「米トランプ政権」とは?

関連ニュース

ラッカ解放 米トランプ政権が祝福の声明 10/21 12:23更新 - 10月21日(土)12:23 

アメリカのトランプ政権は20日、過激派組織「イスラム国」が首都と位置づけたシリアのラッカが解放されたことについて、「『イスラム国』との戦いにおける転換点だ」として祝福する声明を発表した。
カテゴリー:

米トランプ政権、法人減税で中間層所得が増加と分析 - 10月16日(月)18:55 

[ワシントン 16日 ロイター] - 米大統領経済諮問委員会(CEA)は16日、法人税減税が実行されれば中間層の所得は段階的に4000ドル以上増加するとの分析を公表した。
カテゴリー:

中国:「断固反対する」 米「航行の自由」作戦実施に - 10月11日(水)19:54 

 【北京・浦松丈二】中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)副報道局長は11日の定例会見で、米トランプ政権下で4回目となる「航行の自由」作戦を実施したことについて「断固反対する」と述べ、厳正な申し入れを行ったことを明らかにした。3回目までの「強烈な不満」の表明はしなかった。11月のトランプ大統領訪中を意識した可能性がある。
カテゴリー:

【国際】「サムスン・LGの洗濯機に米国で最大40%の関税で営業利益10%の損失」 - 10月10日(火)07:37  bizplus

「アメリカファースト」を掲げる米トランプ政権が韓国製輸出品に対する貿易制裁にさらに速度を出し始めた。洗濯機など韓国製品にセーフガード(緊急貿易制限)手続きを踏み始めたのだ。韓国の産業界は米国のこうした歩みが改定手続きを踏む韓米自由貿易協定(FTA)再協議で有利な立場を占めようとする布石とみている。セーフガード措置が現実化し、韓米FTAが不利に改定されれば韓国の自動車・鉄鋼・機械業界などは今後5年間に170億ドル規模の輸出が減り、15万4000件の雇用が減少するだろうという懸念(韓国経済研究院)...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏が指示? 米副大統領、NFL途中退席で物議 - 10月09日(月)16:32 

 国歌斉唱の起立拒否をめぐり、米トランプ政権と米プロフットボールリーグ(NFL)の亀裂が深まっている。ペンス副大統領が8日、インディアナ州で行われた試合の国歌斉唱で、一部の選手が起立しなかったことに腹…
カテゴリー:

邀ウ繝医Λ繝ウ繝玲帆讓ゥ縲∝・ウ諤ァ繝サ蟄蝉セ帙?髮」豌大ッゥ譟サ蠑キ蛹悶r讀懆ィ趣シ晞未菫らュ - 10月20日(金)17:30 

[ワシントン/ニューヨーク 19日 ロイター] - 米トランプ政権が同国への入国を図る女性と子供の難民に対し審査プロセスを強化することを検討している。匿名の関係者3人がロイターに明かした。 この審査見直しは10月24日に終了する予定。 関係者によると、女性と子供に対する審査基準は男性よりも緩和されているが、同見直しにより男性と同様の基準に近付く見込み。 国務省の当局者は、見直しは進行中だが、
カテゴリー:

米トランプ政権、ユネスコ脱退を発表 10/12 23:47更新 - 10月12日(木)23:47 

アメリカ・トランプ政権は12日、ユネスコ(=国連教育科学文化機関)から脱退すると発表した。「反イスラエル的な偏見を続けている」ことなどを理由にあげている。アメリカは今後、オブザーバーとして関与するとしている。
カテゴリー:

外交トップ辞任か?「米の外交はグラグラ」 10/11 15:25更新 - 10月11日(水)15:25 

社会部時代にオウム真理教事件や福島第一原発事故を取材。政治部では小泉元首相の番記者を務め、現在は国際部で混迷する米・トランプ政権や緊迫する北朝鮮情勢の取材指揮にあたっている日本テレビ・国際部の小野高広デスクが、米国政府の状況について語る。
カテゴリー:

北朝鮮、不穏な噂広まり混乱 人民ら「政府は嘘しか言わない。口コミ情報を信じるしかない」 - 10月10日(火)06:13  news

9月3日の6度目の核実験強行以降、米トランプ政権と激しい「舌戦」を繰り広げている金正恩温政権だが、国内では不穏な噂が様々飛び交い、 当局が住民対象の会議を開いたり、噂を拡散させた者の摘発に乗り出すなど、「流言飛語」対策に躍起になっていることが分かった。(パク・ヨンミン) 米国との緊張が高まるに伴い、金正恩政権は高等中学生(日本の高校に該当)に軍入隊志願の「嘆願集会」をさせたり、 「教導隊」「赤衛隊」などの民兵組織の非常招集訓練をしたりするなど、戦争に備えて国民に結束を求める動きを見せている。 し...
»続きを読む
カテゴリー:

【宇宙】アメリカ、再び月へ 「国家宇宙評議会」を24年ぶり開催 - 10月06日(金)10:46  newsplus

米トランプ政権は5日、宇宙政策に関する大統領の助言組織「国家宇宙評議会」を24年ぶりに開催した。議長を務めるペンス副大統領は「米国が再び宇宙開発をリードする。米国の宇宙飛行士を月に向かわせる」と話し、再び月探査へ重点を移す方針を明らかにした。民間企業と協力し、月の探査を足がかりに火星などより離れた天体への探査につなげるという。 米国はアポロ計画で1969年に人類初の月面有人探査に成功。その後、地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)に人を送ってきたが、2011年のスペースシャトル退役以降は...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「米トランプ政権」の画像

もっと見る

「米トランプ政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる