「米原発事業」とは?

関連ニュース

【東芝危機】綱川社長が続投へ 志賀元会長は執行役も退任 - 04月27日(木)21:14 

 経営再建中の東芝は27日、米原発事業の巨額損失をめぐり、元会長の志賀重範執行役が責任を取って6月下旬の定時株主総会後に退任し、綱川智社長が続投する方向で調整に入った。志賀氏の退任は健康問題も重なったとみられる。
in English
カテゴリー:

【東芝半導体】邦銀3メガ、東芝メモリ買収資金を準備 米ブロードコムに-関係者 - 04月13日(木)22:14 

米半導体ブロードコムが三井住友銀行など大手邦銀3行と米投資ファンドのシルバー・レイク・マネジメントから、売却手続き中の東芝のメモリ事業の買収資金を手当てする準備をしていることが分かった。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。   三井住友フィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループの傘下銀行が計150億ドル(約1兆6000億円)を融資するほか、シルバー・レイクが転換社債などで30億ドル(3260億円)を供給する計画だ。   関係者によると、ブロードコムは入札で約...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【東芝株主総会】経営幹部、総入れ替えを=3時間半、怒号飛び交う 半導体事業分社化承認 - 03月31日(金)07:47 

「経営幹部は一刻も早く、みんな入れ替えた方が良い」-。米原発事業での巨額損失に伴う経営危機から脱するため、 稼ぎ頭の記憶用半導体メモリー事業売却に向けた分社化への承認を求めた東芝の臨時株主総会。 経営責任を問う株主の怒りが噴出し、開催時間は3時間半に及んだ。 綱川智社長らは損失発生の経緯や経営再建への方策を説明したが、「納得できない」「再生できるのか」と怒号が飛び交う場面もあった。 近づく「東芝解体」=相次ぐ事業売却 総会では、負債が資産を大幅に上回る債務超過転落という危機的事態を招いた米原...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【企業】東芝、原発子会社に破産法申請へ - 03月24日(金)20:39 

http://jp.reuters.com/article/idJP2017032401002026?il=0  経営再建中の東芝が、米原発子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)に 米連邦破産法11条の適用を月内にも申請させる方向で最終調整に入ったことが24日分かった。 WHの破綻処理により、米原発事業の損失がさらに拡大することを防止する。東芝の再建を加速するため、 2017年3月期中に損失を確定し、財務基盤の抜本的な改善を急ぐ。  みずほ銀行や三井住友銀行といった主力取引銀行からも月内の申請を後押しする声が上がっている。 ただ、東芝は...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【東芝再建】静観してきた政府が関与する動きを見せ始める 重要技術の国外流出に歯止め - 03月19日(日)10:22 

 経営危機に陥った東芝が売却する記憶用半導体メモリー事業の入札をめぐり、これまで静観してきた政府が関与する動きを見せ始めた。政府系の日本政策投資銀行や産業革新機構が、資金力のある米投資ファンドなどと組む「日米連合」構想が官民で浮上。世耕弘成経済産業相も先のトランプ政権の経済閣僚との会談で、重要技術の国外流出に歯止めをかける必要性を訴えた。  米原発事業で巨額損失を出す東芝は、稼ぎ頭のメモリー事業の全株売却視野に1兆~2兆円の資金確保を目指している。日米連合案では、日本勢で工場の海外移転など経営...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

拡大続く海外M&A 成長急ぎ、見切り発車に代償 - 04月27日(木)05:00 

 米原発事業でつまずいた東芝に続き、日本郵政がオーストラリア物流子会社の巨額損失で民営化後初の赤字に追い込まれた。国内市場の縮小を背景に海外での買収に活路を求める日本企業の動きは強まっているが、成長性を安易に信じ、数年で「負の遺産」となる事例も多い。
in English
カテゴリー:

【東芝】半導体メモリ買収に最大3兆円=台湾・鴻海が提示-WSJ報道 - 04月11日(火)06:31 

【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は10日、経営再建中の東芝が売却を検討している半導体事業について、 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が最大3兆円を支払う用意があると東芝に伝えたと報じた。複数の関係者の話としている。 米原発事業の巨額損失が原因で経営難に陥った東芝は、主力の記憶用半導体フラッシュメモリー事業を4月1日付で分社化。 新会社「東芝メモリ」の株式の過半を売却し、今期中に債務超過を解消したい考え。 2兆円規模での売却を目指しているが、これを大幅に上回る額...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【国内】東芝崩壊を予見した男が語る「次にヤバイ企業」 - 03月25日(土)12:03 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170321-00519141-shincho-bus_all&p=2 米原発事業で7000億円に上る損失を計上する見込みの東芝は、決算の発表を再び延期すると発表した。 東京証券取引所は東芝株を「監理銘柄」に指定し、いよいよ上場廃止が現実味を帯びてきた。15年前には誰も想像できなかった、日 本を代表する名門企業の崩壊を、予見していた作家がいる。  *** 『震える牛』『ガラパゴス』など社会問題に鋭く切り込む作風で人気を博す相場英雄氏は、かつて時事通信社で経済記者として活躍していた。 相場氏...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【春闘】東芝、2年連続で人件費抑制へ ボーナスを2年前の6割の水準に引き下げ - 03月22日(水)16:29 

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017032201001452.html  経営再建中の東芝の今春闘は22日、2017年の賞与(ボーナス)の最低水準を 年間2・5カ月分程度とすることで妥結した。前年の最低支給水準を0・5カ月分上回ったが、 15年実績の約6割にとどまった。米原発事業の巨額損失を踏まえ、昨年1年限りだった大幅な減額措置を継続する。  2年連続で人件費を抑制し、支援を要請している取引金融機関に身を切る姿勢を示す狙い。ただ人材流出を防ぐため、定期昇給に当たる賃金体系は維持した。  ボーナスは業績に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【企業】東芝、中国の原発事業でも約7000億円の賠償を求められる可能性 - 03月18日(土)21:05 

https://nikkan-spa.jp/1303716?page=2 (中略) もともと安全基準があまりに低すぎた中国では、アメリカでの安全基準見直し以上の混乱を現場にもたらしたという。  中国で建設中の4基以外に新たな受注を獲得できていないことも、WH社にとっては想定外だったはずだ。 東芝がWH社を買収・子会社化したのは’06年だが、54億ドルという買収額は当時から「高値掴み」と指摘されていた。 それでも買収に踏み切ったのは、中国での事業展開に明るい未来を描いていたからだ。毎日新聞「経済プレミア」編集長で、 今月に『東芝消滅』(同...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「米原発事業」の画像

もっと見る

「米原発事業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる