「福岡市西区」とは?

関連ニュース

福岡の離島、投票終了を繰り上げ 台風21号の影響 - 10月21日(土)10:21 

福岡県選挙管理委員会は21日、福岡市西区の玄界島にある投票所の投票終了時刻を3時間繰り上げ、午後7時から同4時にす...
カテゴリー:

予備校生殺害:21歳被告に懲役22年求刑 福岡地裁公判 - 10月17日(火)21:39 

弁護側「統合失調症による心神喪失状態」と改めて無罪主張  福岡市西区姪の浜の路上で2016年2月、北川ひかるさん(当時19歳)を殺害したとして、殺人罪などに問われた同じ予備校の元少年(21)の裁判員裁判の論告求刑公判が17日、福岡地裁(平塚浩司裁判長)であり、検察側は懲役22年を求刑した。弁護側は元少年が事件当時、統合失調症による心神喪失状態だったとして改めて無罪を主張した。判決は31日に言い渡される。
カテゴリー:

予備校生殺害:事前に殺意を告白 証人尋問で友人証言 - 10月14日(土)08:00 

 福岡市西区姪の浜で2016年2月、予備校生の北川ひかるさん(当時19歳)を殺害したとして、殺人罪などに問われた同じ予備校の元少年(21)の裁判員裁判の第2回公判は13日、福岡地裁(平塚浩司裁判長)で証人尋問があり、元少年の予備校の友人らが事件前から被害者への殺意を打ち明けられていたことを明らかにした。
カテゴリー:

警官が暴行被害者に「クズ人間(笑)」 「録音で発覚」に疑問の声も - 10月13日(金)18:00 

(paylessimages/iStock/Thinkstock)「オフレコで…」などと前置きしたうえで、仲間内にしか話せない「ぶっちゃけトーク」なるものを話したり聞いたりした経験はないだろうか。クスっと笑ってしまうような内容ならまだしも、全く笑えない交番警官たちの「オフレコトーク」の内容が明らかとなり、インターネット上では落胆の声が相次いでいる。■暴行被害訴える男性に「クズ人間(笑)」報道によると今年8月上旬、30代の男性から路上で胸を殴られるなどの暴行を受けたとして、会社員の男性(36)が全治5日間の診断書を持って福岡県福岡市西区の交番を訪れた。しかし、警察官は「暴行と怪我の因果関係がない」として診断書を受け取らず、1時間ほど押し問答に。「暴行容疑として任意捜査している」と警察側が説明するのに対し、男性はより罰則の重い傷害容疑で捜査してほしいと要望。加害者が逮捕されていないことから「町を歩くのが怖い」とも訴えたが、結果的に診断書は受け取ってもらえず男性は交番を出た。しかし、スマートフォンを交番に忘れてきたことに気づきすぐに取りに戻ると、そこには「クズ人間じゃん」や「どう見てもクズ人間です」と談笑する警官らの会話が録音されていたという。■誤作動で録音、謝罪へ警官たちの会話を確認した男性が西署に伝えると、翌日西署は「不適切な言動があった。申し訳ありません」と男性に対し謝...more
カテゴリー:

【福岡】交番警官が、暴行被害者を「くず人間じゃん」「どう見てもくず人間です」と中傷 診断書受け取らず スマホ録音で判明/西署★4 - 10月13日(金)09:03  newsplus

 福岡市西区の交番で8月上旬、路上で暴行を受けた男性会社員(36)の診断書を受け取らず、男性が去った後に警察官同士が「被害者かもしれんけど、一番のくず人間」などと中傷する会話をしていたことが12日、分かった。男性が交番に置いていたスマートフォンに録音されていた。福岡県警は男性に謝罪、警察官を口頭で指導した。  県警や男性によると、西署管内の交番に勤務する警察官数人は、通勤中に30代の男に因縁をつけられ、胸を殴られた男性が持参した病院の診断書を「(暴行とけがの)因果関係がない」として受け取らず、...
»続きを読む
カテゴリー:

予備校生殺害事件の元少年に懲役22年求刑 検察「残虐な犯行」 福岡地裁公判 - 10月18日(水)06:00 

2016年2月、福岡市西区の路上で同じ予備校に通う女子生徒=当時(19)=を殺害したとして、殺人などの罪に問われた...
カテゴリー:

元少年に懲役22年求刑 福岡・予備校生殺害事件 - 10月17日(火)21:33 

 福岡市西区の路上で2016年2月、予備校生の北川ひかるさん(当時19)が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた元少年(21)の裁判員裁判が17日、福岡地裁であり、検察側は懲役22年を求刑した。弁護…
カテゴリー:

【福岡】度重なる飲酒運転、また警官が飲酒運転か、20代男性巡査を調査 - 10月13日(金)20:21  newsplus

先月、パトカーの飲酒運転が発覚していた福岡県警で、別の男性巡査も飲酒運転をした疑いがあるとして、警察が調査していることが捜査関係者への取材でわかりました。 酒気帯び運転の疑いが持たれているのは、福岡県警留置管理課に勤務する20代の男性巡査です。 捜査関係者によりますと、先月末ごろ、福岡市西区で「迷惑駐車している車がある」と住人から通報があり、警察がナンバーを照会したところ、車の持ち主が男性巡査だとわかりました。 警察から連絡を受けると、男性巡査は自分で運転して車を移動させましたが、その後、直...
»続きを読む
カテゴリー:

【福岡うどん愛】行列必至の「ごぼう天うどん」は味も見た目も見事な一杯 - 10月13日(金)17:00 

切りたて、湯でたてのコシのある細麺と、ごぼう天うどんをはじめとする多彩なメニューが楽しめる「大地のうどん 本店」。福岡市西区上山門の住宅街にありながら、平日でも行列が絶えない人気店だ。 【写真を見る】インスタ映え120%!切り方が違う3種類のゴボウがのった「肉ごぼう三昧うどん」(780円) ■ コシのある透き通った細麺はのど越しも抜群 福岡に5店舗、東京にも1店舗を展開。「津田屋官兵衛」(北九州市小倉北区)を源流としてこだわりのうどんを提供する「津田屋流 豊前裏打会」に加盟し、その魅力を福岡市内で広めている立役者だ。温かいうどん、ぶっかけ、つけ麺で20種以上の単品メニューをラインナップし、豊富なトッピングやセットもあり、楽しみ方は無限大! 一番人気は「ごぼう天うどん」(480円)。どんぶりに覆いかぶさった、大きなゴボウの天ぷらがインパクト大。真上からでも斜めからでも、SNS映えすること間違いなし。ゴボウ天を少しずつ崩してスープに浸しながら食べるのがおすすめ。最後までサクサクの天ぷらを楽しもう。 ファンを魅了しているのが「津田屋流 豊前裏打会」独自の麺だ。多い時で1日200玉以上作る麺はすべて自家製。細くて透明感のあるルックスと、ほどよい弾力のあるコシが特徴だ。店主の久田さんは「麺は、注文を受けてから切り、直接手で触って理想の状態を見極めながら丁寧に茹でるのがこだわりです...more
カテゴリー:

有能サラリーマン、警察を嵌める - 10月13日(金)02:54  news

福岡市西区の交番で8月上旬、路上で暴行を受けた男性会社員(36)の診断書を受け取らず、男性が去った後に警察官同士が「被害者かもしれんけど、一番のくず人間」などと中傷する会話をしていたことが12日、分かった。 男性が交番に置いていたスマートフォンに録音されていた。福岡県警は男性に謝罪、警察官を口頭で指導した。 県警や男性によると、西署管内の交番に勤務する警察官数人は、通勤中に30代の男に因縁をつけられ、胸を殴られた男性が持参した病院の診断書を「(暴行とけがの)因果関係がない」として受け取らず、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「福岡市西区」の画像

もっと見る

「福岡市西区」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる