「秦 基博」とは?

関連ニュース

デビュー10周年! 秦 基博「音楽のことだけを考えていたら10年たっていた」 - 06月25日(日)21:23 

デビュー10周年を迎えた秦 基博が、自身初となるオールタイム・ベスト・アルバム『All Time Best ハタモトヒロ』をリリース。この10年の間に「ひまわりの約束」をはじめ、数々の名曲を世に送り出してきた秦。 発売中の『All Time Best ハタモトヒロ』の“はじめまして盤” 「『ひまわりの約束』は、自分が歌う以上にいろんな人が歌ってくれたり、『ドラえもん』の映画の主題歌というのを離れて、いろんな場面で聴いてもらったり。歌が1人歩きして、聴いてくれる人の毎日の中に響いて歌われていくことのすごさを感じることができた曲でした。一方で、作り手としてターニングポイントになったと思うのは、『アイ』。非常にシンプルだけど、すごく多面的で味わい深いっていう、自分が目指してきた表現に近しい曲になったというか…。『アイ』を作れたことは、1つの自信になりました」  今回、全シングルを収録した通常盤に加えて用意された“初回限定はじめまして盤”は、15曲全てがタイアップ付き。それゆえ、テレビやラジオから流れてくる自身の曲を、秦も耳にすることがあるという。 「すぐに自分の曲だって気付くときもあれば、しばらく聴いてから、あ、これ、自分の曲だったと思うときもあります(笑)。映画の主題歌を担当したときは、映画館に見に行きますよ。そこでは5.1サラウンド用のミックスがうまくいったかなど、音をチェックするこ...more
カテゴリー:

ばってん少女隊、1stアルバム『ますとばい』発売&結成2周年記念地元イベント大成功! - 06月22日(木)14:00 

1stアルバム『ますとばい』のリリースツアー「アルバム出るけんのびしろ更に、ますとばい!」で熱いライブを繰り広げている、ばってん少女隊がアルバムリリースとなる6月21日(水)、グループ拠点となる福岡 HMV & BOOKS HAKATAにてトークイベントを開催! アルバム『ますとばい』リリースと結成2周年の記念日を迎えた喜びを駆けつけたファン約200名と一緒に分かち合い大いに盛り上がった。 この日はアルバムリリース日という事もあり、メンバー自身のアルバムへの思いを改めてファンに直接伝えるトークライブとなり、祝アルバム発売と結成2周年と書かれたくす玉をステージ上で引いた後、メンバーにもサプライズの特製のホールケーキが登場、会場は大きな拍手に包まれた。トークライブはその後、ファンからの質問コーナーがあったりと盛り沢山の内容となった。 「めでたい(鯛)ことが続いて、今日で私たちは2歳になりました。明日から3歳への始まりです、3年目もメンバー皆で肩を組んで頑張っていくので 皆さんよろしくお願いします」(上田)と挨拶の後、特典会に。そして、イベントの最後にはオリコンデイリーチャートに『ますとばい』が7位に入っている事がアナウンスされ、「ラッキーセブンだね」(瀬田)と会場は祝福の歓声と拍手に包まれて終了した。 なお、ばってん少女隊だがリリース週はメンバー分かれての大阪、名古屋、東京...more
カテゴリー:

【大原櫻子(MUSH&Co.)】大原櫻子、ニューEPで初アーティストコラボ。お相手は秦 基博 - 06月22日(木)06:00 

大原櫻子のニューシングルの作詞作曲プロデュースが秦 基博である事が発表された。 もともと大原は秦 基博の「ひまわりの約束」が大好きで、その曲をとある...
カテゴリー:

【音楽】<秦基博>10周年オールタイムベストアルバムでオリコン週間アルバムランキング1位に初登場! - 06月21日(水)06:47 

シンガー・ソングライター・秦基博のオールタイムベストアルバム『All Time Best ハタモトヒロ』(14日発売)が初週4.2万枚を売り上げ、 6/26付オリコン週間アルバムランキング1位に初登場。2006年11月にデビュー以来、シングル・アルバムを通じて自身初のオリコン週間1位を獲得した。 過去最高位は、アルバムは『青の光景』(2015年12月発売)の2位、 シングルは「朝が来る前に」(09年1月発売)と「アイ」(10年1月発売)の5位だった。 今作はデビュー10周年を記念した自身初のオールタイムベストアルバム。 代表曲「ひまわりの...
»続きを読む
カテゴリー:

秦 基博、横浜スタジアム公演についてインタビュー 公演の模様はWOWOWで6月25日(日)独占放送! - 06月19日(月)12:02 

[株式会社WOWOW] [画像1: https://prtimes.jp/i/1355/3758/resize/d1355-3758-702904-0.jpg ] ——10周年の記念ライブの会場に「横浜スタジアム」を選んだ理由は何ですか? 秦 基博:横浜は僕が育った街ですし、横浜...
カテゴリー:

【秦 基博】秦 基博、10年間の「全てを出し切った」横浜スタジアム公演をWOWOWで - 06月22日(木)14:36 

秦 基博が5月に神奈川・横浜スタジアムで開催したデビュー10周年記念のワンマンライブ<HATA MOTOHIRO 10th Anniversary LIVE AT YOKOHAMA STADIUM>の模様...
カテゴリー:

大原櫻子、ニューシングルは秦 基博プロデュース - 06月22日(木)13:00 

大原櫻子のニューシングルの作詞作曲プロデュースが秦 基博である事が発表された。 もともと秦 基博の「ひまわりの約束」が大好きで、その曲をTV番組出演でコラボさせて頂き心から嬉しく思っていたという大原。その後も何度かテレビ番組で会う機会もあり、昨年6月に東京国際フォーラムで行われた秦 のワンマンライブや、更に数か月後の横浜アリーナ公演も観覧。そうした交流がきっかけとなり、秦の書き下ろしによる楽曲制作がスタートすることとなった。 まずメロディーが届いたのが昨年末。今年に入り、大原の仮歌入りの音源が秦へ届けられ、タイトルやサビの部分で象徴的なキーワードとして出てくる「ジュエル」というワードに関しては2人で直前まで意見交換を行なった。歌入れ最終日には秦も駆けつけ、細かなニュアンスを伝えるなどして歌を録り直す場面も。まだレコーディング直後の為、音源の解禁は今後の予定となっているので楽しみに待って欲しい。■【大原櫻子 コメント】「秦さんとは、番組で何度かお会いしているご縁があり、そして、楽曲のファンでもありました。なので、今回このような形でコラボさせていただけること、大変嬉しく思います。初めてメロディを聴いた時、爽やかで優しさに溢れている曲だなぁと感じていました。二度、秦さんのライブにお邪魔させていただいたことがあり、その時、しばしば感じた空気感をこの曲からも感じました。私の歌の成分か...more
カテゴリー:

新作ヘッドホン発売記念!Sumikaのリリックビデオ公開 - 06月21日(水)21:00 

昨年の発売以来、音楽好きに高い人気を誇るオーディオテクニカ「Sound Reality series」のインナーイヤーヘッドホンがさらに進化!Bluetooth対応となって、6月23日(金)より発売される。 同社はこれを記念して、人気上昇中の4人組バンドSumikaとコラボレーション。オリジナルリリックビデオを制作し、特設サイトで公開する。 今回コラボしたsumika は、片岡健太(Vo, G)、荒井智之(Dr)、黒田隼之介(G, Cho)、小川 貴之(Key.Cho.)からなるバンド。 全国各地のフェスに多数出演しており、現在はワンマンツアーのチケットも入手困難なほどの人気ぶり。今年7月の東京、大阪のZepp公演も即日ソールドアウトしたのだとか。 コラボ楽曲「Summer Vacation」は、オーディオテクニカの新製品のテーマである「ワイヤレスでつながる。」を受けて、片岡健太が歌詞を書き下ろしたもの。 今までのsumikaとはひと味違うアーバンな楽曲で、7月12日(水)にリリースされる1stフルアルバム「Familia」にも収録されている。 今回制作されたオリジナルリリックビデオは、ファッション誌を中心に活躍中で、SNSでも同世代から絶大な支持を得る菅沼ゆりと、ファッション誌「メンズノンノ」の専属モデルの宮沢氷魚という、音楽に馴染みの深い2人が初共演。離れていても繋がっている...more
カテゴリー:

ついにレンタル盤もリリース! 秦 基博のオールタイムベストアルバム『All Time Best ハタモトヒロ』 - 06月20日(火)10:06 

タイムレスな楽曲を生み出してきた秦 基博の10年の軌跡を刻んだベスト盤 デビュー10周年を記念して、5月4日に行われた“HATA MOTOHIRO 10th Anniversary LIVE AT YOKOHAMA STADIUM”は、まさに秦 基博の10年間を総括するライヴだった。 第1部の“All Stars Piece”ではバンド、ストリングスを交えて「キミ、メグル...
カテゴリー:

木島ユタカ「十年経てば」で聞かせる父心  - 06月16日(金)11:30 

 子を想う親の心はいつの時代も変わらない。そんなことを改めて考えさせてくれる曲「十年経てば」が、今静かに話題を呼んでいる。ここに来て、FMでのオンエア回数や有線でのリクエストが増え、車中や量販店などで聞く機会も増えてきた。 【ジャケ写】木島ユタカ「十年経てば」  まだ幼い娘の将来を想う父の心情が見事に描かれたこの作品を歌っているのは、木島ユタカ。小さい頃から民謡の全国大会で次々とグランプリを獲得したほどの艶と力のある歌声の持ち主で、今年2月に日本の童謡を歌ったアルバム『和のこころ』で30歳を過ぎてCDデビューした遅咲きの逸材だ。ライブでは三味線を弾きながら歌う独特のスタイルが人気で、ファンの数もここにきて増えつつある。  今話題になっている「十年経てば」は、7月5日に発売される木島のセカンドアルバム『和のこころ2~ケルティック編』に収録されている1曲。シングル曲ではないにもかかわらず、その詞の内容に感動する父親が続出し、アルバムのメイン楽曲としてクローズアップされた。  小さな娘でも十年経てば恋をする年頃になる、親に言えない秘密もできるかもしれない、つらい想いもするかもしれない。でも父は娘を愛し続け味方であり続けるんだという詞の内容は、まさに娘をもつ父親なら何度も感じる心情だ。  今回、この詞を生み出したのは作詞家の及川眠子氏。アニメ『エヴァンゲリオン』の「残酷な天使のテ...more
カテゴリー:

もっと見る

「秦 基博」の画像

もっと見る

「秦 基博」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる