「竹下景子」とは?

関連ニュース

ドラマ「越谷サイコー」主演! 佐久間由衣さんにインタビュー - 02月21日(水)13:05 

■ 埼玉県越谷市を舞台にしたドラマの主演に抜擢 【写真を見る】「笑えるところはすごく笑えますし、家族の絆などが描かれている場面ではほっこりします」  2/28#水#に放送されるドラマ「越谷サイコー」。埼玉県越谷市を舞台にしたホームコメディの主演を務めるのが佐久間由衣さん。 「台本をいただいて読み始めたらすごく面白くて、あっという間に読み終えてしまいました。私が演じる加奈子は住宅販売会社に勤めていて、おばあちゃんと2人で古い家に暮らしています。大きな目標を持っていて意志の強い時子(『ひよっこ』17年 NHK総合ほか)や過去の出来事など多くを抱えている香澄(『明日の約束』17年 関西テレビ・フジテレビ系)のような役とは違った、現代を生きる普通の価値観を持った女の子は私にとって初めての挑戦なので、ぜひ演じてみたいと思いました」  加奈子の祖母を演じるのは竹下景子さん。そして先祖の幽霊を演じるのは佐藤二朗さん。笑いあり、感動ありの本作で、佐久間さんも新たな一面を見せてくれている。 「最初は探り探りといいますか、現場ででき上がるものに身をすべて任せようという気持ちで入りましたが、監督や竹下さん、佐藤さんなど、たくさんの方に支えていただいて、わからないことも丁寧に教えてもらいました。特に佐藤さんとは2人での掛け合いのシーンがすごく多いのですが、本当に勉強になりました。笑えるところはすごく笑え...more
カテゴリー:

西田敏行、竹下景子「日曜名作座」放送61年の思いを語る - 02月10日(土)12:21 

西田敏行、竹下景子の声の演技でつづられるラジオドラマ「新日曜名作座」(毎週日曜夜7:20‐7:50、ラジオ第一)が4月で10周年を迎える。 【写真を見る】2人が担当になって10年、放送開始から61年の思いを打ち明ける/(C)NHK 同番組は、森繁久彌と加藤道子が1957年から2008年までの51年間にわたり放送してきた「日曜名作座」を、西田と竹下が引き継いだ新シリーズ。会見に応じた2人は、番組を担当することになってから10年が経った感想や、合わせて61年となった長寿番組に出演している思いなどを語った。 西田は「もう10年経ったのかと、そんな思いでいます。森繁さんとお会いすると『ラジオはいいぞ。ラジオは楽しい』といつもおっしゃっていました。そのことが10年やらせていただいて、つくづく感じます。 私も幼少のころはラジオで『笛吹童子』や『一丁目一番地』など、いろいろな番組を聞かせていただき情操を育んだんですね。そのおかげで、この優しい立派な人間が形成されたんだと思っております(笑)。ラジオという耳で聞く感覚は、お子さんの情操を育む媒体ではないかなと考えています」と語る。 また、森繁から引き継いだときの気持ちを「森繁さんがライフワークのように務めていた番組でしたから、森繁さんのパワーを全部引き継ぐことになるなという半端に関わることはできない思いでした。喜びもありましたけれど、緊張はそれに勝...more
カテゴリー:

「竹下景子」の画像

もっと見る

「竹下景子」の動画

Wikipedia

竹下 景子(たけした けいこ、本名;関口 景子、1953年9月15日 - )は、日本の女優。父は弁護士竹下重人。夫は関口照生。次男は関口アナム

経歴 出生から学生時代まで

愛知県名古屋市東区生まれ週刊朝日 1882年2月12日105ページ。父親の重人が名古屋国税局から国税庁に転勤となったため斉藤明美家の履歴書 男優・女優篇キネマ旬報社、2011年、p46-50、4歳から一年間東京都中野区板橋区で、5歳から10歳までは東京都東村山市で育ったアグネス・チャンさん : 教育を語る : 子ども応援便り、名作をポケットに 大岡昇平「武蔵野夫人」 - NHKアーカイブス保存番...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる