「米南部バージニア州シャーロッツビル」とは?

関連ニュース

【シャーロッツビル衝突】死亡女性の母「あの子の声はむしろ大きくなった」追悼式 - 08月19日(土)23:57  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/video-40957331 (リンク先に動画ニュースあり) 米南部バージニア州シャーロッツビルに集まった白人至上主義者たちに抗議していたところ、極右支持者の男が運転する車にはねられ死亡した、市内在住の法律事務職ヘザー・ハイヤーさんの追悼式が16日、市内で行われた。 出席した母親のスーザン・ブロさんは、「連中は私の娘を黙らせようと殺した。そうしたらどうなったかって? あの娘の声をもっと大きくしただけ」と語り、満場の拍手を浴びた。 2017/08/17 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【白人至上主義衝突】人種偏見、憎悪の拒絶を ブッシュ父子が声明 - 08月17日(木)21:18 

 米南部バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義を掲げる団体と反対派が衝突し死傷者が出た事件に関連し、ともに大統領を務めたブッシュ父子が16日、連名で声明を出し「米国は常に人種偏見、反ユダヤ主義、そしてあらゆる形の憎悪を拒絶しなければならない」と訴えた。ブッシュ氏(父)の報道担当者が声明をツイッターに投稿した。声明は、トランプ大統領には直接言及していない。
カテゴリー:

白人至上主義:抗議女性死亡の追悼式 母親、意志継いで - 08月17日(木)11:10 

 【ニューヨーク國枝すみれ】米南部バージニア州シャーロッツビル中心部で16日、白人至上主義者の運転する暴走車にはねられ死亡したヘザー・ヘイヤーさん(32)を追悼する式典が開かれた。母親のスーザン・ブロさんは約1000人の参列者に対し、白人至上主義者の集会に抗議していたヘイヤーさんの死を無駄にせず、遺志を継いでほしいと呼びかけた。
カテゴリー:

米は人種差別に厳正対処を=国連専門家 - 08月16日(水)19:44 

 【ベルリン時事】人種差別問題などを担当する国連の専門家ら3人が16日、連名で声明を発表、「人種差別や排外主義が米国で増加している」と指摘し、こうした問題に厳正に対処するよう米当局に訴えた。 声明は、米南部バージニア州シャーロッツビルで12日に起きた白人至上主義者らと反対派の衝突時の暴力や、人種に基づく憎悪表現に憤りを表明。「(これらは)明確に非難され、犯罪者は訴追されなければならない」と強調した。 【時事通信社】
カテゴリー:

トランプ米大統領、白人至上主義衝突は「両方に責任」 批判さらに過熱か - 08月16日(水)10:10 

 【ニューヨーク=上塚真由】米南部バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義の団体と反対派の衝突事件で、トランプ大統領は15日、ニューヨークのトランプタワーで記者会見を開き、「両方の側に責任がある」と述べた。トランプ氏の人種差別問題への対応が不十分だと批判が強まる中、発言を受けてさらに過熱しそうだ。
カテゴリー:

米国で南軍記念碑の撤去広がる バージニア衝突から1週間 - 08月19日(土)18:58 

【ニューヨーク共同】米南部バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者と人種差別反対派の衝突から19日で1週...
カテゴリー:

【白人至上主義衝突】人種偏見、憎悪の拒絶を ブッシュ父子が声明 - 08月17日(木)21:04  newsplus

産経ニュース、2017.8.17 20:51更新 http://www.sankei.com/world/news/170817/wor1708170039-n1.html 米南部バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義を掲げる団体と反対派が衝突し死傷者が出た事件に関連し、ともに大統領を務めたブッシュ父子が16日、連名で声明を出し「米国は常に人種偏見、反ユダヤ主義、そしてあらゆる形の憎悪を拒絶しなければならない」と訴えた。 ブッシュ氏(父)の報道担当者が声明をツイッターに投稿した。声明は、トランプ大統領には直接言及していない。(共同) ...
»続きを読む
カテゴリー:

オバマ氏のツイッター、過去最高の支持 白人至上主義衝突を受け - 08月17日(木)10:16 

 【ニューヨーク=上塚真由】米南部バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義と反対派が衝突した事件を受け、オバマ前米大統領がツイッターに投稿した人種間の融和を訴える内容が共感を呼び、米メディアによると、ツイッター史上最高となる「いいね」が付いている。
カテゴリー:

南軍象徴、米で撤去の動き加速=白人主義者騒乱を機に-トランプ氏発言が物議 - 08月16日(水)15:28 

 【ワシントン時事】米南部バージニア州シャーロッツビルで12日に起きた白人至上主義者や極右支持者と反対派の衝突を機に、公有地に建てられた南北戦争の南軍指導者の像などを撤去する動きが、全米各地で加速している。人種差別や奴隷制度の象徴と見なされているためだが、トランプ大統領が撤去反対運動に理解を示すような発言をして、物議を醸している。 12日の騒乱は、市内の公園に建つ南軍司令官リー将軍の像を撤去する計画に対し、白人至上主義者が抗議集会を呼び掛けたのが発端だった。集会反対派との乱闘騒ぎに加え、極右とみられる男が反対派のデモ隊に車で突っ込み、女性1人が死亡する惨事となった。 米メディアによると、この騒乱を受けて、南部のケンタッキー州レキシントン、テネシー州メンフィスなどの市当局が南軍指導者や兵士の像撤去を進めると相次いで表明。フロリダ州ゲインズビルでは兵士像が撤去された。レキシントンのグレー市長は「奴隷制度を維持するために戦った人々をたたえ続けるのは、どう見ても正しいことではない」と説明した。 ノースカロライナ州ダーラムでは14日、白人至上主義に反対する集会の参加者が、南軍兵士像を引き倒す騒ぎも発生。当局が器物損壊容疑で捜査を始めた。 トランプ氏は15日、ニューヨークで記者団に対し、シャーロッツビルの騒乱に関して、批判されている中には「(暴力行為でなく)将軍像撤去への抗議が目的だった人も大...more
カテゴリー:

「生まれながらに憎まず」=オバマ氏投稿に260万「いいね」 - 08月16日(水)06:56 

 【ワシントン時事】米南部バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者らと反対派の衝突を受け、オバマ前大統領は13日、ツイッターに「誰も生まれながらに、肌の色や生い立ち、宗教のために他人を憎まない」と投稿した。これには15日までに約260万の「いいね」が付き、米メディアによれば、ツイッター史上2番目となる支持を集めた。 故マンデラ元南アフリカ大統領の自伝からの引用で、「人は憎むことを学ばなければならない。憎しみを学べるなら、愛することを教えられる」と続く。これまで最も共感を呼んだのは、米歌手アリアナ・グランデさんが英国公演で起きた自爆テロ後に「言葉もない」などと記したツイートで、約270万の「いいね」が付いた。 トランプ大統領は事件を受けた声明で当初、白人至上主義者を明確に非難しなかったために反発を受け、14日に「人種差別は悪だ」と明言した。こうした経緯からUSAトゥデー紙は「オバマ前大統領は今も、国民的悲劇の後に正しい言葉を見つけるすべを知っている」と評した。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「米南部バージニア州シャーロッツビル」の画像

もっと見る

「米南部バージニア州シャーロッツビル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる