「立石晴香」とは?

関連ニュース

悠木碧&クイズ王・古川洋平さんVSドラえもん&のび太、クイズ対決 - 10月12日(木)16:36 

テレビ朝日系列で放送中の国民的テレビアニメ『ドラえもん』(毎週金曜19:00~)。10月20日の放送より、新作映画にちなんだ楽しいクイズ企画「宝島クイズコーナー」がスタートすることがわかった。同企画は、2018年3月公開の『映画ドラえもん のび太の宝島』にちなみ、映画に登場するオウム型ロボットのクイズ(CV・悠木碧)とその仲間・フルカワクンが、ドラえもんとのび太にクイズを出題するミニコーナー。同日より映画公開日にかけて、6週にわたってオンエアされる。このフルカワクンの正体は、数々のクイズ大会で優勝し「クイズ王」の名を欲しいままにし、同映画でもクイズ監修を担当しているクイズ作家・古川洋平さんだ。同コーナーには、かぶりものを被った本人が、アニメーションと合成される形で出演する。そしてこのコーナーのクイズも、すべて古川さんの監修。子どもから大人まで楽しめる問題ばかりで、家族で盛り上がれること間違いなしだ。そして10月13日の放送では、「宝島クイズコーナー」が次週よりスタートすることを告知すべく、悠木演じるクイズが初登場。また、たったひとつの栗まんじゅうが壮大なハプニングを巻き起こしていく衝撃展開で、ファンの間でも名作と名高いストーリー「バイバイン」も放送される。悠木と古川さんのコメントは以下の通り。<悠木碧>――オウム型ロボット・クイズ役のオファーを受けた感想ドラえもんに参加できることが...more
カテゴリー:

市川猿之助、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が「型破り」な理由 - 10月11日(水)11:49 

歌舞伎役者の市川猿之助が、10月10日に放送された『トーキングフルーツ』(フジテレビ系、毎週火曜24:25~)にゲスト出演。スーパー歌舞伎『ワンピース』への思いや三谷幸喜とのエピソードが語られた。MCの古舘伊知郎は、3~4歳頃から舞台を踏むことが多い歌舞伎役者に対して「心理的な効果はどこにあるのか」と質問。猿之助は「僕が思うに……なぜ4歳からやるかというと、言葉は悪いですが、自意識が芽生えないうちに“洗脳”させるんだと思います。良い意味での“擦り込ませ”ですよね」と語る。さらに「うちの親戚や先輩方でも、子どもの頃は本当にイヤで役者をやってない方も大勢います。(自分は)幸か不幸か嫌いにならなかった。“俺が悲しそうな顔をしたらお客さんが泣いたぞ”って一番初めに感動したんです」と振り返った。猿之助が手がけ、歌舞伎とマンガの世界を融合させた「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『ワンピース』」(現在、猿之助はケガのため尾上右近が代役を務めている)の話題では、古舘が「果敢にやりましたね」と感嘆。すると猿之助は、叔父・二代目市川猿翁が1986年にスーパー歌舞伎を始めたことについて触れ「それが家系なんですかね」と分析。「代々といってもウチは浅いんですけど、そういうことが伝統で続いてしまったんでね。僕も型を破ろうと思ってやっていたわけではなくて、好きなことをやっていたらそれが型破りになっていた……。という...more
カテゴリー:

戦隊ヒロイン立石晴香、AbemaTVドラマで美大生のキャバ嬢役に - 10月11日(水)09:37 

『動物戦隊ジュウオウジャー』(テレビ朝日系列)でアム役を好演した女優の立石晴香が、2018年1月クール『AbemaTV(アベマティーヴィー)オリジナルドラマ進出記念作品#声だけ天使』に、レギュラー出演することが決定。主人公・ケンゾウ役を演じるのは、本ドラマが初の主演作となる若手俳優の亀田侑樹が務める。同ドラマは、劇作家、演出家、劇団扉座の座長であり、「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」など、数々の舞台やドラマを手掛ける横内謙介氏が「AbemaTV」のために書きおろした脚本。アニメの聖地、池袋を舞台に、声優に憧れ上京してきた主人公・ケンゾウと同じ志を持つ4人の仲間の、友情と純愛、挫折と希望を描く青春群像劇。夢追う若者の葛藤や想い、また純愛へのひたむきさといういつの時代も人の心を動かすテーマに、声優という現代の人気職業の切り口と、 “声”や“言葉”の力というエッセンスを入れ、若者のリアルな姿を描きだす珠玉の脚本と、地上波ドラマ作品と並ぶ本格的な制作体制で、総製作費3億円以上をかけた渾身の作品である。主演の亀田は、約1,000人のオーディションの中で、ケンゾウのイメージ通りだったと監督が惚れ込み、その演技力が高く評価された期待の若手俳優。ケンゾウが“声”を届けたことをきっかけに恋をするさくら役は、モデル、女優として活躍する仁村紗和が演じる。そんな中、今回立石が演じるのは、さくらの過去を知る美大...more
カテゴリー:

戦隊ヒロイン立石晴香、AbemaTVドラマで美大生のキャバ嬢役に - 10月11日(水)09:00 

『動物戦隊ジュウオウジャー』(テレビ朝日系列)でアム役を好演した女優の立石晴香が、2018年1月クール『AbemaTV(アベマティーヴィー)オリジナルドラマ進出記念作品#声だけ天使』に、レギュラー出…
カテゴリー:

悠木碧&クイズ王・古川洋平さんVSドラえもん&のび太、クイズ対決 - 10月12日(木)16:30 

テレビ朝日系列で放送中の国民的テレビアニメ『ドラえもん』(毎週金曜19:00~)。10月20日の放送より、新作映画にちなんだ楽しいクイズ企画「宝島クイズコーナー」がスタートすることがわかった。同企画は、2018年3月公開の『映画ドラえもん のび太の宝島』にちなみ、映画に登場するオウム型ロボットのクイズ(CV・悠木碧)とその仲間・フルカワクンが、ドラえもんとのび太にクイズを出題するミニコーナー。同日より映画公開日にかけて、6週にわたってオンエアされる。このフルカワクンの正体は、数々のクイズ大会で優勝し「クイズ王」の名を欲しいままにし、同映画でもクイズ監修を担当しているクイズ作家・古川洋平さんだ。同コーナーには、かぶりものを被った本人が、アニメーションと合成される形で出演する。そしてこのコーナーのクイズも、すべて古川さんの監修。子どもから大人まで楽しめる問題ばかりで、家族で盛り上がれること間違いなしだ。そして10月13日の放送では、「宝島クイズコーナー」が次週よりスタートすることを告知すべく、悠木演じるクイズが初登場。また、たったひとつの栗まんじゅうが壮大なハプニングを巻き起こしていく衝撃展開で、ファンの間でも名作と名高いストーリー「バイバイン」も放送される。悠木と古川さんのコメントは以下の通り。<悠木碧>――オウム型ロボット・クイズ役のオファーを受けた感想ドラえもんに参加できることが...more
カテゴリー:

市川猿之助、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が「型破り」な理由 - 10月11日(水)11:30 

歌舞伎役者の市川猿之助が、10月10日に放送された『トーキングフルーツ』(フジテレビ系、毎週火曜24:25~)にゲスト出演。スーパー歌舞伎『ワンピース』への思いや三谷幸喜とのエピソードが語られた。MCの古舘伊知郎は、3~4歳頃から舞台を踏むことが多い歌舞伎役者に対して「心理的な効果はどこにあるのか」と質問。猿之助は「僕が思うに……なぜ4歳からやるかというと、言葉は悪いですが、自意識が芽生えないうちに“洗脳”させるんだと思います。良い意味での“擦り込ませ”ですよね」と語る。さらに「うちの親戚や先輩方でも、子どもの頃は本当にイヤで役者をやってない方も大勢います。(自分は)幸か不幸か嫌いにならなかった。“俺が悲しそうな顔をしたらお客さんが泣いたぞ”って一番初めに感動したんです」と振り返った。猿之助が手がけ、歌舞伎とマンガの世界を融合させた「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『ワンピース』」(現在、猿之助はケガのため尾上右近が代役を務めている)の話題では、古舘が「果敢にやりましたね」と感嘆。すると猿之助は、叔父・二代目市川猿翁が1986年にスーパー歌舞伎を始めたことについて触れ「それが家系なんですかね」と分析。「代々といってもウチは浅いんですけど、そういうことが伝統で続いてしまったんでね。僕も型を破ろうと思ってやっていたわけではなくて、好きなことをやっていたらそれが型破りになっていた……。という...more
カテゴリー:

戦隊ヒロイン立石晴香、AbemaTVドラマで美大生のキャバ嬢役に - 10月11日(水)09:00 

『動物戦隊ジュウオウジャー』(テレビ朝日系列)でアム役を好演した女優の立石晴香が、2018年1月クール『AbemaTV(アベマティーヴィー)オリジナルドラマ進出記念作品#声だけ天使』に、レギュラー出演することが決定。主人公・ケンゾウ役には、本ドラマが初の主演作となる若手俳優の亀田侑樹が抜擢された。同ドラマは、劇作家、演出家、劇団扉座の座長であり、「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」など、数々の舞台やドラマを手掛ける横内謙介氏が「AbemaTV」のために書きおろした脚本。アニメの聖地、池袋を舞台に、声優に憧れ上京してきた主人公・ケンゾウと同じ志を持つ4人の仲間の、友情と純愛、挫折と希望を描く青春群像劇。夢追う若者の葛藤や想い、また純愛へのひたむきさといういつの時代も人の心を動かすテーマに、声優という現代の人気職業の切り口と、 “声”や“言葉”の力というエッセンスを入れ、若者のリアルな姿を描きだす珠玉の脚本と、地上波ドラマ作品と並ぶ本格的な制作体制で、総製作費3億円以上をかけた渾身の作品である。主演の亀田は、約1,000人のオーディションの中で、ケンゾウのイメージ通りだったと監督が惚れ込み、その演技力が高く評価された期待の若手俳優。ケンゾウが“声”を届けたことをきっかけに恋をするさくら役は、モデル、女優として活躍する仁村紗和が演じる。そんな中、今回立石が演じるのは、さくらの過去を知る美大生の...more
カテゴリー:

「立石晴香」の画像

もっと見る

「立石晴香」の動画

Wikipedia

立石 晴香(たていし はるか、1994年9月28日 - )は、日本ファッションモデル、女優。大阪府出身。ヒラタオフィス所属。

略歴

2007年、ローティーン向けファッション雑誌ニコラ(新潮社)の第11回モデルオーディションでグランプリを獲得。同年10月号から専属モデルとして活動を開始。

2007年、舞台「闇の門」で女優デビューを果たす。

2008年ニコラ9月号で初表紙を飾る。この号の表紙は、高屋敷彩乃日南響子、立石晴香の3名。

2008年10月より「ファイテンションテレビ」にレギュラー出演。2009年3月に同番組の出演者で音楽グループmerry merry Booを結成、「今すぐKiss Me」をカバーした。''詳しくはmerry merry Boo参照''。

2009年11月下旬、3612名の中から神コレモデルオーディション2010のファイナリスト10名...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる