「米ウエスタンデジタル」とは?

関連ニュース

東芝のWD和解協議が優位に 増資決定で上場廃止回避 月内合意は見通せず - 11月21日(火)06:15 

 経営再建中の東芝が約6000億円の増資を決めたことで、係争中の米ウエスタン・デジタル(WD)との和解協議が前進する可能性が出てきた。係争が障害になって来年3月末までに半導体子会社「東芝メモリ」を売却できなくても、上場廃止を回避できるため、交渉を優位に進めやすくなったからだ。ただ、両社の溝はなお埋まっておらず、目標とする月内の合意が実現するかは不透明な状況だ。
カテゴリー:

【東芝】米WDとなお溝 月内和解に向け協議継続 訴訟取り下げに至らず - 11月19日(日)16:33  newsplus

東芝が半導体子会社「東芝メモリ」売却をめぐり、提携先の米ウエスタンデジタル(WD)との係争解決を目指した米国での協議は、不調に終わったことが19日、明らかになった。東芝側は、メモリー生産拠点である四日市工場(三重県)の最新製造棟への投資にWDが参加する条件として、訴訟取り下げを求めたが、合意に至らなかった。11月中の和解を目指し、引き続き協議する。   半導体部門担当の成毛康雄副社長や、東芝メモリ売却先の企業連合を主導する米投資ファンド、ベインキャピタルの杉本勇次日本代表が先週訪米し協議した。...
»続きを読む
カテゴリー:

【東芝危機】増資決定で米WDとの和解協議が前進も 月内合意はなお見通せず - 11月20日(月)21:53 

 経営再建中の東芝が約6千億円の増資を決めたことで、係争中の米ウエスタンデジタル(WD)との和解協議が前進する可能性が出てきた。係争が障害になって、来年3月末までに半導体子会社「東芝メモリ」を売却できなくても上場廃止を回避でき、交渉を進めやすくなったからだ。ただ、両社の溝は深く、目標とする月内の合意が実現するかは不透明な状況だ。
カテゴリー:

【東芝】東芝、PCとテレビ撤退検討=赤字497億円 - 11月09日(木)17:48  bizplus

東芝が9日発表した2017年9月中間連結決算は、純損益が497億円の赤字(前年同期は1153億円の黒字)となった。半導体子会社「東芝メモリ」の売却に伴う税金を先行して計上したためで、通期の18年3月期も純損益は1100億円の赤字となる見通しだ。構造改革を一段と進める方針で、不採算のパソコン(PC)、テレビについては事業撤退を含め検討する。 来年3月末の株主資本は、負債が資本を上回る債務超過額が7500億円に膨らむ見通し。東芝メモリの売却を来年3月末までに完了させ、上場廃止基準に抵触する2年連続...
»続きを読む
カテゴリー:

「米ウエスタンデジタル」の画像

もっと見る

「米ウエスタンデジタル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる