「税理士」とは?

関連ニュース

【資格取得体験談】商学部生なら取っておきたい! 日商簿記2級のすすめ【学生記者】 - 11月22日(水)17:26 

こんにちは、obento所属・日本大学商学部の梅原です。みなさんは、学生のうちに取得しておきたい資格はありますか? 時間のある今のうちにいろいろと挑戦してみるのもいいですよね。そこで今回は、取得する大学生も多い「日商簿記」の検定試験について私の実体験を踏まえてご紹介します!■基本情報資格名:日商簿記検定2級この資格は、商学部・経営学部の大学生にとって必須な資格です! 2級を受験する前に3級の知識を身につけておく必要があります。合格点は全体の平均点から算出するのではなく、100点満点中70点を取れば全員合格となります。取得年:2017年2月大学1年生のとき。取得までにかかった期間:2016年4月~2017年2月の約8ヶ月。■取得したことによるメリット簿記を取ることで、公認会計士や税理士といった難関資格に踏み入れるやすくなります。経営の基礎が分かりますし、簿記を土台として取れる資格の幅が広がります。■取得までに一番苦労したこと4月から資格勉強を始め11月に試験を受けましたが、実はそのときは落ちてしまいました。そのあとは、次の試験日まで勉強し続ける意欲を保つのが大変でした。ちなみに私が落ちてしまったときの試験の合格率は14%! 通常の合格率が20%~30%のため、びっくりしました! ただし簿記の採点は相対評価ではなく、70点を取れば全員合格なので、過去問などで常に70点以上を取っていれば...more
カテゴリー:

仮想通貨の税務問題を解決する「GUARDIAN」提供元が約5000万円を調達――Twitterで350件以上の相談を受け事業化 - 11月22日(水)14:41 

2017年はビットコインを筆頭に仮想通貨の注目度が高まった1年だった。投資の対象としてはもちろん、文字通り「通貨」として会計に使える店舗もでてきているし、仮想通貨を活用した新たなベンチャーファイナンスの枠組みとしてICOが話題になった。 個人で仮想通貨の取引を始めた人も一気に増えたことによって今後大きな問題となるのが税務、つまり確定申告だ。ビットコインに関しては9月に国税庁が課税の取り扱いについての見解を公表しているが、実際どうしたらいいのかわからないという人も多いのではないだろうか。 そんな仮想通貨の税務問題に取り組むのが、12月1日にリリース(一次申し込み開始)予定の税理士紹介・記帳代行サービス「Guardian」だ。 提供元のAerial Partnersはサービス公開に先立って、総額約5000万円の資金調達を実施することを明かしている。第三者割当増資の引受先は日本テクノロジーベンチャーパートナーズおよびCAMPFIRE代表取締役の家入一真氏、3ミニッツ取締役CFOの石倉壱彦氏を含む複数の個人投資家。500 Startups Japanが公開する投資契約「J-KISS」による資金調達だという。 仮想通貨に詳しい税理士の紹介と記帳代行システムをセットで提供 Guardianは仮想通貨に詳しい税理士の紹介と記帳代行システムをセットにしたサービスだ。一見シンプルな税理紹介サー...more
カテゴリー:

【第147回 日商簿記検定試験3級・2級・1級】解答速報を試験当日11/19(日)に公開!! - 11月17日(金)16:00 

[TAC株式会社] <第147回(平成29年11月)日商簿記検定試験 TAC解答速報> 日商簿記検定試験、税理士、公認会計士などの資格取得に向けた教育サービスを展開しているTAC株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:斎藤 博明)...
カテゴリー:

「AIで消えそうな仕事」の筆頭は税理士。“生き残り策”に乗り出しはじめる人が多数 - 11月13日(月)08:42 

税理士の高田晃一さん(仮名・47歳)は「その波は着実に押し寄せている」と、危機感をあらわにする…
カテゴリー:

給与所得控除の課題など議論 政府税調。年収500万のリーマンは+30万の増税、これこそ平等だな! - 11月07日(火)10:20  news

政府税制調査会(首相の諮問機関)は23日の総会で、会社員の年収に応じて所得から引かれている「給与所得控除」の見直しなどについて議論した。 同控除は、スーツ購入代など勤務に必要な支出を経費とみなし、会社員の所得税負担を軽減する制度だが、他の先進国に比べ、 控除額が手厚すぎるとの指摘がある。総会では、高所得者を中心に控除を縮小し、会社に属さない労働者も控除を受けられるような制度の見直しが提案された。 2019年10月に消費税率を10%に引き上げる構えの安倍政権。 消費税増税に隠れて、もうひとつ、...
»続きを読む
カテゴリー:

知っていて得する税金の知識も習得!「税理士の仕事の魅力紹介セミナー」を開催します! - 11月22日(水)15:58 

[TAC株式会社] 私たちの生活のありとあらゆるところで深く関わりのある税金。 だからこそ、そのプロフェッショナルである税理士からのアドバイスにより、生活がより豊かになるということも数多くあります。 「給料と退職金の税...
カテゴリー:

【経済】国民負担は5300億円 安倍政権「増税ラッシュ」のデタラメ - 11月21日(火)06:56  bizplus

一体、いくらむしり取るつもりなのか。選挙で勝った途端、安倍政権が“消費税以外の”増税メニューを次々と繰り出している。このままでは国民生活が立ち行かなくなりそうだ。  ギョッとするのは、これまで聞いたことがない「新税」構想が相次いでいることだ。その一つが総務省が創設しようとしている「森林環境税」。森林整備の財源とするため、年間1人あたり数百~1000円を住民税に上乗せして徴収する案が浮上している。対象は住民税を納めている約6000万人。仮に1000円上乗せされたら600億円の増税になる。  立正...
»続きを読む
カテゴリー:

国税局のガサ入れ調査が、「大企業」には入らない黒い理由 - 11月17日(金)05:00 

パナマ文書に続いて明らかになった「パラダイス文書」。最近ではそのリストに名前があったとして、有名漫画家や元総理に疑惑の目が向けられています。そうした租税回避の調査にあたる国税局の調査査察部、通称「マルサ」を、私たちは映画やドラマなどの影響もあって「正義の味方」として認識してしまいがちです。大人気メルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』の著者で元国税調査官だった大村さんは、その正義の味方説を「都市伝説だ」とバッサリ。メルマガの中で、知られざるマルサの赤裸々な実態を暴露しています。 国税局調査査察部(マルサ)の真実 国税庁、税務署というと、「マルサ」をイメージする人も多いでしょう。 映画やテレビなどですっかり有名になった「マルサ」。 筆者も実は、フジテレビのドラマ「マルサ!!」や、テレビ朝日の「ナサケの女」では、監修をつとめさせてもらっています。まあ、言ってみれば、筆者もマルサを有名にした側の人間というわけです。 が、そういう筆者が言うのもなんですが、マルサというものについて、世間は大きく誤解しています。 その誤解を解くため、今回はマルサの真実についてご紹介したいと思います。 まず、世間の大きな誤解の一つに、「税務署=マルサ」と思われていることがあります。 しかし、「マルサ」というのは、国税庁の組織の中の一つの部門のことであり、税務署が全部、マルサのような仕事をしているわけではあ...more
カテゴリー:

【経済】500万円世帯で年30万円…「サラリーマン大増税」が急浮上 - 11月08日(水)08:54  bizplus

2019年10月に消費税率を10%に引き上げる構えの安倍政権。消費税増税に隠れて、もうひとつ、サラリーマンを狙った超大型増税が検討されている。10.22総選挙の翌日、政府税制調査会が総会を開き、所得税の「給与所得控除見直し」を提言したのだ。  給与所得控除とは、サラリーマンが、勤務をする上で発生する必要経費には課税しない制度だ。スーツやワイシャツなどは、サラリーマンとして働くのに最低限必要でしょうと、経費として認め、あらかじめ一定額を控除している。  例えば、年収500万円、専業主婦と子ども...
»続きを読む
カテゴリー:

鳥山明「税理士のみんな、オラの税金をまけてくれ!!」パラダイス文書で明らかに - 11月06日(月)13:38  news

 「ドラゴンボール」で有名な漫画家鳥山明氏ら日本人12人が2000年、 米国に設立された不動産リースの投資事業組合に出資していたことが5日、パラダイス文書の分析で分かった。 事業を巡っては、出資後赤字になった場合に本業の所得から差し引くという会計処理を国税当局が認めず、 多数の出資者から追徴課税したことが05年に報道された。  事業への出資はすでに閉鎖した東京のドイツ系証券会社があっせん。 鳥山氏は取材に「日々多忙のため、税務面はおまかせにしていますので お話しできることはありません」と書面...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「税理士」の画像

もっと見る

「税理士」の動画

Wikipedia

税理士(ぜいりし)は、税務に関する専門家(コンサルタント)のための国家資格であり、税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいう(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付される。

税理士バッジ

概要

税理士は、税務に関する専門家(コンサルタント)として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とするとされ(同法1条)、業務として、他人の求めに応じ、各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行う。

「税理士となる資格を有する者」としては、公認会計士弁護士、税理士試験に合格し2年以上の実務経験を持つ者、23年以上税務署に勤務した国...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる