「築地市場」とは?

関連ニュース

IOC:豊洲移転の遅れ「五輪には間に合う」 - 12月13日(水)21:07 

 2020年東京五輪・パラリンピックの準備を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長が13日、東京都内で記者会見し、築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転について「日程的に間に合うと聞いている」との認識を示した。移転作業が遅れている東京都は対応が迫られる。
カテゴリー:

握り寿司にラーメンも!スシローでのどぐろをお得に堪能 - 12月12日(火)19:24 

回転寿司チェーンのあきんどスシローは、高級魚として知られる“のどぐろ”を使用した商品を、12月13日(水)からスシロー全店にて期間限定で販売する。 【写真を見る】のどぐろの出汁を効かせた濃厚スープが絶品!「濃厚のどぐろ白湯ラーメン」(税抜330円) 店内で提供されるのは、のどぐろの握り寿司「のどぐろ炙り」(税抜180円)と、「濃厚のどぐろ白湯ラーメン」(税抜330円)。広報担当者も「お得感のある価格だと思います」と胸を張る、コストパフォーマンスの高い商品だ。 登場する度に大人気という「のどぐろ炙り」は、皮目を香ばしく炙ることで、脂の旨味を引き出した一品。脂の乗り方は目を見張るものがあり、噛んだ瞬間、口いっぱいにジワッと広がる。それでいて後味がさっぱりしているのも、のどぐろならではの魅力だ。 一方の「濃厚のどぐろ白湯ラーメン」は、しっかりと焼いたのどぐろから出汁をとったスープと、鶏の白湯スープを合わせた、Wスープ仕立てのラーメン。のどぐろの旨味が溶け出したスープは、濃厚でありながらも優しい味わいで、最後の一滴まで飲み干したくなる。 さらに、脂の乗ったのどぐろの炙りが、贅沢に2切れトッピングされているのも嬉しいポイント。程よく塩気の効いたのどぐろが、まろやかなスープによく合う。 なお、持ち帰り専用商品として、12月15日(金)には「のどぐろの押し寿司」(税抜1280円)も発売される。 ...more
カテゴリー:

豊洲移転住民訴訟:石原氏「賠償義務ない」 東京地裁 - 12月11日(月)18:53 

 築地市場の豊洲移転を巡り、東京都知事だった石原慎太郎氏が土壌汚染対策費を考慮せずに土地を購入したのは違法だとして、都民が石原氏に賠償請求するよう都に求めた訴訟の口頭弁論が11日、東京地裁(林俊之裁判長)であった。石原氏は「購入価格は適正で、賠償義務を負う理由はない」と主張した。
カテゴリー:

モチモチとした麺の食感がたまらない!「中華そば」 - 12月11日(月)15:10 

12月8日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時40分~)では、年末に行きたい築地の美味めぐりを特集した中で、「若葉」(東京都中央区)が紹介された。 同店は、都営大江戸線・築地市場駅から徒歩3分程にあるラーメン店。こちらのお店では、「中華そば」(700円/税込み)の一品のみ提供している。スープはあっさりとした醤油ベースの豚骨スープで、麺は極細のちぢれめん麺を使用している。茹で時間を短くすることで少しでも早くお客さんに出せるのだとか。長年愛されるお店自慢の一品だ。 田中美里さんがスープを一口飲むと「あ~美味しい!この優しい味…」と笑顔でコメント。グローバーさんが「中華そば」を頂くと「細いんだけど食感がモチモチしていてスープが絡みますね!」と絶賛。田中さんも「この細麺だからホントはしゃべらずに一気に食べたい、集中して食べたい!」と絶賛していた。こちらのお店は元々白衣を販売する衣服店だったそうで、店主の祖父となる初代が極細のちぢれめん麺と出会ったことでラーメン店になったそうだ。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュースのお店を見る:若葉(ぐるなび)のお店紹介・周辺のお店を見る:築地のお店紹介・同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介・ぐるなび検...more
カテゴリー:

豊洲市場の追加安全対策、「問題はやはり価格」 入札不調で東京都副知事が言及 - 12月06日(水)16:35 

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の追加安全対策工事の入札が、予定価格超過などで不調となっていることをめぐり、都の川澄俊文副知事は5日、「問題はやはり価格」との認識を示した上で「(業者に)ヒアリングしながら価格を検討していく」と述べた。同日開催の市場移転に関する関係局長会議の終了後、報道陣の取材に答えた。
カテゴリー:

魚がし横丁の人気店「豊洲移転で思うこと」 12/13 14:56更新 - 12月13日(水)14:56 

築地市場の場内、連日観光客でにぎわいをみせる「魚がし横丁」。魅力は日本の台所ならではのグルメ。魚がし横丁の店主がいま「豊洲移転で思うこと」とは―
カテゴリー:

築地再開発、都の委員会で各会派から質疑注文や批判相次ぐ - 12月12日(火)13:56 

 築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、都議会都市整備委員会は11日、移転後の築地再開発に関して質疑を行った。有識者らによる築地再開発検討会議の議論の進め方をめぐり、各会派から注文や批判が上がった。
カテゴリー:

豊洲、石原氏「賠償義務ない」 築地市場移転巡る住民訴訟 - 12月11日(月)17:01 

築地市場の豊洲移転を巡り、東京都知事だった石原慎太郎氏が土壌汚染対策費を考慮せずに土地を購入したのは違法だとして、...
カテゴリー:

大トロにウニ、カニも!スシローに豪華100円ネタが勢ぞろい - 12月08日(金)14:52 

回転寿司チェーンのあきんどスシローでは、この冬、税抜100円で味わえる豪華なネタを豊富に取りそろえる。 【写真を見る】プリップリの車海老も税抜100円!「天然生車海老」(税抜100円) 11月29日から販売を開始した「天然生車海老」(税抜100円)に続き、12月13日(水)には「極上まぐろ大とろ」(税抜100円)と「濃厚うに包み」(税抜100円)が、12月15日(金)には「ボイル本ずわい蟹2貫」(税抜100円)が登場。広報担当者によると、100円でこれらのネタを一度に味わえる機会は珍しいという。 ■ 「天然生車海老」(税抜100円) 世界中から厳選した極上ネタを税抜100円で提供するプロジェクト「世界の海からいいネタ100円PROJECT」の商品。高級食材として知られる車海老が持つ本来の食感、旨味を、生で存分に堪能できる。口に入れると身がプリッと弾け、噛むほどに広がる濃厚な甘味が絶品。 ■ 「極上まぐろ大とろ」(税抜100円) スシローが選び抜いた、上質な脂がのった大トロを使用。程よくサシが入った大トロが、口に入れた瞬間にとろける。大トロならではの豊かな脂の甘味にうっとり! ■ 「濃厚うに包み」(税抜100円) 発売する度に大好評という一品。まろやかで旨味たっぷりのウニが、ご飯の上にこんもりのり、ボリュームも大満足。パリパリの海苔と共に味わえるのも嬉しいポイントだ。 ■ 「ボイル本...more
カテゴリー:

ゼネコン業界が小池都知事に激怒し、「豊洲の乱」が起きる - 12月05日(火)17:31  news

 築地市場の移転先である豊洲市場(東京都江東区)で「ゼネコンの乱」が起きている。 来年7月までに終えなければならない追加工事で、 ゼネコンが示す工事費が東京都が算出した予定価格より高いだけでなく、入札辞退も相次いでいるのだ。 国政選挙で大敗した東京都知事、小池百合子にまた難題が降りかかっている。不信の原点はどこにあるのか。 小池知事に激怒 ゼネコン「豊洲の乱」 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24221020U7A201C1000000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「築地市場」の画像

もっと見る

「築地市場」の動画

Wikipedia

築地市場(つきじいちば、つきじしじょう)は、東京都中央区築地にある公設の卸売市場。東京都内に11か所ある東京都中央卸売市場のひとつだが、その規模は日本・世界最大(広さでは大田市場のほうが広いが、取引金額は大田市場より大きい)であり、代表的な卸売市場である。この項では外郭に存在する築地場外市場商店街(通称:場外、場外市場、築地場外、築地場外市場)についても記述する。なお、ニュース番組等で、しばしば築地市場の場所を指して「つきじしじょう」と呼ぶことがあるが、場所を指す場合は「しじょう」ではなく「いちば」である。

概要

築地中央卸売市場での冷凍マグロのセリの様子 築地六丁目にある駐車場の一部を除き、築地市場の所在地は「東京都中央区築地五丁目2番1号」。 築地市場は、面積約23ヘクタール。この中で、7の卸売業者と約1000(うち水産約820)の仲卸業者によってせりが行われる。2005年の取扱数量は、全品目合計で約916,866トン(一日当たり水産物2,167トン、青果1,170トン)、金額にして約565...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる