「第三者」とは?

関連ニュース

無線LANただ乗り、電波法は無罪=不正アクセス認め懲役8年-東京地裁 - 04月27日(木)19:37 

 他人の無線LANに不正接続し、「ただ乗り」したなどとして、電波法違反(無線通信の秘密の窃用)などの罪に問われた松山市、無職藤田浩史被告(31)の判決が27日、東京地裁であった。島田一裁判長は接続パスワードを取得した同法違反は無罪とした上で、不正アクセス禁止法違反などの罪を認め、懲役8年(求刑懲役12年)を言い渡した。 島田裁判長は、被告は遠隔操作ウイルスなどを利用して、複数企業のインターネットバンキングにログインし不正送金させたと指摘。「さまざまなサイバー攻撃を行っており悪質。常習性も顕著で強い非難に値する」と述べた。 一方で、接続パスワードは暗号化されていたが、第三者が計算しても求められるとし、電波法が定める「無線通信の秘密」に当たらないとする初判断を示した。 弁護側は、パソコンが遠隔操作されたとして全面無罪を主張していた。 判決によると、藤田被告は2014年2~6月、近隣の家に設置された無線LANを経由して、自宅のパソコンからゆうちょ銀行などのサーバーに不正アクセスし、計約519万円を不正送金させるなどした。 山上秀明・東京地検次席検事の話 判決内容を十分検討して適切に対処したい。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

森友学園:弁護士ら第三者委設置の要望書 財務局に提出 - 04月27日(木)11:15 

 大阪市の学校法人「森友学園」が大阪府豊中市の国有地を格安に取得した問題で、弁護士や学者でつくる団体が27日、財務省近畿財務局(大阪市中央区)を訪れ、土地取得に至った経緯や算定価格の根拠を調査するための第三者委員会の設置を求める要望書を提出した。
in English
カテゴリー:

逆走防止に向けた啓発活動の強化 - 04月26日(水)23:02 

[NEXCO西日本] 【ポイント】 ● 高速道路における逆走は、命にかかわる危険な行為であり、何の落ち度もなく運転されている第三者を巻き込む可能性があります ● 逆走を発生させないために、「自分は逆走とは無関係」と考えている...
in English
カテゴリー:

日本は仮想通貨立国--メガバンクも出資した技術を積み上げるbitFlyer - 04月26日(水)12:00 

ブロックチェーン技術を中心にビジネスを展開するbitFlyerは三井住友銀行グループとみずほフィナンシャルグループ、第一生命から第三者割当増資による資金調達を実施。代表取締役社長である加納裕三氏に話を聞いた。
in English
カテゴリー:

iOS向け漫画アプリ『マンガトリガー』を運営するナンバーナイン、総額3,500万円の資金調達を実施 - 04月26日(水)11:00 

堀江貴文がファウンダーとして参画し、出版社の垣根を超えた厳選漫画が毎日無料で読めるiOS向けレコメンドアプリ『マンガトリガー』をリリースした株式会社ナンバーナイン(以下弊社)が、個人投資家、VCを対象に第三者割当増資を行い、総額3,500万円の資金達を行いました。今回の調達を受けて、人材採用などサービス拡大に必要な投資を行って参ります。
in English
カテゴリー:

【裁判】29歳男性に逆転無罪判決 他人のマンションに侵入し自慰行為をした公然わいせつ罪…大阪高裁 - 04月27日(木)12:11 

<公然わいせつ>29歳男性に逆転無罪判決 大阪高裁 4/27(木) 11:56配信 他人のマンションに侵入し自慰行為をしたとして、公然わいせつ罪などに問われた 堺市の男性(29)の控訴審判決で、大阪高裁は27日、懲役1年とした1審判決を破棄し、 逆転無罪を言い渡した。 現場に残された精液が男性のものかどうかが争われ、福崎伸一郎裁判長は、 1審の大阪地裁堺支部で行われたDNA型鑑定について 「(他人のDNAが混入した)混合資料であることを払拭(ふっしょく)できず、 合理的な疑いが残る」と述べた。 判決など...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ニセ攻撃メールで訓練、“秒殺”されたセキュリティテストで本気出す(日経ITイノベーターズ白熱議論&講演) - 04月27日(木)05:00 

 強い会社の変革者が集まり、本気で議論する「日経ITイノベーターズ」。2016年3月25日に開催した定期会合の議題は「どうする!?情報セキュリティ」だった。第三者による診断や標的型メールの訓練など、対策の実態を共有しあった。
in English
カテゴリー:

JAXA、2つの人工衛星の愛称募集…5/31まで - 04月26日(水)20:34 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4月25日、気候変動観測衛星「GCOM-C」と超低高度衛星技術試験機「SLATS」の愛称募集を開始した。愛称はひらがなやカタカナ表記で、人工衛星の機能やミッションをイメージできるもの。募集は5月31日まで。 「GCOM(ジーコム)」とは、地球環境変動観測ミッション(Global Change Observation Mission)の英語略。宇宙から地球の環境変動を、長期間にわたってグローバルに観測することを目的とした人工衛星プロジェクトだ。19種類の色(波長)を観測できるセンサー「多波長光学放射計(SGLI)」により、地球環境の今を把握し、気候変動メカニズムの解明を目指す。 「SLATS」は、高度300km以下の超低高度軌道を利用する最初の地球観測衛星で、超低高度衛星技術試験機(Super Low Altitude Test Satellite)の英語略。高効率イオンエンジンにより、超低高度での継続飛行を実現し、将来の超低高度衛星の開発や利用に向けた技術実証を行う。 JAXAでは2017年度、「GCOM-C」と「SLATS」をH-IIAロケットで同時に打ち上げる予定で、2つの衛星に親しみを持ってもらおうと愛称の募集を企画した。愛称の条件は、ひらがな、またはカタカナで、発音しやすいもの。ひらがな・カタカナ混じりも受け付ける。各人工衛星の機能やミッ...more
in English
カテゴリー:

鍵番号とメーカーを盗み見すれば簡単にコピーできる恐怖 - 04月26日(水)11:00 

《「鍵の盗み見」にご注意を!》。春の新生活シーズンを間近に控えた3月31日、福岡県警が公式ツイッターでこんな呼びかけをした。  鍵を盗み見た第三者が合鍵を作り、犯罪に走る危険性を訴えたものだ。きっかけは、昨年9月、愛媛県松山市で起きた1つの事件だった。同市内の自宅マンションで一人暮らしをする女子大生(20才)が帰宅すると、施錠したはずの玄関のドアが開いており、室内に入ると、見知らぬ男(44才)と鉢合わせた。男はそのまま逃走したが、翌日警察署に出頭し、住居侵入容疑で逮捕された。  問題はその侵入方法だった。男は事件前、マンション管理会社の社員を装って被害者女性の自宅を訪れており、鍵を見せるよう要求していた。 「そこで鍵の番号とメーカーをメモし、後日、インターネット経由で合鍵を作製していたのです。男は同じ手口で他にも7本の合鍵を作製していたことがわかっています」(全国紙記者)  この事件で明らかになったのは、「鍵番号とメーカーさえわかれば、誰でも簡単に合鍵を作ることができる」という衝撃の事実だ。  内閣総理大臣認可を受けた国内唯一の鍵取扱業者団体「日本ロックセキュリティ協同組合」理事長の鈴木祥夫氏が解説する。 「鍵に刻印された番号は鍵の形状や刻みのパターンなどを的確に示す“鍵の個人情報”です。この鍵番号とメーカー名さえわかれば、ほとんどの鍵は現物がなくても合鍵が作製できます。ネットやF...more
in English
カテゴリー:

Facebook、外部リンクを開く前に関連記事とファクトチェックを表示(テスト中) - 04月26日(水)09:34 

Facebookはユーザーに、記事を読む前にまずその見出しが真実なのかをよく考え、その話題のついての別の視点も見て欲しいと考えている。偽ニュース対策の次のステップとして、今日からFacebookは、通常は外部リンクからニュースフィードに戻った時に表示される「関連記事」ウィジェットの新しいバージョンのテストを開始する。さらにFacebookは、関連記事を表示する際多くの人が話題にしている記事にはサードパーティのファクトチェッカーを併せて表示する。 「これでユーザーは、サードパーティーによるファクトチェックを含め、異なる視点と情報を手に入れやすくなる」とFacebookは言っている。 要するに、ある記事が誇張であったり、偏見が強かったり、まったくのウソかも知れないということを、読んだ後に説得するのではなく、ユーザーにはウソや脚色に洗脳される前に疑いを持ってほしいとFacebookは考えている。この機能は、人々が情報フィルターに囲まれた世界に深入りする前に抜け出すきっかけを与えてくれるかもしれない。 例えば「チョコレートでがんが治る」という無名のブログ記事へのリンクがあると、クリックする前に関連記事ボックスが表示され、New York Timesや医学専門誌の、チョコレートにはがんのリスクを減らす抗酸化能力はあるが治療はしないという説明が現れる。Snopesなどのファクトチェック機構が...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「第三者」の画像

もっと見る

「第三者」の動画

Wikipedia

第三者(だいさんしゃ)とは、特定の案件・関係について、当事者ではないその他の関係者をいう。当事者が2者を超える場合であっても、特に第三の数字を増やして用いることはない。

  • 民法について以下では、条数のみ記載する。
日本法における第三者

日本法における法律用語としては、通常は一定の法律関係につき当事者以外の人物を指すが、条文の趣旨によっては限定的に解釈することもある。相続人など当事者から地位を包括的に受け継いだ者は通常は第三者とされない。

民法177条の第三者

177条の第三者に該当するのは、登記の欠缺(けんけつ)を主張する正当な利益を有する者のみとされている。不法占拠者などを排除するためである。

権利外観法理における第三者

心裡留保錯誤など、当事者が有責的に作り出した(あるいは放置した)外観上の法律関係の存在を信じて取引した第三者は保護される制度が設けられている(93条ただし書、94条2項)。

民法上は善意・無過失が要求されることが多いが、虚偽表示など当事者の有責性が強い類型においては善意・有過失の第三者も保護されるなど、第三者の保護のための主観的要件は常に一致しているわけではない。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる