「米国在住」とは?

関連ニュース

スーザン・ボイル、15人の少年たちの暴力的いじめの対象に! - 06月26日(月)12:21 

2009年にイギリスのオーディション番組で優勝して世界中で旋風を巻き起こし、同年12月には日本の紅白歌合戦にもゲスト出演を果たした歌手のスーザン・ボイル(56)。その彼女は現在、15人の少年たちから日常的に狙われ、火をつけた紙や石を投げつけられたり、虐待的な言葉を浴びせられたりして、いじめの対象にされているという。彼女の身の安全を確保するため、警察に電話するつもりだとスポークスパーソンが英紙サンデー・ミラーに明かしている。 【写真を見る】自宅前で撮影されたスーザン・ボイル/写真:SPLASH/アフロ スーザンは、現在でも生まれ故郷のスコットランド・エディンバラ近郊の町ブラックバーンに住んでいるが、彼女をターゲットにしているのは地元の少年たちだという。「バスに乗っていたら、少年たちが彼女に石を投げ、何かを叫んでいるのが見えました。別の日には、10人から15人ぐらいで彼女を取り囲み、物を投げていました。紙に火をつけて、彼女の顔をめがけて投げていました」「ショッピングセンターに入ろうとしたら、彼女が出てきて、入り口に立っていた少年たちが一斉に罵声を浴びせていました。『眼鏡を買え、不細工なババア。ひどい顔』などと叫んでいました」と目撃者たちが同紙に証言している。 この少年たちの被害者はスーザンだけではなく、近所にも危ない目にあわされている人々がいるようだ。「彼らは一番弱い人を狙うんです。一...more
カテゴリー:

なぜ高性能レーダーを積んだイージス艦が、貨物船と衝突したのか? - 06月21日(水)04:45 

6月17日未明、静岡県伊豆半島沖で起きたコンテナ船と米海軍イージス艦フィッツジェラルドの衝突事故は、フィッツジェラルドの乗組員7人が亡くなるという惨事となってしまいました。高度なレーダーシステムを誇るイージス艦が、なぜこのような事故の「当事者」となってしまったのでしょうか。アメリカ在住の作家・冷泉彰彦さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、イージス艦が抱える3つの問題点を指摘するとともに、制海権防衛戦略を見直す必要性についても言及しています。 イージス艦は本当に無敵なのか? 静岡県の石廊崎沖でフィリピン船籍(運航は日本企業)のコンテナ船と、米海軍の駆逐艦USSフィッツジェラルドが衝突した事件は、アメリカでも大きく報道されています。別に民間船舶を責めるでもなく、淡々と犠牲者を追悼する内容なので特に懸念はないのですが、それはともかく、これは単なる事故として処理して良い問題とは思えません。 3つ問題点を指摘したいと思います。 1つはイージスの高度なレーダー迎撃システムの欠陥です。今回のインシデントは純粋な事故と思いますが、少なくとも民間の艦船を偽装して巨大な質量を持った船舶をつかって「夜間に静かな体当たり」をされた場合には、全く無力であることを証明してしまったわけです。 勿論、今後は夜間の哨戒などを真面目にやるでしょうし、その点では今回の事故が「弛緩した軍紀」を引き締める契...more
カテゴリー:

トランプ、ここまでか。側近の裏切りで「弾劾」へのカウントダウン - 06月14日(水)05:00 

いわゆるロシアゲート疑惑を巡り、窮地に立たされているはずのトランプ大統領。しかしトランプ氏は自らが解雇したコミー元FBI長官の証言を「ウソ」と言い切るなど、相変わらず強気の姿勢を崩すことはありません。アメリカ在住の作家・冷泉彰彦さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、大統領の一連の発言や姿勢に関して「呆れるしかない」とし、トランプ氏の側近にして司法長官を務めるセッションズ氏が大統領を裏切る可能性についても言及しています。 弾劾へ向けて自滅コースに入ってきたトランプ それにしても、大統領の周囲には「リーガル・チーム」というのはあるのでしょうか? 例えば、コミー前FBI長官の議会証言を受けて大統領は、「自分が忠誠心を求めたというコミー証言はウソ」であると言ってしまっています。 何とも不用意な発言ですが、ここに至って全体の構図としては「大統領が忠誠心を要求したという発言」が仮に事実であれば、それが「司法妨害になる」という「定義」ができてしまった感があります。 一方で、トランプの長男であるドン・ジュニアは、家業に専念し政治には関与しないという約束を破ってFOXニュースに登場し「オヤジは、誰にでも忠誠を求めるんですよ」などとペラペラ喋っています。「誰にでも求めるのだから、司法妨害とか深刻なものではない」ということが言いたいのかもしれませんが、「誰にでも言う」という息子の証言とい...more
カテゴリー:

【エアレース】「零戦」が幕張の空を舞う 「レッドブル・エアレース」開幕 - 06月03日(土)21:21 

単発プロペラ機がコースを通過する時間を競う「レッドブル・エアレース」が2017年6月3日、幕張海浜公園(千葉市美浜区)で開幕した。エアレースが日本で開催されるのは今回が3回目。今回は旧日本軍の主力戦闘機「零戦」や往年の名旅客機として知られるDC-3型機も登場し、大勢の観客を沸かせた。 ■約38万時間かけて飛行可能な状態に復元 零戦は、優れた機動性かから戦時中は英米から「ゼロ・ファイター」として恐れられたが、レプリカを除くと4機しか現存しない。そのうちの1機、三菱重工業が1942年に製造した「零式艦上戦闘機22型」...
»続きを読む
カテゴリー:

共産党独裁を解き、中国を救うものとは?「紅二代」のメッセージ - 06月24日(土)07:00 

米国在住の「紅二代」の羅宇氏は、法輪功は世界がより良い方向に向かうことに大きく貢献していると述べ、「真、善、忍」によって中国共産党の一党独裁政権下で生まれたあらゆる問題を解決できると語った。
カテゴリー:

教えて! キラキラお兄さん「どうしたらシリコンバレーでエンジニアとして働けますか?」 - 06月19日(月)05:00 

米国在住15年、シリコンバレーでエンジニアとして働く@elcaminoreal255さん(エル氏)は、「生涯プログラマーを貫くなら、シリコンバレーがオススメ」と言う。エル氏がそう考える理由、そして米国のエンジニアの日常とは――?
カテゴリー:

【ゼロ】日本人操縦の零戦(零式艦上戦闘機22型)、東京湾で里帰り飛行 エアレースで ★2 - 06月04日(日)00:29 

 日本人が操縦する「零戦」が3日、東京湾の上空を飛んだ――。千葉市美浜区で開かれている「レッドブル・エアレース千葉2017」で、零戦が会場上空を3周し、観客を魅了した。4日も飛行する予定。  パイロットを務めたのは米国在住で、操縦士歴40年の柳田一昭さん(66)。操縦を終え、飛行場に戻ってきた柳田さんは「感無量。東京湾の上はとても気持ち良かった」と話した。  機体は、1942年に三菱重工が製造した「零式艦上戦闘機22型」。約10年かけて「零戦里帰りプロジェクト」を進めてきた実業家の石塚政秀さん(...
»続きを読む
カテゴリー:

【ゼロ】日本人操縦の零戦(零式艦上戦闘機22型)、東京湾で里帰り飛行 エアレースで - 06月03日(土)20:17 

 日本人が操縦する「零戦」が3日、東京湾の上空を飛んだ――。千葉市美浜区で開かれている「レッドブル・エアレース千葉2017」で、零戦が会場上空を3周し、観客を魅了した。4日も飛行する予定。  パイロットを務めたのは米国在住で、操縦士歴40年の柳田一昭さん(66)。操縦を終え、飛行場に戻ってきた柳田さんは「感無量。東京湾の上はとても気持ち良かった」と話した。  機体は、1942年に三菱重工が製造した「零式艦上戦闘機22型」。約10年かけて「零戦里帰りプロジェクト」を進めてきた実業家の石塚政秀さん...
»続きを読む
カテゴリー:

「米国在住」の画像

もっと見る

「米国在住」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる