「篠原涼子」とは?

関連ニュース

篠田麻里子、舞台化「アンフェア-」で新しい世界観 - 02月22日(木)15:24 

 女優の篠田麻里子(31)が22日、東京・天王洲アイルの銀河劇場で初日を迎える舞台「アンフェアな月」(3月4日まで)の開演前に囲み取材に応じた。  篠原涼子が敏腕刑事の雪平夏見を演じた人気ドラマ、映画シリーズの初の舞台化作品。篠田は主人…
カテゴリー:

大杉漣さん急死、「バイプレイヤーズ」共演者も「現実を受け入れられない」 - 02月22日(木)08:43 

 北野武監督の「ソナチネ」、「HANA-BI」などで知られる俳優の大杉漣(本名大杉孝=たかし)さんが2月21日午前3時53分、急性心不全のため死去した。66歳。同日、所属事務所がホームページで発表した。葬儀は家族らの意向により、親族のみで執り行う。  日本を代表する名バイプレーヤーが逝った。大杉さんは、テレビ東京の連続ドラマ「バイプレイヤーズ もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活した」に出演中。関係者によれば、20日の同作の関東近郊でのロケを終えてホテルに戻り、食事の後で自室に戻った後、体調不良を訴えたという。田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一の共演者とのグループLINEに「具合が悪い」と書き込み、松重が「病院、行きますか?」と返し最寄りの病院に向かったが、そのまま帰らぬ人となった。  最期は松重に加え、田口、光石、遠藤も看取ったという。共演者は「バイプレイヤーズ一同」として、テレビ東京のホームページに「余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。『バイプレイヤーズ』という実名をさらした上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。お疲...more
カテゴリー:

吉永小百合は北海道オタク!? 出演120本目「北の桜守」大阪で会見 堺 雅人も登場 - 02月15日(木)22:28 

3月10日(土)、北海道を舞台に壮大なスケールで人間模様を描く超大作「北の桜守」が公開される。本作は同じく北海道を舞台とした「北の零年」「北のカナリヤ」に続く“北の三部作”最終章となる作品。流氷をはじめ北海道でのロケも多く、北海道命名150年を迎える2018年にふさわしい作品だ。 【画像】記者会見で登場した吉永小百合と堺 雅人。堺は吉永の撮影裏話を披露! 主演は本作が120本目の出演作となる吉永小百合。監督は「おくりびと」で米国アカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎。吉永とは初めてタッグを組む。 共演は吉永演じる江蓮(えづれ)てつの次男・修二郎を堺雅人、夫の徳次郎を阿部寛演じるほか、てつの古い友人・山岡役に岸部一徳、てつに仕事を与え、何かと面倒をみる菅原を佐藤浩市が演じるほか、篠原涼子、中村雅俊、高島礼子など豪華な顔触れがそろう。 物語は1945年の樺太から1971年の札幌へと続く。老いた母とともに家族の記憶をたどる旅に出る修二郎。サハリンを望む日本最北端の海で、よみがえったてつの記憶とは…。 公開に先駆け、2月15日、ホテルニューオータニ大阪で吉永小百合、修二郎役の堺雅人、滝田洋二郎監督の記者会見が行われた。 会見の冒頭、吉永は「北海道オタクで北海道が大好き。北の三部作に出演できて光栄です」とあいさつ。堺とはアニメの親子役で共演したことはあるが、実写での共演は初。堺は「仰...more
カテゴリー:

バラエティの「この後スタッフが美味しく頂きました」  予防線を張るテロップどこまで必要? - 02月13日(火)08:40 

 バラエティ番組などで“食べ物”を扱う企画の際、必ずといっていいほど目にする「この後スタッフが美味しく頂きました」というテロップ。事情は理解できるものの、あのテロップを見ると、どこかもやっとするものが残るのも事実。果たして、予防線を必要以上に貼るテロップは、本当に必要なものなのだろうか?  【写真】今では貴重な現役自体の浅尾美和 輝く笑顔と引き締まったヘルシーボディ ■“スタッフがおいしくいただいている様子”を実際にアップすることの根底にあるものとは 先ごろ、元プロビーチバレー選手でタレントの浅尾美和が、福岡ローカルの情報番組『土曜の夜は!おとななテレビ』(九州放送)のロケを行なったことを自身のブログで報告。MCのパパイヤ鈴木と九州のローカルタレント・藤本一精との写真のほか、7人ほどのスタッフが立ちながら食べ物を頬張っている写真が紹介された。「これはロケの時の写真です」、「出してもらったお料理はスタッフの皆さんで美味しくいただきます」と文言を添え、視聴者からは見えていないところで“本当に”「スタッフがおいしくいただきました」を実行している舞台裏を披露したわけだ。 たしかにスタッフはもぐもぐと楽しそうに食べており、浅尾自身もその様子を単にブログにアップしただけで、別に深い意味はなさそうだが、そうした写真を無意識にでもアップしてしまうところに、何かしら“根深いもの”が見え隠れし...more
カテゴリー:

【音楽】好きな小室哲哉プロデュース楽曲、トップ20を発表 ★2 - 02月05日(月)14:13  mnewsplus

https://www.news-postseven.com/archives/20180202_648735.html 2018.02.02 07:00  1990年代半ば以降、ヒットチャートの上位は小室がプロデュースした“TKサウンド”が独占していた。ドラマや映画の主題歌も、CMソングも、カラオケで歌われるものも、すべて彼がプロデュースした“小室ファミリー”ばかり。 本誌・女性セブンは20~50代1000人を対象に“好きなTKサウンド”アンケートを実施。その結果が以下のランキングだ。 第1位 安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』1997年 第2位 篠原涼子with t.komuro『恋しさと せつなさと 心強...
»続きを読む
カテゴリー:

篠田麻里子、共演者の高尿酸値を暴露「痛風ギリギリの方が…」 - 02月22日(木)13:19 

 女優の篠田麻里子が22日、東京・天王洲アイルにある銀河劇場で舞台『アンフェアな月』の初日前囲み取材に参加した。 【写真】稽古終わりにお酒を飲むほど仲の良い共演者たち  作家・秦建日子氏の同名小説が原作で、女優・篠原涼子主演で映像化はされていたが、舞台化されるのは今回が初。主人公の女性刑事・雪平夏見を演じる篠田は「けいこをたくさんして新しい『アンフェアな月』の世界観ができたなと手応えを感じている。雪平夏見は一見、クールな感じもするんですけど、とても愛に溢れた女性。愛に溢れた女性を演じられたら」と意気込んだ。  制作発表では大のお酒好きの雪平に合わせて“酒豪化”を宣言していた。進ちょくを問われると、けいこ終わりに飲み会を開催したことを明かした。「何回か、ご飯に行かせていただいた。皆さん、お酒が強い。朝までの方もチラホラいた」と回想。そして「痛風ギリギリの方が…」と岡田達也をチラリ。尿酸値が高いことを暴露された岡田は「やめとけ! 言わんでいい」と大慌て。篠田はしてやったりの表情だった。  囲み取材には染谷俊之、中村優一、和田琢磨、川谷修士(2丁拳銃)、下村青、飯田基祐も参加した。『アンフェアな月』は、きょう22日から3月4日まで同劇場で上演される。 【関連記事】 【写真集カット】肉体美を披露…大人っぽい表情の篠田麻里子 【写真】大胆な肩出しチュールドレスを披露した篠田麻里子...more
カテゴリー:

篠原涼子、13年ぶり舞台で初主演「ワクワクと緊張」 傑作戯曲『アンナ・クリスティ』 - 02月16日(金)05:00 

 女優の篠原涼子(44)が、7月13日から東京・よみうり大手町ホールで上演する『アンナ・クリスティ』で舞台初主演を務めることが16日、明らかになった。2001年『ハムレット』、2005年『天保12年のシェイクスピア』に次ぐ3本目の舞台となる篠原は「すごくワクワクしているのと緊張と両方あります」としながらも「とても素晴らしい作品なので、一生懸命しっかりと頑張りたいと思っています」と力を込めている。 【画像】美しい…すっぴんを披露した篠原涼子  『アンナ・クリスティ』は、ノーベル文学賞受賞作家、ユージン・オニール氏が1921年に発表し、ピューリッツァー賞を受賞した傑作戯曲。物語は、石炭船の船長クリスが幼い頃に別れた娘アンナと15年ぶりに再会し、2人はクリスの船で暮らし始める。ある日漂流する1隻の船を助け、アンナは助けた船に乗っていた水夫マットと恋に落ちていく。しかしアンナが過去を打ち明けるとマットは失望し、彼女の元から去っていく……というストーリー。  2011年のロンドン・ウエストエンドで上演された際は、マット・バーク役を名優ジュード・ロウが演じ、全公演ソールドアトを記録。新聞各紙で絶賛を博し、ロンドンで最も権威のあるローレンス・オリヴィエ賞において、ベスト・リバイバル作品に選ばれた。そして今作では、3本のオニール作品(『喪服の似合うエレクトラ』『氷屋来たる』『夜への長い旅路』...more
カテゴリー:

小室哲哉の好きな曲は?1位 CAN YOU CELEBRATE - 02月13日(火)17:54  news

衝撃の引退表明…小室哲哉プロデュースで人気の曲1位は? ■いまだに聴いてしまうTKソングTOP10 (全17の選択肢から1~3位を回答。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計。協力:アイリサーチ) 1位 CAN YOU CELEBRATE?/安室奈美恵 283pt 2位 DEPARTURES/globe 223pt 3位 WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント/H Jungle With t 134pt 4位 I’m proud/華原朋美 132pt 5位 恋しさと せつなさと 心強さと/篠原涼子 with t.komuro 128pt 6位 Don’t wanna cry/安室奈美恵 50pt 7位 survival dAnce ~n...
»続きを読む
カテゴリー:

波瑠×西島秀俊、初共演!お仕事エンタテインメント「オズランド」今秋公開 - 02月13日(火)08:00 

 小森陽一氏の人気小説「オズの世界」(集英社文庫刊)が、波瑠と西島秀俊の共演で映画化されることが決定した。「オズランド」の題名で、今秋公開される。  映画は、地方の遊園地を舞台にした“お仕事エンタテインメント”。超一流ホテルチェーンに就職したものの、系列会社が運営する遊園地へ配属されてしまった波平久留美は、そこで “魔法使い”と呼ばれる天才社員・小塚慶彦をはじめとする個性的な従業員らと出会う。希望する東京の部署に異動するため奮闘するも、失敗だらけで社会人としての未熟さを痛感させられる波平だったが、小塚からの叱咤を受けながらさまざまな失敗や成功を積み重ね、徐々に働くことの楽しさに気がついていく。  主人公の波平を演じた波瑠は、「挫折や困難に感じることは全部自分に原因があるということを意識していました。先輩の言うことを意地悪に感じたり、自分はもっと大きな仕事ができると思い込んだり。社会人になった多くの人が通った道ではないでしょうか」と物語に共感。「環境や状況のほとんどは、自分の感じ方や向き合い方でどうにでも変わっていくのだと波平として過ごした時間のなかで、私も改めて考えることができました」と語る。  さらに、初共演となった小塚役の西島について「これからもご一緒したい大好きな先輩です。まっすぐで思いやりのある魔法使いは西島さん以外にはできません」とコメント。一方の西島も、「波瑠さん...more
カテゴリー:

【音楽】好きな小室哲哉プロデュース楽曲、トップ20を発表 - 02月02日(金)12:41  mnewsplus

https://www.news-postseven.com/archives/20180202_648735.html 2018.02.02 07:00  1990年代半ば以降、ヒットチャートの上位は小室がプロデュースした“TKサウンド”が独占していた。ドラマや映画の主題歌も、CMソングも、カラオケで歌われるものも、すべて彼がプロデュースした“小室ファミリー”ばかり。 本誌・女性セブンは20~50代1000人を対象に“好きなTKサウンド”アンケートを実施。その結果が以下のランキングだ。 第1位 安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』1997年 第2位 篠原涼子with t.komuro『恋しさと せつなさと 心強...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「篠原涼子」の画像

もっと見る

「篠原涼子」の動画

Wikipedia

篠原 涼子(しのはら りょうこ、1973年8月13日 - )は、日本の女優、歌手。本名:市村 涼子(いちむら りょうこ)。旧姓:篠原群馬県桐生市出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。夫は俳優市村正親

略歴

1989年、月刊デ・ビューに掲載された現事務所のオーディションに合格し所属。同年10月、ドラマ高速戦隊ターボレンジャー第33話(テレビ朝日)にて、都立武蔵野学園高校の生徒役でゲスト出演した。

1990年4月、アイドルグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)のメンバーとしてデビュー。5月21日、シングル「JUST LIKE MAGIC」をグループ内ユニットのゴルビーズ名...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる