「笹野高史」とは?

関連ニュース

【音楽】長渕剛 “プロレスラー”みたいな肉体美に「きゅんきゅんします」の声(写真あり) - 07月27日(木)19:13  mnewsplus

長渕剛による武道館ライブ“『BLACK TRAIN』ONE NIGHT PREMIUM LIVE AT 日本武道館”が開催される8月22日まで1か月を切った。彼も日に日に気力を充実させており、7月24日には『長渕剛 tsuyoshi_nagabuchi Instagram』で鍛えぬいた上半身を披露して「日本武道館目指し肉体強化だ!!!」とさらに意気込んでいる。 7月15日、TBS系で生放送された『音楽の日 2017』で圧巻のパフォーマンスを見せてくれた長渕剛。なかでも混迷する政治など現代社会を辛らつに風刺した新曲『BLACK TRAIN』は、彼の歌に対する姿勢が強く感じられた。60歳とは思えぬ...
»続きを読む
カテゴリー:

新・濡れ場の女王誕生!?エロス漂う薄幸美人、瀧内公美を要チェック - 07月16日(日)21:00 

13年の『グレイトフルデッド』や、綾野剛との共演作『日本で一番悪い奴ら』(16)で大胆な濡れ場に挑んだ瀧内公美。最新作となる7月15日(土)公開の映画『彼女の人生は間違いじゃない』でも大胆なベッドシーンを披露しており“新・濡れ場の女王”として注目を集めている。 【写真を見る】演技のために実際にデリヘル嬢に取材したという瀧内/[c]2017『彼女の人生は間違いじゃない』製作委員会 瀧内は『グレイトフルデッド』で初主演を果たし、孤独な人間を観察することを趣味にする病んだヒロインを体当たりで熱演。さらに共演の40歳以上も年の離れたベテラン俳優、笹野高史との絡みを披露して大きな話題を呼んだ。また、『日本で一番悪い奴ら』では綾野演じる主人公の刑事と関係をもつ婦人警官に扮し、激しいラブシーンに挑戦。少し憂いを帯びた表情とスレンダーボディで魅せるアグレッシブな演技が持ち味の注目株だ。 そんな彼女が主演する『彼女の人生は間違いじゃない』は、『ヴァイブレータ』(03)、『さよなら歌舞伎町』(14)などを手がける廣木隆一監督が自ら執筆した小説を映像化した人間ドラマ。瀧内が演じるのは、被災地・福島で父と二人暮らしをしながら週末だけ上京しデリヘルのアルバイトをするヒロインのみゆき。福島と東京を往復しながら、どこか所在なさげに振る舞うみゆきの“ワケあり”な雰囲気と、瀧内の薄幸美人っぷりが絶妙にハマっていて、...more
カテゴリー:

黒沢清監督の映画『散歩する侵略者』“世界が終わるかもしれない”メインビジュアル解禁 - 07月20日(木)16:23 

黒沢清監督の映画『散歩する侵略者』の9月公開に先立ち、メインビジュアルが公開された。 本作は劇作家・前川知大氏率いる劇団「イキウメ」の人気舞台『散歩する侵略者』を黒沢清監督が映画化したもの。第70回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に正式出品され、9月の日本公開を前に、北米、フランス、オランダ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、中国、台湾、韓国など合計21カ国での公開が決定している。 キャストには本作で夫婦を演じる松田龍平と長澤まさみ、奇妙な現象を追うジャーナリスト役の長谷川博己をはじめ、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石研、東出昌大、小泉今日子、笹野高史などの個性・経験豊かな役者陣を起用した。 この度公開されたメインビジュアルでは、長澤・松田が演じる夫婦が変わりゆく世界を前に静かにたたずむ様子が描かれ、「世界は終わるのかもしれない。それでも、一緒に生きたい。」という夫婦の気持ちを表現する切ないキャッチコピーが添えられている。 映画『散歩する侵略者』は9月9日(土)、全国ロードショー。 【関連記事】 ・『散歩する侵略者』公式HP ・北野武監督の最新作『アウトレイジ 最終章』“全員暴走”の予告編&ポスタービジュアルが解禁 ・蒼井優・阿部サダヲW主演の映画“かの鳥”特典付きムビチケ7月1日より発売開始 ・松田龍平×長澤まさみのカンヌ出品作品『散歩する侵略者』WEB...more
カテゴリー:

意味深な長澤まさみ&松田龍平、必死の長谷川博己…「散歩する侵略者」メインビジュアル公開 - 07月14日(金)08:00 

 長澤まさみと松田龍平が初共演し、第70回カンヌ国際映画祭のある視点部門に正式出品された黒沢清監督作「散歩する侵略者」のメインビジュアルが、このほど完成した。  劇作家・演出家の前川知大氏率いる「イキウメ」が2006年に初演した舞台を原作にしたエンターテインメント大作。数日間の行方不明の後、夫が別人のようになって帰ってきたことから、不可思議な現象や一家惨殺事件が次々と発生し、世界が崩壊していくさまを描く。松田と長澤が夫婦役を務め、高杉真宙、恒松祐里、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉(アンジャッシュ)、光石研、東出昌大、小泉今日子、笹野高史、長谷川博己といった黒沢作品の常連俳優も含んだオールスターキャストが集結した。世界21カ国での公開が決定している。  メインビジュアルには、複雑な表情を浮かべて海岸にたたずみ、変わりゆく世界を見つめる真治(松田)、鳴海(長澤)夫妻が上部に描かれ、下部には一家惨殺事件を追うジャーナリストの桜井(長谷川博己)が必死に何かを訴えている姿が切り取られている。静ひつな上部と混乱をうかがわせる下部のギャップが印象的なデザインとなる。画像の左上には暗雲が立ち込め、日常が侵されていく様子が象徴されている。サスペンス、アクション、ラブストーリーと多様な要素が含まれているとされる本作だが、「世界は終わるのかもしれない。それでも、一緒に生きたい。」というキャッチコピー...more
カテゴリー:

「笹野高史」の画像

もっと見る

「笹野高史」の動画

Wikipedia

笹野 高史(ささの たかし、1948年6月22日 - )は、日本俳優

兵庫県津名郡多賀村(現:淡路市多賀)出身。洲本高校卒業後、日本大学芸術学部へ進学、中退。自由劇場を経て、グランパパプロダクション所属。身長167cm、体重57kg。特技はトランペット役を呼び寄せた愛器「トランペット」…笹野高史さん 読売新聞 2015年3月19日、同5月7日閲覧。。血液型はO型。

コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる。山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在である。原則としてくる仕事を拒まないことから「ワンシーン役者」を自称する。

人物・来歴

淡路島...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる