「竹下景子」とは?

関連ニュース

「わろてんか」17話「カリオストロの城」かと思った、ルパンのはずが五ェ門だけど - 10月21日(土)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「一生笑わしたる」第17回 10月20日(金)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博17話はこんな話蔵に閉じ込められたてん(葵わかな)のもとへせっせと訪ねてくる藤吉(松坂桃李)のおかげで、てんが久しぶりに笑顔になったが、儀兵衛(遠藤憲一)に見つかってしまう。 泥棒さんっててんと藤吉の恋はもう止まらない。SNSでもざわついていたが、囚われの身のてんを、藤吉がちょっとしたパフォーマンスで笑わせるこのシチュエーションは、名作中の名作アニメ「カリオストロの城」を思わせる。藤吉を「泥棒」(じっさいはキースが泥棒をしたのだが)にして、出会いの場で“大泥棒・石川五右衛門”(チョコで口を泥棒ヒゲにしたチョコ衛門ネタ)をやってから8年め。囚われたてんの前で、もう一度そのネタをやったことで、ようやく、囚われの花嫁・クラリスが「泥棒さん」とかわいくルパンを呼んでいたことと重なった。芸人としてさっぱり芽の出ない藤吉が、大好きなてんのためだけに、スペシャルな“石川チョコ衛門ネタ”を考案し、披露して、てんは彼の「一番のご贔屓さん」だと認める。とってもすてきなエピソードである。松坂桃李が満月を背にして見得を切るシルエットもいい画だ。ルパンだけど五ェ門、というところはくすりと笑える「わら点」にもなる...more
カテゴリー:

「わろてんか」15話。お約束の連続にもだんだん慣れてきた - 10月19日(木)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「一生笑わしたる」第15回 10月18日(水)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博15話はこんな話てん(葵わかな)は、藤吉(松坂桃李)とキース(大野拓朗)を藤岡家の蔵に匿っていたら、儀兵衛(遠藤憲一)にバレてしまう。 風太の損な役回りてんが藤吉を蔵に匿っているのを見つけた風太(濱田岳)。「おれが川に沈めたる」などとかなり物騒な台詞も吐きながら、武士の情けで、怪我が治るまではそっとしておこうとする。それだけでなく、見つからないように気を配ったり、傷薬や痛み止めまで用意したり、藤吉の手紙を座頭に届けたり、と涙ぐましい働きを見せる。それもこれも、てんへの想いがあってこそ。いつか、てんが振り向いてくれることを待っている風太に「待ってたら、盗られるだけや」「あんたも待ってるだけだとなくしてまうで」と焚き付けるリリコ(広瀬アリス)。貪欲な彼女は藤吉を取り返そうと、藤岡家に乗り込んで来て、儀兵衛に蔵の秘密がバレてしまう。 リリコも風太も大事な家族(藤吉のことを)「守ってあげたいだけです」というてんに、リリコが、自分には守る家も家族もないと告白。天涯孤独な彼女にべっこう飴をあげて、リリコにすっかり好かれてしまった藤吉は、てんにチョコと笑顔をもらって、好きになってしまい、てんは、小鳥...more
カテゴリー:

「わろてんか」12話。ナレ死、救世主、偶然の再会、予定調和も極まると前衛に見えてくる - 10月16日(月)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第12回 10月14日(土)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博12話はこんな話ある日、伊能栞(高橋一生)が藤岡家を訪問。用件は、てん(葵わかな)が送った、亡くなった長男・新一(千葉雄大)が残した論文を読み、投資をしたいというものだった。新一、ナレ死ナレ死は、朝ドラや大河ドラマにつきものではあるが、今回のナレ死は、おひとが悪い。まず、てんと妹りん(堀田真由)が、新一に向かってお茶碗を差し出しているカットからはじまり、切り替わると、仏壇。新一はすでに亡くなっていることがわかるという流れになっていた。ドラマにおける登場人物の死は、当然ながら創作であり、そこには、視聴者を泣かせたい、感動させたい、登場人物の転機にしたいなど、なんらかの作意がある。今回の冒頭のこれは、新一の死にもうひとつフックをかけたかったのだと思うが、相手は“死”である。しっかり見せるか、さらっとするか、どちらかでよかったのではないか。百歩譲って、主人公たちが、亡くなってもなお、新一と共に生きているところを表している、と考えたい。百歩譲らなかったら、人気ワード「ナレ死」によって、ネットニュースの見出しや、ツイッタートレンドを狙ったのだろうかと想像してしまう。なにはともあれ。千葉雄大、わずか2週...more
カテゴリー:

「わろてんか」9話「よ、待ってました!」声を掛けたかった高橋一生登場シーン - 10月12日(木)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第9回 10月11日(水)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博9話はこんな話お家の事情で結納が早まった藤岡てん(葵わかな)は、藤吉(松坂桃李)に会いに大阪へ向かう。あわや、かどわかしに合いそうになったとき、伊能栞(高橋一生)が現れた。高橋一生、登場。伊能栞の登場場面は、待ってました! と拍手喝采しそうな、芝居小屋でやってる商業演劇の一場面のようだった。朝ドラは、朝の支度のついでに時計代わりに観るものというのが定説だが、「わろてんか」は、お弁当食べながら、完全、リラックスして観たいお約束エンタメだ。少なくとも、9話は、完全にお約束の連続で楽しませてもらった。藤岡家の倉庫が全焼して、商売の巻き返しを賭けて仕入れた洋ぐすりも燃えてしまった。資金繰りのために伊能家とてんの縁談を急きはじめる、お父はん(遠藤憲一)。突然のことに戸惑うてんだったが、縁談反対派だった祖母ハツ(竹下景子)まで縁談派に寝返る(←お約束その1)。「よっしゃ。この結納、わてが整えまひょ。」(ハツ)そこで、風太(濱田岳)らが、ズッコケ。(←お約束その2)「ようみたら、この蝶々結びもよろしいやんか」と嫌っていた服装を褒め始める。さすが、商家の人間。損得で動く。子どもたちに家の懐事情をけどられないよ...more
カテゴリー:

朝ドラ感満載の『わろてんか』、初週は明るく正攻法 今後の「陰」に期待 - 10月10日(火)11:30 

 10月2日にスタートしたNHK連続ドラマ小説『わろてんか』。これは、吉本興業の創業者・吉本せいをモデルにしたと思われる「女性の一代記」。そして、『澪つくし』(85)で明石家さんまがラッパの弥太郎を演じて以来、芸人たちが朝ドラの世界に華を添えてきた流れの「集大成」にあたるような作品である。【関連】連続テレビ小説『わろてんか』完成披露試写会フォトギャラリー 第1話冒頭では、いきなり桂南光による落語の「ちりとてちん」をかけるサービスぶりに、まず驚かされる。『ちりとてちん』といえば、ご存知の通り、放送時間を変更した『ゲゲゲの女房』からの復活を経て『あまちゃん』以降続いている“朝ドラバブル”以前、今からちょうど10年前の作品だ。 視聴率こそ苦戦したものの、いまだに最高傑作として挙げる熱烈なファンが多く、「細かい演出などもチェックするために、(BS・昼放送含めて)1日に3回観る」といったディープな視聴方法が浸透するようになった、ハシリの作品だとも思う。しかも、ヒロインの相手役は、『梅ちゃん先生』で相手役を務めた松坂桃李、父親は『てっぱん』のお父さんの遠藤憲一、母親は『ノンちゃんの夢』以来の鈴木保奈美(※ヒロインではなく、脇で美貌が輝いていた)、祖母は『ゲゲゲの女房』の「イカル」こと、茂の母・絹代役の竹下景子。これ以上ないほどに「朝ドラ」感満載のキャストである。 ヒロイン・てんはまだ顔と名前が...more
カテゴリー:

「わろてんか」鈴木保奈美が明かす、しずの裏設定とは? - 10月20日(金)15:15 

ヒロイン・てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が、“ロミオとジュリエット”さながらの恋模様を繰り広げている連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】高橋一生演じる伊能の訪問シーンは、笑い過ぎて撮影困難に!/(C)NHK こっそり会う2人に、“ギョロ目の鬼さん”こと、てんの父・儀兵衛(遠藤憲一)が怒り狂うなか、母・しず(鈴木保奈美)は儀兵衛とてんの仲を何とか取り持とうと尽力している。おっとりとした天然キャラの奥様ながら、聡明さを兼ね備えた、しずを演じる鈴木保奈美のインタビューを紹介する。 ──“朝ドラ”への出演は今回が2作目ですが、出演が決まった時のお気持ちは? ずっと現代劇ではないものに出演してみたかったですし、京ことばを話す役を演じてみたかったので、とてもうれしかったです! 以前、連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」(1988年)に出演した時はまだこの仕事を始めたばかりで、プロデューサーとディレクターの違いすら分かっていませんでした。とにかく夢中だったせいか実はあまりよく覚えていないので、今回は撮影が始まるのがとても楽しみでした。 ──しずはどんな女性だと思いますか? とにかく朗らかで前向きな人です。京都のいいとこのお嬢様で、きっと、そんなに苦労せず育っているんじゃないでしょうか。 お店のこともお家のことも、母親のハツ(竹下景...more
カテゴリー:

「わろてんか」14話。竹下景子が高橋一生に悶える場面は、あの伝説のホームドラマオマージュか - 10月18日(水)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「一生笑わしたる」第14回 10月17日(火)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博14話はこんな話無許可で見世物をやって露天商に咎めらたキース(大野拓朗)の逃亡劇に巻き込まれた藤吉(松坂桃李)は、てん(葵わかな)をかばって怪我をしてしまう。 許されぬ恋やリリコ(広瀬アリス)に、藤吉(松坂桃李)が手紙で書いてきたことが嘘だったと教えられたてん。藤吉は売れっ子の芸人ではなく、大阪の米問屋の長男で、ただの放蕩息子であった。その話を聞いたりん(堀田真由)とトキ(徳永えり)は「跡取りの長男長女 ますますたいへん」「許されぬ恋や」と盛り上がる。藤吉のことを引きずるてんは、学校の帰り、お参りに神社に立ち寄ると、また藤吉に出会ってしまう。露天商とのトラブルに巻き込まれて負傷した藤吉を、家の蔵に匿い看病するてん。それを風太(濱田岳)に見られて、また、ひと波乱ありそう。 いい味出してるキース、発展途上の藤吉8年前の出会いといい、いつもキースがトラブルメーカー(及び、てんと藤吉を結びつけるきっかけ)だが、大野拓朗のあっけらかんとした雰囲気が憎めない。大野拓朗は、デビュー時、高学歴イケメン俳優という触れ込みだったが、「とと姉ちゃん」(16年)でコメディリリーフとしての才能を花開かせ、今回も...more
カテゴリー:

「わろてんか」11話「つらいときこそ笑うんや」でも、この笑いはありなのか - 10月14日(土)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第11回 10月13日(金)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博11話はこんな話長男・新一(千葉雄大)の余命がわずかと知らされて、藤岡家一同は意気消沈するが、ふとしたことから笑いが戻ってくる。 そんなアホな13日の金曜日、なかなかヘヴィーなエピソードだった。賛否両論、意見が飛び交うことを目的として作られているのだろうか。なかなか難しいところにトライしているなと感じた。経営難と新一の重体が重なり、笑顔が消えたはずの藤岡家だったが、てん(葵わかな)は率先して明るく振る舞う。それに影響されて、みんなも明るくなっていく。まず、ここ。無理して笑おうとしているてんに合わせて、楽しもうとする風太(濱田岳)が、唐辛子を目にこすってしまい、熱い熱いと泣く。おそらく、彼は、みんなの本音である悲しみを体現しているのだと思うのだが・・・。藤岡家の不運は続く。最後の希望であった結納の件が、伊能家から断られてしまった。てんは、それでも「うちはへいちゃらや」と笑っていたが、彼女以外はもう笑えない。新一の余命が、あと1週間か1ヶ月かわからないが、とにかくあとわずかであると医師から聞いて・・・涙涙のしず(鈴木保奈美)。「そんなアホな」と、自分の非力さを悔しがる儀兵衛(遠藤憲一)。よく使う...more
カテゴリー:

「わろてんか」8話。視聴率は下降、魚と恋と手紙と倉庫は炎上、笑えない展開に - 10月11日(水)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第8回 10月10日(火)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博8話はこんな話縁談が持ち上がった藤岡てん(葵わかな)は、手紙をくれる藤吉(松坂桃李)のことが気になって・・・。視聴率が急降下視聴率が最初の4回が20%を超えて快調と思ったら、いきなり19.3%、17.7%と急降下。秋の3連休だったせいかもしれず。じつは筆者も、月曜日、あれ、今日「わろてんか」だっけ? とわからなくなってしまっていた。連休以外で考えられる問題点としては、物語よりも趣向が先行していたことだ。イケメンを第一にして、1週目が作られていたことは否定できない。初回2回が、松坂桃李のアップ終わりであったこと。そもそも、子供時代から松坂桃李が演じていて、ヒロインが少年少女のときのピュアな出会いと約束が素直に見られなかった。ジブリアニメのような少年少女の感じだったらたぶん、印象的だったと思う。チョコで口のまわりを泥棒ヒゲのように汚すのは、十分大人の松坂桃李よりも、誰か少年がやったほうが微笑ましかっただろう。そして、2週目の初回の終わりも、ラストカットではなかったが、高橋一生(写真)が目立つ構成だった。こういうところばかりが印象に残り、肝心のお話がまだ心に響いてこない。このあざとさを払拭するのは、...more
カテゴリー:

【ドラマ】平岡祐太、4代目浅見光彦に抜てき 当初「尻込み」も新境地に意欲 - 09月28日(木)05:03  mnewsplus

9/28(木) 4:59 スポニチアネックス 平岡祐太、4代目浅見光彦に抜てき 当初「尻込み」も新境地に意欲  俳優の平岡祐太(33)が、TBSの2時間ドラマ「内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ」の主人公、浅見光彦役に抜てきされた。10月30日放送の第1弾「漂泊の楽人 越後~沼津・哀しき殺人者」(後8・00)でデビュー。爽やかな印象の平岡が、お坊ちゃまのルポライター役で新境地を開く。  推理作家内田康夫氏の人気シリーズを原作に1994年から放送されている「浅見光彦シリーズ」が、「新…」にリニューア...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「竹下景子」の画像

もっと見る

「竹下景子」の動画

Wikipedia

竹下 景子(たけした けいこ、本名;関口 景子、1953年9月15日 - )は、日本の女優。父は弁護士竹下重人。夫は関口照生。次男は関口アナム

経歴 出生から学生時代まで

愛知県名古屋市東区生まれ週刊朝日 1882年2月12日105ページ。父親の重人が名古屋国税局から国税庁に転勤となったため斉藤明美家の履歴書 男優・女優篇キネマ旬報社、2011年、p46-50、4歳から一年間東京都中野区板橋区で、5歳から10歳までは東京都東村山市で育ったアグネス・チャンさん : 教育を語る : 子ども応援便り、名作をポケットに 大岡昇平「武蔵野夫人」 - NHKアーカイブス保存番...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる