「福田正博」とは?

関連ニュース

ハリルホジッチ監督の言葉の真意は?『FOOT×BRAIN』で公開大討論 - 12月10日(日)12:00 

テレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』が、11月19日に開催された「明治安田生命フットサルフェスタ」に参加したプレイヤーたちと共に、「日本サッカーが世界に勝つために何が必要か?」をテーマにした大討論会を開催。その模様が、12月10日(日)11時から放送の番組で紹介された。11月23日発表のFIFAランキングで55位の日本代表は、11月の欧州遠征でブラジル(同2位)、ベルギー(同5位)と対戦し、それぞれ1-3と0-1で敗戦。世界との差を痛感することになった。試合を終えたハリルホジッチ監督は「チームの可能性を感じた」、「中盤でのボール奪取能力を伸ばさなくてはいけない」、「個人で違いを生み出す選手がいない」と発言。また、ロシアワールドカップの組み合わせ抽選会が行われ、日本は、ポーランド(同7位)、コロンビア(同13位)、セネガル(同23位)と同じグループHに決定。格上を相手に、同監督は「キーとなるのは初戦のコロンビア戦。本大会まで7ヶ月、目標に向かってしっかりと決意を持って準備をしていきたい」と語っている。討論会では、番組MCの勝村政信と皆藤愛子のほか、番組アナリストの都並敏史、福田正博、北澤豪、秋田豊、三浦淳寛といった元日本代表メンバーが、ハリル監督がどのような考えを持って、代表を強化しているのかを予想しながら、それぞれ持論を展開した。まず、三浦は「個人で違いを生み出せる選手...more
カテゴリー:

皆藤愛子、公開収録で「格好良かったです」発言も出演者が総ツッコミ - 12月09日(土)12:17 

テレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』が、先日開催された「明治安田生命フットサルフェスタ」の大会終了後に、参加チームを招いて公開収録を実施。「日本サッカーが世界に勝つために何が必要か?」をテーマにした大討論会の模様が、12月10日(日)11時から放送の番組で紹介される。この日、FOOT×BRAINチームと大会優勝チーム“FCゆうれい”によるスペシャルマッチが行われ、FOOT×BRAINチームは0-1で敗戦。公開収録には、番組MCの勝村政信と皆藤愛子のほか、元日本代表の都並敏史、福田正博、北澤豪、秋田豊、三浦淳寛といった番組アナリストが勢揃いした。公開収録からの参加となった北澤は「(試合に)負けたの?」と驚き、それに対して秋田は「だって福田さんが立っているだけなんだもん!」と反論。会場が笑いに包まれる中、三浦は「FCゆうれいが上手かったです。でも、股抜きをされたのには腹が立ちました」と語り、股抜きしたプレイヤーを発見すると「次に会ったら絶対にけずるからね(笑)」とプレイヤー同士ならではのトークで盛り上がった。一方、対戦したFCゆうれいの選手が「フィジカルの差があって、吹っ飛ばされてばかりで参考になりました」と感想を語ると、FOOT×BRAINチームのメンバーは「良いところはフィジカルしかなかったんだ!?」と苦笑。皆藤が「でも、皆さん格好良かったですよ。いつもと違って」と微笑...more
カテゴリー:

【サッカー】<セルジオ越後>国内組も負けたら監督交代の厳しさを!「初タイトルを取ってみろ」と言いたい - 12月09日(土)08:05  mnewsplus

<月刊セルジオ> 今回の東アジアE-1選手権で日本に求められていることは、とにかく優勝することだ。ハリルホジッチ監督は15年8月に中国で開催された前回大会で1勝もできず最下位だった。 リベンジです。ハリル監督が就任してから日本はまだ何もタイトルを獲得していない。「初タイトルを取ってみろ」と言いたい。 選手権というのはすべて優勝することが目的だ。特にホームではね。強化や選手選考のためにやるものではなく、清算するためにやる。南米でも選手権で負けたら監督は更迭される。 他の出場国はFIFAランクで...
»続きを読む
カテゴリー:

ハリルホジッチ監督の言葉の真意は?『FOOT×BRAIN』で公開大討論 - 12月09日(土)12:23 

テレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』が、11月19日に開催された「明治安田生命フットサルフェスタ」に参加したプレイヤーたちと共に、「日本サッカーが世界に勝つために何が必要か?」をテーマにした大討論会を開催。その模様が、12月10日(日)11時から放送の番組で紹介された。11月23日発表のFIFAランキングで55位の日本代表は、11月の欧州遠征でブラジル(同2位)、ベルギー(同5位)と対戦し、それぞれ1-3と0-1で敗戦。世界との差を痛感することになった。試合を終えたハリルホジッチ監督は「チームの可能性を感じた」、「中盤でのボール奪取能力を伸ばさなくてはいけない」、「個人で違いを生み出す選手がいない」と発言。また、ロシアワールドカップの組み合わせ抽選会が行われ、日本は、ポーランド(同7位)、コロンビア(同13位)、セネガル(同23位)と同じグループHに決定。格上を相手に、同監督は「キーとなるのは初戦のコロンビア戦。本大会まで7ヶ月、目標に向かってしっかりと決意を持って準備をしていきたい」と語っている。討論会では、番組MCの勝村政信と皆藤愛子のほか、番組アナリストの都並敏史、福田正博、北澤豪、秋田豊、三浦淳寛といった元日本代表メンバーが、ハリル監督がどのような考えを持って、代表を強化しているのかを予想しながら、それぞれ持論を展開した。まず、三浦は「個人で違いを生み出せる選手...more
カテゴリー:

皆藤愛子、公開収録で「格好良かったです」発言も出演者が総ツッコミ - 12月09日(土)12:00 

テレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』が、先日開催された「明治安田生命フットサルフェスタ」の大会終了後に、参加チームを招いて公開収録を実施。「日本サッカーが世界に勝つために何が必要か?」をテーマにした大討論会の模様が、12月10日(日)11時から放送の番組で紹介される。この日、FOOT×BRAINチームと大会優勝チーム“FCゆうれい”によるスペシャルマッチが行われ、FOOT×BRAINチームは0-1で敗戦。公開収録には、番組MCの勝村政信と皆藤愛子のほか、元日本代表の都並敏史、福田正博、北澤豪、秋田豊、三浦淳寛といった番組アナリストが勢揃いした。公開収録からの参加となった北澤は「(試合に)負けたの?」と驚き、それに対して秋田は「だって福田さんが立っているだけなんだもん!」と反論。会場が笑いに包まれる中、三浦は「FCゆうれいが上手かったです。でも、股抜きをされたのには腹が立ちました」と語り、股抜きしたプレイヤーを発見すると「次に会ったら絶対にけずるからね(笑)」とプレイヤー同士ならではのトークで盛り上がった。一方、対戦したFCゆうれいの選手が「フィジカルの差があって、吹っ飛ばされてばかりで参考になりました」と感想を語ると、FOOT×BRAINチームのメンバーは「良いところはフィジカルしかなかったんだ!?」と苦笑。皆藤が「でも、皆さん格好良かったですよ。いつもと違って」と微笑...more
カテゴリー:

【サッカー】<福田正博が分析!「W杯H組」>「厳しいが、2勝1分か1勝2分は可能だ」「もっとも厄介な相手は、初戦で当たるコロンビア」 - 12月09日(土)07:14  mnewsplus

日本時間12月2日に行なわれたロシアW杯の組み合わせ抽選会で、グループHに入った日本代表は、初戦でコロンビア、第2戦でセネガル、第3戦でポーランドと戦うことになった。 抽選会では日本と韓国の名前が最後まで呼ばれず、ハラハラしたファンも多かったのではないだろうか  組合せが決まった直後に、長谷部誠と電話で話した際には、「ドイツとやりたかった」と口にしていた。 ブンデスリーガでプレーしている長谷部の気持ちはよくわかるが、もしF組に入っていたら、ドイツ、スウェーデン、メキシコという非常にタフな相手とも戦わ...
»続きを読む
カテゴリー:

「福田正博」の画像

もっと見る

「福田正博」の動画

Wikipedia

福田 正博(ふくだ まさひろ、1966年12月27日 - )は、日本の元サッカー選手である。現役時代のポジションは主にFWで、背番号は9番。Jリーグ開幕直前の1989年から引退する2002年まで浦和レッズ(三菱自動車サッカー部)の象徴的存在として活躍し、サポーターには「ミスター・レッズ」、「大将」と呼ばれた。

来歴 学生時代

神奈川県横浜市緑区で生まれる。子供の頃は野球少年だったが小学5年の時に横浜市から藤沢市に転居し、転校先の小学校でサッカーと出会う。小学校の担任の義兄が読売サッカークラブのコーチを務めていた橋本章也という人物で、福田は橋本からサッカー技術を学んでいったミスターレッズ福田正博14-17頁。

中学進学の際には橋本から読売クラブのJrユースチームへの勧誘を受けたがミスターレッズ福田正博17頁、これを固辞し地元の大庭中学校へ進学。2年次の1981年には関東予選を突破して全国中学校サッカー大会に出場した。神奈川県下では名の知れた選手となっていた福田は、高校進学の際には当初は地元の神奈川県立藤沢西高等学校を志望していたが、確実に全国大会へ出場できる高校を志望し、相模工業大学附属高校へ進学することになったミ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる