「福島第一原発事故」とは?

関連ニュース

震災から6年…浪江町にローソン開店 店長・美咲さん(23)「町と一緒に前に進みたい」 - 08月21日(月)10:12  news

浪江町加倉にローソン 大熊出身植杉さん出店 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示の一部が3月末に解除された浪江町加倉の114号国道沿いに6日、 コンビニエンスストア「ローソン浪江下加倉店」が開店した。大熊町出身のオーナー植杉泰介さん(27)、店長を務める 妹の美咲さん(23)は「地域に愛される店にする。町と一緒に前に進みたい」と意気込む。 泰介さんは原発事故後、いわき市の飲食店に勤務していたが、「双葉郡の復興のために役立ちたい」という思いを 常に抱いていた。そんな時、浪江町内の店舗オーナ...
»続きを読む
カテゴリー:

エネルギー買い取り価格下落で倒産続出 太陽光発電業者の苦悩と光明 - 08月11日(金)14:03 

2011年の東日本大震災による福島第一原発事故は、原子力発電に依存ぎみだった日本の電力事情に大きな転換をもたらした。同時に安全、安心の再生可能エネルギーの中心として、太陽...
カテゴリー:

【帰還困難区域】人が消えた福島の町、緑が飲み込む 原発事故7回目の夏 ドローンで撮影 - 08月01日(火)22:19  newsplus

東京電力福島第一原発事故から6年余り。人の姿が消えた町では、手つかずの自然が生活の痕跡をのみ込み、辺りを緑一色に染めていた。7回目の夏を迎えた福島の帰還困難区域をドローンで撮影した。 双葉町の沿岸部。風でたなびく雑草の中に取り残された車が見えた(左上)。除染廃棄物の中間貯蔵施設の建設が予定されるこの周辺は、津波が押し寄せた田んぼだったという。 双葉町営広町住宅(左下)。妻と2人の子どもと暮らしていた男性(38)は「若い家族が多く、子どもたちの遊ぶ声が家の中までよく聞こえていた。思い出はいっぱい...
»続きを読む
カテゴリー:

【福島原発】福島第一 廃炉に税金1000億円超 7月まで本紙集計[東京新聞][08/14] - 08月14日(月)08:27  newsplus

福島第一 廃炉に税金1000億円超 7月まで本紙集計 2017年8月14日 07時03分 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017081490070351.html  東京電力福島第一原発事故の廃炉作業で、国が直接、税金を投入した額が一千億円を超えたことが、本紙の集計で分かった。汚染水対策や調査ロボットの開発費などに使われている。今後も溶け落ちた核燃料の取り出し工法の開発費などが必要になり、金額がさらに大きく膨らむのは必至だ。 (荒井六貴)  廃炉費用は東電が負担するのが原則だが、経済産業省資源エネルギー庁によると「技術...
»続きを読む
カテゴリー:

【東芝】東芝を“原発地獄”に引きずり込んだ首相の右腕官僚 - 08月03日(木)17:22  bizplus

8月1日、東芝が東京証券取引所一部から二部に降格した。 それは「終わりの始まり」に過ぎない。 東芝は現時点で5000億円超の債務超過状態にあり、半導体メモリ事業の売却が2018年3月までに終わらなければ、二期連続の超過で上場廃止になる。上場廃止になれば、現在、東芝に約1兆2000億円を融資している銀行は、東芝の債務区分を「破綻懸念先」とせざるを得ず、借り換えにも応じられない。信用が崩壊し法的整理に追い込まれる可能性は少なくない。 破綻への坂道を転がり落ちる東芝の背中を押した人物がいる。 今井尚哉。 これまで...
»続きを読む
カテゴリー:

【福島】五輪野球会場に近い温泉街、外国人誘客へ洋室増 県幹部「五輪は県産品の安全性やおいしさを世界にPRする絶好の機会だ」 - 07月25日(火)09:53  newsplus

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催まで、24日であと3年となった。  野球・ソフトボールが行われる福島市では、客足に伸び悩む市内の温泉街の住民らが誘客に向けて外国人観光客らを対象に受け入れの準備を始めた。被災県として3日間以上巡る予定の聖火リレーは、トーチの開発に乗り出す企業が出ている。  野球・ソフトボールの会場となる福島県営あづま球場から約5キロの土湯温泉は、街一体で誘客に取り組む。同温泉観光協会によると、10年度で約27万人だった温泉街利用客は、東京電力福島第一原発事故後の6年...
»続きを読む
カテゴリー:

「福島第一原発事故」の画像

もっと見る

「福島第一原発事故」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる