「米トランプ政」とは?

関連ニュース

内幕描いた暴露本に揺れる米トランプ政権 1/19 2:57更新 - 01月19日(金)02:57 

トランプ政権の内幕を描いた暴露本「炎と怒り」。そして、この本に激怒するトランプ大統領。一体何が書かれているのか? 暴露本から読み解くトランプ大統領の“本質”、さらに2018年のトランプ政権の展望、日本への影響を専門家に聞く!
カテゴリー:

トランプ政権1年へ孤立厭わず支持層固めか 1/18 18:38更新 - 01月18日(木)18:38 

米・トランプ政権発足からまもなく1年、メディアと対決し続けてきたトランプ大統領は、偽ニュースだとする「フェイクニュース大賞」なるものを発表した。敵をつくって攻撃する手法は変わらないが、政権運営自体が不安定になっている様子も見えてきている。
カテゴリー:

南北対話、その先を読む! 1/16 12:57更新 - 01月16日(火)12:57 

北朝鮮のペースで進む韓国との南北協議。“対話戦略”に転じた北朝鮮の狙いとは?時間稼ぎか、日米韓の分断か。国際社会は北朝鮮の核放棄をどう実現していくのか…。米トランプ政権の本音、日本がとるべき戦略は?
カテゴリー:

ついに国民の4割が「肥満」になった米国の末路 トランプ政権でさらに悪化する懸念も | グローバルアイ | 東洋経済オンライン - 01月14日(日)13:00 

通商交渉で攻撃的な姿勢を取り、オバマ政権で導入された規制を根こそぎ廃棄しようとしている米トランプ政…
カテゴリー:

米トランプ政権、イラン核合意の枠組みを当面維持 - 01月13日(土)07:51 

 アメリカのトランプ政権は、欧米など6か国とイランが結んだ核合意の枠組みを当面維持し、合意で解除された制裁の再開を見送ることを発表しました。
カテゴリー:

敵作り攻撃、身内も…不安定なトランプ政権 1/18 20:25更新 - 01月18日(木)20:25 

米・トランプ政権発足からまもなく1年、メディアと対決し続けてきたトランプ大統領が偽ニュースだとする「フェイクニュース大賞」なるものを発表した。敵を作って攻撃する手法は変わらないが、そのことで政権運営自体が不安定になっている様子が見えてきた。
カテゴリー:

トランプ政権の暴露本「炎と怒り」、テレビドラマ化へ - 01月18日(木)12:55 

[ロサンゼルス 17日 ロイター] - コラムニストのマイケル・ウォルフ氏が執筆した米トランプ政権の内幕を描いた暴露本「炎と怒り」がテレビドラマ化される見通しになった。バラエティーやハリウッド・リポーターなど米エンタメ情報誌が17日報じた。
カテゴリー:

安倍総理が「9条の改憲」発議を強行しそうな、4つのタイミング - 01月16日(火)04:30 

昨年末、第2次内閣発足から5年を迎えた安倍政権。今年秋の自民党総裁選3選を経て改憲へ、という安倍首相の悲願は現実のものとなるのでしょうか。ジャーナリストの高野孟さんは自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』の中で、北朝鮮の核危機も対話で解消されようとしている今、安倍首相が提示し続けている「9条3項自衛隊明記」という案は「古い時代への逆行」でしかないとバッサリ斬っています。 安倍首相は総裁3選優先で、それにはまず経済、次に改憲──しかしその弱気が3選の妨げになるのでは? 安倍晋三首相は年初の各所での挨拶で、「まだまだやるべきことがある。デフレ脱却、人づくり革命、生産性革命、さらには改憲だ」という言い回しを繰り返し、13日付毎日新聞はこれを捉えて「口にした順番は安倍首相の頭にある優先順だろう」と推測した。 二階俊博幹事長も、「年内に改憲発議を行いたい」と語っていて、つまり安倍政権は今年前半は経済重視の低空飛行で9月自民党総裁3選を固め、その上で秋から改憲に本格的に取り組もうという算段であるように見受けられる。 改憲日程の難しさ 上の「18~21年日程」を見て頂くと分かるように、改憲発議→国民投票が可能な日程は4つあって、 18年通常国会で発議、秋に投票 18年秋の臨時国会で発議、19年3月までに投票 19年3月までに発議、7月参院選と同時に投票 20年通常国会で発議、五輪後の...more
カテゴリー:

小池百合子の天敵ジャーナリスト・横田一が注目する2018年問題「日本人にとって知らないでは済まされない」 - 01月13日(土)15:52 

 衆院選直前の会見で、小池百合子希望の党代表(当時)の「排除」発言を引き出した注目のジャーナリスト、横田一氏にインタビュー。「2018年の日本人にとって、憲法改正と危機管理が重要なテーマになる。“知らない”では済まされない」と横田氏は警告する。 ◆結果的にウソをついた形になったのが希望の党の敗因 ――小池百合子都知事の“天敵”と呼ばれ、横田さんへの注目が高まっていますね。 横田:私は“敵”のつもりではなく、むしろ小池さんに期待していたんです。森友・加計問題で情報隠蔽体質丸出しの自民党を批判し、都民ファーストを圧勝に導いた手腕を高く評価していました。国政でも、自公体制を打ち破る政治家として注目していたのです。 ――しかし、横田さんが「排除」発言を引き出した2017年9月29日の会見が、希望の党を失速させることに繋がりました。 横田:いえ、このときは政権交代に向けた建設的提案の意味合いを込めた質問でした。「(希望の党の綱領にある)『寛容な保守』というのなら、どうしてハト派からタカ派まで包み込まないのですか」と聞きました。「『排除』発言を引き出した」と言われていますが、これはその前日に両院議員総会で前原誠司・民進党代表(当時)が「排除されません」と説明した言葉を、そのまま小池さんにぶつけただけなのです。 ――その質問に小池さんが「排除いたします」と答えたことで、前原さんと小池...more
カテゴリー:

欧州・イラン:核合意の維持、米に要請へ 外相が会談 - 01月11日(木)20:07 

 【ブリュッセル八田浩輔】イランのザリフ外相は11日、ブリュッセルを訪問し、欧州連合(EU)のモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表(外相)らと会談する。米トランプ政権がイラン核合意に基づく対イラン制裁の停止を継続するかの判断が迫る中、欧州とイランは米側に核合意の維持を改めて働きかける。
カテゴリー:

もっと見る

「米トランプ政」の画像

もっと見る

「米トランプ政」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる