「管理職」とは?

関連ニュース

株式会社ロイヤルホテル 執行役員 中川 智子が「大阪サクヤヒメ賞」受賞 - 12月14日(木)11:00 

[ロイヤルホテル] [画像: https://prtimes.jp/i/16682/278/resize/d16682-278-354286-0.jpg ]  「大阪サクヤヒメ表彰」は、在阪企業で企業活動や文化的活動で活躍し中心的役割を担う女性役員や管理職の方々をたたえ、今後さらな...
カテゴリー:

曖昧なパワハラと指導の境界線 弁護士はどう見る? - 12月14日(木)06:30 

昨今「パワハラ」という言葉をよく耳にします。一般的に立場のあるものが下の人間に対し、その力関係を利用し理不尽な言動や圧力をかけることを「パワハラ(パワー・ハラスメント)」と呼ぶようです。 パワハラは決して許される行為ではありません。しかし、昨今は上司や同僚からの指導や、能力不足の指摘などについても「パワハラ」とされることがあり、その「境界線」が曖昧になっているように思えます。 パワハラと指導の違いはどこにあるのか。星野・長塚・木川法律事務所の木川雅博弁護士に解説していただきました。   ■パワハラと指導の違いは? 「管理職・マネージャになると、つい出来の悪い(と感じられる)部下には指導したくなりますが、このご時世、行き過ぎた指導は“パワハラ”と言われてしまいがちです。 暴力、度重なる暴言、不必要な叱責の繰り返しがパワハラに当たることは疑いないとしても、ではどこまでいったらパワハラなのかという明確な判断は難しいでしょう。 そこで、今回は、どこまでが指導の範囲でどこからがパワハラになるのかについて解説したいと思います」(木川弁護士)   ■パワハラの定義と種類 「実は統一的なパワハラの定義はないのですが、パワハラとは、職場における力関係において優位にある上位者が、下位者に対し、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与えること等をいいます。 後でも述べますが結局...more
カテゴリー:

【今さら】「40代前半がいない」人手不足を嘆く旭化成社長の発言に就職氷河期世代が猛反発 「自分たちが採用しなかったくせに」★31 - 12月13日(水)09:02  newsplus

旭化成の小堀秀毅社長の発言が話題だ。12月7日の朝日新聞のインタビュー記事中で、自社に30代後半から40代前半の人員が少ないと話したためだ。 この世代は、企業が採用数を絞った就職氷河期世代にあたる。インタビューでも小堀氏は「構造改革で採用を極端に減らしたためです」と、自社の採用戦略の責任を認めていた。しかしネットでは「今更言われても」「就職氷河期を作った立場の人間が言うことか」などの不満が出ている。 「今さら足りないと嘆いてもロスジェネの時間と経験を積む機会は戻ってこないんだよ」 小堀氏はインタビ...
»続きを読む
カテゴリー:

【日本最速レビュー】黄金のバトンと化した「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」 - 12月13日(水)02:00 

 ライアン・ジョンソン監督がメガホンをとった全世界待望のシリーズ最新作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が世に解き放たれる瞬間まで残りわずかだ。12月9日(現地時間) に米ロサンゼルスで行われたワールドプレミアの熱狂を間近で目撃した筆者は、帰国後いち早く日本語字幕付きバージョンを鑑賞。そこで改めて確信した。J・J・エイブラムス監督から引き継がれた物語が、ミドルムービーとしての機能を果たしているだけでなく、磨き上げられた“黄金のバトン”へと転じていることを――。  「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のラスト、新ヒロインのレイが旧3部作の主人公ルーク・スカイウォーカーへライトセーバーを受け渡そうとする光景の直後から物語はスタートする。新3部作の主要テーマ“継承”を象徴する場面だが、ジョンソン監督が本作でさらに加えた要素は“修行”だ。フォースの目覚めに戸惑うレイ、父ハン・ソロを手にかけたことで善と悪の境界で揺れ動くカイロ・レンの目指すべき方向を定めるだけでなく、それはルークにすら適用される。生涯修行の身であること――それはフォースとともに生きる者の宿命だ。  フィンを演じたジョン・ボヤーガは「D23 EXPO」の場で「全てが逆の方向に動き始める。前作でみんなが思ったことの逆へ」と本作を紐解くヒントを投げかけていた。この「逆の方向」というキーワードは全編に踏襲されている。そもそも我...more
カテゴリー:

【今さら】「40代前半がいない」人手不足を嘆く旭化成社長の発言に就職氷河期世代が猛反発 「自分たちが採用しなかったくせに」★29 - 12月12日(火)22:23  newsplus

旭化成の小堀秀毅社長の発言が話題だ。12月7日の朝日新聞のインタビュー記事中で、自社に30代後半から40代前半の人員が少ないと話したためだ。 この世代は、企業が採用数を絞った就職氷河期世代にあたる。インタビューでも小堀氏は「構造改革で採用を極端に減らしたためです」と、自社の採用戦略の責任を認めていた。しかしネットでは「今更言われても」「就職氷河期を作った立場の人間が言うことか」などの不満が出ている。 「今さら足りないと嘆いてもロスジェネの時間と経験を積む機会は戻ってこないんだよ」 小堀氏はインタビ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本企業、「40代前半の中間管理職層」が不足か 就職氷河期世代 - 12月14日(木)07:46 

旭化成の小堀社長が朝日新聞のインタビュー記事で、2000年前後に採用を減らした結果今では30代後半~40代前半の人材が不足していると述べたことが話題となっている。
カテゴリー:

若手時代の人脈開拓こそが「社長になるための条件」! - 12月13日(水)10:00 

◆「飲ミュニケーション不足」がささやかれる中でも、社内コミュニケーションは重視!  社内の忘年会に参加するエグゼクティブは94.4%! ◆若手時代の人脈開拓こそが「社長になるための条件」! 若手時代から、ビジネスにつながる人脈開拓をしていた経営者は61%、一方で部長クラスは77%が社内の人脈構築を行っていた。 エグゼクティブ向けの転職・キャリア支援サービスを展開する株式会社 経営者JP(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長・CEO 井上和幸)は、管理職以上のエグゼクティブの「飲み会・会食」事情について調査するため、当社とお付き合いのあるエグゼクティブの男女約 10,000 名(有効回答数 214 名)を対象に、 「部下との飲ミュニケーション」実態や社内忘年会への参加意向度など、リアルな声を伺いました。
カテゴリー:

企業よ、パワハラを甘く見てない?プロが提唱する3つの予防策 - 12月13日(水)09:00 

セクハラ、マタハラなどと同様に大きな社会問題となっている「パワハラ」ですが、行っている本人は指導のつもりで、自覚がないまま訴訟を起こされるケースも多いのだそうです。しかし、無料メルマガ『採用から退社まで! 正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ』の著者で社労士の飯田弘和さんによると、パワハラ訴訟では企業に連帯責任が求められることも多く、楽観視できないと警鐘を鳴らしています。予防するには一体どのような対策を取ればよいのでしょうか? 御社では、パワハラ防止の教育を行っていますか? 個人的な見解ですが、年末になるとパワハラ被害の訴えが増えるような気がしています。パワハラを行って退職に追い込むようなことも行われています。パワハラの被害を受けている方は、本当に辛い思いをしています。苦しんでいます。 もし自分の行為がパワハラになっているのではないか、自分がパワハラの加害者ではないかと思われる方、すぐにその行為をやめてください。もし、パワハラを行っている自覚がありながらそれを続けている方…人として最低です。恥ずべきことです。 職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。 パワハラの加害者の中には、パワハラを行っている自覚がない人も多くい...more
カテゴリー:

【今さら】「40代前半がいない」人手不足を嘆く旭化成社長の発言に就職氷河期世代が猛反発 「自分たちが採用しなかったくせに」★30 - 12月13日(水)00:58  newsplus

旭化成の小堀秀毅社長の発言が話題だ。12月7日の朝日新聞のインタビュー記事中で、自社に30代後半から40代前半の人員が少ないと話したためだ。 この世代は、企業が採用数を絞った就職氷河期世代にあたる。インタビューでも小堀氏は「構造改革で採用を極端に減らしたためです」と、自社の採用戦略の責任を認めていた。しかしネットでは「今更言われても」「就職氷河期を作った立場の人間が言うことか」などの不満が出ている。 「今さら足りないと嘆いてもロスジェネの時間と経験を積む機会は戻ってこないんだよ」 小堀氏はインタビ...
»続きを読む
カテゴリー:

【今さら】「40代前半がいない」人手不足を嘆く旭化成社長の発言に就職氷河期世代が猛反発 「自分たちが採用しなかったくせに」★28 - 12月12日(火)19:58  newsplus

旭化成の小堀秀毅社長の発言が話題だ。12月7日の朝日新聞のインタビュー記事中で、自社に30代後半から40代前半の人員が少ないと話したためだ。 この世代は、企業が採用数を絞った就職氷河期世代にあたる。インタビューでも小堀氏は「構造改革で採用を極端に減らしたためです」と、自社の採用戦略の責任を認めていた。しかしネットでは「今更言われても」「就職氷河期を作った立場の人間が言うことか」などの不満が出ている。 「今さら足りないと嘆いてもロスジェネの時間と経験を積む機会は戻ってこないんだよ」 小堀氏はインタビ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「管理職」の画像

もっと見る

「管理職」の動画

Wikipedia

管理職(かんりしょく)とは、労働現場において、労働者を指揮し、組織の運営に当たる者を指す。

以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。

管理職の定義

国家公務員については、国家公務員法第108条の2第3項により管理職員等の定めがあり、具体的には人事院規則17-0(昭和41年7月9日)で管理職員の範囲が定められている。これには、一般の係員が該当する場合もある。なお、「管理職員特別勤務手当」にいう「管理職員」は、規則17-0にいう管理職員とは関係がない。

労働組合法においては、役員、雇入解雇、昇進または異動に関して権限を持つ監督的地位にある労働者、使用者の労働関係について機密の事項に接する監督的地位にある労働者、その他使用者の利益を代表する者の参加を許す場合は労働組合として認められないことから、管理職は多くの場合、労働組合に加入したり結成する権利がないと解釈される。ただし、一言で「管理職」と称していても、その実態はさまざまであり労働組合員になれるか否かは、実際に即して検討する必要がある。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる