「第三者割当増資」とは?

関連ニュース

株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOを運営する株式会社日本クラウドキャピタル、3億円の第三者割当増資を実施 - 05月18日(金)23:38 

[株式会社日本クラウドキャピタル] [画像1: https://prtimes.jp/i/21941/25/resize/d21941-25-918989-0.jpg ] ■資金調達の目的      本資金調達によってAIシステム開発とRubyエンジニアの採用、大規模な広告、資金調達をした発行者に対して...
カテゴリー:

スターティアラボ、MAツールを提供するタクセルの第三者割当増資の引き受けについて - 05月17日(木)14:00 

[スターティアホールディングス株式会社]  MAツールは、メール配信やリード管理、Web解析など、様々なマーケティング活動を支援するツールとして注目され、日本におけるMAツールの市場は拡大しております。一方、MAツールの導入を検討するとなると、「費...
カテゴリー:

GFA、IP事業会社と資本業務提携 - 05月17日(木)08:46 

GFA<8783>子会社・GFA Capital株式会社は、アイピーバンク株式会社と資本業務提携契約を締結し、アイピーバンク社による第三者割当増資の引受けを決定した。
カテゴリー:

飲食店向けSaaS運営のウェリコが5000万円を資金調達、ニッセイの「50M」プログラム第1期採択企業 - 05月16日(水)11:22 

飲食店向けSaaSを複数展開するウェリコは5月16日、ニッセイ・キャピタルおよび個人投資家を引受先とした第三者割当増資を4月に実施していたことを明らかにした。今回の調達はシードラウンドにあたり、調達金額は総額5000万円だ。 ウェリコは2017年4月の設立。代表取締役CEOの荒木れい氏はJPモルガン証券で投資銀行部門に所属し、M&A、資金調達などのアドバイザリーに従事した後、同社を創業した。 ウェリコが提供するのは、飲食店向けのウェブサービス群だ。「Menu Maker(メニューメーカー)」は、スマートフォンでおすすめメニューを作成できるサービス。手書きメニューに代わりデザインされたメニューを月額980円で何度でも作成でき、PDFやFaxで出力することが可能だ。 「Oroshiru(オロシル)」は、飲食店が卸業者へのFax発注をスマートフォンで行えるサービス。今使っている発注書を利用でき、卸業者へはメールやFaxで従来通りに発注書が送られるので、業者との調整をすることなく導入可能だ。一度登録した商品は保存されて、再発注の際は入力の手間が省ける。また過去の発注情報を確認できるので、発注ミスを防止し、仕入を最適化することができる。こちらも無制限に利用可能なベーシックプランが月額980円で提供されている。 今回の調達は、先日第1期採択企業のデモデイがあったニッセイ・キャピタルのア...more
カテゴリー:

メドケア株式会社 AIによる予期医療拡大に向けて、ココカラファイン、三井物産などを引受先とした第三者割当増資を実施 - 05月15日(火)15:00 

[メドケア株式会社] メドケアの提供する「予期医療」とは、PHR(Personal Health Record:個人が生涯にわたり自身に関する医療・健康情報を収集・保存・活用できる仕組み)システムを通して、過去から現時点の健康状態の可視化を図る...
カテゴリー:

博報堂グループの株式会社SEEDATA、第三者割当増資の引受けの方法により、株式会社日本クラウドキャピタルの株式を取得 - 05月18日(金)11:00 

先進的な消費者群(トライブ)のリサーチデータを起点に、新規事業・新サービスの立案から実装をワンストップで行うことを強みとする博報堂グループの株式会社SEEDATA(本社:東京都港区、代表取締役:宮井弘之、以下SEEDATA)は、日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」を提供する株式会社日本クラウドキャピタル(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:柴原祐喜、以下JCC)へ第三者割当増資の引き受け方法により株式を取得しましたので、お知らせ致します。
カテゴリー:

スター・マイカ民泊事業に本格参入、SQUEEZEとの協業による不動産資産運用サービス提供開始 - 05月17日(木)11:00 

[スター・マイカ株式会社] サービスの提供の背景 スター・マイカは、民泊事業参入に向け、2016年6月に民泊の運営代行サービスを行うSQUEEZEに対し第三者割当増資引受を行い、社外取締役の派遣を行っております。また、短期賃貸オペレーショ...
カテゴリー:

豊島が東大発ベンチャー「ゼノマ」と資本業務提携、スマートアパレル開発を推進 - 05月16日(水)11:48 

 繊維専門商社の豊島が、自社の運営するCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)ファンドを通じてゼノマ(Xenoma)の第三者割当増資の引き受けを行った。また、両社はスマートアパレルの用途開発と事業開発の協力に合意した。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

フィールドセールス向けCRMを提供するUPWARDが約3億円調達 - 05月15日(火)16:04 

クラウドCRMサービスを提供するUPWARDは5月15日、Draper Nexus Venture Partners、Salesforce Ventures、日本ベンチャーキャピタル、アーキタイプベンチャーズを引受先とする第三者割当増資により、総額約3億円を調達したと発表した。 UPWARDは、CRMと位置情報を連携したフィールドセールス向けのクラウドサービスだ。従来のフィールドセールスでは、CRMにある情報をもとに準備をし、そこに書かれた住所に訪問するというのが一般的。一方、CRMと位置情報を組み合わせたUPWARDでは、例えば自社製品の資料請求を行った企業のオフィスがたまたま営業員の近くにあれば、ツールが自動的に「訪問すべき」というリコメンドを行う。 UPWARDはスマホアプリなので、急な案件でも出先からCRM情報を確認することもできる。営業計画の立案や効果的な訪問ルートの計算などもツール上で行うことが可能だ。活動報告や、実際の活動履歴をもとに自動でレポートを作成する機能もあるので、フィールドセールスに関わる作業を一括して行うことができる。 UPWARDの設立は2002年で、サービスは2011年からリリース。現在の導入社数は約200社だ。導入企業で多いのは、クルマや機械など単価が高い製品を扱う企業で、かつルート営業を行う企業なのだという。同社は今回調達した資金を利用して、フ...more
カテゴリー:

【経済】東芝、黒字8千億円超 4年ぶり転換、過去最高益 - 05月15日(火)13:31  newsplus

2018年5月15日 13時22分  経営再建中の東芝が15日発表した2018年3月期連結決算は、純損益が8040億円の黒字と4年ぶりに黒字に転換した。半導体子会社の東芝メモリがけん引し、前期の9656億円の赤字から回復した。利益の額は11年3月期の1583億円を上回り、7年ぶりに過去最高を更新した。  最大の課題だった債務超過の解消は、17年12月に実施した第三者割当増資などで18年3月末に実現した。不正会計問題に端を発した危機的な財務状況を脱したとして、収益力の強化に向けた5年間の改革計画を年内に策...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「第三者割当増資」の画像

もっと見る

「第三者割当増資」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる