「移転問題」とは?

関連ニュース

【世論調査】内閣支持率50.4% 横ばい、自民党47% 民進党13.5% 共産党4.6% 公明党5.1% 日本維新の会2.1% - テレビ朝日★2 - 04月25日(火)11:53 

 調査は22日と23日に行いました。 安倍内閣の支持率は50.4%で、先月と比べて横ばいでした。 北朝鮮を巡る問題では核・ミサイル開発を繰り返す場合、外交による話し合いが必要だと答えた人が68%、 アメリカによる武力行使が必要だと答えた人が17%でした。 さらに、アメリカが武力行使に踏み切った場合、日本を巻き込んだ戦争に発展すると考えている人が7割以上に上りました。 築地市場の移転問題では、豊洲に移すべきとする人が最も多く、40%でした。 また、政府が国会に提出しているいわゆる「共謀罪」、テロ等準備罪を新...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

相次ぐ茶番の見せ物報道――メディアが見放されるタイムリミットは刻一刻と近づいている - 04月25日(火)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが森友学園や豊洲移転問題に対する報道の仕方について語る。 * * * 学校法人森友学園への国有地売却をめぐる問題と、築地から豊洲への市場移転問題。どちらの問題に関しても、テレビを中心とするマスメディアはよく考えてみればなんの正当性もない“正義”を掲げ、ひたすら次元の低い“見せ物報道”を繰り広げました。明らかに危険水域を超えた北朝鮮問題ほか、国内外の多くの重要問題を差し置いて…。 例えば森友学園。はっきり言えば「おかしな幼稚園」の些末(さまつ)な問題でしょう。それなのに、各メディアは続々出てくる虚実ない交ぜの情報に振り回され、大きな時間・スペースを割き報道合戦を展開。特に森友学園周辺から発信された、マスメディア側にとっては「伝聞」でしかない情報を注釈もつけずにそのまま報じたことは、ジャーナリズムの本質から逸脱した自傷行為だったというしかありません。 豊洲移転問題も同様です。この問題を政治利用したい都知事、それに乗りたい議員や活動家、さらにそれをうのみにする支持者…。よくある構図ですが、メディアがその流れを加速させてどうするんですか。 豊洲新...more
in English
カテゴリー:

【世論調査】内閣支持率50.4% 横ばい、自民党47% 民進党13.5% 共産党4.6% 公明党5.1% 日本維新の会2.1% - テレビ朝日 - 04月24日(月)20:29 

 調査は22日と23日に行いました。 安倍内閣の支持率は50.4%で、先月と比べて横ばいでした。 北朝鮮を巡る問題では核・ミサイル開発を繰り返す場合、外交による話し合いが必要だと答えた人が68%、 アメリカによる武力行使が必要だと答えた人が17%でした。 さらに、アメリカが武力行使に踏み切った場合、日本を巻き込んだ戦争に発展すると考えている人が7割以上に上りました。 築地市場の移転問題では、豊洲に移すべきとする人が最も多く、40%でした。 また、政府が国会に提出しているいわゆる「共謀罪」、テロ等準備罪を新...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【著者に訊け】土田英生氏 小説デビュー作『プログラム』 - 04月23日(日)07:00 

【著者に訊け】土田英生氏/『プログラム』/河出書房新社/1500円+税  毎年春になれば桜が咲き、木々が芽吹いて、自然とはなんと律儀で健気なのかと、感心しきりの4月である。〈翻って人間はどうか?〉  嘘や保身、見栄や嫉妬に汲々とし、〈本能というプログラム〉さえ壊れつつあると、先ごろ初小説『プログラム』を上梓した劇作家で演出家、土田英生氏は言う。 「“そこが面白くてカワイイ”と笑える段階を、今はもう、越えちゃってますね」  舞台は東京湾上に浮かぶ、〈日本らしさ〉がテーマの人工島〈日本村〉。純粋な日本人以外はバッジ装着が義務で、安心安全を謳う夢のエネルギー〈MG発電〉の拠点でもあるこの島で、日本村四番駅駅員〈高島啓治〉やバツイチの同僚女性〈戸村〉らが繰り広げる、“とある1日”の群像劇を描く。  その日。上空に〈赤い雲〉が浮かび、徐々に空全体を覆った。人々は永遠の眠りをもたらす奇妙な眠気に襲われるが、それでも無駄口を叩き妄想に走る。そんなありそうでなさそうなディストピア空間に、日本の今が透けて見える?  劇団MONO代表として関西の演劇シーンを牽引し、近年は映画やドラマ脚本も手がける土田氏は今年50歳。学生時代に演劇と出会ってから、早30年を数える。 「劇団を続けていくのって大変なんです。何とか脚本の仕事で凌いではきたけど、テレビ局側の人間は年下が増える一方だし、この先どうしようと焦って...more
in English
カテゴリー:

豊洲移転「早く結論を」自民・二階氏が小池氏に“助け舟” 都議選で敵対も旧知の仲 - 04月21日(金)17:00 

東京都の小池百合子知事に対し、かつての仲間である自民党の二階俊博幹事長が“助け舟”を出した。築地市場から豊洲新市場への移転問題について早期決断を促したのだ。移転…
in English
カテゴリー:

【マスコミ】<モーリー・ロバートソン>相次ぐ茶番の“見せ物報道”――メディアが見放されるタイムリミットは刻一刻と近づいている - 04月25日(火)08:36 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の 国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが森友学園や豊洲移転問題に対する報道の仕方について語る。 * * * 学校法人森友学園への国有地売却をめぐる問題と、築地から豊洲への市場移転問題。 どちらの問題に関しても、テレビを中心とするマスメディアはよく考えてみればなんの正当性もない“正義”を掲げ、 ひたすら次元の低い“見せ物報道”を繰り広げました。明らかに危険水域を超えた北朝鮮問題ほか、国内外の多くの重要問題を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

築地、豊洲両論併記へ PT報告書素案判明 - 04月25日(火)05:19 

豊洲市場への移転問題を検証する東京都の市場問題プロジェクトチーム(PT)が26日に公表する報告書の素案の概要が分か...
in English
カテゴリー:

山本七平 「日本人とは何か」を探求し続けた70年 - 04月23日(日)16:00 

「築地移転問題」や、東芝「巨額損失」問題など、組織の迷走が目につく。組織を動かすのはリーダーシップではなく、こうあってほしい、こうなるだろうという「空気」。責任の所在を問おうにも問えない。これを日本人特有の問題として摘出したのが思想家・山本七平だ。今改めて注目されるその人生を振り返る。  1921年、東京で生まれた山本七平は青山学院大卒業後フィリピン戦線に見習士官として派遣される。激戦地で戦い、最終的には米軍に降伏し捕虜収容所に1年4か月の間収監されるも、過酷な戦線を生き延びた。復員後は療養生活を送り、1956年個人出版社山本書店を創立。キリスト教徒の両親を持ち15歳で洗礼を受けていた山本は聖書学の専門図書の出版に携わった。  1970年に上梓した初の著書『日本人とユダヤ人』は、日本生まれのユダヤ人という設定のイザヤ・ベンダサンという筆名で書かれた。山本は終生、自分はベンダサンの代理人に過ぎないというスタンスを貫いたが、その筆致から二人が同一人物であるというのが定説だ。  1972年、朝日新聞「南京大虐殺」報道を端緒とする「百人斬り」論争に参戦。山本は二少尉による「百人斬り競争」が行われたという記述は虚報であるとして、自らの戦争体験も踏まえて『私の中の日本軍』を山本七平名義で著した。以降、山本名義の作品を量産する。  山本は一貫して「日本人とは何か」を分析してきた。山本学と称される...more
in English
カテゴリー:

SHOW‐YA寺田恵子の人生相談・姐さんにきけ!「スイッチの入れ方がわからなかったら、とりあえず頭振っとけ!」 - 04月22日(土)17:00 

ここは東京・神田あたりの路地裏にある、隠れ家的なバー。ウイスキーのボトルが並ぶカウンターの中には、ゴールド&ピンクのロングヘア、胸元に赤い薔薇のタトゥーが入ったロックな姐(ねえ)さんが…。 そう、代表曲「限界LOVERS」などで日本ロック界に君臨する女性5人組バンド「SHOW‐YA」のヴォーカリスト、寺田恵子姐さんである! メジャーデビューから32年、酸いも甘いも噛み分けた姐さんが今回特別に、悩める男女の「人生相談」に乗ってくれた。 前回記事「再結成するために5年間は謝り続けようと…」では、ある相談をきっかけにSHOW‐YA再結成のエピソードが明かされたが、この最終回では姐さんの私生活や酒豪ぶりまでも赤裸々に…!? *** #10 築地市場移転問題や森友学園問題で、「忖度(そんたく)」が日本の悪い慣習のように言われていますが、ぼくは仕事で忖度しまくっています。忖度ってそんなに悪いことですか? 姐さんも忖度することってあるんですか?(41歳・男性・編集者) 寺田 忖度なんて、最近初めて聞いた言葉だよね(笑)。私も、忖度することはあるんじゃないかな。相手の気持ちを汲み取って、先回りして動くことはある。ただ! 人の金で忖度すんなよって思う。だって...more
in English
カテゴリー:

【プロ野球】<大谷翔平(日ハム)>「二刀流」崩壊の危機で栗山秀樹監督に非難集中!「ノー天気」ぶりを指摘する声も... - 04月21日(金)08:44 

 弱り目に祟り目とは、まさにこのことだ。大谷翔平(22)の不運は、昨年の日本シリーズで起こった。走塁中に右足首を痛め、出場を熱望していたWBCを辞退。キャンプでは投球に負担がかかると、打撃の練習だけに絞った。  開幕直後は絶好調で、打者に専念すれば「三冠王も」との声が上がるほど。だが8日の試合の走塁で、左太腿の肉離れを発症。登録抹消となり、全治4週間。挙げ句の果てに、10日にはインフルエンザと診断され、都内のホテルで4日間の隔離生活を強いられた。  大谷は、2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷に到着した際、インフル...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「移転問題」の画像

もっと見る

「移転問題」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる