「種目別」とは?

関連ニュース

アルペン男子、育たぬ後継 湯浅は「らしくない」滑り - 02月22日(木)19:08 

■木村公宣の目 今大会個人3冠を狙ったマルセル・ヒルシャー(オーストリア)や今季ワールドカップ種目別2位のヘンリク・クリストフェシェン(ノルウェー)が途中棄権するなか、波乱のレースを同3位のアンドレ・…
カテゴリー:

【平昌五輪】 男子大回転、オーストリアのヒルシャーが今大会2個目の金 石井智也30位 - 02月18日(日)16:09  mnewsplus

 平昌冬季五輪は大会第10日の18日、竜平アルペンセンターでアルペンスキー男子大回転を行い、初出場の石井智也(28)=ゴールドウイン=は合計タイム2分24秒78で30位だった。石井は2回目1分12秒35で、1回目の35位から順位を上げた。  ワールドカップ(W杯)の大回転種目別で3連覇中のマルセル・ヒルシャー(オーストリア)が合計タイム2分18秒04で、複合に続き今大会2個目の金メダルを獲得した。(五輪速報班) 2018.2.18 15:48 http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180218/pye1802180024...
»続きを読む
カテゴリー:

【スポーツ】子どものボール投げ、男女とも低下傾向 その原因は? 人気スポーツが野球中心から多様化したことが原因の一つ - 02月17日(土)13:35  mnewsplus

13日にスポーツ庁が公表した小学校5年生と中学校2年生を対象とした2017年度全国体力調査。女子の体力合計点は、今回の形式で調査を始めた08年度以降で最高値を更新したが、種目別では、特に男女ともボール投げが低下傾向にあることが明らかになった。  調査は小5がソフトボール投げ、中2がハンドボール投げを含む8種目を実施。子どもの体力水準がピークだった1985年度と今回の平均値を比べると、小5男子が29・94メートル→22・52メートル、同女子が17・60メートル→13・93メートル、中2男子が22・...
»続きを読む
カテゴリー:

【平昌五輪】スノボ男子HP 16歳の戸塚が2回目の試技で落下…動けず担架で運ばれる - 02月14日(水)11:18  mnewsplus

 ◇平昌冬季五輪 スノーボード男子ハープパイプ決勝(2018年2月14日)  平昌五輪は14日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝が行われ、日本からは 前回ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(19=木下グループ)、片山来夢(22=バートン)、 16歳の戸塚優斗(ヨネックス)の3人が出場。戸塚は2回目の試技で転倒し、 動けなくなってしまうアクシデントに見舞われた。  初めての五輪となる戸塚は2回目の試技で高いエアを見せたが、角に落下してしまい、 そのまま転倒。倒れこんだまましばらく動くことができ...
»続きを読む
カテゴリー:

【平昌五輪】スノーボード:平野歩夢が3位で決勝進出 「1440」温存も高得点!ソチ銅・平岡は予選落ち[18/02/13] - 02月13日(火)15:12  mnewsplus

平野歩夢が3位で決勝進出 「1440」温存も高得点!ソチ銅・平岡は予選落ち 2/13(火) 15:08配信 スポニチアネックス https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000135-spnannex-spo  ◇平昌冬季五輪 スノーボード男子ハープパイプ予選(2018年2月13日)  平昌五輪は13日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)予選が行われ、前回ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(19=木下グループ)が3位に入り、順調に14日の決勝に駒を進めた。  金メダル獲得を狙う平野は、1回目で、軸をずらして縦に2回転、横に4回...
»続きを読む
カテゴリー:

五輪スキー:伊のソフィア・ゴッジャが初V 女子滑降 - 02月21日(水)17:14 

 アルペンスキー女子滑降は、25歳でワールドカップ(W杯)種目別首位に立つソフィア・ゴッジャ(イタリア)が1分39秒22で初優勝した。25歳のラグンヒル・モビンケル(ノルウェー)が0秒09差の2位に入った。2大会ぶりの優勝を狙った33歳のリンゼイ・ボン(米国)は0秒47差の3位で、通算3個目の五輪メダルを獲得した。日本勢は出場していない。(共同)
カテゴリー:

【ボール投げ離れ】子どものボール投げ、男女とも低下傾向 その原因は? - 02月17日(土)19:25  newsplus

 13日にスポーツ庁が公表した小学校5年生と中学校2年生を対象とした2017年度全国体力調査。女子の体力合計点は、今回の形式で調査を始めた08年度以降で最高値を更新したが、種目別では、特に男女ともボール投げが低下傾向にあることが明らかになった。  調査は小5がソフトボール投げ、中2がハンドボール投げを含む8種目を実施。子どもの体力水準がピークだった1985年度と今回の平均値を比べると、小5男子が29・94メートル→22・52メートル、同女子が17・60メートル→13・93メートル、中2男子が22...
»続きを読む
カテゴリー:

子どものボール投げ、男女とも低下傾向 その原因は? - 02月17日(土)12:04 

 13日にスポーツ庁が公表した小学校5年生と中学校2年生を対象とした2017年度全国体力調査。女子の体力合計点は、今回の形式で調査を始めた08年度以降で最高値を更新したが、種目別では、特に男女ともボー…
カテゴリー:

【平昌五輪】スノーボード:平野歩夢が3位で決勝進出 「1440」温存も高得点!ソチ銅・平岡は予選落ち[18/02/13]★2 - 02月13日(火)17:22  mnewsplus

平野歩夢が3位で決勝進出 「1440」温存も高得点!ソチ銅・平岡は予選落ち 2018年2月13日 15:07 スポニチ Sponichi Annex スポーツ http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/02/13/kiji/20180213s00077000247000c.html 男子ハーフパイプ予選の平野歩夢(AP) Photo By AP スノーボードの平野歩夢 Photo By スポニチ 平昌冬季五輪 スノーボード男子ハープパイプ予選 ( 2018年2月13日 ) 平昌五輪は13日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)予選が行われ、前回ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(19=木下グル...
»続きを読む
カテゴリー:

【平昌五輪】 韓国の切り札、特別帰化選手に賛否 15人出場 「帰化で成果ばかり考えるな」の指摘も - 02月12日(月)06:45  mnewsplus

 短期的にスポーツを強化する最大の手段が帰化選手だろう。初の冬季五輪として平昌五輪を開催する韓国では約150人の選手のうち10%に当たる15人が欧米などからの特別帰化選手が占めた。冬季スポーツが弱いとされる韓国は今回の五輪で金メダル8個などを獲得し、総合4位を目指している。そのための切り札が特別帰化選手だが、賛否両論に分かれている。特別帰化選手は元の国籍を放棄せずに済み、五輪後も韓国に残って強化に携わるのかと懐疑的な意見もある。  中央日報によると、平昌五輪の特別帰化選手は種目別にアイスホッケ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「種目別」の画像

もっと見る

「種目別」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる