「篠原涼子」とは?

関連ニュース

長澤まさみ、変幻自在なコスプレ披露! 11年ぶりの月9ドラマ主演に - 12月14日(木)07:00 

フジテレビ系では、2018年4月期の“月9”枠に長澤まさみが主演を務めるドラマ「コンフィデンスマンJP」の放送が決定した。長澤のほか、東出昌大と小日向文世の出演も決定し、3人それぞれがコンフィデンスマン(信用詐欺師)として活躍する“コンゲーム”作品となる。 【写真を見る】さまざまな職業人に扮(ふん)する詐欺師・長澤まさみ。世界に誇る美脚ショット解禁!/(C)フジテレビ 脚本は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年)や、ドラマ「リーガルハイ」シリーズ(2012年ほか、フジテレビ系)など、数々のヒット作を生み出した古沢良太が担当。 そんな古沢が今回描く題材“コンゲーム”は、映画「ミッション:インポッシブル」シリーズや映画「オーシャンズ11」シリーズなどが代表作として挙げられ、主人公の詐欺師がだましだまされながら二転三転するストーリーが特徴だ。古沢にとって“コンゲーム”作品は初めての挑戦となる。 本作は、“欲望”や“金”をテーマに、一見、平凡で善良そうな容姿のダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)という3人のコンフィデンスマンたちが織り成す痛快エンターテインメントコメディー作品。 さまざまな業界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で業界を牛耳る悪徳大富豪たちから大金をだまし取っていく。 「プロポーズ大作戦」(2007年)でのW主演以来、約11年ぶりに“月9”で主演を...more
カテゴリー:

『民衆の敵』第8話、田中圭の大胆行動に「理想の旦那さん!」の声 - 12月12日(火)10:52 

 女優の篠原涼子が主演を務める月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系/毎週21時)の第8話が放送され、SNSではヒロインの夫を演じる田中圭が見せた大胆な行動に感激の声が寄せられた。【関連】「田中圭」フォトギャラリー 『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』は、篠原演じる新米ママさん市議会議員・佐藤智子を主人公に、彼女が市政にはびこる悪や社会で起きている問題に立ち向かっていく痛快政治ドラマ。 市長となった智子が“市議会のドン”犬崎(古田新太)に対して行ったクーデター会見は成功したかに見えた。しかし犬崎の根回しにより窓口業務以外の市役所職員が仕事をボイコットしてしまう。さらに副市長を解任された前田(大澄賢也)は“智子が精神的に不安定だった”という風評を流し、彼女の人気失墜を図る。智子を落とすにはあと一歩だと士気を高める犬崎に、藤堂(高橋一生)は智子から副市長就任の打診があったことを明かす。さらに自分が副市長に就任すれば市政の混乱を収めることができると突きつける。 一方、智子の夫・公平(田中圭)の不倫疑惑が報道される。不倫相手は新聞記者で智子の盟友・和美(石田ゆり子)。公平は家の前で張り込む記者を引き連れて市役所の市長室へ。降って湧いた疑惑を晴らすため、公平は智子をかばうように自分の言葉で語り始める…。 イクメンとしてヒロインを支える公平に注目が集ま...more
カテゴリー:

篠原涼子「民衆の敵」市長も視聴率もピンチ5・3% - 12月12日(火)10:13 

 フジテレビ系「月9」枠の連続ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(月曜午後9時)の11日第8話の平均視聴率が5・3%(関東地区)だったことが12日、ビデオリサーチの調べでわかった。前回第7話は5・8%で、ここまで苦戦が…
カテゴリー:

【ドラマ】月9「民衆の敵」第8話視聴率5・3%で今作過去最低に - 12月12日(火)09:23  mnewsplus

 11日に放送された女優・篠原涼子(44)主演のフジテレビ系「月9」ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」(月曜・後9時)の 第8話の平均視聴率が5・3%だったことが12日分かった。前回に比べ0・5ポイント低下し、今作最低となった。  衆院選のため、1週遅らせてのスタートとなった初回9・0%でスタートした今作品。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)  第1話 9・0%  第2話 7・1%  第3話 7・5%  第4話 7・6%  第5話 6・9%  第6話 6・5%  第...
»続きを読む
カテゴリー:

今田美桜、月9・高橋一生演じる渡辺と莉子の関係性に注目してほしい - 12月11日(月)21:50 

現在放送中のフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』で、高橋一生さん扮するあおば市議会新人議員・藤堂誠が、“渡辺”と偽名を名乗り古いアパートに一室で交流を図っているデリヘル嬢・莉子を演じている女優・今田美桜さん。劇中では、謎多き“渡辺”の心の支えとして、天真爛漫な女性を好演し話題を呼んでいるが、地元福岡では「福岡で1番可愛い女の子」というキャッチフレーズで紹介されるなど、注目度が増してきている。月9のほか、初のヒロイン役に挑んだ映画『デメキン』も公開中の今田さん。「女優になることが夢でした」と目を輝かせながら語った彼女が、月9出演の感想や、女優業への思い、今後の目標などを語った。<インタビュー>――月9という枠に出演すると決まったとき、どんなお気持ちでしたか?月曜9時のドラマというのは、私も小さいころからずっと見てきたドラマ枠。しかも大先輩たちのなかで、私がやらせていただくことはすごく光栄だなと思う一方で、自分が出演していることが不思議な気持ちでもあります。――莉子という役をどんな風に捉えて作品に臨んだのでしょうか?デリヘル嬢役と聞いたとき、色っぽい大人の雰囲気が求められるのかなと思ったので、私で大丈夫なのかなというのが最初の印象でした。でも莉子という女の子は、天真爛漫で底抜けに明るいイメージだとお聞きして、それなら私でも頑張れるのかなと思ったんです。―...more
カテゴリー:

大友啓史監督、川村元気の小説第2作「億男」を映画化! - 12月13日(水)16:30 

 「るろうに剣心」シリーズや「3月のライオン」で知られる大友啓史監督が、映画プロデューサー・川村元気氏の小説第2作「億男」を映画化することが発表された。  「億男」の映画化は12月13日、東京・日比谷の東宝本社で行われた同社の2018年度ラインナップ発表会で明かされたもの。数多くのヒット作をプロデュースした川村氏は16年、デビュー小説「世界から猫が消えたなら」が佐藤健&宮崎あおいの共演で映画化され、興行収入約12億3000万円を記録している。今作は累計発行部数20万部を突破しており、既に中国での映画化も決定している。  宝くじで3億円を当てた図書館司書の主人公・一男が「お金と幸せの答え」を模索する、30日間の冒険を描く。浮かれる間もなく不安に襲われた一男は、大富豪になった親友・九十九を15年ぶりにたずねる。だがその直後、九十九が失踪する。ソクラテス、ドストエフスキー、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツら、多くの偉人たちの言葉を潜り抜け、人間にとってお金とは何かを問いかけていく。  なお、この日のラインナップ発表会では、月川翔監督がメガホンをとる「響 小説家になる方法」の映画化、細田守監督の3年ぶりとなる最新作「未来のミライ」などが発表された。 【作品情報】 ・億男 【関連記事】 ・川村元気の小説第2作「億男」が中国で映画化!アジア最高峰のス...more
カテゴリー:

高島礼子&文音が女性版「おくりびと」で師弟に - 12月12日(火)10:38 

女納棺師を軸に故人の見送り方を描いた映画「おみおくり」の公開初日が決定。ポスタービジュアル、場面写真が解禁された。 【写真を見る】高島礼子はベテラン納棺師・満島弥生を演じる/(C)2018「おみおくり」製作委員会 本作の原案は、永井結子著の「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(祥伝社黄金文庫刊)。故人との別れる瞬間の7つのエピソードを軸に、二人の女性納棺師の心の成長を描く。 さまざまな「死」の現場にある、さまざまな悲しみの向こう側に見える、故人への溢れんばかりの愛。今回解禁されたポスタービジュアルでは、そんな悲しみと愛が対比する現場を見守りながら、自分自身を見つめ直していく二人の女性納棺師をメインに、温かみに溢れたビジュアルとなっている。 主人公のベテラン納棺師・満島弥生を演じるのは高島礼子。満島に弟子入りして納棺師を目指す河村亜衣役を文音が演じる。 メガホンを取り、脚本も手掛けたのは「ピカレスク―人間失格―」「棒の哀しみ」の伊藤秀裕。人の「死」に直面する悲しい現場を繊細に描き、見送る人たちと見送られる人との心温まる愛と成長の物語を誕生させた。 本作は、2018年3月24日(土)から有楽町スバル座ほか全国で順次公開。 ■ あらすじ 愛する人との悲しい過去を背負う女納棺師・満島。一方、子供の頃に両親を交通事故で亡くした亜衣は、フラッシュバックする事故の悪夢に苦しめられていた。 ある日...more
カテゴリー:

篠原涼子市長の最終章開幕  『民衆の敵』第9話予告 - 12月12日(火)10:00 

 女優・篠原涼子が主演する18日放送のフジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』第9話予告カットが到着した。いよいよドラマも残すところ2話となり、ラストに向け篠原演じる佐藤智子市長の最終章が幕を開ける。気になるのは高橋一生演じる市政のプリンスこと市議会議員の藤堂誠の真意。智子が頼んでいた副市長就任を了承した藤堂だったが、ママ友で新聞記者の平田和美(石田ゆり子)はそのことに疑問を抱く。 【写真】高橋一生演じる市政のプリンス・藤堂誠  智子、同時期に当選した新人市議の小出未亜(前田敦子)、園田龍太郎(斎藤司)は居酒屋で藤堂の副市長就任承諾の祝杯をあげる。その席で藤堂たちはもう一度、智子の政治姿勢を考える。目の前の一人を幸せにするために、多数の人々を犠牲にできるかどうかだ。智子は、一人ずつ幸せにしていくことで、徐々に数を増やすと主張するが、果たしてそれで良いのか。未亜と園田は難しいと水を差すが、誠はとりあえず進めてみようと話す。  一方、和美はエリート政治一家の息子である藤堂が議員を辞めてまで副市長になる意味があるのだろうか?と考え、藤堂の兄、明(山中崇史)が最近、頻繁に地元である、あおば市に戻ってきていることも気になっていた。そんななか、前田康(大澄賢也)が記者会見を開く。それはニューポート建設に伴う地区開発で『あおばランド』を作るというもの。それは、智...more
カテゴリー:

月9『民衆の敵』第8話 田中圭に「結婚してほしい」視聴者続出 “旦那っぷり”が話題に - 12月11日(月)23:11 

『民衆の敵』で女子を味方につける田中圭 11日、月9ドラマ『民衆の敵』(フジテレビ系)の第8話が放送された。 智子(篠原涼子)が市長として議員を退任させると宣言してから犬崎(古田新太)は裏の手を使って犬崎派を増やそうとする。 智子の旦那、公平(田中圭)と和美(石田ゆり子)の不倫疑惑も報道さ...
カテゴリー:

今田美桜、月9・高橋一生演じる“渡辺”と莉子の関係性に注目してほしい - 12月11日(月)18:59 

現在放送中のフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』で、高橋一生さん扮するあおば市議会新人議員・藤堂誠が、“渡辺”と偽名を名乗り古いアパートに一室で交流を図っているデリヘル嬢・莉子を演じている女優・今田美桜さん。劇中では、謎多き“渡辺”の心の支えとして、天真爛漫な女性を好演し話題を呼んでいるが、地元福岡では「福岡で1番可愛い女の子」というキャッチフレーズで紹介されるなど、注目度が増してきている。月9のほか、初のヒロイン役に挑んだ映画『デメキン』も公開中の今田さん。「女優になることが夢でした」と目を輝かせながら語った彼女が、月9出演の感想や、女優業への思い、今後の目標などを語った。<インタビュー>――月9という枠に出演すると決まったとき、どんなお気持ちでしたか?月曜9時のドラマというのは、私も小さいころからずっと見てきたドラマ枠。しかも大先輩たちのなかで、私がやらせていただくことはすごく光栄だなと思う一方で、自分が出演していることが不思議な気持ちでもあります。――莉子という役をどんな風に捉えて作品に臨んだのでしょうか?デリヘル嬢役と聞いたとき、色っぽい大人の雰囲気が求められるのかなと思ったので、私で大丈夫なのかなというのが最初の印象でした。でも莉子という女の子は、天真爛漫で底抜けに明るいイメージだとお聞きして、それなら私でも頑張れるのかなと思ったんです。―...more
カテゴリー:

もっと見る

「篠原涼子」の画像

もっと見る

「篠原涼子」の動画

Wikipedia

篠原 涼子(しのはら りょうこ、1973年8月13日 - )は、日本の女優、歌手。本名:市村 涼子(いちむら りょうこ)。旧姓:篠原群馬県桐生市出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。夫は俳優市村正親

略歴

1989年、月刊デ・ビューに掲載された現事務所のオーディションに合格し所属。同年10月、ドラマ高速戦隊ターボレンジャー第33話(テレビ朝日)にて、都立武蔵野学園高校の生徒役でゲスト出演した。

1990年4月、アイドルグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)のメンバーとしてデビュー。5月21日、シングル「JUST LIKE MAGIC」をグループ内ユニットのゴルビーズ名...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる