「米国株式市場」とは?

関連ニュース

米国株は上昇、ベライゾンの上げを好感し通信株買われる - 11月21日(火)07:15 

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米国株式市場は上昇して取引を終えた。通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが、投資判断の引き上げを好感して買われ、通信株の上昇をけん引。半導体関連の取引を受けて、ハイテク銘柄も上昇した。
カテゴリー:

米国株式市場は下落、税制改革法案の行方に懸念 - 11月18日(土)07:37 

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米国株式市場は共和党の税制改革法案の行く末に懸念が出ていることで、主要3指数が揃って下落して終了した。
カテゴリー:

米国株式市場は急反発、好決算銘柄に買い 税制改革案進展も支援 - 11月17日(金)07:15 

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米国株式市場は急反発して取引を終えた。決算発表を受けたウォルマートとシスコシステムズの株価上昇が指数を押し上げたほか、米下院が税制改革法案を可決したことも支援材料となった。
カテゴリー:

米国株式市場は小反落、原油安でエネルギー株に売り GEは続落 - 11月15日(水)07:52 

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米国株式市場は小反落で取引を終えた。米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2営業日続落。原油先物の下落につれてエネルギー株も売られた。GEは5.9%安の17.90ドルで終了。一時は約6年ぶり安値となる17.46ドルを付けた。
カテゴリー:

コラム:最大の市場リスク、「パウエルFRB議長」で解消か=村上尚己氏 - 11月13日(月)11:16 

[東京 13日] - 米国株式市場は、朝鮮半島での有事発生リスクに対する懸念が和らいだ4月後半に反発、その後じり高が続き、11月に入ってからもダウ工業株30種など主要指数は最高値を更新している。
カテゴリー:

米国株式市場見通し:感謝祭で閑散取引か - 11月18日(土)16:08 

今週は23日がサンクスギビング(感謝祭)の祝日で、翌24日も午後1時までの短縮取引となる。
カテゴリー:

寄り付きの日経平均は続伸、米株高の流れを引き継ぎ - 11月17日(金)09:18 

[東京 17日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比252円18銭高の2万2603円30銭となり、続伸して始まった。良好な企業決算や税制改革への思惑を背景に上昇した前日の米国株式市場の流れを引き継いだ。寄り付き後には、東証の33業種がすべて上昇となった。
カテゴリー:

米国株式市場は続落、ハイテク株に売り 原油安でエネルギー株続落 - 11月16日(木)07:53 

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国株式市場は続落して引けた。ハイテク株が売られた。原油先物の下落に伴い、エネルギー株は4営業日続落している。この日発表された米週間石油在庫統計で、原油在庫とガソリン在庫の予想外の増加が示されたことを受け、原油先物は4営業日続落。
カテゴリー:

米国株式市場は小幅高、高配当銘柄に買い 減配発表のGE急落 - 11月14日(火)07:43 

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米国株式市場は小幅高で終了。米ゼネラル・エレクトリック(GE)が大きく下げたが、主要消費財や公益事業など高配当セクターが買われ、全体として上昇した。
カテゴリー:

トランプ大統領が誕生してからの1年を振り返る! 「大型インフラ投資計画」や「大型減税」が不発でも 米国株式市場が右肩上がりで上昇を続ける理由とは? - 世界投資へのパスポート - 11月13日(月)11:10 

2016年11月8日に米大統領選挙があり、ドナルド・トランプの勝利が判明しました。あれからほぼ一年が経過したので、これまでの軌跡を振り返ってみたいと思います。まず株式市場は、大統領選挙の後に急伸した後も、ずっと堅調に推移しています。現在、S&P500指数の向こう12カ月のEPSに基づいた株価収益率(PER)は、ちょうど18倍となっています。ちなみに、過去10年間の平均は14.1倍です。それは、言い換えれば「米国株は割高な水準まで買い進まれている」ことになります。
カテゴリー:

もっと見る

「米国株式市場」の画像

もっと見る

「米国株式市場」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる