「福島第一原発」とは?

関連ニュース

【IT】原子力規制委員会、不安払拭 被ばく量試算できるアプリ開発へ - 01月20日(土)17:11  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180120/k10011295501000.html 原発事故で避難している人たちのうち、帰還を考えている人などの不安を少しでも払拭(ふっしょく)しようと原子力規制委員会は、福島県内での生活パターンを踏まえて被ばく量を試算できるスマートフォンのアプリを開発することになりました。 福島県では、7年前に起きた福島第一原発の事故のあと、避難指示が解除されても住民の帰還が進まない状況が続いていて、被ばくのリスクを避けるため避難し続けているケースもあります。 そこで原子力規制委員会は、帰還を...
»続きを読む
カテゴリー:

福島第一2号機 溶け落ちた核燃料、初確認 1/20 1:35更新 - 01月20日(土)01:35 

19日に行われた福島第一原発2号機の内部調査で、溶け落ちた核燃料が初めて確認された。
カテゴリー:

【中川環境相】 除染基準発言確認し対応検討 「空間放射線量1時間当たり0.23マイクロシーベルトは厳しい基準」福島第一原発事故 - 01月19日(金)21:59  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180119/k10011295001000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_019 1月19日 19時24分 原発事故に伴う除染の基準になっている1時間当たりの空間の放射線量について、原子力規制委員会の更田豊志委員長が、実態に即さない厳しい数値ではないかとの認識を示したことについて、中川環境大臣は、19日の記者会見で、「発言の趣旨を確認して対応を考えたい」と述べました。 政府は、原発事故のあと、住民の被ばく線量が、年間1ミリシーベルト以下になることを長期的な目標としていて、これを...
»続きを読む
カテゴリー:

福島第一2号機、圧力容器直下に堆積物 溶けた核燃料か - 01月19日(金)21:15 

 東京電力は19日、メルトダウン(炉心溶融)した福島第一原発2号機の原子炉内を遠隔カメラで再調査。圧力容器の直下で、燃料棒の集合体の一部や小石や粘土のような堆積(たいせき)物が散乱している写真を公開し…
カテゴリー:

安倍政権vs小泉元首相。国民が迫られる原発ゼロか新設かの選択 - 01月19日(金)05:00 

未だ収束の見通しが立たない福島第一原発事故から7年が経とうとしていますが、この春にも経産省の有識者会議によるエネルギー基本計画の改定案がまとまる見通しです。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんによれば、その狙いは「原発の新設、建て替えを計画に盛り込むこと」とのこと。新さんは今回の記事中、国会への「原発ゼロ法案」の提出を目指す小泉・細川両元総理や立憲民主党の動きを紹介しながら安倍官邸のエネルギー政策を批判するとともに、脱原発の可能性を探っています。 原発ゼロか新設か、国民は選択を迫られる 安倍政権で原発ゼロは難しい。原発への依存度を低くするという公約の逆のことをやっている。よく恥ずかしくないな。あきれるよ。 超党派で原発ゼロ法案の国会提出をと呼びかける小泉純一郎元首相は、1月10日、安倍政権のエネルギー政策について激しい言葉で批判した。 昨年夏以降、経産省はエネルギー基本計画の見直しにとりかかった。狙いは原発の新設、建て替えを計画に盛り込むことだ。再稼働できても、いずれ原子炉の寿命は尽きる。新たに造らない限り、この国の電源から原発はなくなる。 現在、日本の全電源のうち、原子力発電の占める割合はわずか2%ていど。それを、2030年に20~22%まで復活させるというのが政府のエネルギー計画だ。 全国43基のうち稼働中なのは、川内原発1、2号機と高...more
カテゴリー:

福島第一2号機“溶け落ちた核燃料”初確認 1/20 8:09更新 - 01月20日(土)08:09 

19日に行われた福島第一原発2号機の内部調査で、溶け落ちた核燃料が初めて確認された。
カテゴリー:

福島第一原発2号機、燃料デブリか 初の確認 - 01月20日(土)00:28 

 福島第一原発2号機・原子炉格納容器の内部で、初めてデブリとみられる堆積物が確認されました。
カテゴリー:

【原発】福島第一原発2号機に燃料デブリと見られる堆積物  調査で確認 - 01月19日(金)21:24  newsplus

1月19日 20時56分 福島第一原子力発電所2号機で19日、格納容器の中の調査が行われ、容器の底部で核燃料を束ねる部品の一部と、堆積物が見つかり、 東京電力は、事故で溶け落ちた核燃料と構造物が混じり合った「燃料デブリ」と見られると発表しました。 2号機で燃料デブリと見られる堆積物が確認されたのは初めてで、東京電力は、調査結果をもとにデブリの取り出し方法を検討することにしています。 NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180119/k10011295161000.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

福島第一原発2号機に燃料デブリと見られる堆積物 - 01月19日(金)20:56 

福島第一原子力発電所2号機で19日、格納容器の中の調査が行われ、容器の底部で核燃料を束ねる部品の一部と、堆積物が見つかり、東京電力は、事故で溶け落ちた核燃料と構造物が混じり合った「燃料デブリ」と見られると発表しました。2号機で燃料デブリと見られる堆積物が確認されたのは初めてで、東京電力は、調査結果をもとにデブリの取り出し方法を検討することにしています。
カテゴリー:

【鉄道】福島「Jヴィレッジ」近くにJR常磐線の新駅を建設へ…復興の象徴に - 01月18日(木)21:20  newsplus

東京電力福島第一原発事故後、廃炉作業の拠点となっていたサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)の最寄りに、 JR常磐線の新駅が建設される見通しとなった。 福島県や双葉郡8町村が新年度当初予算案に建設費など関連予算を盛り込むことが17日、関係者への取材で分かった。 Jヴィレッジは、2019年4月までに全面再開する予定で、復興の象徴として、観光誘客の柱となることが期待されている。 県や自治体幹部らによると、新駅は広野―木戸駅間の楢葉、広野両町境に建設され、総事業費は15億円程度。 JR...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「福島第一原発」の画像

もっと見る

「福島第一原発」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる