9分...
カテゴリー:

【サッカー】<本田圭佑>メキシコ大地震で「またか… 言葉がない。メキシコの方々に起きたことを本当に残念に思っています」 - 09月21日(木)06:53  mnewsplus

メキシコ中部を襲ったマグニチュード(M)7・1の地震による各地の甚大な被害を受け、同国1部パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が19日、自身のツイッターを更新し「言葉がない」と沈痛な思いをつづった。 パチューカ市は震源地から約200キロに位置し、クラブは20日に被災者支援活動に取り組む予定。同国サッカー協会は19、20日に予定されていたメキシコ杯8試合の延期を決めた。  新天地メキシコで経験した2度目の地震と甚大な被害。本田は被災者を思い、英語によるメッセージをツイッターに投稿した。「また...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「米地質調査所」の画像

もっと見る

「米地質調査所」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる