「移住先」とは?

関連ニュース

10万円で裕福な生活 年金でもリッチに暮らせる移住先ベスト6 - 12月11日(月)06:30 

 「物価の安いアジアや中南米なら、月10万円で日本の30万円レベルの生活ができる」。そう語るのは、海外移住に詳しい旅行ジャーナリストの安田修氏。そこで、生活費が安く、かつ滞在ビザが取りやすい“年金でもリッチに暮らせる国”を6つ挙げてもらった--。
カテゴリー:

藤田朋子「充実した老後が迎えられたら」夫から離れて群馬・桐生に単身移住 - 12月04日(月)12:20 

女優の藤田朋子が、「住みたい田舎」として大人気の群馬・桐生に移住。この様子は、12月10日放送分の『イチから住』(テレビ朝日系、毎週日曜18:30~)にて放送される。ミュージカル『レ・ミゼラブル』でデビューし、翌年NHK朝の連続テレビ小説『ノンちゃんの夢』や国民的ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)などに出演してきた藤田。プライベートでは2005年にアコーディオン奏者・桑山哲也と結婚、おしどり夫婦として知られている。そんな藤田は、夫を東京に残し、群馬県の東部に位置する桐生市に単身移住。桐生市は、奈良時代から絹織物の産地として知られ、歴史ある町並みが残っている。首都圏までのアクセスも良く、都会の機能と自然が隣接する“程良い田舎感”から移住先として人気が高く、昨年はおよそ400人が移住。雑誌の“住みやすさランキング”では、北関東1位を獲得している。東京生まれ、東京育ちの藤田が移住を決意したのは、「大人気の移住地だと聞いたので、どんなところが魅力的なのか自分で体験してみたい」という好奇心からだそうだ。移住初日、桐生駅に降り立った藤田は、まずは住居を探そうと市役所へ。市役所には「空き家対策室」という部署があり、担当者によると「空き家バンク」に登録している物件の中に、すぐに居住可能な家が1軒あるという。早速向かってみると、それはなんと750坪もの敷地に建つ、1階建て10LDKの大邸宅。オ...more
カテゴリー:

今夜放送「マン・オブ・スティール」は、スーパーヒーロー版「アナ雪」だ。あのスーパーマン誕生の物語 - 12月09日(土)09:45 

世界一有名なヒーローの誕生を、エモさたっぷりかつド派手に描いた大作であり、現在『ジャスティス・リーグ』が上映中のDC・エクステンデッド・ユニバース(以下DCEU)シリーズの第一作が『マン・オブ・スティール』。今夜21時30分から二時間半にわたって放送される。スーパーマン映画、久しぶりのリブート作タイトルである『マン・オブ・スティール』(以下『MoS』)とは世界最初のスーパーヒーロー、スーパーマンの愛称。「鋼鉄の男」の意味である。意味づけとしてはノーランがタイトルを『バットマン〇〇』にせずに『ダークナイト』としたような感じ。このタイトルの通り、本作はスーパーマンを主人公にしたものだ。アメリカの二大コミック出版社の片方であるDCコミックスが、1938年に刊行された『アクション・コミックス』誌の第一号で登場させたスーパーマン。戦前から大活躍していたスーパーマンは1948年に連続活劇としてすでにスクリーンデビューしていたが、映画として印象的なのは1978年から4作(間に『スーパーガール』を挟んでいる)作られたクリストファー・リーヴ版だろう。2006年には『スーパーマン リターンズ』が作られたが、その後スーパーマン映画は『MoS』まで沈黙することとなる。『MoS』は、DCコミックスの映画シリーズであるDCEUの第一作とされ、このDCEUは今後もシリーズが継続される予定だ。物語は超文明を持ちな...more
カテゴリー:

「移住先」の画像

もっと見る

「移住先」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる