「種崎敦美」とは?

関連ニュース

種崎敦美「顕微鏡」の例えに東山奈央「良い例え!」 - 04月21日(土)23:18 

少女たちの青春を描いたアニメーション映画「リズと青い鳥」が4月21日に公開初日を迎え、種崎敦美、東山奈央、本田望結、山田尚子監督が都内で行われた舞台あいさつに登壇した。 【写真を見る】舞台あいさつにはチューバくんも登場!/(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会 同作品は、映画「聲の形」(2016年)で第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション賞、東京アニメアワードフェスティバル2017アニメオブザイヤー作品賞劇場映画部門グランプリなどを受賞した京都アニメーション制作の最新作。 高校生の青春を描いた武田綾乃の小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」が原作で、吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれ(種崎)と、フルートを担当する傘木希美(東山)の二人の少女のはかなく美しい一瞬を切り取った青春ストーリーとなっている。 種崎は「みぞれと希美の瞬間瞬間の解像度を上げたことが分かると思いますが、顕微鏡を見ている時って、息をしないなというか、見ている時は息を潜めてしまう作品というのが伝わったかなと思います」と作品について語ったが、「顕微鏡なんて例えで大丈夫でしたか!?」と焦った様子を見せる一幕も。東山が「良い例えです!」と、山田監督も「最高です!」と応えた。 また、リズと少女を演じた本田が「他のキャストの皆さんの声が本当にすてきで、私のシーンで見てくださっている皆さん...more
カテゴリー:

『リズと青い鳥』の繊細すぎる世界観に山田尚子監督もうっとり!「いい映画だったなあ…」 - 04月21日(土)14:33 

2015年から放送され人気を博した「響け!ユーフォニアム」シリーズの完全新作劇場版『リズと青い鳥』(公開中)の公開初日舞台挨拶が21日、新宿ピカデリーで開催され、主人公2人の声を担当した種崎敦美と東山奈央、ゲスト声優の本田望結、メガホンをとった山田尚子監督が登壇した。 【写真を見る】「声優じゃない私の声を許してもらえるか…」と不安がる本田望結 武田綾乃の「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」を原作に、吹奏楽部の3年生鎧塚みぞれと傘木希美の友情を繊細なタッチで描き出した本作。多くの映画賞を受賞した『聲の形』(16)の監督・脚本をはじめメインスタッフが再集結したことでも注目を集めている。 みぞれ役を演じた種崎は「初日迎えられて率直に嬉しいです」と喜びを噛みしめ「話したいことがありすぎてどれから話していいのか…」と述懐。そして「例えるなら『顕微鏡見るときって息しないな〜』って感じの作品です」と本作の繊細な空気感を形容すると「いい例え!」と東山が笑顔でコメント。山田からも「最高です!」と言葉をかけられ、会場中から大きな拍手が寄せられた。 一方で「私たちの台詞のままじゃなくて、その裏側にある気持ちや、(劇中で希美が発する)『そっか』に込めた思いが伝わったかな」と作品を観終わったばかりの観客に問いかける東山。「台本をもらったときから、まるで小説のように読んでいた」と明か...more
カテゴリー:

本田望結、一人二役のアフレコ挑戦に恐縮しきり「声優でない私が…」 - 04月21日(土)19:04 

 女優でフィギュアスケート選手の本田望結、声優の種崎敦美、東山奈央、山田尚子監督が21日、都内で行われたアニメ映画『リズと青い鳥』の初日舞台あいさつに登場。本作は、高校生の青春を描いた武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』をアニメーション映画化。吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれとフルートを担当する傘木希美の友情が儚く美しく描かれている。 【動画】本田望結、「10回は見に行きます」アピール    本田は「本当に素敵な作品で、きょう、ここにいられることが幸せな気持ちでいっぱいです。映画館に最低でも10回は観に行きたいと思います。青春を描いた作品ですが、この作品が私の青春の一ページになりました。一生懸命演じた作品ですので、皆さんにも伝わればうれしいです」とあいさつ。  今回、アニメ映画の声優に初挑戦した本田。劇中に出てくる絵本「リズと青い鳥」の登場人物「リズ」と「少女」という一人二役をこなしたが、「一人二役ということにもびっくりしましたし、アフレコのスケジュールが一日しかなかったので、収録中もその後も、声優でない私の声をみなさんに許していただけるか不安でした」と明かし、「他のキャストの皆さんの声が素敵で、私のシーンで皆さんの気持ちが途切れてしまわないかなと…すいません」としきりに恐縮。種崎が「声も演技も全部がまっすぐで、ストレートに心に届く...more
カテゴリー:

種崎敦美&東山奈央「人生の一番きれいな瞬間を切り取った作品です」―映画「リズと青い鳥」インタビュー - 04月20日(金)12:00 

少女たちの青春を描いたアニメーション映画「リズと青い鳥」が4月21日(土)に公開となる。その中から本作のメインキャスト、鎧塚みぞれ役の種崎敦美(※崎は立つ崎)と傘木希美役の東山奈央への合同インタビューの模様をお届け。登場人物の繊細な心を演じきった二人から、収録の様子、役柄と同年代の高校生へのメッセージなどを聞いた。 【写真を見る】登場人物の気持ちを丁寧に演じた種崎&東山に、作品の魅力を聞いた 本作は映画「聲の形」(2016年)を手掛けた京都アニメーションの山田尚子監督らメインスタッフ陣による最新作。原作「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」から、みぞれと希美の関係にスポットを当てた完全新作となっている。 ――みぞれと希美の物語が映画化することを聞いた際のご感想をお聞かせください。 種崎:二人の物語が作られると聞いた瞬間は、私たちは別々の場所にいたんです。私は昨年6月にあった「響け!ユーフォニアム」のイベントで知ったのですが、そのことがサプライズ発表された瞬間、「二人の物語の続きが見られる! みぞれをまた演じられる!」ということで号泣してしまいました。「(テレビ版の)どのシーンが描かれるんだろう?」などの不安ではなく、その時はただただうれしい気持ちがあふれました。 東山:私はその日に別のイベントがあったのでどうしても現地に駆け付けられず、後からTwitterで知...more
カテゴリー:

「種崎敦美」の画像

もっと見る

「種崎敦美」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる