「科学的根拠」とは?

関連ニュース

魚卵のコレステロールが気になる…食べても大丈夫? - 03月23日(木)17:00 

健康に気遣っている人にとっては、日々口にする食べ物も心配の種になってしまうでしょう。魚卵はコレステロール値を高めてしまうのでしょうか。専門家に詳しくお聞きしました。 30代男性からの相談:「魚卵のコレステロールは高い?」 『 魚卵が好きでいくらやたらこ、明太子でご飯を食べるのが好きです。ただ、魚卵は健康に悪いというイメージもあります。特にコレステロールが気になっている身としては、魚卵を食べることはいいことなのか悪いことなのか分かりません。魚卵はコレステロールを高めてしまうのでしょうか? コレステロール値から見るとどんな魚卵が危険なのかというものはありますでしょうか? どんな魚卵にどれくらいコレステロールが含まれているかについても、ぜひ教えていただければと思います。 』 似た質問もチェックしてみましょう >>好物のピーナッツ、コレステロールが高いというのは本当? 魚卵のコレステロールはどれくらい? 魚卵にはどれくらいのコレステロールが含まれているのでしょうか? 具体的な数値を交えて専門家に解説していただきました。 『 イクラや明太子など魚卵は確かにコレステロールが非常に多い食品群になります。コレステロールの数値が高い人は控えなければいけない食品になります。魚卵もいろいろありますが、すじこ、キャビア、いくら、明太子などが主なものになります。...more
in English
カテゴリー:

イノベイジ、脳トレーニングジム「ブレインフィットネス(R) 」4月11日渋谷区恵比寿にグランドオープン。4月6日プレス向け体験説明会を開催 - 03月21日(火)13:02 

[株式会社イノベイジ] [画像1: https://prtimes.jp/i/18484/7/resize/d18484-7-635821-2.jpg ] 【ブレインフィットネスとは】 ブレインフィットネスは、ミドルエイジを対象に科学的根拠に基づく総合的な脳トレーニングを提供し、脳...
in English
カテゴリー:

年増厚化粧ババア先輩(34)が言い寄ってきたから「閉経ガラガラwwwゥワオ!」って言ったら泣き出した - 03月17日(金)04:58 

 高齢者にもう一度、自ら化粧をしてもらう――。資生堂ジャパンCSR部マネージャーの池山和幸氏は、「ヘルスケア産業の最前線2017」(2017年3月3日、主催:経済産業省)の第2部として開催された「地域を支えるヘルスケアサービス事業者の事例紹介」で、健康寿命延伸に向けた同社の事業を紹介した。  資生堂は、1975年からボランティア活動として「身だしなみセミナー」を特別養護老人ホームで開催してきた。現在では事業化しており、科学的根拠に基づく「化粧療法プログラム」として提供。契約施設数は約400、年間の開催件数はのべ250...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【医療】幹細胞を目に注入する治験を受けた女性3人が失明 - 03月16日(木)15:46 

http://www.afpbb.com/articles/-/3121637?cx_part=topstory 【3月16日 AFP】米フロリダ(Florida)州で、脂肪細胞由来の幹細胞を目に注入する 治験を受けた女性患者3人が失明していたことが15日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル (New England Journal of Medicine)」に発表された報告から明らかになった。この治験は効果がまだ立証されていないものだったという。  失明したのは進行性の眼疾患「黄斑変性症」を患っていた72~88歳の女性3人で、 2015年にフロリダ州の医療機関で「乾燥型黄斑変性症における細胞の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【医療】自閉症に新診断方法=世界初、聴覚過敏の原因解明/三重大 - 03月15日(水)23:21 

【津】三重大学(津市)は十三日、聴覚過敏を併発した自閉症患者を確認する問診方法として、音がやってくる方向の認識能力の有無が有効であると発表した。診断方法の確立されていない自閉症で「科学的根拠のある問診」と強調。また、この問診方法を見つける過程で、聴覚過敏の原因は音の伝達経路の障害にあることを世界で初めて解明した。  発達障害の一つである自閉症は、先天性の脳機能障害で、コミュニケーションがうまく取れない、行動や興味が偏っているなどの症状がある。患者の中には、人の声や室外機の音など特定の音に対して...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

エビがコレステロールを下げるって本当? - 03月23日(木)11:00 

コレステロールが気になる人にとって、食品のコレステロールはどうしても気になってしまうもの。エビのコレステロールは高いといわれていますが、コレステロールを下げるという噂もあります。エビのコレステロールについて専門家にお聞きしました。 30代男性からの相談:「エビはコレステロールを下げる? 高める?」 『 エビはコレステロールを高めてしまうのでしょうか? それとも下げてくれるのでしょうか? エビがコレステロールを下げるという話を聞いたことがあるのですが、それは本当なのでしょうか。 昔と比べるとコレステロールの値が見直されたという情報もインターネットで見ました。コレステロールを気にしている人はエビを食べてもいいのかよくないのかどっちなのでしょうか? 』 似た質問もチェックしてみましょう >>イカのコレステロールは本当に高い?食べても大丈夫? エビはコレステロールを下げるのか? エビがコレステロールを下げるというのは本当なのでしょうか? もしそうだとすれば、どのような理由でコレステロールは下がるのでしょうか。 『 魚類や貝、エビなどはコレステロールを多く含みます。魚類は卵、内臓に多くのコレステロールが含まれているので、それを避けて食べれば普通に食べていくのは問題がない食品です。イカ、エビ、貝類なども同じことがいえます。(看護師) 』 『...more
in English
カテゴリー:

文科省「課題解決型高度医療人材養成プログラム」中間評価、S評価は筑波大学 - 03月17日(金)20:45 

 文部科学省は3月17日、医療人材の養成事業を支援する「課題解決型高度医療人材養成プログラム」について、中間評価の結果を公表した。「医師・歯科医師を対象とした人材養成」14件、「看護師・薬剤師等のメディカルスタッフを対象とした人材養成」12件が対象。 「課題解決型高度医療人材養成プログラム」は、医療現場の諸課題などに対して科学的根拠に基づいた医療が提供できる人材、健康長寿社会の実現に寄与できる人材を養成できるよう、大学自らが体系立てられた特色ある教育プログラム・コースを構築・普及可能とするのが目的。中間評価では、26件の選定事業の進捗状況が検証されている。総合評価はS~Dの5段階で、評価に基づき平成29年度補助金額の増減、あるいは事業停止が判断される。 中間評価での総合評価Sは1、Aは3、Bは20、Cは2だった。また、本事業の実施により新たに開設された110の教育プログラム・コースにおいて、学部生・大学院生・社会人などそれぞれの能力に応じた多彩なコースが展開されており、受講生数は合計で1万人を超えていることが明らかとなった。 総合評価Sは、筑波大学による「ITを活用した小児周産期の高度医療人養成」。県内主要病院と結ばれた高速・大容量の情報通信ネットワーク基盤を生かし、病院で研修中の医師を対象に、体系的なeラーニング講義とインテンシブコースによる技術指導を行う内容。 総合評価Aは、新...more
in English
カテゴリー:

【国際】幹細胞使った治験で女性3人失明、米 - 03月17日(金)02:20 

http://www.afpbb.com/articles/-/3121637?act=all 【3月16日 AFP】米フロリダ(Florida)州で、脂肪細胞由来の幹細胞を目に注入する治験を受けた女性患者3人が失明していたことが15日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に発表された報告から明らかになった。この治験は効果がまだ立証されていないものだったという。  失明したのは進行性の眼疾患「黄斑変性症」を患っていた72~88歳の女性3人で、2015年にフロリダ州の医療機関で「乾燥型黄斑変性症における細胞の硝子体内注入の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

最高峰のプロテインに新フレーバーホエイプロテインSP フルーツミックス風味 販売開始 - 03月16日(木)14:57 

[株式会社ドーム] [画像1: https://prtimes.jp/i/3939/188/resize/d3939-188-725471-4.jpg ]  ホエイプロテインSPは、「トレーニングを確実に結果につなげる」 「科学的根拠のしっかりした、間違いのない成分を入れる」というコ...
in English
カテゴリー:

がんは早期で見つけるほど「メリットを実感しにくい」の意味 - 03月12日(日)16:00 

 昨年1月、世界的に権威のある『BMJ(英国医師会雑誌)』という医学雑誌に、「なぜ、がん検診は『命を救う』ことを証明できなかったのか」という論文が掲載された。その中で、「命が延びることを証明できたがん検診は一つもない」という事実が指摘されたのだ。  たとえば、最も効果が確実とされている大腸がん検診(便潜血検査)では、4つの臨床試験を統合した研究で、大腸がんの死亡率が16%低下することが示されている。その一方で、がんだけでなく、あらゆる要因による死亡を含めた「総死亡率」が低下することは証明できていない。  なぜ大腸がん死亡率が減っても、総死亡率は減らないのか。論文の著者らによると、過剰診断によって「ニセがん」(命を奪わない病変)が見つかり、無用な検査や治療を受け、命を縮めてしまう人がいるからだという。  そもそも、がんを早期発見・早期治療することが、患者に必ず幸せをもたらすものなのかも、考える必要がある。  ある程度の自覚症状があってから副作用のある治療や手術を受けた場合は、術後に少し不具合があっても「まぁ、こんなものか」「がんを治療したのだから、これくらいは仕方ない」と割り切りやすい。しかし、検診で発見された早期がんは、健康な状態から治療を受けるため、少しでも体に悪いことが起きると、その害がどうしても際立ってしまう。  EBM(科学的根拠に基づく医療)の実践家として知られる武蔵国分...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「科学的根拠」の画像

もっと見る

「科学的根拠」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる