「空港法」とは?

「空港法」の画像

もっと見る

「空港法」の動画

Wikipedia

空港法(くうこうほう、昭和31年4月20日法律第80号)は、空港の設置及び管理を効果的かつ効率的に行うための措置を定めることにより、環境の保全に配慮しつつ、空港の利用者の便益の増進を図り、もつて航空の総合的な発達に資するとともに、日本の産業、観光等の国際競争力の強化及び地域経済の活性化その他の地域の活力の向上に寄与することを目的とする、日本法律。従来の名称は空港整備法であったが、2008年(平成20年)6月18日に法律が改正され、名称が変更された。

構成
  • 第1章 - 総則(第1条 - 第3条)
  • 第2章 - 空港管理者(第4条 - 第5条)
  • 第3章 - 工事費用の負担等(第6条 - 第11条)
  • 第4章 - 空港の管理等(第12条 - 第23条)
  • 第5章 - 雑則(第24条 - 第36条)
  • 第6章 - 罰則(第37条 - 第44条)
法による空港の分類 現在の分類

空港の設置管理者や工事費用の負担割合などを定めるための区分である。

  • 拠点空港
  • : 航空輸送網の拠点となる空港。旧第一種空港(法4条に法定)と旧第二種空港(政令で定める)に相当する。なお「拠点空港」の語は法令中にない通称である。原則的に国が管理するが、以下3つに区分される。
    • 国管理空港
    • : 国が管理する空港。通称である。
    • 会社管理空港
    • : 法4条3・4項の定めにより会社が管理することとされた空港。通称である。成田、関西、大阪、中部の4空港である。このうち成田・関西・大...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる