「福島第一原発事故」とは?

関連ニュース

伊方原発3号機、運転差し止めの仮処分決定 広島高裁 - 12月13日(水)13:44 

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について、広島高裁(野々上友之裁判長)は13日、運転を禁じる仮処分決定を出した。運転を禁じた司法判断は、高裁では初めて。東京電力福島第一原発事故から6年9カ月た…
カテゴリー:

【訃報】東芝の元会長・西田厚聡さん死去 米原発WH買収を決断 73歳 急性心筋梗塞 - 12月09日(土)23:01  newsplus

西田厚聡氏  東芝の社長、会長を歴任した西田厚聡(にしだ・あつとし)さんが8日、急性心筋梗塞(こうそく)で亡くなった。73歳だった。葬儀は近親者で行う。  三重県出身。政治学者をめざして早大から東大大学院に進んだが、途中で学業を断念。イランから東大に留学に来た女性と結婚し、イランの現地資本と東芝の合弁会社に入社した。1975年に東芝本社に転じた後は海外営業畑を歩み、欧州や米国に駐在。パソコン事業部長などを歴任した。  2005年に社長に就任すると、米原発メーカー、ウェスチングハウス(WH)...
»続きを読む
カテゴリー:

【福島/原発】甲状腺がん再発「不安」 手術受けた8割が回答 福島 - 12月09日(土)15:27  newsplus

甲状腺がん再発「不安」 手術受けた8割が回答 福島 2017年12月8日15時00分 http://www.asahi.com/articles/ASKD83FRZKD8UBQU00K.html  東京電力福島第一原発事故後の甲状腺がん検査などを経て手術をした人へのアンケートで、回答した52人の約8割が、がんの再発など将来への不安を感じていることが分かった。  調査したNPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」が6日、記者会見し、海渡雄一・副代表理事は「こういうことは、原発事故がなければなかった。東電や国が患者をしっかり支援するべきだ」と話した。  同基金...
»続きを読む
カテゴリー:

「パラダイス文書」が示唆するフェイスブックとロシア資金の不自然なつながり - 12月06日(水)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、パラダイス文書が暗示するフェイスブックとロシアの不自然なつながりについて語る! * * * 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が入手・発表した、タックスヘイブン関連の大量の内部資料「パラダイス文書」。欧米で特に注目されているのは、ロシア政府系の巨額資金が、ロシア人大物投資家が創設したファンドを通じてフェイスブック(以下、FB)やツイッターなどアメリカのSNS企業に流れていたことです。昨年の米大統領選ではSNS上にフェイクニュースや米社会の分断を煽(あお)るような投稿があふれましたが、今回明らかになった「過去の資金提供」という事実は、これがロシアの“情報工作”であったとの疑念をより深めています。 問題のファンドの創設者で、プーチン政権ともつながりが強いといわれる世界的投資家のユーリ・ミルナー氏が、当時はまだ米シリコンバレーの新興企業だったFBに対して約2億ドルの出資を決めたのは2009年5月。FB創設者のマーク・ザッカーバーグCEOとミルナー氏は「公私ともども仲がよい」とされていますが、西側諸国の投資家が驚くような大胆な投資をしたミルナー氏にザッカーバーグ氏が信頼を置く...more
カテゴリー:

【福島】原発事故後に甲状腺がん手術 8割が将来に不安 - 11月26日(日)20:08  newsplus

原発事故のあと甲状腺がんと診断され、手術を受けた福島県の子どもやその保護者に支援団体とNHKがアンケートを行ったところ、がんの再発や将来などへの不安を抱えている人が8割近くに上りました。支援団体は患者たちの不安の実態が明らかになったとして、十分な支援を国などに求めることにしています。 原発事故を受けて、福島県が当時18歳以下だったおよそ38万人を対象に行っている甲状腺検査では、これまでに190人余りが、がんやがんの疑いと診断され、検査を大規模に実施したことで多く見つかっている可能性が高いと指摘...
»続きを読む
カテゴリー:

実家の雪下ろし、取引業者にさせる 清水建設幹部が辞職 - 12月11日(月)12:48 

 清水建設は11日、東京電力福島第一原発事故に伴う除染作業の責任者を務めていた同社執行役員(60)が、福島県内の実家の雪下ろしや草むしりを取引業者に無償でさせていたと発表した。役員は8日付で辞職した。…
カテゴリー:

【訃報】東芝の元会長・西田厚聡さん死去 米原発WH買収を決断 - 12月09日(土)22:56  bizplus

東芝の社長、会長を歴任した西田厚聡(にしだ・あつとし)さんが8日、急性心筋梗塞(こうそく)で亡くなった。73歳だった。葬儀は近親者で行う。  三重県出身。政治学者をめざして早大から東大大学院に進んだが、途中で学業を断念。イランから東大に留学に来た女性と結婚し、イランの現地資本と東芝の合弁会社に入社した。1975年に東芝本社に転じた後は海外営業畑を歩み、欧州や米国に駐在。パソコン事業部長などを歴任した。  2005年に社長に就任すると、米原発メーカー、ウェスチングハウス(WH)の買収を決断。三...
»続きを読む
カテゴリー:

東電から賠償金詐取の疑い、男逮捕 原発事故避難者装う - 12月06日(水)15:15 

 東京電力福島第一原発事故の避難者を装い東電から賠償金をだまし取ったとして、警視庁は、東京都葛飾区南水元1丁目、無職大関勝義容疑者(60)を詐欺の疑いで逮捕し、6日発表した。「福島に住んでいた」と述べ…
カテゴリー:

【福島】原発事故後に甲状腺がん手術 8割が将来に不安 ★2 - 11月28日(火)04:32  newsplus

原発事故のあと甲状腺がんと診断され、手術を受けた福島県の子どもやその保護者に支援団体とNHKがアンケートを行ったところ、がんの再発や将来などへの不安を抱えている人が8割近くに上りました。支援団体は患者たちの不安の実態が明らかになったとして、十分な支援を国などに求めることにしています。 原発事故を受けて、福島県が当時18歳以下だったおよそ38万人を対象に行っている甲状腺検査では、これまでに190人余りが、がんやがんの疑いと診断され、検査を大規模に実施したことで多く見つかっている可能性が高いと指摘...
»続きを読む
カテゴリー:

【国連】国連人権理 特定秘密保護法に懸念示す 放送法第4条の改正求める 日本の人権5年ぶり審査 - 11月15日(水)14:17  newsplus

【ジュネーブ=共同】国連人権理事会は十四日、約五年ぶりに日本の人権状況を審査する作業部会を開いた。特定秘密保護法などで萎縮していると指摘される「報道の自由」の現状に懸念を示す意見が相次ぎ、米国やオーストリアの代表は政府が放送局に電波停止を命じる根拠となる放送法四条の改正を求めた。 韓国は慰安婦問題を巡る二〇一五年の日韓合意について合意過程を検証していると述べ、中国は元慰安婦への誠意ある謝罪と補償を求めた。ベルギー、カタール、トーゴが勧告をまとめ十六日に出す。 報道の自由に関しブラジルやベラル...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「福島第一原発事故」の画像

もっと見る

「福島第一原発事故」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる