「立川志の輔」とは?

関連ニュース

【国民食】梅干しの魅力伝えたい 立川志の輔さん長男竹内さん 梅干しの“伝道師”として活躍 - 02月15日(木)12:51  newsplus

射水市出身の落語家、立川志の輔さんの長男の竹内順平さん(28)=東京都=が、梅干しの“伝道師”として活動している。梅干しにまつわる展示会の企画や商品販売を行う会社を設立。食品やイベント業界関係者の関心を集めており「日本を代表する食べ物の魅力を伝え、多くの人を楽しませたい」と話している。  竹内さんは東京生まれ。玉川大芸術学部で演劇を学び、志の輔さんの新作落語を舞台化したこともある。当時の目標は落語家になること。だが、父に弟子入りを申し込んだところ断られた。「父には『人をまとめ、楽しませること...
»続きを読む
カテゴリー:

「立川志の輔」の画像

もっと見る

「立川志の輔」の動画

Wikipedia

立川 志の輔(たてかわ しのすけ、1954年2月15日- )は、富山県新湊市(現:射水市)出身の落語家タレント。本名、竹内 照雄(たけうち てるお)。左利きで、血液型はA型。オフィスほたるいか所属。出囃子は梅は咲いたか。2008年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞、2015年、紫綬褒章受章紫綬褒章受章。

身長176cm。

来歴 生い立ち・学生時代

幼いころに両親が離婚。その後母親が亡くなり、5歳のころ、骨董店を営む母方の祖父母宅で、祖父母と母親の兄の伯父夫婦家族と共に生活し、伯父夫婦には実の子のように育てられた。祖父が落語好きでもあり、落語との出会いは、家族がテレビで見ていた5代目柳家小さんであったが、大学生になるまでは、落語には興味はなかった。

高校時代はソフト(軟式)テニス部所属、富山県代表で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる