「競争激化」とは?

関連ニュース

NYのスーパー「トップス」破綻 アマゾンとの競争激化 - 02月22日(木)08:10 

 ニューヨーク州を中心に約170店のスーパーマーケットを展開するトップスマーケッツは21日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。膨らんだ債務の整理の必要性に加え、米インターネット通販アマゾン・コムなどとの競争激化が理由としている。
カテゴリー:

【ローソン】新型コーヒーマシン導入、抽出時間を25秒に短縮 カフェインを97%以上カットしたカフェインレスコーヒーも販売 - 02月21日(水)03:05  newsplus

ローソン/新型コーヒーマシン導入、抽出時間を25秒に短縮 <新型抽出マシン> 流通ニュース 商品/2018年02月20日 https://www.ryutsuu.biz/commodity/k022040.html ローソンは2月20日、店内でいれたてのコーヒーを販売する「マチカフェ」で、新型抽出マシンの導入を進めると発表した。 新型マシン「メリタカフィーナXT6」は現在のマシンと同様のエスプレッソ方式で、現在、約40秒で抽出しているホットコーヒー(S)を約25秒で抽出し、約15秒短縮することができる。 約29秒で抽出しているカフェラテ(M)を約20秒で抽出し...
»続きを読む
カテゴリー:

コンビニが客数低迷。ドラッグストアと競争激化で3年ぶり売上減 - 02月19日(月)05:00 

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「バレンタインデー商戦」に続いて、今回取り上げるのは「コンビニ業界の売上不振」について。2017年は3年ぶりのマイナスとなったコンビニ業界の既存店売上高ですが、その原因とは一体何なのか。また、どんな対応策が考えられるのかを日比谷さんがズバリ解説しています。 既存店売上高の不振が続くコンビニ業界 2017年のコンビニエンスストア業界の売上高(速報値)は、既存店ベースで前年比0.3%減の9兆4738億円と、3年ぶりのマイナスとなった。 店内調理品や総菜などの売れ行きは好調で、平均客単価は同1.5%増の611.5円と4年連続でプラスに。その一方で来店客数は同1.8%減の154億9208万人と、2年連続のマイナスとなっている。 ※出典:日本フランチャイズチェーン協会 こちらは、コンビニ業界における月別の既存店売上前年比をグラフ化したもの。5月をピークとして6月と7月はギリギリの水平飛行だったが、その後はジリジリと数字を落とし続けている。カウンター周辺商品の強化により「プラス1品」の購入が促進され、客単価に関しては上昇基調(+1.5%)だったが、それ以上に客数の減少が止まらないのだ。 客数が下がっている原因には、人口減などの大きな外部環境変化も考えられるが、とはいえ今年の後半から急激に人口が減...more
カテゴリー:

液晶パネルJDI:赤字1006億円 資本提携交渉に遅れ - 02月14日(水)18:52 

 経営再建中の中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は14日、2017年4~12月期の連結決算を発表した。主力のスマートフォン向けの競争激化で販売が減少したほか、構造改革費用も響き、純損益は1006億円の赤字となった。中国・京東方科技集団(BOE)などとの資本提携交渉は、当初想定の今年3月末よりも決着が遅れることも明らかにした。
カテゴリー:

人材派遣が悲鳴!?「売り手市場」のはずが...... 目立つ小規模事業者の倒産 2017年 - 02月13日(火)07:00 

優秀な人材の確保が難しくなっていることや同業他社との競争激化で、人材派遣業者が悲鳴をあげている。2017年の「労働者(人材)派遣業」の倒産は、前年から2割増の76件発生し、2年連続で前年を上回った。東京商工リサーチが2018年2月8日に発表した。人材派遣業の倒産を原因別でみると、最多は「販売不振」(業績不振)の50件(前年比25.0%増、16年は40件)で、全体の65.7%を占めた。深刻な人手不足を背景に、人材派遣業は追い風が吹いているとみられがちだが、同業他社との競争に加えて、派遣スタッフの確保や単価交渉力などで、大手と小規模事業者とで業績に格差が広がっていることがうかがえる。 人材派遣の倒産、前年比24.5%増、負債総額も35.2%増 2017年の企業倒産は全体で8405件(前年比0.4%減)とバブル期並みの低水準だったが、人材派遣業の倒産は24.5%増の76件(2016年は61件)、負債総額も35.2%増の60億2000万円(16年は44億5100万円)と、いずれも2年連続で前年を上回った。 負債10億円以上の大型倒産が1件(16年はゼロ)だったのに対して、負債が1億円未満は59件(前年比18.0%増)と全体の77.6%と増勢。小規模事業者の倒産が目立った。 従業員数別でみると、5人未満の55件(前年比44.7%増、16年は38件)が最多。次いで、5人以上10人未満が14件(...more
カテゴリー:

【コーヒー戦争】コンビニ各社比較 ローソンが25秒で最速 ファミマはカフェラテが生乳 セブンは昨年比1億杯増で豆を1割増量 - 02月21日(水)03:40  newsplus

【コーヒー戦争】コンビニ各社比較 ローソンが25秒で最速 ファミマはカフェラテが生乳 セブンは豆1割増量 各社のスタンスが鮮明: 今度のコーヒーマシンは25秒 ローソンが最速 (1/2) 2018年02月20日 17時16分 公開 [昆清徳,ITmedia] http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/20/news110_2.html  ローソンは2月20日、コーヒーの新型抽出マシンを導入すると発表した。新店や看板替え店舗にはすでに導入しているが、2018年9月から既存店でも順次切り替える予定だ。21年度には約1万4000店への導入を目指す。現在、ホ...
»続きを読む
カテゴリー:

【コーヒー競争激化】職場で「入れたてスタバ」専用マシン貸し出しへ 1杯の価格は自由に設定 - 02月19日(月)08:25  newsplus

スターバックスコーヒージャパンは、スタバのコーヒーをオフィスやレジャー施設など店舗以外で楽しめるサービスを本格的に始める。 専用のコーヒーマシンを企業に有料で貸し出し、店舗と同じ豆を使った品質の高いコーヒーを提供する。今後、5年で500か所に設置することを目指す。 専用マシンはドリップコーヒーのほか、カフェラテなど20種類以上のメニューに対応する。貸出先の企業はコーヒー豆と紙コップを買う必要があるが、1杯の価格は自由に決めることができる。1日あたり100~200杯程度提供することを想定してい...
»続きを読む
カテゴリー:

ソフトバンク、衣料品のネット通販新会社を設立 ストライプと共同出資、先行企業と競争激化 - 02月15日(木)16:16 

 ソフトバンクと衣料品販売のストライプインターナショナル(岡山市)は15日、共同出資会社を設立し、婦人服や紳士服を扱う新たなインターネット通販サイトの運営を始めたと発表した。約600ブランドの約6万点を扱う。3年で約2千ブランドに増やし、大手百貨店と遜色ない品ぞろえを目指す。
カテゴリー:

JDI、2年連続の赤字 最終損益1000億円超、前年同期から大幅悪化 - 02月14日(水)16:30 

 経営再建中の中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は14日、2017年4~12月期の連結決算を発表した。主力のスマートフォン向けでの販売競争激化に加え、構造改革費用も響き、最終損益は1006億円の赤字となった。赤字は2年連続で、前年同期の94億円の赤字から大幅に悪化した。
カテゴリー:

競争激化へ...ネット通販で提携検討 - 02月09日(金)21:22 

競争激化へ...ネット通販で提携検討:ネット通販で提携を検討。...
カテゴリー:

もっと見る

「競争激化」の画像

もっと見る

「競争激化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる