「第三者」とは?

関連ニュース

子供への性犯罪被害 語られざる「負の連鎖」 - 02月25日(土)16:00 

 児童虐待が社会問題として世間の大きな関心を集め、虐待の現場を知るケースワーカーなどから「虐待する親も、その親から虐待を受けていたケースが目立つ」と言われるようになった。もうひとつ、大きな声では語られないが、連鎖があると指摘されるものがある。ライターの森鷹久氏が、子供への性犯罪によって生まれる「負の連鎖」についてリポートする。  * * *  20歳から66歳までの男児ポルノ愛好者6人が、神奈川や広島、埼玉など7県警によって逮捕、追送検された。当局によれば、被疑者6人の中には家庭教師のアルバイト経験者や現役教師なども含まれており、160人以上の被害者が存在し、10万点を超す男児の裸などの写真や動画が押収されたという。似たような事件は昨年9月にも関西地方で起こっており、計5人の男が逮捕され、こちらも100人以上の男児が被害に遭っている。  教職者などが手を染めた悪質この上ない犯行は、発生直後こそテレビ新聞が凄まじい勢いで報じるものの、犯人のおぞましさばかりがクローズアップされ、被害児童達を本当に救うためには何が必要なのか、視聴者や読者に訴えるような取り上げられ方はなされない。その現状に、過去の事件から何も学べなかったのかと暗い気持ちになった。  今から十年以上前に起きた、ある痛ましい男児殺害事件には、子供の性犯罪被害への救済が不十分だったことが遠因ではないか、と思わせる事情があった。...more
in English
カテゴリー:

「恋愛は外堀から攻めるのが効果的」が実証!? - 02月25日(土)12:00 

ひと目惚れとまではいかずとも、あまり付き合いのない異性を好きになってしまった場合、どう攻略するのがベストだろうか? たいした付き合いもないのに突然声をかけるのは勇気がいるし、何より不審に思われてしまっては元も子もない。なんとかして、意中の相手とお近づきになれる方法を探したいものだが…。 ■今回の講師 内藤誼人 心理学者、立正大学特任講師。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。アンギルド代表。近著に『なぜ、島田紳助は人の心をつかむのがうまいのか?』(廣済堂出版)、『手にとるように社会心理学がわかる本』(かんき出版)、『A or B?』(ダイヤモンド社)など。 「恋愛は外堀から攻めるのが効果的」=スピルオーバー効果 内藤先生「そういう場合は、ムリに本人を直撃しようとせずに、まずその周囲にいる人たちと仲良くなる努力をするのが吉ですよ」 内藤先生によると、家族でも友人でも、グループ内の関係が互いに影響を与え合うことは、心理学で証明されているという。ならば、その効果を恋愛に応用しようというわけだ。 内藤先生「フィンランドのユバスキュラ大学の心理学者カイサ・マリネン氏が、幼い子どもを持つ夫婦433組を対象に、夫婦関係と親子関係について調査しているんです。その結果、夫婦仲が良好であれば、親子の関係も良好であるケースが圧倒的多数にのぼることが確認されました。これはつまり、人との良好な関係はグ...more
in English
カテゴリー:

余裕なさすぎ!「2度目のデートはないな」と思う男の行動9パターン - 02月25日(土)07:00 

気になる女性とのデートにこぎつけたとしても、そこで喜ぶのは早計です。初回のデートがようやくスタート地点で、そこであなたとのお付き合いがアリかナシかの判断が始まることをしっかり肝に銘じましょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「余裕なさすぎ!『2度目のデートはないな』と思う男の行動」をご紹介します。 【1】気合を入れすぎてスーツを着込んで登場する 「普段着でいいのに…」(20代女性)というように、休日デートにもかかわらずスーツを着込んで現れてしまうパターンです。一方でオフィスデーだったにもかかわらず「それ、どこで着替えてきたの?」というカジュアルファッションもおかしいもの。大事なのは自然な流れということをお忘れなく。 【2】沈黙が怖いのか、とにかくえんえんとしゃべり続ける 「会話のない場面があってもいいのに…」(20代女性)というように、ちょっとした沈黙も悪とばかりにマシンガントークを続けるパターンです。また、会話の内容は濃すぎても薄すぎても相手を疲れさせるので、濃淡をつけてネタを振りたいものです。 【3】近いにせよ遠いにせよ距離感がとにかく極端である 「いきなりグイグイ来られても困るし、離れすぎてよそよそしいのも困る」(10代女性)というように、デートの距離感がわかっていないパターンです。歩きながら会話するなら、声を張らなくてもいいくらいの距離...more
in English
カテゴリー:

美人見えするメガネの選び方をプロに聞いてきた!【トミヤマユキコ】 - 02月24日(金)16:10 

―40歳までにオシャレになりたい!Neo トミヤマユキコ― おもしろ最優先で生きてきた結果、人生も洋服も若干とっ散らかり気味な著者が、40歳までにオシャレになるべく奮闘するコラム連載第10回! ◆第10回 美人見えするメガネの選び方をプロに聞いてきた!  少女マンガでよくある「パッとしない女子がメガネを外したらかわいくなった!」という展開に、疑問を持っている。たしかにメガネを外してかわいくなる子もいるだろう。しかしメガネには「美人隠し」とは正反対の効果があるようにも思うのだ。  特に、わたしのような平たい顔の人間にとって、メガネは顔に凹凸を作ってくれるアクセサリーであり、目元をはっきりと見せてくれるという意味では、つけまつげのようなアイテムだとも思う。選び方さえ間違わなければ、メガネはむしろ「美人見え」のための強い味方となる。メガネ屋の娘が言うのだから、間違いない。  しかし、これまでのわたしにとって「イケてるメガネ」とは「圏外ファッションとしてイケてる」ということだったので、歴代のメガネはとにかく「個性的なわたし」をアピールするものばかり。 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=665490 「美人見え」するかどうかは、まったく気にしていなかった。  そこで今回、はじめて美人見えするメガネを探すことにした。もちろ...more
in English
カテゴリー:

GLP投資法人/GLP厚木IIとGLP吉見がBELS評価 - 02月24日(金)13:20 

GLP投資法人は、保有する2物件について、BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)の第三者評価を受けたと発表した。 GLP厚木Ⅱが評価ランク★★★★★、GLP吉見も★★★★★の最高ランクを獲得した。 BELSは、201 […]
in English
カテゴリー:

【アメリカ慰安婦像】日本政府が愚レンデール市に激怒 撤去訴訟で「地方自治体の分際」を意見書で提出 - 02月25日(土)13:32 

http://www.sankei.com/politics/news/170225/plt1702250010-n1.html  2014年2月から続く米カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤去訴訟で、 日本政府が米連邦最高裁に第三者意見書を提出する異例の対応に乗り出した。 米地方自治体が慰安婦問題に関し、連邦政府の専管権限である外交方針と 異なる動きをするだけでなく、日韓間で政治問題化している慰安婦問題に 介入することを、看過できないと判断したとみられる。  政府は今回の対応にあたって細心の注意を払った。提出された意見書では、 グレンデール市による...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【住宅】冬の時代到来…トヨタが住宅事業から引けぬ深刻な裏事情 - 02月25日(土)09:35 

http://president.jp/articles/-/21386 住宅業界に再編風が吹き込んでいる。トヨタ自動車グループの住宅事業会社、 トヨタホームは1月、老舗住宅大手のミサワホームへの出資比率を引き上げ、子会社とした。 これに続き、パナソニックは連結住宅事業子会社のパナホームを8月に完全子会社化する。 国内住宅市場は大量の「空き家」問題が顕在化するなど長期的に先細りが避けられない。半面、 大手10社によるシェアは1割程度に過ぎず、市場参加者が過剰な「レッドオーシャン」状態にある。 相次ぐ再編は、縮む市場と淘汰が避けられな...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

いじめ事件に第三者委員会は必要か? そもそも「おかしい」人選 - 02月24日(金)18:00 

いじめを原因とする子供の自殺が絶たない中、その「現場」である学校や第三者委員会がいじめを認めようとせず、遺された家族が大きな苦しみを抱えるという事例が多く見られます。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。無料メルマガ『いじめから子供を守ろう!ネットワーク』では、6年の歳月を経て、先日ようやく和解に至ったといういじめ自殺事件の裁判を取り上げ、学校側の頑なにいじめを認めない対応を批判するとともに、文科省へ適切な対応を求めています。 いじめの認定 先週、遺族が起こしたいじめ自殺の裁判が、6年の歳月をかけて、ようやく和解したという報道がありました。 今回和解した裁判は、群馬県桐生市で小学6年生の女の子が自殺したことをめぐり、「学校でのいじめが原因だ」として遺族が死亡見舞金の支払いを求めた裁判です。遺族は他にも市や県、加害者の家族を相手取って裁判を起こしていましたが、これらは2014年までに和解が成立していました。 今回の裁判の相手は、学校での事故などに見舞金を支払う独立行政法人「日本スポーツ振興センター」で、同センターは学校でのいじめが原因とする死亡も見舞金の支給対象としているが、桐生市が自殺との因果関係を否定する文書を同センターに送ったため、センター側が支払いを拒否し、遺族が裁判を起こしたものです。 6年もの歳月がかかった原因として、遺族の代理人である弁護士は記者会見で、「桐生市が一貫...more
in English
カテゴリー:

株式会社アクトビラの株式取得及び第三者割当増資引受(子会社化)に関するお知らせ - 02月24日(金)15:56 

[株式会社WOWOW]  当社は、平成29年2月24日開催の取締役会において、下記のとおり、株式会社アクトビラ(以下「アクトビラ」といいます。)の株式を取得し、また、同社の成長資金の提供及び財務体質改善を目的に同社の第三者割...
in English
カテゴリー:

歴史社会学者・小熊英二が語る在日とは? 「日本の周辺に位置した彼らの歴史は『日本社会の鏡』」 - 02月24日(金)11:00 

“戦後と解放後”を生き抜いた52人の在日一世の証言集『在日一世の記憶』の刊行から9年、その続編として、 在日一世の子に生まれ、その後の時代を生き抜いた在日二世たち50人の生き様を描いた『在日二世の記憶』が発売された。 前作にも劣らない768ページという、一般的な新書なら3、4冊分に相当する圧巻のボリュームで描かれているのは、プロ野球で3千本以上のヒットを量産した安打製造機、哲学者、社会運動家、実業家、医師、ミュージシャン、僧侶、伝統工芸家、劇団員、マジシャン、映画人etc…といった「在日二世」たちの逞しい生き様である。 その刊行イベントで足掛け13年のプロジェクトに携わる3氏――歴史社会学者の小熊英二氏、ノンフィクション作家の木村元彦氏、在日朝鮮人の記録を残す仕事に携わるライター・編集者の高秀美氏による記念トークショーがジュンク堂書店池袋本店で催された。 前編記事に続き、そのトークショーの一部を紹介しよう。 * * * 本書に登場する、日本で生まれ、喋る言語は日本語の方が得意な50人は職業も生育環境も千差万別である。戦後生まれの彼らが青春時代を過ごしたのが高度経済成長期を挟んだ50年代から80年代。戦後復興という御旗の下、日本が大きな変革を遂げた頃だ。 ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「第三者」の画像

もっと見る

「第三者」の動画

Wikipedia

第三者(だいさんしゃ)とは、特定の案件・関係について、当事者ではないその他の関係者をいう。当事者が2者を超える場合であっても、特に第三の数字を増やして用いることはない。

  • 民法について以下では、条数のみ記載する。
日本法における第三者

日本法における法律用語としては、通常は一定の法律関係につき当事者以外の人物を指すが、条文の趣旨によっては限定的に解釈することもある。相続人など当事者から地位を包括的に受け継いだ者は通常は第三者とされない。

民法177条の第三者

177条の第三者に該当するのは、登記の欠缺(けんけつ)を主張する正当な利益を有する者のみとされている。不法占拠者などを排除するためである。

権利外観法理における第三者

心裡留保錯誤など、当事者が有責的に作り出した(あるいは放置した)外観上の法律関係の存在を信じて取引した第三者は保護される制度が設けられている(93条ただし書、94条2項)。

民法上は善意・無過失が要求されることが多いが、虚偽表示など当事者の有責性が強い類型においては善意・有過失の第三者も保護されるなど、第三者の保護のための主観的要件は常に一致しているわけではない。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる