「福田正博」とは?

関連ニュース

【サッカー】<セルジオ越後>「代表で十分戦力になる!」と期待するふたりのアタッカーとは? - 04月20日(木)12:08 

Jリーグ開幕からもうすぐ2ヵ月。鹿島や浦和など優勝候補が上位に顔を並べるなか、昨季7位の神戸が健闘している。 オフに昨季11得点のFWペドロ・ジュニオールが鹿島に移籍。さらに開幕戦で昨季得点王(19得点)のFWレアンドロが、全治6ヵ月の大ケガをして戦線離脱。攻撃の軸をふたりも失ったのだから、普通に考えれば戦力ダウン。下位に低迷してもおかしくない。 でも、さすがはキャリアも実績もあるネルシーニョ監督だね。監督就任3年目とあって、守備をベースにした手堅いサッカーがチームに浸透。また、地味ながらも...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

サポーターとマスコミもレベルアップが必要?○○が難しい日本の風潮 - 04月14日(金)15:00 

9日に放送された、勝村政信と皆藤愛子がMCを務めるテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)に都並敏史、福田正博、北澤豪、秋田豊、藤田俊哉、三浦淳寛といった元日本代表のレジェンドたちが番組アナリストとして出演。「サポーターやマスコミのレベルアップ」について議論を繰り広げた。今回福田は、以前から「アイツは守備をしないでゴールを取るだけだから」と評価する風潮があることに疑問を持っていたと明かす。「点を取れて、守備もできる選手が一番」と守備の必要性も認めた上で「日本の中からストライカーを生み出したいならば、日本全体が点を取る選手をもっと評価しなくてはいけない。前でディフェンスを頑張る選手を評価するなら、そういう選手になっていく」と力説。すると都並は、それは指導者にも通じる問題だと語った。すると藤田は、かつてジュビロ磐田を率いたルイス・フェリペ・スコラーリ監督が「点を取る選手が後ろまで下がってきて余計なことをするな。前にいるお前が点を取らなくてどうする」と言っていたのが印象的だったと語り、ゴールゲッターの評価基準を刷新する必要性を説いた。一方、北澤は「サッカーにおいて監督に“お前は点だけ取っていれば良い”と言われるのと、マスコミに“守備しない”と言われるのは当然のセットなのでは?」と疑問を呈し、都並も「マスコミのレベルアップというのは、本来叩かれるべきゲーム内...more
in English
カテゴリー:

【サッカー】<福田正博>ヒントは五輪リレー。現在のショートカウンターを重視するスタイルは、日本代表にあまり向いているとは思えない - 04月17日(月)08:43 

W杯は2026年大会(開催国未定)から、出場国が48カ国(現行32カ国)に増えることが決まった。 5月のFIFA理事会で正式決定されれば、アジアの出場枠は現行の「4.5」から「8」へと増加し、本戦出場へのハードルはかなり低くなる。 2026年大会の予選方式は未定だが、現在行なわれているアジア最終予選で想定してみると、 3試合を残して、グループ首位の日本代表と同4位のUAEとの勝ち点差は「7」あり、次の試合で引き分け以上なら出場が決まることになる。 もちろん、アジア各国のレベルは上がり、予選で何が起こるかはわからないが、 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【サッカー】<福田正博が熱く推薦!>日本代表、UAE戦メンバーに加えるべき国内組が2人いる - 03月16日(木)08:53 

 Jリーグが開幕してはや1ヶ月。見応えのある白熱したゲームが続いているが、ほとんどの選手たちのコンディションは、まだまだ上がりきってはいない。そのなかで、ひと際高いパフォーマンスを発揮している選手がいる。それが横浜F・マリノスの齋藤学だ。  中村俊輔が磐田に移籍したことで、今季から新たに横浜FMの背番号10を背負った齋藤が、どういったプレーを見せてくれるのか楽しみにしていたが、予想以上に左サイドを完全に支配している。ドリブルで相手DFを翻弄する姿は、昨シーズンよりも切れ味が鋭くなっていると言っていい。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「福田正博」の画像

もっと見る

「福田正博」の動画

Wikipedia

福田 正博(ふくだ まさひろ、1966年12月27日 - )は、日本の元サッカー選手である。現役時代のポジションは主にFWで、背番号は9番。Jリーグ開幕直前の1989年から引退する2002年まで浦和レッズ(三菱自動車サッカー部)の象徴的存在として活躍し、サポーターには「ミスター・レッズ」、「大将」と呼ばれた。

来歴 学生時代

神奈川県横浜市緑区で生まれる。子供の頃は野球少年だったが小学5年の時に横浜市から藤沢市に転居し、転校先の小学校でサッカーと出会う。小学校の担任の義兄が読売サッカークラブのコーチを務めていた橋本章也という人物で、福田は橋本からサッカー技術を学んでいったミスターレッズ福田正博14-17頁。

中学進学の際には橋本から読売クラブのJrユースチームへの勧誘を受けたがミスターレッズ福田正博17頁、これを固辞し地元の大庭中学校へ進学。2年次の1981年には関東予選を突破して全国中学校サッカー大会に出場した。神奈川県下では名の知れた選手となっていた福田は、高校進学の際には当初は地元の神奈川県立藤沢西高等学校を志望していたが、確実に全国大会へ出場できる高校を志望し、相模工業大学附属高校へ進学することになったミ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる