「笑福亭仁鶴」とは?

関連ニュース

【芸能】桂文枝、アキラ100%の裸芸に疑問「技を審査するのか」 - 10月15日(日)17:59  mnewsplus

 落語家の桂文枝が15日、京都市内の各地で開催中の『京都国際映画祭』(きょう15日まで)内で行われた SDGs(持続可能な開発目標)のPRイベントの映画『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。 それだけや。』(21日公開)の舞台あいさつに参加。ピン芸人・アキラ100%のお盆芸に対する持論を語った。  同作は、2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐために、5年の歳月をかけて製作。 笑福亭仁鶴、西川きよし、明石家さんま、ダウンタウンといった大物から気鋭の若手芸人まで全106組 180人の芸人たちに...
»続きを読む
カテゴリー:

【京都国際映画祭】桂文枝、アキラ100%の裸芸に疑問「技を審査するのか」 - 10月15日(日)15:35 

 落語家の桂文枝が15日、京都市内の各地で開催中の『京都国際映画祭』(きょう15日まで)内で行われたSDGs(持続可能な開発目標)のPRイベントの映画『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。』(21日公開)の舞台あいさつに参加。ピン芸人・アキラ100%のお盆芸に対する持論を語った。 【写真】品川祐、ミキらも登場した舞台あいさつの模様  同作は、2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐために、5年の歳月をかけて製作。笑福亭仁鶴、西川きよし、明石家さんま、ダウンタウンといった大物から気鋭の若手芸人まで全106組180人の芸人たちに、監督兼インタビュアーの木村祐一が肉薄する。  この日は桂文珍、月亭八光、月亭八方、桂文枝のエピソードが上映された。文枝は今でも創作落語を作り続けており、その数は280本となった。「だんだん、そんなことより僕自身を見てもらって、ちょっと笑っていただければ。もちろん爆笑の方がいいですけど、爆笑をとればいいってもんじゃない。心にキュッと残ればいいというような感じ」と今の心境を語った。  また、現在は聞かせる笑いが少なくなっているとも。「R-1(ぐらんぷり)の審査員をやっているときに(お盆で股間を隠す仕草をしながら)こういう人が出てきたときに何を、どこを審査したらいいのかな、と。見えないようにする、その技を審査する...more
カテゴリー:

【京都国際映画祭】ノンスタ石田相方謹慎で西川きよしとで意気投合 - 10月14日(土)01:22 

 お笑いコンビ・NON STYLEと西川きよしが13日、京都市内の各地で開催中の『京都国際映画祭』(15日まで)内で行われたSDGs(持続可能な開発目標)のPRイベントの映画『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。』(21日公開)舞台あいさつに登壇。石田明ときよしは“相方が謹慎”という共通項を持ち、意気投合した。 【写真】SDGs-1グランプリを制して国際グッズを身につける井上裕介  同作は、2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐために、5年の歳月をかけて製作。笑福亭仁鶴、西川きよし、明石家さんま、ダウンタウンといった大物から気鋭の若手芸人まで全106組180人の芸人たちに、監督兼インタビュアーの木村祐一が肉薄する。  きよしは相方・横山やすしとの思い出話を披露し、突然、涙を流すなど大暴れ。選挙への出馬を振り返ったエピソードで会場を沸かせていた。トークは止まらず、最後は木村が見やすいところに時計を設置し、時間を確認させていた。  また、木村はインタビュー後にピースの又吉直樹が小説『火花』で芥川賞を受賞、オリエンタルラジオは再ブレイクするなど、華やかな道を歩んでいることを明かし、「NON STYLEは、いろいろあって…」と、昨年12月11日に井上裕介が起こした接触事故をイジり笑わせた。  あらためて井上は「今とは全然、違ったこと...more
カテゴリー:

吉本芸人180人の本音に迫る! 木村祐一監督のドキュメンタリー作品が公開 - 10月12日(木)16:55 

吉本興業所属の芸人106組180人に「笑い・芸人」というテーマでインタビューを行い、芸人の本音に迫ったドキュメンタリー作品『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。』。2012年に創業100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと思いを繋げるために企画。監督とインタビュアーを務めるのは、木村祐一。制作期間5年、250時間を超えるインタビューを行い、完成した本作の魅力について木村監督に話を伺った。 【写真を見る】本作の思いを語ってくれたキム兄こと、木村祐一 笑福亭仁鶴、西川きよし、桂文枝、明石家さんま、ダウンタウンなど、師匠クラスの大物から気鋭の若手芸人まで106組180人の芸人たちが「笑い」に対する苦悩など本音に迫った本作。芸人たちが自らのお笑い人生を振り返り、テレビで語ることのない胸の中の思いが明かされ、インタビューの最後に木村監督から「生まれ変わっても、あなたは芸人やりますか?」の質問にどう答えるのか。芸人たちの「お笑い」に対する思いが明かされる作品。 記録映像として企画されたが、芸人たちの悲しみや悔しさ、ウケる喜びなどの思いを伝えたいと木村監督がドキュメンタリー映画として制作することを希望。数々の映画祭でも一部が公開されているが、5年の制作期間を経て、ついに劇場公開が決定した。木村監督は本作を見直して感じることがあると話す。「古いインタビューでも今見直したら、...more
カテゴリー:

【芸能】笑福亭仁鶴が収録4回連続欠席「体調不良のため」 - 10月03日(火)00:33  mnewsplus

 上方落語の重鎮、笑福亭仁鶴(80)が2日、大阪市内で行われたNHK総合 「バラエティー 生活笑百科」の収録を欠席し、これで4回連続の同番組休演となった。 同局は「体調不良のため」と説明した。  仁鶴は今年5月、32年の出演で初めて同番組を欠席。6月に夫人を亡くし、 しばらく喪に服した後に復帰したが、その後は再び、体調を崩しがちになっている。  同番組の収録は8月下旬からこの日まで、4回連続での欠席となったが、同局では 「降板とかそういうことはなく、体調の回復をお待ちしております」とコメント...
»続きを読む
カテゴリー:

【落語界から総スカン】歌丸に続き桂文枝も・・アキラ100%の裸芸に疑問呈す - 10月15日(日)16:03  news

 落語家の桂文枝が15日、京都市内の各地で開催中の『京都国際映画祭』(きょう15日まで)内で行われたSDGs(持続可能な開発目標) のPRイベントの映画『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。』(21日公開)の舞台あいさつに参加。ピン芸人・アキラ100%のお盆芸に対する持論を語った。 【写真】品川祐、ミキらも登場した舞台あいさつの模様  同作は、2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐために、5年の歳月をかけて製作。笑福亭仁鶴、西川きよし 、明石家さんま、ダウンタウンといっ...
»続きを読む
カテゴリー:

中村静香、お酒を飲むシーンの秘話明かす - 10月14日(土)07:00 

グラビアアイドルで女優としても活躍中の中村静香が、10月14日の『バラエティー生活笑百科』(NHK総合、毎週土曜12:15)にゲストで出演。健康的なスタイルと笑顔が魅力の中村は、新幹線の中での忘れ物の話や、さまざまな番組でのロケのエピソード、寒い中での撮影やお酒を飲むシーンでの秘話を披露する。同番組は、時代の変化に即した相談を取り上げ漫才にし、多彩なキャラクターの各相談員がそれぞれの立場からの考え方を、達者な話芸で面白おかしく展開し、暮らしの中のトラブルを笑いの中に解決していくもの。相談室長は、笑福亭仁鶴。相談漫才は、中田カウス・ボタン、三吾・美ユルが担当する。今回の相談、まずは「お試し中に汚したドレス」。友人から8万円のドレスを4万円で買おうと思い、似合うか不安だったのでパーティーにお試しで着ていくことに。あまり評判が良くないので買わないことにしたが、ドレスの袖にシミが……。この場合、ドレスは買い取らなくてはいけないのかを問う。ほかにも、「援助してもらった結婚費用」について相談する。 関連リンク 公式サイト
カテゴリー:

中村静香、お酒を飲むシーンの秘話明かす - 10月13日(金)19:58 

グラビアアイドルで女優としても活躍中の中村静香が、10月14日の『バラエティー生活笑百科』(NHK総合、毎週土曜12:15)にゲストで出演。健康的なスタイルと笑顔が魅力の中村は、新幹線の中での忘れ物の話や、さまざまな番組でのロケのエピソード、寒い中での撮影やお酒を飲むシーンでの秘話を披露する。同番組は、時代の変化に即した相談を取り上げ漫才にし、多彩なキャラクターの各相談員がそれぞれの立場からの考え方を、達者な話芸で面白おかしく展開し、暮らしの中のトラブルを笑いの中に解決していくもの。相談室長は、笑福亭仁鶴。相談漫才は、中田カウス・ボタン、三吾・美ユルが担当する。今回の相談、まずは「お試し中に汚したドレス」。友人から8万円のドレスを4万円で買おうと思い、似合うか不安だったのでパーティーにお試しで着ていくことに。あまり評判が良くないので買わないことにしたが、ドレスの袖にシミが……。この場合、ドレスは買い取らなくてはいけないのかを問う。ほかにも、「援助してもらった結婚費用」について相談する。 関連リンク 公式サイト
カテゴリー:

ほんこん、ダウンタウンのイジりに感謝 『ごっつ』抜てきの秘話も告白 - 10月10日(火)15:53 

 お笑いタレントのほんこんが10日、都内で行われた映画『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。』プレミア試写会後の舞台あいさつに登壇。作品の内容にちなみ、自身のターニングポイントを聞かれると「やっぱり、NSCがあったからかな。最初に今田(耕司)と知り合ってコンビ組んで、別れて、何人かと組んで最後に板尾(創路)やった」と感慨深げに振り返った。  1991年から97年まで放送された、伝説のコント番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演したことも大きな転機になったといい「その頃は新喜劇でやっていた頃で、東京でちゃんとしたコント番組をやったことがない中で、急きょ呼ばれて…。浜田(雅功)さんの一言で『東野(幸治)は協調性がない』ってことで外された」となつかしそうに回顧。  『ごっつ』に出演するにあたって、葛藤もあったそうだが「ツッコミという存在として浜田さんが確実にいるから『自分はどうやって生きていけばいいか』っていうのがあった。そういう術を学びましたね」としみじみ。そんな付き合いがあるからこそ、自身の“ブサイクイジり”も活きてきているといい「やっぱり、ダウンタウンさんはうまい。預けとったらええねん。天ぷらは暴れたらアカン。じっとしていたら、浜田さんの手が伸びてくるから」と笑わせていた。  同作は、2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと...more
カテゴリー:

「笑福亭仁鶴」の画像

もっと見る

「笑福亭仁鶴」の動画

Wikipedia

笑福亭 仁鶴(しょうふくてい にかく)は、上方落語名跡

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる