「稲葉篤紀」とは?

関連ニュース

稲葉監督が初仕事=大学日本代表を視察-侍ジャパン - 08月14日(月)17:59 

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督が14日、川崎市内のグラウンドを訪れ、ユニバーシアード大会に出場する大学日本代表を激励した。稲葉氏は7月31日に就任してからの初仕事。 雨の中で行われた社会人JX-ENEOSとの練習試合を視察後、「代表のプライドを持って、世界一を目指して頑張ってほしい」と激励した。 稲葉監督は今後、プロ野球2軍戦、U18(18歳以下)ワールドカップに出場する高校日本代表の合宿を訪問する予定。「アンダー世代からトップチームまで、みんなで戦っていく姿勢を見せたい」と話した。 [時事通信社]
カテゴリー:

石原さとみ、始球式で サブマリン投法披露 これまでマサカリ&トルネードにも挑戦 - 08月07日(月)18:49 

 女優の石原さとみが7日、東京ドームで開催された『サントリー ドリームマッチ 2017』の始球式を務めた。マウンドに上がった石原は、世界一低いと評された「ミスターサブマリン」こと元プロ野球選手・渡辺俊介氏を彷彿とされる“サブマリン投法”を披露し球場を沸かせた。 【動画】“サブマリン投法”を披露した石原さとみ  一昨年は村田兆治氏の“マサカリ投法”、昨年は野茂英雄氏の“トルネード投法”を彷彿とさせるピッチングで、2年連続のノーバウンドピッチングを披露した石原は、4年連続で同イベントマッチの始球式に登場。「まさか始球式4年連続で驚いてます。サウスポーやって、マサカリ、トルネードして、今年はどうしようか悩んだんですが、オファーいただいてから猛練習しました」と明かした。  緊張した面持ちでマウンドにあがると、バッターの中畑清氏に向かって体を大きく沈み込ませ、地面すれすれを狙って腕を大きく振った。力いっぱいに放たれたボールは、キャッチャーを務める谷繁元信氏のミットに惜しくもワンバウンドで収まるも、大歓声に包まれる中、石原は満面の笑みを浮かべグラウンドを後にした。  1995年から開催されている同記念試合は今年で22回目。今回も張本勲氏、山本浩二氏、大矢明彦氏、田尾安志氏、東尾修氏、R・バース氏、桑田真澄氏、稲葉篤紀氏ら、日本球界を盛り上げてきた往年の名選手たちが「ドリーム・ヒーローズ...more
カテゴリー:

「稲葉篤紀」の画像

もっと見る

「稲葉篤紀」の動画

Wikipedia

稲葉 篤紀(いなば あつのり、1972年8月3日 - )は、愛知県北名古屋市出身の元プロ野球選手外野手内野手、左投左打)・コーチ。現役引退した翌2015年より北海道日本ハムファイターズスポーツ・コミュニティ・オフィサー (SCO) を務めている。

経歴 プロ入り前

愛知県北名古屋市(旧・西春日井郡師勝町)出身。右頬に特徴的な大きな痕があるが、自著によると原因不明とのことである。

少年時代から通っていた隣町の豊山町バッティングセンターで、中学生にとっては速球といえる120km/h前後の球をポンポンと打ち返す同年代の左打者をよく見かけ、「すごいなあ」と感心していた。その打者は現...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる