「米国戦」とは?

関連ニュース

【野球】<MLB>WBCドミニカ代表で2年連続GG賞のマルテ、薬物規定違反により出場停止処分 80試合の出場停止! - 04月19日(水)08:07 

MLBは18日(日本時間19日)、ピッツバーグ・パイレーツに所属するスターリング・マルテ外野手をMLBの薬物規定違反により80試合の出場停止に科すと発表した。ナンドロロンと呼ばれるドーピング薬物が検出されたマルテは、MLBの規定により出場停止が解除されても今季のポストシーズンには出場できないことも併せて発表された。 美人すぎる女子プロ野球選手特集  マルテは、今季は主に2番・中堅の打順に入り、ゴールドグラブ賞も2015年と2016年の2回獲得している守備の名手だ。今年にはWBCのドミニカ共和国代表にも選出され、1次ラウン...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】張本氏、侍ジャパン敗因は「コーチ人事と打線。青木は素晴らしい選手だけど、もう35、6歳でピークを過ぎている。」 - 03月26日(日)13:03 

張本流ベストオーダーも発表 野球評論家の張本勲氏(76)が26日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に生出演。 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝で米国に敗れた小久保裕紀監督(45)率いる侍ジャパンの敗因を分析し、“張本流”のベストオーダーを発表した。 米国戦のVTRを見た張本氏は「武士の情けで負けたチームを悪く言いたくないんだけれども、敗因は2つある」と明言。 「コーチも監督も経験がない小久保監督に代表監督という大役を与えたのだから、良いコーチを付けるべ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】ノムさん、巨人・小林は久しぶりに見る名捕手 「俺の脳裏に焼き付いてしようがない」 - 03月26日(日)01:29 

サンケイスポーツ専属評論家の野村克也氏(81)が25日深夜放送のTBS系「S☆1」にVTR出演。 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で活躍した日本代表メンバーの中で、ほれ直した選手ベスト5を挙げた。 4番を務めた筒香嘉智外野手(25)=DeNA=を「打撃の教科書」、米国戦で先発し好投した菅野智之投手(27)=巨人=を 「エースの中のエース」、好守備を連発した菊池涼介内野手(27)=広島=を「これぞ名脇役」、 正捕手として活躍した小林誠司捕手(27)=巨人=を「久しぶりに見る名捕手」、 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】検証・小久保ジャパン 東京金へ、世界一奪回へ「トレセン構想」 - 03月25日(土)17:16 

 2020年東京五輪の野球日本代表監督として、原辰徳・前巨人監督(58)が最有力候補に挙がっている。  WBCは2大会連続の4強。この壁を越え、かつ東京で悲願の金メダルを目指すため、そして再びWBCで頂点 に立つため、侍ジャパンはどのような展望を描くべきか。  小久保監督は「力のある選手ばかり。数年は代表のトップを張れる選手たちばかり」と現メンバーを評する。30 代は最年長35歳の青木を筆頭に宮西、牧田、平野、松田、内川の6人。ほか22人は20代で、3年後でもほとん どのメンバーが主力候補と...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】侍ジャパン 大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい! - 03月25日(土)09:11 

 侍ジャパンの皆様へ。第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。  でも、本誌・週刊ポストはきちんと謝ります──。 〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号) 〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)  いずれも本誌が掲...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【プロ野球】<野村克也氏>「大学出身のキャッチャーは信用していない」 - 04月07日(金)08:33 

プロ野球の長いペナントレースが幕を開けた。名称・野村克也氏の目から見たペナントレースは、「テレビじゃ言えない」話ばかりだった。 野村氏は、FAで3人のスター選手を獲得した巨人について「補強というのは、『その選手がチームの役に立つかどうか』という判断基準がなければならない。ただ単に、スターを獲ればいいというわけじゃないんだ」とチクリ。  だが、巨人に明るい話題がないわけではない。WBC本戦・全7試合でスタメンマスクをかぶった侍ジャパンの正捕手・小林誠司(27)の“急成長”だ。  WBC開幕前、野村氏は小林に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】米国戦疲労は想像以上…巨人・菅野 3・31開幕戦登板回避も - 03月26日(日)08:20 

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場していた巨人・菅野智之投手(27)が25日、31日の中日との開幕戦(東京ドーム)を回避する可能性が出てきた。  この日チームに合流し、高橋由伸監督(41)と体調面などについて話し合い。首脳陣は21日(日本時間22日)の準決勝・米国戦に先発したエースの回復具合を慎重に見極める方針。仮に回避した場合、2カード目となる4月4日からのDeNA3連戦(横浜)に回る。  WBCの激闘で、体は想像以上に悲鳴を上げていた。準決勝・米国戦で6回3安打6...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】WBC人気はプロ野球人気になるか センバツはあおりを受けたが - 03月25日(土)21:05 

WBCの日本代表は準決勝で敗退(日本時間2017年3月22日)したが、国内の盛り上がりは大変なものだった。 半面、プロ野球の話題は寂しく、WBC人気を持ち込めるかどうか心配である。 主力が抜けたオープン戦は低調 ロサンゼルスのドジャースタジアムでの準決勝、米国戦は1-2の惜敗。競り合いは日本の望むところだったが、 最少得点しか奪えなかったことが敗因となった。 問題はWBCの人気を、プロ野球がそっくり受け継いでペナントレースに生かせるのかどうか、である。 WBCほどの興奮は期待できないだろうけど、注目を引きつける努...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】盛り上がったWBCの陰で、推定30億円大型補強の巨人、オープン戦ボロボロ、開幕大丈夫か - 03月25日(土)10:18 

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、日本代表「侍ジャパン」は3月21日(現地時間)の準決勝で米国に敗れ、悲願の世界一奪還はならなかった。だが、日本-キューバ戦が27.4%の最高視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど高い関心を示した。  その盛り上がりの陰に隠れて注目度が低かったプロ野球のオープン戦で、今季3年ぶりのリーグ覇権奪還を目指す巨人は12球団最下位にあえいでいた。チーム打率は.198、防御率は4.39といずれも最下位(記録は3月23日時点)。今オフには総...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【MLB】米国で侍・千賀のMLB挑戦“待望論”!? 筒香にも「複数球団が興味示すだろう」 - 03月24日(金)17:49 

米サイト特集の「WBCで日の目を浴びた」選手に侍から2人が選出 野球日本代表「侍ジャパン」は、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会連続のベスト4に終わった。 開幕から6戦全勝で挑んだ準決勝では米国に1-2で惜敗。 2大会ぶりの世界一には届かなかったものの、小久保裕紀監督率いる日本は激戦の連続でインパクトを残し、随所で輝きを見せた。 米スポーツサイト「ブリーチャーズ・レポート」は、今回のWBCで活躍を見せた 「メジャーリーグに注目されてこなかった選手たち」を特集。侍ジャパンからも2選手が選出...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「米国戦」の画像

もっと見る

「米国戦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる