「米トランプ政権」とは?

関連ニュース

ウォーターゲート事件とトランプのロシア疑惑をつなぐ米政界の黒幕とは… - 06月24日(土)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンがウォーターゲート事件とトランプ政権の疑惑をつなぐ“米政界の黒幕”について語る。 * * * 米トランプ政権とロシアとの関係をめぐる疑惑は、1970年代にニクソン大統領が任期途中で辞任した政治スキャンダルの経緯との類似性から“第2のウォーターゲート事件”といわれつつあります。 その結末は事態の推移を見守るしかありませんが、40年以上の時を超えて、第1、第2の双方の“事件”に関わっているロジャー・ストーンという人物をご存じでしょうか。 自信満々なフィクサー然とした態度。ボディビルで鍛えた筋肉が隆起する背中には、ニクソンの似顔絵のタトゥー…。最近では保守系メディアに登場する“陰謀論オヤジ”という扱いをされていますが、52年生まれのストーンは10代の頃から米政界で暗躍し続ける“選挙屋”です。ウォーターゲート事件では口止め料の“配布役”を務め、起訴された当時はまだ20歳の若者でした。 その後は政治家向けのコンサルティング組織を設立し、80年の大統領選でレーガンの勝利に大きく貢献。政権発足後は「金を払えばレーガンに話を通す」と吹聴するなど...more
カテゴリー:

大統領“対応不満”スパイサー報道官交代へ 6/21 13:05更新 - 06月21日(水)13:05 

米・トランプ政権の顔を担ってきたスパイサー報道官が交代する方向だと一斉に報じられた。スパイサー氏は大統領との発言の食い違いが指摘されるなどし、大統領が不満を募らせていると指摘されていた。政権内には残り、別の役職に就くのではと伝えられている。
カテゴリー:

“露疑惑”は米国内の政治闘争〜プーチン氏 6/16 8:59更新 - 06月16日(金)08:59 

ロシア・プーチン大統領は15日、米・トランプ政権とロシアをめぐる疑惑で高まる批判について、米露関係の改善を目指すトランプ大統領と反対勢力による「政治闘争を反映したもの」と指摘。シリア問題などで協力するべきだと、米露関係の改善を呼びかけた。
カテゴリー:

トランプ氏の司法妨害疑惑、特別検察官が捜査開始 - 06月15日(木)10:19 

 ワシントン・ポスト紙は14日、米トランプ政権の「ロシア疑惑」を捜査しているマラー特別検察官がトランプ大統領の司法妨害を視野に捜査を始めたと伝えた。週内にも情報機関トップらの聴取を予定しているという。…
カテゴリー:

米政権移行チーム元幹部アド・マチダ氏語る 6/13 16:06更新 - 06月13日(火)16:06 

米トランプ政権の誕生にあたって政策を立案したチームの幹部だったアド・マチダ氏が日本テレビの取材に応じ、今後出される大統領令は「160本ほどある」などと明かした。また、政権の“ロシア疑惑”については大きな問題には発展しないとの見方を示した。
カテゴリー:

“トランプ政権の信任投票”共和党が勝利 6/21 15:45更新 - 06月21日(水)15:45 

米トランプ政権の信任投票とも位置づけられた注目の連邦議会下院の補欠選挙が20日に行われ、与党・共和党の候補が接戦を制した。トランプ大統領は政権が信任されたとして、今後、目玉公約の実現に向けてさらに強気の政権運営を行う可能性がある。
カテゴリー:

国連事務総長がトランプ政権批判 6/21 10:37更新 - 06月21日(水)10:37 

国連のグテーレス事務総長は20日、米トランプ政権が国連への拠出金削減など関与の仕方を見直す姿勢を示している事に対して「アメリカのためにならない」などと改めて批判した。また、パリ協定離脱表明については「残留するよう働きかけている」と強調した。
カテゴリー:

“ロシア疑惑”トランプ大統領も捜査対象か 6/15 11:04更新 - 06月15日(木)11:04 

米・トランプ政権とロシアとの関係をめぐる疑惑で、ミュラー特別検察官はFBIのコミー前長官が解任された数日後から、トランプ大統領が捜査妨害を行った可能性があるとみて捜査を始めたと、米・ワシントンポストが報道。
カテゴリー:

加計問題・北朝鮮…内外問題に日本は 6/14 2:29更新 - 06月14日(水)02:29 

学校法人・加計学園の獣医学部新設をめぐり、文科省で作られたとされる「文書」の再調査。政府の対応は適切か? 相次ぐミサイル発射など国際社会への挑発を続ける北朝鮮。ロシア疑惑で揺れる米トランプ政権。内外の課題を徹底議論!
カテゴリー:

ロシア疑惑巡り、米司法長官が議会証言へ 6/13 10:41更新 - 06月13日(火)10:41 

米トランプ政権とロシアとの関係を巡る疑惑で、自らもロシアと接触していたセッションズ司法長官が、13日に議会の公聴会で証言へ。先週の公聴会でFBIのコミー前長官がセッションズ長官の問題となる事実があるとしたが、この証言に反論するとみられる。
カテゴリー:

もっと見る

「米トランプ政権」の画像

もっと見る

「米トランプ政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる