「笑福亭鶴瓶」とは?

関連ニュース

名放送作家・藤井青銅氏インタビュー(上) 若き日の古舘伊知郎、大瀧詠一さんとの思い出 - 04月27日(木)07:00 

 手塚治虫、星新一、大瀧詠一、古舘伊知郎、松田聖子、伊集院光、デーモン閣下、いっこく堂、オードリー…。テレビ番組やラジオ番組の台本を手がける、放送作家という立場から芸能界を眺めてきた藤井青銅氏(61)の新著『幸せな裏方』(新潮社)には、ジャンルも世代も異なる顔ぶれがズラリ。ページをめくるたびに、目からウロコの裏話が満載だ。時には放送作家という立場を越えて、あらゆる“仕掛け”に関わってきた藤井氏に、同書に登場する有名人たちとのエピソードを聞いた。 【写真】古舘の息子も出演 朝ドラ『ひよっこ』新キャスト ■古舘流の配慮に感激 鶴瓶、さんまとは違ったトークの特徴とは?  同書の冒頭を飾るのは、フリーアナウンサー・古舘伊知郎(62)との若き日の交流。遡ること31年前の1986年、ラジオ番組『古舘伊知郎の独占!オールニッポンヒット歌謡』(ニッポン放送)に放送作家のひとりとして関わっていた藤井氏は、その時に起きた時事ネタを“古舘節”で語るというコーナーの台本を担当していた。ラジオのパーソナリティーには大きく分けて「しゃべりが苦手で、台本からあまり外れずに話す」「しゃべりに自信があるため、台本から逸脱して自分流に話す」の2つのパターンがあるというが、古舘はそのどちらにも属していなかったと藤井氏は熱弁を振るう。 「古舘さんは、僕ら作家が書いた台本をちゃんと活かして読んだ上で、そこに自分のし...more
in English
カテゴリー:

泉谷しげる、内田裕也が「嫌い」と過激発言 - 04月26日(水)20:32 

ミュージシャンの泉谷しげるが、4月25日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)にゲスト出演し、「嫌いなアーティスト」について語った。MCの笑福亭鶴瓶から、数いるアーティストの中で「誰が1番ムカつく?」と質問された泉谷は「とにかく悟ったような奴が嫌いだな……例えば内田裕也とか」とニヤリ。スタジオが爆笑に包まれると、さらに「あの野郎、妖怪博士みたいじゃねぇかよ!」と重ねた。自分から過激発言を誘っておきながらも、まさかの暴走に鶴瓶はタジタジ。「知らん知らん。(ステッキで)刺されるで!」と止めるが、「来い裕也この野郎。勝負してやるぞ」とカメラ目線で挑発する泉谷。鶴瓶は「アカン! ステッキ持ってきはるよ!」と語気を強めたものの、それでも「来いよ。俺だってステッキくらい持ってるぞ」と止まらない泉谷に「無茶苦茶や」と苦笑いを浮かべる鶴瓶。しかし、鶴瓶が「あの人オモロいやん」と印象を語った際には「まぁな。ある意味じゃ国宝だな」と認める場面も。だが内田のロックな生き方について話が及ぶと「ああいう人間なんだな。大迷惑じゃん」と一刀両断。最後に、いまだに腑に落ちないことがあれば国会へ出向く内田の行動について「お前に関係あんのかっていう。あいつが税金払ってるとは思えんわい!」とコメント。鶴瓶から「払ってはるわ!」と笑いながらツッコまれていた。 ...more
in English
カテゴリー:

吉永小百合×滝田洋二郎監督「北の桜守」18年3月公開!ポスター&超特報完成 - 04月25日(火)05:00 

 吉永小百合が主演する滝田洋二郎監督作「北の桜守」が、2018年3月に公開されることが決まり、ポスタービジュアルと超特報映像が披露された。極寒の北海道・網走で撮影された、物語の重要シーンをとらえている。 ・【動画】「北の桜守」超特報  吉永の120作目となる映画出演作で、北海道を舞台にした「北の零年」「北のカナリアたち」に続く“北の三部作”の最終章に位置付けられるヒューマンドラマ。「おくりびと」で日本初の米アカデミー賞外国語映画賞を戴冠した名匠・滝田監督がメガホンをとり、戦中から戦後にかけて北の大地で懸命に生きた親子の約30年にわたる軌跡を描く。  1945年、樺太で家族と暮らしていた日本人女性・江蓮てつ(吉永)は、ソ連軍の侵攻によって土地を追われ、息子2人を連れて北海道の網走にたどり着く。やがて時は経ち71年、行方知れずの夫を1人で待っていたてつは、アメリカで成功をおさめた次男・修二郎(堺雅人)と札幌で同居することになるが、戦禍のPTSDに悩まされていく。  特報映像とポスタービジュアルは、てつが幼い修二郎とともに、海に向かって夫の無事を祈るシーンを切り取っている。吹き荒れる吹雪のなかで、寒さに耐え忍ぶ姿から、苦難に負けず必死で生き抜こうとする強い意志が伝わってくる。  2月16日に網走でクランクインした本作。厳冬のロケ撮影のメインは、流氷が眼前に広がる海岸での撮影であ...more
in English
カテゴリー:

【芸能】タモリと鶴瓶も激怒させた!? 森脇健児が謝罪 - 04月21日(金)22:29 

4月16日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、タレントの森脇健児(50)が出演。 温厚な人柄で知られているタモリ(71)を激怒させた真相を告白する場面が見られた。 この日、森脇は自身を「究極の勘違い野郎」と言い「全然面白くないのに自分のことをメッチャ面白いと勘違いしてしまった先生」として登場。 冒頭で真野恵里菜(26)に自分のことを知っているかと聞いたところ、真野はインターネットで調べようと森脇の名前を検索したところ、 関連するワードに「干された」と出たと答え、森脇は...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

中居正広の「パンチパーマの兄」を柳沢慎吾が表現 - 04月19日(水)17:32 

タレントで俳優の柳沢慎吾が、4月18日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)にゲスト出演。中居正広の兄とのエピソードを明かした。同番組は、街行く人々の何気ない日常会話の中にあるちょっと心温まる話や、ちょっと意外な話など、十人十色の人間模様をきっかけに、MCの笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ。今回、柳沢の“気になるチマタ”として「兄弟姉妹の残念なエピソード」を、巷の人々に聞いてみることに。そんな柳沢は、「高校の時、夜中に帰ってきた姉がはしごを使って家に入ろうとしたが、後ろに倒れて家の瓦に衝突し、父親にバレて顔を蹴られていた」というエピソードを公開。実際にインタビューした人からは「妹がヤンキーと付き合っている」「姉妹が救急車に運ばれるまで(お酒を)飲む」「兄が28歳で童貞」という話が飛び出した。このVTRを見ていた鶴瓶が「兄弟ってオモロい。中居(正広)のお兄さんの話とか」と言うと、柳沢も「中居のお兄さんのことは鮮明に覚えている。たった1回しか会ってないのに」と話し出し、「『味いちもんめ』(のドラマで共演した)の時、“中居、今日収録の時どうする? 飯食いに行く?”と誘ったら、“今日兄貴来てんすよ~フーフー”」と、まず中居のモノマネを披露。続けて「“兄貴連れて来いよ! あそこのステーキハウスいるから”って言ったら、“じゃあ俺、兄貴迎...more
in English
カテゴリー:

女子レスリング伊調馨が激白! 一番印象に残った対戦相手とは? - 04月27日(木)06:00 

5月5日(金・祝)夜11時から放送の「A-Studio」(TBS系)に、女子レスリングの伊調馨選手が登場する。 【写真を見る】収録後、番組アシスタントのemmaは伊調馨選手に「私も技をかけられてみたいです!」とおねだり/(C)TBS 笑福亭鶴瓶らは、伊調馨選手の姉・千春さんを取材。かつて、馨選手と共にオリンピックの舞台で戦っていた千春さんは、姉妹で金メダルを目指していた当時の思い出を語る。 馨選手も「千春は減量が多く、その姿を見るのがつらかった」と、当時の心境を告白。互いを思いやる姉妹の姿に、鶴瓶も「ええ家族や」と感動する一幕も。 また、馨選手の恩師である沢内和興さんにも取材を遂行。毎回オリンピックの前に、必ず直筆のメッセージを書き込んだハンカチを伊調にプレゼントしていたことを語り、馨選手は沢内さんへの感謝を述べる。 ほか、馨選手の学生時代のエピソードも明らかに。馨選手が練習を一カ月以上休んだ時に、沢内さんが取った意外な行動にスタジオも騒然。 さらに、馨選手は今まで試合で戦った相手で一番印象に残っている選手の名前を告白。「世界選手権ではいつも決勝で戦っていました」と語り、試合当時の思い出を明かす。 【関連記事】 ・三浦貴大、友和&百恵の夫婦仲に憧れるも「俺は無理かな(笑)」 ・ViVi人気No.1モデルemmaがビジュアルスタイルブック発売! ・「A-Studio」新アシスタント...more
in English
カテゴリー:

泉谷しげる、内田裕也が「嫌い」と過激発言 - 04月26日(水)20:00 

ミュージシャンの泉谷しげるが、4月25日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)にゲスト出演し、「嫌いなアーティスト」について語った。MCの笑福亭鶴瓶から、数いるアーティストの中で「誰が1番ムカつく?」と質問された泉谷は「とにかく悟ったような奴が嫌いだな……例えば内田裕也とか」とニヤリ。スタジオが爆笑に包まれると、さらに「あの野郎、妖怪博士みたいじゃねぇかよ!」と重ねた。自分から過激発言を誘っておきながらも、まさかの暴走に鶴瓶はタジタジ。「知らん知らん。(ステッキで)刺されるで!」と止めるが、「来い裕也この野郎。勝負してやるぞ」とカメラ目線で挑発する泉谷。鶴瓶は「アカン! ステッキ持ってきはるよ!」と語気を強めたものの、それでも「来いよ。俺だってステッキくらい持ってるぞ」と止まらない泉谷に「無茶苦茶や」と苦笑いを浮かべる鶴瓶。しかし、鶴瓶が「あの人オモロいやん」と印象を語った際には「まぁな。ある意味じゃ国宝だな」と認める場面も。だが内田のロックな生き方について話が及ぶと「ああいう人間なんだな。大迷惑じゃん」と一刀両断。最後に、いまだに腑に落ちないことがあれば国会へ出向く内田の行動について「お前に関係あんのかっていう。あいつが税金払ってるとは思えんわい!」とコメント。鶴瓶から「払ってはるわ!」と笑いながらツッコまれていた。 ...more
in English
カテゴリー:

三浦貴大、友和&百恵の夫婦仲に憧れるも「俺は無理かな(笑)」 - 04月22日(土)10:00 

4月21日放送の「A-Studio」(TBS系)に、三浦貴大がゲスト出演した。 【写真を見る】三浦貴大を一喝した笑福亭鶴瓶。次回のゲストはYOU/(C)TBS 俳優・三浦友和を父に持つ貴大は、2010年公開の映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」で役者デビュー。父の背中を追い掛けるのと同時に、母・百恵の“主婦”という仕事にも昔から憧れを抱いていたという。 国民的スターだった母は、結婚と同時に芸能界を引退。その後は主婦としての日々を過ごす母の姿について、貴大は「家を守るっていう格好良さみたいなものがすごくあって」と語る。笑福亭鶴瓶も「夫と家族のために守り続けるというのもスゴいよね」と共感した。 自身の結婚の話題になると「10代後半くらいから絶望してるんですよ」と貴大。ずっと仲の良い両親を見て育ってきたため「(両親みたいな理想の結婚相手を見つけるのは)俺は無理かなって(笑)」と貴大がぼやくと、鶴瓶は「(そんな弱気じゃ)アカン!」と一喝した。 次回、4月28日(金)放送の「A-Studio」のゲストはYOU。 【関連記事】 ・春風亭昇太、弟子を取るのは“師匠への恩返し” ・東出昌大、卒業式の第2ボタンにまつわる切ない過去 ・ViVi人気No.1モデルemmaがビジュアルスタイルブック発売! ・ウエンツ瑛士が小池徹平に内緒で用意したのは…
in English
カテゴリー:

高島彩アナ、タモリ&鶴瓶の言葉に救われた過去告白 - 04月20日(木)15:33 

 フリーアナウンサーの高島彩(38)が、20日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演。行き詰まっていたというフジテレビの局アナ時代に、タモリと笑福亭鶴瓶から掛けられた言葉に救われたと明かした。  「職業柄、キチッとしている人だと思われが…
in English
カテゴリー:

中居正広の「パンチパーマの兄」を柳沢慎吾が表現 - 04月19日(水)17:30 

タレントで俳優の柳沢慎吾が、4月18日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)にゲスト出演。中居正広の兄とのエピソードを明かした。同番組は、街行く人々の何気ない日常会話の中にあるちょっと心温まる話や、ちょっと意外な話など、十人十色の人間模様をきっかけに、MCの笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ。今回、柳沢の“気になるチマタ”として「兄弟姉妹の残念なエピソード」を、巷の人々に聞いてみることに。そんな柳沢は、「高校の時、夜中に帰ってきた姉がはしごを使って家に入ろうとしたが、後ろに倒れて家の瓦に衝突し、父親にバレて顔を蹴られていた」というエピソードを公開。実際にインタビューした人からは「妹がヤンキーと付き合っている」「姉妹が救急車に運ばれるまで(お酒を)飲む」「兄が28歳で童貞」という話が飛び出した。このVTRを見ていた鶴瓶が「兄弟ってオモロい。中居(正広)のお兄さんの話とか」と言うと、柳沢も「中居のお兄さんのことは鮮明に覚えている。たった1回しか会ってないのに」と話し出し、「『味いちもんめ』(のドラマで共演した)の時、“中居、今日収録の時どうする? 飯食いに行く?”と誘ったら、“今日兄貴来てんすよ~フーフー”」と、まず中居のモノマネを披露。続けて「“兄貴連れて来いよ! あそこのステーキハウスいるから”って言ったら、“じゃあ俺、兄貴迎...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「笑福亭鶴瓶」の画像

もっと見る

「笑福亭鶴瓶」の動画

Wikipedia

笑福亭 鶴瓶(しょうふくてい つるべ)は、上方落語名跡

  • 初代 笑福亭鶴瓶(生年不詳 - 1944年2月)は、後の林家染八。初め4代目笑福亭松鶴の門下で、師が一旦芸界を離れた時に、2代目林家染丸の門下に移る。本名は金谷伊太郎。当代の命名時に松鶴もその存在を語り、2代目であると告げている。
  • 笑福亭鶴瓶(当代) - 本項を参照。本来なら2代目に当たるが、当代は特に代数を名乗っていない。

没年月日 =

| 出身地 = 大阪府 弟子入りのきっかけは、入門前のある日、安井金比羅宮で開かれた米朝一門の落語会での6代目笑福亭松鶴の行いを見たことだという。高座に上がった松鶴は「あっ!」と固まった後、見えた僧侶を示して「あの坊さんの頭見たらネタ忘れてもた。オチだけ言うて降りま」と言い、本当にオチだけを言って2分ほどで降りてしまった。それを見て「エライ人や」と思い、松鶴への弟子入りを決めたという。

1972年2月14日、11番弟子として入門、「鶴...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる