「竹下登」とは?

関連ニュース

人が動く! 人を動かす! 「田中角栄」侠(おとこ)の処世 第65回 - 04月21日(金)10:03 

腹心、二階堂進の反乱を抑えた田中角栄には、踵を接するように次の難題が忍び寄っていた。田中派のもう1人の幹部、竹下登の反乱であった。二階堂の反乱が、その引き金になった形で...
in English
カテゴリー:

1億円のバラマキが「村営キャバレー」、「謎のモニュメント」に?! ふるさと創生を教訓に石破茂氏はこう考える - 04月21日(金)06:10 

■地方創生はバラマキか 「1億円差し上げます。何らかの形で将来に役立つように使い切ってください」  こんな風に言われて、現金をポンと差し出されたらどうするだろうか。  マイホームを建てる、車を買う、子供の教育資金にする……そんな真っ当な使い方を考える人もいるだろうが、一方で、手堅い馬券を買う、キャバクラで使いまくる等々、本当に将来に役立つのか怪しい使い方をする人もいるかもしれない。  これを実際に全国規模で、地方自治体を対象に行ったのが、1980年代末、竹下登内閣での「ふるさと創生事業」だろう。  全国の自治体に、自由に使ってよいということで1億円を交付したこの政策は、実施当初から「バラマキだ」という批判が根強かった。というのも、真面目な事業に使ったり、貯金したりした自治体ばかりではなかったからだ。  使いみちに困ってしまい、効果のよくわからないモニュメントに使う自治体も珍しくはなかった。当時話題になった、個性あふれる使いみちをいくつかあげると……。 ・秋田県仙北郡仙南村(現在の美郷町)では「フォーラムハウス」という名目の「村営キャバレー」 ・青森県上北郡百石町(現在のおいらせ町)では緯度がニューヨークと同じという理由で「自由の女神像」 ・青森県西津軽郡木造町(現在のつがる市)の木造駅正面には「巨大土偶」 ・兵庫県津名郡津名町(現在の淡路市)では手で触れられる「金の延べ棒」 ...more
in English
カテゴリー:

「竹下登」の画像

もっと見る

「竹下登」の動画

Wikipedia

竹下 登(たけした のぼる、1924年〈大正13年〉2月26日 - 2000年〈平成12年〉6月19日)は、日本政治家位階正二位勲等は大勲位。

島根県議会議員(2期)、衆議院議員(14期)、内閣官房長官(第35・38代)、建設大臣(第38代)、大蔵大臣(第84・86・87・90代)、内閣総理大臣(第74代)、自由民主党幹事長自由民主党総裁(第12代)などを歴任した。

概要

自由民主党の最大派閥であった経世会の創設者。総理大臣としてはふるさと創生1億円、消費税導入な...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる