「第二次世界大戦」とは?

関連ニュース

米国留学のフルブライト奨学生、5/31まで募集 - 03月30日(木)21:00 

 日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)は3月30日、日本人を対象としたアメリカ留学の奨学金プログラム「2018年度フルブライト奨学生」の募集を開始した。応募は4月1日~5月31日の期間、オンラインにて受け付ける。 フルブライト奨学金は、第二次世界大戦終了直後に「世界平和を達成するためには人と人との交流がもっとも有効」との信念を持ったフルブライト上院議員が米国議会に提出した法案に基づき1946年に発足。今年65周年を迎える。奨学生に対してそれぞれの専門分野の研究を進めるための財政的援助を行い、何らかの形で日米の相互理解に貢献できるリーダーの育成が目的。現在では年間に日米それぞれ約40~50名の人物交流を実施しているという。 奨学生は各自の研究活動を行うだけでなく、それぞれの留学先や地域社会・文化などのさまざまな活動に積極的に参加することで、両国に対するより一層の知見を広めることが期待されている。 今回募集する奨学金プログラムは、「大学院留学プログラム」「大学院博士論文研究プログラム」「研究員プログラム」「ジャーナリストプログラム」の4種類。応募資格要件や給付内容などはプログラムごとに異なり、詳細はWebサイトで確認できる。◆2018年度フルブライト奨学生の募集応募期間:2017年4月1日(土)12:00~5月31日(水)24:00奨学金プログラムの種類:「大学院留学プログラム」「...more
in English
カテゴリー:

噂:「Call of Duty」新作の舞台は第二次世界大戦か - 03月28日(火)07:58 

原点回帰? Sledgehammer Gamesが手掛ける新作の舞台がWW2になることを示唆するマーケティング資料がリーク。
in English
カテゴリー:

噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か - 03月25日(土)11:49 

海外YouTuber「TheFamilyVideoGamers」より、『Call of Duty(コール オブ デューティ)』シリーズの最新作と見られるコンセプトアートワークの存在が報告されています。
in English
カテゴリー:

【航空】狭い土地でも大量の航空機の離着陸を可能にする「円形滑走路」の開発計画を公表=EU5ヶ国の航空宇宙機関(画像あり)★2 - 03月22日(水)13:22 

ジェット旅客機の離着陸を可能にする本格的な飛行場を整備するためには広大な用地を必要とすると同時に、飛行場は騒音問題を解決する必要もあり、飛行場の整備は容易には進まないのが普通だったが、狭い土地でも大量の航空機の離着陸が可能で、しかも騒音問題も抑えることができるという画期的なアイディアをEUが公表し、航空業界の関心を集めている。 オランダ、ドイツ、フランス、スペイン、ポーランドの5ヶ国の航空宇宙機関が中心となり現在、研究開発が進められているこのプロジェクトは滑走路を直線で整備するのではなく、直径が3...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

葵わかな、両極の魅力が朝ドラ・ヒロイン女優の資質 - 03月18日(土)08:10 

 平成29度後期のNHK連続テレビ小説第97作目『わろてんか』(月~土 前8:00 総合ほか)のヒロイン・藤岡てん役に抜擢された若手女優・葵わかな。今年4月から慶應義塾大学総合政策学部に入学し、5月から来年3月まで行われる朝ドラの撮影と学業を両立させていく。同作は吉本興業創業者で女性興行師・吉本せいがモデルとなっているだけに、そのプレッシャーは過去の朝ドラ女優以上とも言われている。 【写真】笑顔がかわいい葵わかな ◆“ナチュラル”眉のショートヘアが印象的な葵、美少女ぶりがCMで注目  『わろてんか』は、明治の後半から第二次世界大戦直後の大阪が舞台。藤岡てんが、ひょんなことから小さな寄席経営をはじめ、日本で初めて“笑い”をビジネスにした女性と言われるまでになるまでのストーリー。主人公のてんは、京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女。いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う、いわゆる笑い上戸(=ゲラ)で、強く、明るく、ありのまま、天真爛漫に人生を突き進む。脚本は、ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)『働きマン』(同系)『美女か野獣』(フジテレビ系)、映画『僕等がいた』『ホットロード』『アオハライド』などを手掛けた吉田智子氏が担当する。  葵は、神奈川県出身の18歳。2009年に「天然水」のCMでデビュー。映画『陽だまりの彼女』のヒロイン・上野樹里の中学生時代役で話題となり、そ...more
in English
カテゴリー:

オムライスもプリンも! 日本唯一のうずら専門店 - 03月28日(火)17:00 

中華丼などにうずら卵が入っていると、宝物のように最後まで残しておく! という人や、串揚げ屋などでもうずら串にテンションあがる!! という人は多いのでは? 普段は鶏卵の影に隠れてさほど目立たない存在だけれど、うずらの卵ってなんだかカワイイ。そんなうずら卵の、日本唯一の専門店を紹介したい。ここが、埼玉県所沢市にあるその名も「うずら屋」だ。ドアの窓がうずらの形状になっていたり、卵のオブジェがあったりと、乙女心をくすぐる外観。実はこの店最大の特長は、フランス・ブルターニュ地方の血統を受け継ぐうずらが生んだ卵のメニューが味わえることなのだ。10個のフランスうずら卵を使った贅沢なオムライスも運営は埼玉・所沢で養鶉(ようじゅん)場を営む株式会社モトキ。もともとは現社長の祖父が東京で営んでいた乾物問屋「本木商店」がルーツだそうで、第二次世界大戦など紆余曲折を経て、昭和31年頃よりうずらに特化するようになったらしい。内観もフランスの片田舎にある、家庭的で洒落たビストロのよう。お店で一番人気という、とろとろ卵をのせたオムライス「フランスうずらの贅沢オムライス」(1000円)。フランス原産のうずら卵はまったりとクリーミーで、熱を加えても白身の部分がふわふわなため、オムライスにはぴったりなのだとか。うずら肉入りのバターライスと、上品なお菓子を思わせるうずら卵オムレツが合わさって、まさに「うずらづくし」。1...more
in English
カテゴリー:

日本にムーミン谷がやって来る! 不思議な「ムーミン」の72年史【 第7回 昔の子ども、今の子ども。】 - 03月27日(月)11:30 

フィンランド出身の画家トーベ・ヤンソンが生み出した『ムーミン』シリーズ。小説・絵本・コミック・アニメーションと展開し、今ではそのアート性の高さから、食器をはじめとする雑貨が一大ブームとなっています。今回は、そんな『ムーミン』についてのインタビューを2部構成でお届け。長年『ムーミン』書籍の編集に携わってきた講談社の横川浩子さんと、2019年春オープン予定の『ムーミンバレーパーク』広報担当の杉山賢祐さんに取材しました。北欧ならではのゆったりとした時間が流れる、ムーミンの世界をのぞいてみましょう。■ムーミン誕生のきっかけと歴史お話を聞いたのは、作者トーベ・ヤンソンとも親交があった、株式会社講談社の横川浩子さん『ムーミン』は、好奇心旺盛な主人公・ムーミントロールと、その家族や仲間達が繰り広げる物語。国際アンデルセン賞を受賞するなど、フィンランドを代表する児童文学として知られる『ムーミン』ですが、そこには知られざる歴史がありました。──はじめに、『ムーミン』誕生の経緯について教えてください。横川「トーベ・ヤンソンの母国フィンランドは、昔からスウェーデンやロシアに支配されてきた国。第二次世界大戦中にはドイツの脅威にもさらされました。彼女は若いころ、ヒトラーなどを揶揄(やゆ)する風刺漫画を雑誌に連載していて、そのとき自分のサインに添えて描いた小さな生き物がムーミントロールの原型だったんですよ」─...more
in English
カテゴリー:

「LEADERSII」佐藤浩市ら出演者たちが登壇!『疾走感が常に近くにあった』 - 03月24日(金)12:15 

2014年3月に二夜連続で放送されたドラマ「LEADERS リーダーズ」の第2弾となる「LEADERSII」が3月26日(日)に放送される。ドラマは、第二次世界大戦前後、日本の未来のためにモノづくりに人生を懸けた人間たちの生きざまを描いた物語。 【写真を見る】佐藤浩市の息子・寛一郎も秋に映画初出演することが決まっている 2014年に放送された第1弾では、主に国産自動車開発の世界が舞台だったが、今回の第2弾では、国際自動車開発の販売を中心に物語が展開していく。 第2弾の放送を前に会見が行われ、主役の佐藤浩市をはじめ、内野聖陽、東出昌大、郷ひろみ、菅野美穂が登壇した。 前作に引き続き、アイチ自動車の製造部門と販売部門を引っ張っていく情熱的な男、愛知佐一郎を演じた佐藤。 「前作と時間軸は一緒なんですけど、アナザーストーリです。またいろんな方々をお迎えしてバトルが繰り広げられる中、前作以上に緊張感を持って今回取り組むことができたと思います」とコメント。 前作でも大規模な撮影が行われたと明かしていた佐藤。第2弾でも大規模な撮影が行われたことを語った。 「前作でも、さまざまなロケ地に行かせていただいたわけですけど、今回もまたそれに勝るとも劣らないくらいの走行距離で…。また上海にもお邪魔することができましたし、いろいろ大変だということは作品に入る前から覚悟はしていたのですけれども。疾走感というも...more
in English
カテゴリー:

【航空】狭い土地でも大量の航空機の離着陸を可能にする「円形滑走路」の開発計画を公表=EU5ヶ国の航空宇宙機関(画像あり) - 03月21日(火)14:06 

ジェット旅客機の離着陸を可能にする本格的な飛行場を整備するためには広大な用地を必要とすると同時に、飛行場は騒音問題を解決する必要もあり、飛行場の整備は容易には進まないのが普通だったが、狭い土地でも大量の航空機の離着陸が可能で、しかも騒音問題も抑えることができるという画期的なアイディアをEUが公表し、航空業界の関心を集めている。 オランダ、ドイツ、フランス、スペイン、ポーランドの5ヶ国の航空宇宙機関が中心となり現在、研究開発が進められているこのプロジェクトは滑走路を直線で整備するのではなく、直径が3...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

日本の空の旅はここから始まった。知っておきたい「JALの歴史」クイズ - 03月17日(金)18:00 

2016年、訪日外国人旅行客が2,000万人を越え、日本からも多くのひとが、国内外へ旅立っています。現代の私たちにとって当たり前のようになってきた空の旅が、どんな風にはじまったか知っていますか?空の旅の歴史は、戦後初の航空会社・日本航空(JAL)の歴史とともにありました。全4問のクイズ、いくつ答えられるかな?Q1. いまや旅客機には欠かせない存在のキャビンアテンダント。日本に登場した当時の呼び名は?答え:エアガール第二次世界大戦後、あらゆる航空活動を禁止されていた日本で国内運送事業が再開されたのは1951年のこと。戦後初の航空会社となる日本航空が設立され、同時に日本初のキャビンアテンダントが誕生しました。当時「エアガール」と呼ばれていたこの職業は世の女性たちの憧れの的。応募人数は1,300人以上にものぼりましたが、第1期生として採用されたのはたった15人だけでした。エアガールへの道は、倍率86倍もの狭き門だったんです。キャビンアテンダントといえば世相を反映した制服の歴史も興味深いもの。日本航空が最初に採用したのは、ひざ下15センチのスカートに色はシルバーグレーの制服でした。その後何度かマイナーチェンジを繰り返したのち、1970年のジャンボ機就航の際に、世界的デザイナーである森英恵氏が新たな制服のデザインを考案。当時流行していたミニスカートを取り入れた画期的なデザインが、大きな話題と...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「第二次世界大戦」の画像

もっと見る

「第二次世界大戦」の動画

Wikipedia

第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、およびイタリアの三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリスソビエト連邦、アメリカ、および中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本と米英との開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。

第一次世界大戦との比較では、ともに総力戦であったが相違もあった。世界規模の戦場拡大は無線通信を用いた機動戦の結果である。これは、一次大戦が塹壕戦とケーブル切断を主体に展開されたのと最も対照される。無線は電信と違い傍受され...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる