「竹内涼真」とは?

関連ニュース

和田正人と吉木りさが結婚「楽しいことは二倍に、辛いことはお互いに思いやりながら」 - 11月22日(水)13:30 

俳優の和田正人とタレントの吉木りさが、「いい夫婦の日」である本日11月22日に都内区役所に婚姻届を提出し結婚したことが、それぞれの所属事務所の連名で発表された。2人はすでに同居しており、入籍後も活動を継続。また、吉木は現在妊娠はしていないという。 2人は2016年7月にデートが報じられると、そろってブログで交際宣言。和田は映画『関ヶ原』で黒田長政役を演じたほか、現在放送中の役所広司主演ドラマ『陸王』では、竹内涼真扮する陸上選手・茂木裕人と同じ陸上部員の平瀬孝夫役を演じている。 また、2人からのコメントも寄せられた。内容は下記の通り。 和田正人のコメント 平素より大変お世話になっております。私事ではございますが、本日11月22日、私、和田正人は、吉木りささんと入籍いたしましたことを、謹んでご報告させていただきます。出逢いから今日に至るまで、心豊かな笑顔がたくさん生まれました。「家族」という夢の形に、強い憧れを抱いている私にとって、彼女の存在はかけがえのないものになりました。相も変わらず未熟な私ではございますが、表現者としましても、社会の一員としましても、より一層精進して参りたいと存じます。また、二人で力を合わせ、僅かながらも世の中に貢献できる人生を歩めますよう、一生懸命に努めて参る所存です。いつも応援してくださる皆様、お世話になっております皆様には、今後もご指導を賜りますよう...more
カテゴリー:

[竹内涼真]「残酷な天使のテーゼ」をノリノリ熱唱 ソフトバンク新CM - 11月21日(火)12:05 

 ソフトバンクの「白戸家」シリーズの新CMが21日公開され、俳優の竹内涼真さんが人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」の歌唱を披露していることが分かった。新CMは25日から順次全国放送。  新CM「家族でストレス発散」 ……
カテゴリー:

『シン・ゴジラ』撮影中に見せた市川実日子の庵野秀明への甘え上手っぷりがヤバい「ねぇねぇ監督って、巨神兵描けるの~?」 - 11月21日(火)12:00 

 11月17日にアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』が公開されました。  新宿歌舞伎町で本作の公開前に開催されたゴジラ・フェス 2017では、『シン・ゴジラ』の監督・特技監督の樋口真嗣さん、准監督・特技統括の尾上克郎さん、泉修一役の松尾諭さんが集まって、シン・ゴジラの撮影中のエピソードを披露しました。イベントでは、松尾さんが『シン・ゴジラ』に安田龍彦役で出演した高橋一生さんに電話をかける一幕もありました。 ―人気記事― 「映画が始まって2、3分でゴジラが出てくる。本当にテンポがいいんだ。」――『シン・ゴジラ』地上波放送・解説議事録 「『シン・ゴジラ』は東宝への宣戦布告」――庵野秀明に影響を与えた戦争映画の巨匠・岡本喜八を映画評論家が解説 すべての写真付きでニュースを読む ぼくが女性ファンから黄色い声援を受けるなんて 司会:  『GODZILLA 怪獣惑星』はいかがでしたか。 松尾:  すごかったです。戦闘シーンがすごいんですよ。『シドニアの騎士』とか結構見ていたんで、あの感じがします。 司会:  『シン・ゴジラ』とはまた違った世界観ですか。 松尾:  全然違います。 尾上:  東宝さんはまた新しい金脈を見つけたなって(笑)。儲けていただかないと次のゴジラが作れないからね(笑)。 司会:  『シン・ゴジラ』...more
カテゴリー:

『陸王』第5話、山崎賢人演じる息子の活躍に「たくましくなったね…」 - 11月20日(月)10:49 

 役所広司が主演を務める日曜劇場『陸王』(TBS系/毎週日曜21時)の第5話が19日に放送され、SNS上では、苦境に陥った「こはぜ屋」を救おうと奮闘する山崎賢人演じる大地の活躍に喝采が贈られた。【関連】「山崎賢人」フォトギャラリー ドラマ『陸王』は、『半沢直樹』『下町ロケット』の池井戸潤の同名小説を、『半沢』『下町』のドラマスタッフが映像化。創業100年を誇る老舗足袋メーカー・こはぜ屋4代目社長の宮沢紘一(役所)が経営不振に陥った会社存続のために、足袋製造のノウハウを活かしたランニングシューズ「陸王」を開発し、世界的シューズメーカー・アトランティス社と対峙していく姿を描く。 第5話では、「陸王」の開発資金がかさみ、足袋の利益を侵食してしまう状況に陥ったこはぜ屋。当面の資金繰りに頭を悩ませていた宮沢は、「陸王」開発のために試行錯誤しているシルクレイのソール技術を応用した新しい地下足袋の開発を思いつく。ほどなく製品化に成功した新しい地下足袋「足軽大将」は、大きな反響を得てヒット商品へと成長。そんな中、宮沢の息子・大地(山崎)は「陸王」開発に携わるかたわら就職活動を続け、大手食品会社の一次面接を通過していた。 一方、「陸王」に足を通した茂木(竹内涼真)の元をアトランティス社の佐山(小籔千豊)が訪れ、茂木のために開発した新型のRIIと、こはぜ屋の信用情報調査票を差し出す。佐山はこはぜ屋の経...more
カテゴリー:

山崎賢人SPインタビュー「ボロボロになっても頑張る大地はカッコいい」【陸王連載】 - 11月19日(日)16:08 

池井戸潤原作の小説をドラマ化、骨太のストーリーで好評を博している日曜劇場「陸王」(TBS系)。 【写真を見る】共演の竹内涼真について「竹内くんは100%な感じがする人!」と山崎/撮影=横山正人 今夜(11/19)放送の第5話では、宮沢(役所広司)の息子・大地(山崎賢人)が、「陸王」に欠かせないシルクレイのピンチに立ち向かう。これまで親父には何かと反発していた大地が、どのような成長を見せるのか、撮影エピソードを含め、山崎賢人にSPインタビューを敢行!! ■ 第5話は演じている僕自身も泣きそうになりました ――ここまで撮影が進んで、大地に対する印象はクランクイン前から変わりましたか? 「大地は回を重ねる毎に、本当に成長を感じられる役だなと思っています。小説と違っていたのは、最初から熱い部分を持っている男として表現されていることでしたね。親父(役所広司)と茂木選手(竹内涼真)が出場するマラソンを見に行った時に、茂木選手の話をする熱量とか。あまり親父と会話をしていない関係性なのに凄く熱く語っていたので、就職活動がうまくいっていないもやもやはあっても、何かをやりたいんだというパワーをちゃんと持っている男なんだなと」 ――だからなのか、第1話から大地が親父の背中を見る表情には優しさが浮かんでいます。 「ありがとうございます(笑)。そこは福澤(克雄)さんの演出もあります。“大地は表に出さないだ...more
カテゴリー:

『火花』主演・菅田将暉が板尾創路に「芸人役の難しさ」告白 - 11月22日(水)06:00 

「芸人役は難しいなんてもんじゃないですよ。ただ、(ベテラン芸人の)板尾さんがOK出してくれたら、ええやんというか、安心感がありましたね」 そう語るのは、板尾創路(54)が監督した映画『火花』(11月23日全国東宝系公開)で主演を務めた菅田将暉(24)。又吉直樹(37)が芥川賞を受賞した同名小説を原作とする今作で、菅田はお笑いコンビ「スパークス」の徳永を演じている。徳永の相方・山下を演じたのは、実際の芸人である2丁拳銃の川谷修士(43)。もうひとりの主人公、先輩芸人「あほんだら」の神谷は俳優の桐谷健太(37)が務めた。 今回、その撮影現場の裏側を主演の菅田と監督の板尾が語ってくれた。 菅田「たとえば、ピアニスト役だったら、曲を弾けるように練習するとか、明確にできるんですけど……。(芸人役は)お客さんの前に立って、本当に漫才をするってことでしかない気がして。修士さんと2人でネタ合わせをして、撮影の日に初めてお客さんの前に立って、ウケるかどうかわからんけど漫才をやるって感じでした」 板尾「俺らでも初めてのネタをお客さんの前でするのは緊張するからな~」 菅田「もちろん、漫才の台本はあります。でも、『これを自分の力も踏まえて、どうにかせんとあかん』という、漫才師の方々の感じがわかればなって思いでした」 相方を演じる川谷とは19歳差。だが、劇中では同級生...more
カテゴリー:

[竹内涼真]「残酷な天使のテーゼ」をノリノリ熱唱 ソフトバンク新CM - 11月21日(火)12:05 

 ソフトバンクの「白戸家」シリーズの新CMが21日公開され、俳優の竹内涼真さんが人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」の歌唱を披露していることが分かった。新CMは25日から順次全国放送。  新CM「家族でストレス発散」 ……
カテゴリー:

【役所広司主演ドラマ】スカッとした人続出!「陸王」視聴率急上昇で「ドクターX」が射程圏 - 11月21日(火)08:58  mnewsplus

スカッとした人続出!「陸王」視聴率急上昇で「ドクターX」が射程圏 芸能 2017/11/20 18:15 http://asajo.jp/excerpt/41435  役所広司主演ドラマ「陸王」(TBS系)の第5話が11月19日に放送され、平均視聴率は前話から2.3ポイント増の16.8%と自己最高を記録した。  この日のラストは、実業団「ダイワ食品」陸上部員の茂木裕人(竹内涼真)が、大手シューズメーカー・アトランティス社の「RII」ではなく、こはぜ屋の「陸王」を履きレースに挑む。 その姿に、こはぜ屋社長(役所)以下、応援に来ていた社員一同感激し、今までの...
»続きを読む
カテゴリー:

読者票が圧倒的支持! 「コード・ブルー―」がドラマアカデミー賞・最優秀作品賞を受賞 - 11月20日(月)07:00 

'17年夏クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第94回ドラマアカデミー賞」の最優秀作品賞に、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」が選ばれた。 【写真を見る】作品では、フライトドクターたちの葛藤や苦悩がリアルに描かれた/(C)フジテレビ 今回行われた得票結果では、「コード・ブルー―」の読者票が2位以下に3倍もの差をつけて1位を獲得。他を寄せ付けない圧倒的な得票数により最優秀が確定した。視聴者からは「より登場人物の関係にフォーカスされ、エンターテインメント性が強化された」と感想が。また、「一人前になった医師が直面する、人間らしい物語が見どころだった」と前作のファンからも好評の声が、多数よせられた。 今回、受賞した「コード・ブルー」の増本淳プロデューサーに話をうかがい、3rdシーズンを終えての気持ちや、さらに'18年に公開される映画への意気込みを聞いた。 ――まずは、3rdシーズンを終えたときのお気持ちをお聞かせください 感謝と安堵…ですかね。 ――安堵…というと、スタート前は不安があったのでしょうか もちろんです。元々、1stシーズンから、この番組は視聴率をとる企画ではないと思ってやってたんですよね。後味が悪い、見た人にストレスをかける番組じゃないですか。いわゆる王道の医療ドラマ―例えば天才外科医の主人公がいて、そこ...more
カテゴリー:

「ハロー張りネズミ」大根仁が監督賞に輝く「またいつかプライム帯ドラマに挑戦したい」 - 11月19日(日)13:45 

深夜ドラマを経て、ゴールデンタイムのドラマに初挑戦した大根仁氏が、夏クールのドラマを対象にした「第94回ドラマアカデミー賞」監督賞に輝いた。 【写真を見る】瑛太演じるゴローらの活躍が描かれた「ハロー張りネズミ」/(C)TBS ドラマ「ハロー張りネズミ」では、弘兼憲史の同名漫画をドラマ化し、東京・下赤塚にある「あかつか探偵事務所」で働くゴロー(瑛太)が、相棒の木暮(森田剛)、蘭子(深田恭子)、所長のかほる(山口智子)らと共に難事件に挑む姿が描かれた。今作では、全話の脚本と演出を担当し、大きな評価を得た大根氏に受賞の感想を聞いた。 ――最優秀監督賞受賞のお気持ちをお聞かせください。 最初で最後のゴールデン・プライム帯のドラマのつもりで作ったので、このような賞をいただき、光栄です。また全話脚本・演出という、従来のテレビドラマの制作体制にはありえないスタイルを受け入れてくださった、TBSの皆様に感謝します。ただ、視聴率という結果を残せなかった事に関しては、曲がりなりにもプロとして、申し訳なく思っています。 ――投票された方からは、「大根監督らしいスタイルで撮り切ってくれた」と喜び声を多くいただきました。今回の作品でこだわった点や、貫いたことなどを教えてください。 これまでやってきたことの集大成であることと、今までやってこなかったことの両立を目指しました。また、どこかで観たことのあるドラマ感...more
カテゴリー:

もっと見る

「竹内涼真」の画像

もっと見る

「竹内涼真」の動画

Wikipedia

外部リンク
  • ホリプロによる公式プロフィール
  • 竹内涼真 公式ブログ - LINE BLOG
  • :テレビドラマの役柄名義であるが、2014年9月まで竹内の公式Twitterとして使用されていた。

...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる