「築地市場」とは?

関連ニュース

「名古屋の観光って、ぶっちゃけどうですか?」河村たかし名古屋市長に居酒屋で直撃インタビュー! - 02月22日(木)16:57 

2018年3月29日(木)、名古屋城周辺に新たな商業施設「金シャチ横丁」がオープンし、同年6月8日(金)には10年にわたる復元工事を終え、「名古屋城本丸御殿」が公開。そして2022年には名古屋城天守閣の木造復元を予定するなど、名古屋の観光産業に関する期待が高まっている。一方で、2016年に実施した「都市ブランド・イメージ調査」では、国内主要8都市の中で名古屋市が「最も魅力がない街」という不名誉な結果が出たことも記憶に新しい。 【写真を見る】愛用の有松絞りのシャツを着た河村市長。「江戸時代、有松絞りは東海道でナンバーワンのみやげだったんですよ」 そんな期待と課題を抱える“名古屋の観光”をテーマに、河村たかし名古屋市長へインタビューを実施。市長行きつけの居酒屋で、酒を交えながら話を聞いた。 ■ 行きたくない街No1!「理由はわかっとる」 ――現状、名古屋の観光について、どのようにお考えですか? 「こないだからよう言われとるけど、名古屋は『魅力がない街、行きたくない街』でダントツ1位になった。理由はわかっとるんですよ。1つは、空襲で街がみんな燃えたということ。名古屋というのは当時ゼロ戦を作っていた大軍需都市で、空襲の爆弾投下数と回数は東京大空襲と同じくらいあったと言われています。東京の場合、被害を受けたのは主に下町でしたが、名古屋は都心部がやられた。そして、名古屋はその後の戦災復興事業を...more
カテゴリー:

小池都知事の憂鬱、豊洲の地下水位は追加工事でも下がらない!? - inside Enterprise - 02月21日(水)05:00 

築地市場の豊洲移転もままならず、東京オリンピックに向けた計画も頓挫して、小池百合子東京都知事もここで万事休す、となるのだろうか――。追加対策工事が完了しても、地下水位を現状から大きく下げられず、“安全宣言”すらできない可能性が、都の公表資料から明らかになった。
カテゴリー:

一度は食べたい絶品大福5選--マツコが絶賛した黒豆塩大福に、迫力満点のいちご大福など - 02月19日(月)17:30 

大福好き必見!えん食べ編集部員が実際に食べて美味しかった大福5品をまとめてご紹介します。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 ■キリッときいた塩味が決め手 マツコ・デラックスさんも大絶賛!京都 お多福庵(おたふくあん)の「黒豆塩大福」。価格は1個230円(税込)。 やわらかな滋賀羽二重餅に黒豆を加え、北海道十勝産あずきを使った粒あんをふっくらと包み込んだ塩大福。 齧ると、キリッときいた塩味と、ほくほくとした黒豆&あずきの甘みが口いっぱいに広がります!厚みのあるおもちはふっくらやわらかで、絹のようになめらか。中にたっぷり詰まった粒あんは、しょっぱさのおかげで上品な甘さが引き立つ仕上がり。 おもちの中にごろごろ入った黒豆も存在感バツグンです♪ ■週3日しか出会えない豆大福 「文銭堂本舗」で販売されている「豆大福」。価格は1個170円(税別)。 週3日(火、木、金曜)しか販売されないちょっぴりレアな豆大福。火曜はつぶし餡で、木、金はこしあんとなっています。筆者が購入したのはこしあん。 やわらかな杵つき餅に、ほどよい塩気のえんどう豆、上品な甘みの餡がバランス良く組み合わされた豆大福。こしあんのあっさりとした舌触りが◎! 年に2回(11月の創業祭と、2月の節分前後)、通常の豆大福より1.5倍大きい「豆大々福 つぶし餡」も販売されるとのこと。手土産にし...more
カテゴリー:

小池都知事「都として築地に(再び)市場をつくる考えはない」⇐でも作るかも知れないんだろ? - 02月18日(日)01:34  news

東京都の小池百合子知事は17日、豊洲市場(江東区)の開場日が10月11日に決まってから初めて、築地市場(中央区)を訪問し、業界団体代表者と意見交換した。 業界側によると、移転に向けた協力を確認したほか、小池氏は築地の跡地に関し「都として築地に(再び)市場をつくる考えはない」と発言したという。 小池氏が築地を訪れるのは、豊洲移転後に築地跡地を再開発するとの基本方針を業界側に説明した昨年6月以来。 基本方針の公表時には、築地跡地に競りなどの市場機能を持たせて再開発する考えを示したため、豊洲市場内...
»続きを読む
カテゴリー:

小池知事 10月移転決定後、初の築地視察 2/17 15:35更新 - 02月17日(土)15:35 

東京都の小池知事は、今年10月の移転が決まってから初めて築地市場を訪問し、業界団体からは道路整備の遅れを不安視する声が上がった。
カテゴリー:

サンド?あとのせ!?普通じゃないのよ進化系いちご大福3選 - 02月21日(水)17:00 

新商品やモデルチェンジ、海外からの上陸など、目まぐるしい変化が繰り返されるフード業界。いちご大福もご多分に漏れず、さまざまな進化を遂げているようだ。そこで今回は、イチゴやあんなどに新たなアプローチで挑んだ、進化系いちご大福をピックアップ。さらに編集部や早稲田大学いちご大福研究会(以下、いち研)のアレンジなども入り混じって、新たないちご大福のスタンダードが生まれそうな予感! 【写真を見る】いち研が作ったオリジナルいちご大福の一例。なかなかのフォトジェニックっぷり ■ 早稲田大学いちご大福研究会 2016年1月5日(イチゴの日!)に発足。いちご大福の感想を投稿していたSNSが話題となり各メディアでも注目を集め、わずか2年で登録人数は550人という巨大サークルに成長。主にいちご大福の食べ歩き、批評、開発・研究などを行う。幹事長をトップに、研究部、企画部、広報部、渉外部の4つの部署からなる。今回登場してくれたのは幹事長の池田武晋さん、研究部長の福武礼菜さん、企画部長の遠山茜さん、同副部長の高久翔伍さん。 ■ 編集部員もいちご大福も進化系!? 今回のテーマは"進化系いちご大福"。そこで編集部が厳選したのは珍しい白い品種のイチゴを使った築地そらつきの「白いちご大福」、イチゴを2個(!)使用した自由が丘 蜂の家の「いちご大福」、セルフでイチゴをあとのせする十勝銀龍苺(とか...more
カテゴリー:

形や硬さが一発で分かる!イチゴの断面図カタログ最新版は39種類 - 02月20日(火)18:01 

築地市場の情報を発信している、築地市場ドットコムの公式Twitterアカウント(@tsukijiichiba)。 モモ、ブドウ、リンゴなど、さまざまな果物の分布図や断面図を公開しています。 中でも人気の高いイチゴの断面図 […]
カテゴリー:

築地に「中央卸売市場」作り直さず 小池知事が説明 - 02月18日(日)17:56 

東京都の小池知事が築地市場の業界団体の代表に、「築地に市場を作る考えはない」という趣旨の発言をしたことについて、小池知事自身が18日に改めて見解を説明し、豊洲市場と同じような「中央卸売市場」を作り直すことではないと述べ、これまでの都の方針からの転換はないという考えを示しました。
カテゴリー:

【都民ファースト/豊洲移転問題】小池知事「築地に市場つくらない」 業界との会談で発言【安全になりました!】[02/17] - 02月17日(土)17:11  seijinewsplus

2018年2月17日 夕刊 東京新聞 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201802/CK2018021702000301.html 東京都の小池百合子知事は十七日、豊洲市場(江東区)の開場日が十月十一日に決まってから初めて、築地市場(中央区)を訪問し、業界団体代表者と意見交換した。業界側によると、移転に向けた協力を確認したほか、小池氏は築地の跡地に関し「都として築地に(再び)市場をつくる考えはない」と発言したという。  小池氏が築地を訪れるのは、豊洲移転後に築地跡地を再開発するとの基本方針を業界側に説明した昨年六月...
»続きを読む
カテゴリー:

「築地に市場つくらない」小池百合子都知事、業界側と意見交換 - 02月17日(土)13:34 

 東京都の小池百合子知事は17日、豊洲市場(江東区)の開場日が10月11日に決まってから初めて、築地市場(中央区)を訪問し、業界団体代表者と意見交換した。業界側によると、移転に向けた協力を確認したほか、小池氏は築地の跡地に関し「都として築地に(再び)市場をつくる考えはない」と発言したという。
カテゴリー:

もっと見る

「築地市場」の画像

もっと見る

「築地市場」の動画

Wikipedia

築地市場(つきじいちば、つきじしじょう)は、東京都中央区築地にある公設の卸売市場。東京都内に11か所ある東京都中央卸売市場のひとつだが、その規模は日本・世界最大(広さでは大田市場のほうが広いが、取引金額は大田市場より大きい)であり、代表的な卸売市場である。この項では外郭に存在する築地場外市場商店街(通称:場外、場外市場、築地場外、築地場外市場)についても記述する。なお、ニュース番組等で、しばしば築地市場の場所を指して「つきじしじょう」と呼ぶことがあるが、場所を指す場合は「しじょう」ではなく「いちば」である。

概要

築地中央卸売市場での冷凍マグロのセリの様子 築地六丁目にある駐車場の一部を除き、築地市場の所在地は「東京都中央区築地五丁目2番1号」。 築地市場は、面積約23ヘクタール。この中で、7の卸売業者と約1000(うち水産約820)の仲卸業者によってせりが行われる。2005年の取扱数量は、全品目合計で約916,866トン(一日当たり水産物2,167トン、青果1,170トン)、金額にして約565...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる