「笑福亭鶴瓶」とは?

関連ニュース

『ロンハー』がきっかけで“伝説のホスト”に 今話題の人「ニャンニャ」とは - 06月23日(金)13:13 

元No.1ホストのニャンニャ(34歳)が、6月22日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況秘報告~』(テレビ東京系列、毎週木曜24:12~)に出演。常連客ゼロの不遇時代から“伝説のホスト”になった転機について語った。ニャンニャがホストクラブで働き始めたのは18歳の時。車の免許を取った後に800万円ほど借金をして車を買ったため、お金を稼がざるを得なかったという。「給料の限度額がない職業は何かなと思った時にホストしかないかな」と考えたニャンニャは借金地獄から一発逆転を狙って夜の世界へ。しかし、現実は甘くはなく「1年間くらいは先輩のお客さんのヘルプばかりで常連客はゼロでした」と、パッとしない日々が続いたと明かした。そんな中、不遇のホスト人生に大きな転機が。いつものように街で声を掛けていたニャンニャは、たまたま人気番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)のスタッフの女性と遭遇。その女性に声を掛けたことが縁となり、自分の彼女をホストにナンパさせて浮気心を試す「ザ・スティンガー」などの人気企画に計4回出演。テレビ出演の反響はかなり大きかったようで、店に詰め掛ける女性が激増。月収も「それまで5万円にも満たない額だったのが、600~700万円ぐらいになった」という。メディアの力が大きいとは言え、人気を維持するためにはいわゆる“営業メール”もホストにとって大切な仕事。「とりあえず食べ物とかの写メ...more
カテゴリー:

吉沢亮が誘拐犯、志尊淳が夜逃げ、川栄李奈が風俗嬢など…驚きの配役発表 - 06月23日(金)06:04 

テレビ東京系列にて7月21日よりスタートする新ドラマ『下北沢ダイハード』(毎週金曜24:12~)の各話に出演するキャストが決定。今回、その中から秋山竜次(ロバート)、麻生久美子、緒川たまき、川栄李奈、酒井若菜、志尊淳、神保悟志、高橋ひとみ、西田尚美、野間口徹、光石研、吉沢亮よりコメントが寄せられた。本作は、小劇場の聖地・下北沢を舞台に“人生最悪の1日”をテーマにしたパニック・コメディー。毎回、設定も登場人物も変わる1話完結型のコメディー・ドラマを、11人の劇作家がオリジナリティー豊かに書き下ろす。また、総合演出は、Perfumeや星野源ら人気アーティストのミュージック・ビデオをはじめ、ドラマ『かもしれない女優たち』の演出や、『カルテット』のエンディング映像などでも知られる関和亮。その他、スミスや山岸聖太など、ミュージック・ビデオ業界で超人気のクリエイターたちが演出を務める。脚本を担当する劇作家は、上田誠(ヨーロッパ企画)、えのもとぐりむ(ぐりむの法則)、喜安浩平(ブルドッキングヘッドロック)、西条みつとし(TAIYOMAGICFILM)、柴幸男(ままごと)、根本宗子(月刊「根本宗子」)、細川徹(男子はだまってなさいよ!)、福原充則(ピチチ5)、松井周(サンプル)、丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、三浦直之(ロロ)の11人。「違法風俗店で警察のガサ入れにあった俳優」「SMプレイでスーツケース...more
カテゴリー:

テレ東で“たれ”に特化した番組がスタート「タレ総選挙」も実施 - 06月22日(木)20:09 

元プロレスラーでタレントの髙田延彦が、7月10日よりスタートする新番組『たれ』(テレビ東京系列、毎週月曜24:12~)の記者会見に出席。番組の見どころや、自身がオススメする「たれ」について語った。「液体グルメ」に特化した同番組のメイン企画は、「タレ総選挙2017」。放送期間中にインターネット上で常時投票が行われ、究極の名にふさわしい“魅惑のタレ”を探し求める。10日に放送される#1には髙田が、17日放送の#2には伊集院光がゲストとして登場する。初回の収録を終え、髙田は「正直『たれ』という番組タイトルで何をやるのかと思い、不安だったのですが、鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)のリードで、楽しくやらせていただきました」と感想を。続けて「タレの奥深さとか、自家製もそうですけど、私たちが普通のお店で買っているタレの質の高さが良くわかりました。もう1つわかったことといえば、タレの使い道はたくさんあるけれども、腹が減った時、冷蔵庫に何もない時、ご飯だけが炊けている時は、ちょこっとタレをかけて食べれば十分美味しいんだ! ということ。うちの息子たちにも、おやつ代わりにタレご飯を与えたいなと思いました」と、タレについて熱く語った。見どころを聞かれると、「試食のシーン」と答えた髙田。収録中、カンペに「豪快に食べろ」という指示が出ていたらしく、「どんぶり飯2杯に、ポテトサラダ。2.5杯くらい食べました。...more
カテゴリー:

三重県の山の麓にある温泉を“空から”見てみると… - 06月22日(木)19:20 

6月22日放送の『空から日本を見てみよう+』(BSジャパン、毎週木曜21:00~)は、三重県四日市から湯の山温泉までを空から見ていく。まずは、近年注目される工場夜景で有名な四日市コンビナートへ。石油化学系工場で、美しい工場夜景を生み出す無数の細いパイプと照明が多い理由を探る。そこでは、周辺の工場とパイプでつながり連携していくコンビナートならではのダイナミックな配置や、夜景を楽しむ観光クルーズ船なども眺める。さらに港へ進むと、船が通る時のみ上がる現役の「跳ね上げ橋」や、穴がズラッと並んだ不思議な防波堤など、珍しいものがたくさん。また、近鉄とJRの四日市駅が以前同じ場所にあった頃の痕跡をたどり、長いアーケード商店街で四日市の魅力を発見。線路幅の狭い貴重な鉄道を見て、全国の7~8割のシェアを誇る四日市の土鍋づくりの工場も見ていく。近鉄湯の山線沿いに進むと、建物の上にある巨大な桃、謎の黒い茶畑を発見。さらに菰野町に入り、白いハーモニカのような建物、ケーブルカーを新たに作った温泉旅館などを見て、御在所岳の山頂からの絶景も楽しむ。 関連リンク 笑福亭鶴瓶、元プロテニスプレーヤーのマシンガントークにタジタジ 濱田岳&西田敏行、壇蜜のハニートラップに釣られる?『釣りバカ日誌』最終回 ...more
カテゴリー:

宮野真守がちょいワルなロボット、山寺宏一は執事役!「怪盗グルー」吹き替え版に参戦 - 06月22日(木)10:00 

 世界的ヒット作「怪盗グルー」シリーズの最新作「怪盗グルーのミニオン大脱走」の日本語吹き替え版に、お笑いタレントのいとうあさこ、声優の山寺宏一、宮野真守、福山潤が新たにボイスキャストとして加わることがわかった。 ・「怪盗グルーのミニオン大脱走」キャラクター写真はこちら!  日本語吹き替え版では、笑福亭鶴瓶(グルー役)、芦田愛菜(アグネス役)、中島美嘉(ルーシー役)といったおなじみのキャストに加え、グルーの前に立ちはだかる新たなライバル、バルタザール・ブラットを松山ケンイチが演じる。ハリウッド映画の声優初挑戦となるいとうは、グルーとルーシーが所属する反悪党同盟の新たなリーダーで、ブラットを取り逃がした2人にクビを言い渡す冷徹な女性ヴァレリーに扮する。  「怪盗グルー」シリーズの常連である山寺と宮野は、それぞれグルーの双子の兄弟ドルーの執事フリッツ、ブラットの相棒でロボットのクライヴに声を吹き込む。「おそ松さん」「青の祓魔師」「暗殺教室」など人気アニメに多数参加し、「ハリー・ポッター」シリーズの吹き替え版では若き日のヴォルデモートを演じた福山は、グルーと暮らす3姉妹の長女マーゴに求婚する少年ニコに扮する。  いとうは「私のような悪声をご指名いただき、興奮と喜びととまどいで軽くパニックになりました(笑)。私が演じたヴァレリーは、グルーの人生をゆさぶる役です。イイ女、できる女感を大...more
カテゴリー:

『ロンハー』がきっかけで伝説のホストに 今話題の人「ニャンニャ」とは - 06月23日(金)13:00 

元No.1ホストのニャンニャ(34歳)が、6月22日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況秘報告~』(テレビ東京系列、毎週木曜24:12~)に出演。常連客ゼロの不遇時代から“伝説のホスト”になった転機について語った。ニャンニャがホストクラブで働き始めたのは18歳の時。車の免許を取った後に800万円ほど借金をして車を買ったため、お金を稼がざるを得なかったという。「給料の限度額がない職業は何かなと思った時にホストしかないかな」と考えたニャンニャは借金地獄から一発逆転を狙って夜の世界へ。しかし、現実は甘くはなく「1年間くらいは先輩のお客さんのヘルプばかりで常連客はゼロでした」と、パッとしない日々が続いたと明かした。そんな中、不遇のホスト人生に大きな転機が。いつものように街で声を掛けていたニャンニャは、たまたま人気番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)のスタッフの女性と遭遇。その女性に声を掛けたことが縁となり、自分の彼女をホストにナンパさせて浮気心を試す「ザ・スティンガー」などの人気企画に計4回出演。テレビ出演の反響はかなり大きかったようで、店に詰め掛ける女性が激増。月収も「それまで5万円にも満たない額だったのが、600~700万円ぐらいになった」という。メディアの力が大きいとは言え、人気を維持するためにはいわゆる“営業メール”もホストにとって大切な仕事。「とりあえず食べ物とかの写メ...more
カテゴリー:

吉沢亮が誘拐犯、志尊淳が夜逃げ、川栄李奈が風俗嬢など…驚きの配役発表 - 06月22日(木)21:01 

テレビ東京系列にて7月21日よりスタートする新ドラマ『下北沢ダイハード』(毎週金曜24:12~)の各話に出演するキャストが決定。今回、その中から秋山竜次(ロバート)、麻生久美子、緒川たまき、川栄李奈、酒井若菜、志尊淳、神保悟志、高橋ひとみ、西田尚美、野間口徹、光石研、吉沢亮よりコメントが寄せられた。本作は、小劇場の聖地・下北沢を舞台に“人生最悪の1日”をテーマにしたパニック・コメディー。毎回、設定も登場人物も変わる1話完結型のコメディー・ドラマを、11人の劇作家がオリジナリティー豊かに書き下ろす。また、総合演出は、Perfumeや星野源ら人気アーティストのミュージック・ビデオをはじめ、ドラマ『かもしれない女優たち』の演出や、『カルテット』のエンディング映像などでも知られる関和亮。その他、スミスや山岸聖太など、ミュージック・ビデオ業界で超人気のクリエイターたちが演出を務める。脚本を担当する劇作家は、上田誠(ヨーロッパ企画)、えのもとぐりむ(ぐりむの法則)、喜安浩平(ブルドッキングヘッドロック)、西条みつとし(TAIYOMAGICFILM)、柴幸男(ままごと)、根本宗子(月刊「根本宗子」)、細川徹(男子はだまってなさいよ!)、福原充則(ピチチ5)、松井周(サンプル)、丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、三浦直之(ロロ)の11人。「違法風俗店で警察のガサ入れにあった俳優」「SMプレイでスーツケース...more
カテゴリー:

テレ東でたれに特化した番組がスタート「タレ総選挙」も実施 - 06月22日(木)20:00 

元プロレスラーでタレントの髙田延彦が、7月10日よりスタートする新番組『たれ』(テレビ東京系列、毎週月曜24:12~)の記者会見に出席。番組の見どころや、自身がオススメする「たれ」について語った。「液体グルメ」に特化した同番組のメイン企画は、「タレ総選挙2017」。放送期間中にインターネット上で常時投票が行われ、究極の名にふさわしい“魅惑のタレ”を探し求める。10日に放送される#1には髙田が、17日放送の#2には伊集院光がゲストとして登場する。初回の収録を終え、髙田は「正直『たれ』という番組タイトルで何をやるのかと思い、不安だったのですが、鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)のリードで、楽しくやらせていただきました」と感想を。続けて「タレの奥深さとか、自家製もそうですけど、私たちが普通のお店で買っているタレの質の高さが良くわかりました。もう1つわかったことといえば、タレの使い道はたくさんあるけれども、腹が減った時、冷蔵庫に何もない時、ご飯だけが炊けている時は、ちょこっとタレをかけて食べれば十分美味しいんだ! ということ。うちの息子たちにも、おやつ代わりにタレご飯を与えたいなと思いました」と、タレについて熱く語った。見どころを聞かれると、「試食のシーン」と答えた髙田。収録中、カンペに「豪快に食べろ」という指示が出ていたらしく、「どんぶり飯2杯に、ポテトサラダ。2.5杯くらい食べました。...more
カテゴリー:

お笑い芸人にイケメン声優など『怪盗グルー』最新作の日本語吹替版は豪華声優陣に! - 06月22日(木)10:00 

孤児の3姉妹との出会いを通し、悪党から足を洗った怪盗グルーとバナナが好物のミニオンたちの活躍を描く『怪盗グルー』シリーズ。その最新作となる『怪盗グルーのミニオン大脱走』(7月21日公開)の日本語吹替版キャストとして、新たに、いとうあさこ、山寺宏一、宮野真守、福山潤が参加することになった。 【写真を見る】いとうあさこは冷徹で野心あふれる反悪党同盟のリーダー、ヴァレリー役でハリウッド映画の声優に初挑戦/[c]UNIVERSAL STUDIOS シリーズ1作目からグルーの声を担当している笑福亭鶴瓶、3姉妹の末っ子アグネス役の芦田愛菜、『怪盗グルーのミニオン危機一発』からグルーの相棒ルーシーを演じる中島美嘉といったおなじみのメンバーに加え、宿敵バルタザール・ブラットを演じる松山ケンイチの出演が発表されていたが、お笑い芸人、ベテラン、イケメン声優が新たに参加し豪華な顔ぶれに。 本作がハリウッド映画の声優初挑戦となるいとうあさこが演じるのは、グルーとルーシーが所属する反悪党同盟の新たなリーダーとなる女性ヴァレリー。「興奮と喜びととまどいで軽くパニックになりました」と人気シリーズへの参加を喜びつつも、「グルーの人生をゆさぶる役です。イイ女、できる女感を大事にしました(笑)」と並々ならぬ意気込みも語ってくれた。 山寺宏一と宮野真守は『怪盗グルー』シリーズだけでなく、『ペット』や『SING/シング』...more
カテゴリー:

宮野真守&福山潤ら、『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹き替え参戦決定 - 06月22日(木)10:00 

 2010年公開『怪盗グルーの月泥棒』から愛され続ける、人気シリーズの最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』の日本語吹き替え版追加キャストが発表された。いとうあさこ、山寺宏一、宮野真守、福山潤らの出演が決定し、各出演者からのコメントも到着した。【関連】『怪盗グルーのミニオン危機一発』フォトギャラリー 映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、怪盗・グルー(CV:笑福亭鶴瓶)やその手下であるミニオンたちが活躍する物語。今回は、最強のライバル怪盗であるバルタザール(CV:松山ケンイチ)が登場し、ミニオンたちがグルーと決別し最強・最悪のボスを探し旅立ってしまうなど、新たな窮地に追い込まれる…。 バルタザールを取り逃したグルーとルーシー(CV:中島美嘉)をクビにする反悪党同盟のリーダー・ヴァレリー役のいとうあさこは「私のような悪声をご指名いただき、興奮と喜びととまどいでパニックになりました(笑)」とオファー当時を回想している。 また、本作でグルーの双子の兄弟・ドルーの執事であるフリッツ役を務める山寺は「『月泥棒』のベクター役からずっと参加させていただいていますが、本当にシリーズは魅力満載」と伝え、「個人的にはグルーとドルーのかけ合いが楽しみでしかたありません!」と思いを述べている。 さらに、バルタザールの相棒ロボット・クライブを演じる宮野は「一癖も二癖もあるキャラクターが登場し、僕も爆笑しながら...more
カテゴリー:

もっと見る

「笑福亭鶴瓶」の画像

もっと見る

「笑福亭鶴瓶」の動画

Wikipedia

笑福亭 鶴瓶(しょうふくてい つるべ)は、上方落語名跡

  • 初代 笑福亭鶴瓶(生年不詳 - 1944年2月)は、後の林家染八。初め4代目笑福亭松鶴の門下で、師が一旦芸界を離れた時に、2代目林家染丸の門下に移る。本名は金谷伊太郎。当代の命名時に松鶴もその存在を語り、2代目であると告げている。
  • 笑福亭鶴瓶(当代) - 本項を参照。本来なら2代目に当たるが、当代は特に代数を名乗っていない。

没年月日 =

| 出身地 = 大阪府 弟子入りのきっかけは、入門前のある日、安井金比羅宮で開かれた米朝一門の落語会での6代目笑福亭松鶴の行いを見たことだという。高座に上がった松鶴は「あっ!」と固まった後、見えた僧侶を示して「あの坊さんの頭見たらネタ忘れてもた。オチだけ言うて降りま」と言い、本当にオチだけを言って2分ほどで降りてしまった。それを見て「エライ人や」と思い、松鶴への弟子入りを決めたという。

1972年2月14日、11番弟子として入門、「鶴...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる